約一年かけてぶーらぶーら日本一周 100名城も巡るよ!

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
旅 73日目 ~北海道洞爺湖~
2014-09-24 Wed 20:27
昨日は地球岬に到達したのが18時過ぎ、もう暗かった
こっそり付近でキャンプしてご来光を眺める狙いを定める

地球岬の夜明け
と、思ったらやっぱり曇りやがる
北海道に来て一度も夜明けを見ることなく出ることになりそう

苫小牧~室蘭
5583.79km→5717.49km(133.70km)
直で行けば70kmにも満たない距離 支笏湖はやはり遠回り
行って損した気分にはならないけどもね

旧室蘭駅
旧室蘭駅 北海道最古の木造駅舎
文化財としても重要なのだろう

白鳥大橋
本当はこの白鳥大橋を渡って室蘭を脱出する予定だった
・・・が、実はこの橋は自動車専用なのだったとさ
少し手前で気づいたから良かったが・・・すんごい渡りたかった

昭和新山
室蘭を出た後は洞爺湖を目指して北上
道中昭和新山のふもとを通り過ぎる道を選択

クマ牧場
ここにもありました、クマ牧場
みどり湯で一緒になったライダーさんがトラウマになった場所
エサを巡ってクマ同士でガチ喧嘩したらしい

窓の上にある投入口からエサが投入できる
片方だけにあげていると、反対からすごい鳴き声というか鼻息が聞こえる
まさに人のオリである 安全圏なのに割と怖い

火口からの洞爺湖
結構すぐに洞爺湖に到着 ここも綺麗な水面
透明度では世界4位を誇るとのこと プランクトンいないがザリガニがいる
これは金毘羅山フットパスから撮影

フットパス(笑)
今日は自転車で洞爺湖まで来たのちフットパスにて歩き散策
最近旅先でよく目にするフットパスという言葉、もともとはイギリスの風習のよう
フットパスは、その地域の「昔からあるありのままの風景」を楽しむ道 と定義されていた
”Foot path”という綴りからもわかるように「歩く小径」という意味
・・・ここは最早山道だと思うんですがそれは そもそも整備されてねぇ

もともとは下りの国道
しかし、ありのままという意味ではまさにその通りである
ここは平成12年の有珠山噴火でぐぐっと盛り上がった場所
実際ここは海辺に向かって下っていく道だったらしい

噴火で沼がでけt
ほかにも噴火で、国道脇に沼ができた場所もある
当時のまま残る建物や看板が痛々しい

土石流にのまれたやすらぎの館
フットパスコースには、土石流にのまれた建物がそのまま保存されている
これは安らぎの館 散歩の間の休憩の館のように使われていたようだ

土石流にのまれた団地
こっちは同じく土石流にのまれた団地
三棟あったらしいが、一つだけを残し壊してしまったとのこと

有くん火口
噴火した火口もすぐそばで見学できる
こっちは有くん火口と名付けられていた かなりでかい

珠ちゃん火口
こっちは珠ちゃん火口 かなりおとなしめである
二つで有珠山火口・・・ってやかましいわ

そのまま西山火口も見に行くが、あんまりきれいに火口は見えなかった
道中の景色とアップダウンを楽しめたのがまだ良かったのかもしれない
壊れた道路、被災した建物 それらをそのまま遊歩道登山道に使う
北海道旅行でも心に残った風景であることは否めない
洞爺湖一周するよりこっちのほうがいいと、個人的には感じた

明日は、雨やんでいればいいんだがなぁ

ランキングに参加してみました 他の方の旅行記も見られます
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
別窓 | 北海道 | コメント:0 |
<<旅 74日目 ~北海道大沼~ | ぶらぶら日本一周@自転車 | 旅 72日目 ~北海道地球岬~>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| ぶらぶら日本一周@自転車 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。