約一年かけてぶーらぶーら日本一周 100名城も巡るよ!

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
旅 63日目 ~北海道美瑛~
2014-09-14 Sun 20:46
今日は「晴れ」を期待していたが、結果としてはほぼ曇り
すっきりしない朝が続く なんてったって寒いのが辛い
朝の気温がついに一桁の日が続くようになってきた

プチ・ジェットコースター
富良野は丘・山・森・畑の町であった
必然的にジェットコースターのような道が多い
山の合間を縫って走る道なんかは絶妙な気持ちよさ
・・・アップダウンは勘弁してね

帯広~富良野
だいたい帯広は、6日間で200kmほど走っていた
約4690km→4865.23km(約175km)
帯広から富良野直で130km程なので寄り道してたらこんなもんだろう

本日の予定としては、富良野から寄り道しつつ美瑛へ
標高1000m越えの露天風呂に入りに行くこと

立ち並ぶトラクター
ほどなくして到着の「土の館」にて立ち並ぶトラクター群
本館には農耕の歴史も図や模型つきで解りやすく展示されている
土を豊かに肥やす方法など興味深い資料が多かった

蒸気トラクター
しかし何といっておこのトラクターの大群には心が躍る
これは蒸気トラクター、当時としてはけた違いの馬力を発揮していたらしい
煙を吐きながら畑を耕すトラクター おいおいカッコよすぎるやろ

ベンツのトラクター
珍しいトラクターなどもてんこもり 日本で一台しか導入されなかったものなんかも
これはメルセデスベンツのトラクター ここでもおなじみの星マーク

フォードのトラクター
フォードのトラクターも存在していた しかも2種
アメ車らしい・・・?アメリカは耕作面積も世界一位だからよく使われていた
これほど充実した内容が無料で見られるとは感動ものであった

にゃんこと鳥
続いて美瑛への通り道、深山峠にあるトリックアート館
目で見るより、このように写真におこしたほうがよりわかりやすい
この謎の立体感 もちろん絵である

ディナーのひと時
ディナーにしましょう

へこんだいるように見えて出っ張っている
これなんかも傑作である 奥行きのはっきりした絵やな!
と思うところが実はこの絵、手前に出っ張っている
いやぁホント人間の目って不思議なもんだ
割と楽しめたが1300円はちょっと高すぎるよベイベェ・・・

青い池
美瑛のライダーハウスに荷物を預け、十勝岳に向かう
ここはその途中の観光名所、「青い池
青いのは青いが、いかんせん太陽の力が弱すぎて緑っぽくなってしまった

全然気づかなかったが、今日は三連休の中日・そして晴れの予報
人がてんこもりすぎて押すや押されんの大混雑だった
出入口は渋滞していたからまぁしょうがあるまい

不動の滝
さらに上を目指す 不動の滝の近くには石像も祀られていた
池よりこっちのほうが断然よかった

白髭の滝
さらにさらに先の白髭の滝へ
ここも水の勢いよく見ごたえがあった
実はここの水も青い 水質が関係しているようである

吹上温泉
本日の目的地吹上露天温泉(混浴)へ
標高1000m越えの温泉 十勝岳のおかげである
湯船が二つあり、一つは40度弱 こちらは47度ほど
体の芯まで温まる気持ち良い温泉だった

山を登ると次は降りる・・・のは必然
しかし帰りの道はとてつもなく急な坂が頂上付近で続いていた
逆から上って正解だったかもしれない
どれくらいきついって下りの速度が時速60kmを超えるくらい

ノロッコ号
上富良野にて撮影できたノロッコ号 機関車イメージ?
名前の通りかすごくノロい 姿見えてからカメラ準備しても全然余裕
釧路湿原を疾走する姿もみたことあるが、こっちでも走っているとは
ちなみにこれ以外の鈍行電車は、一両か二両だった

明日は旭川、晴れたらいいなぁ

ランキングに参加してみました 他の方の旅行記も見られます
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
別窓 | 北海道 | コメント:0 |
<<旅 64日目 ~北海道旭川~ | ぶらぶら日本一周@自転車 | 旅 62日目 ~北海道富良野~>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| ぶらぶら日本一周@自転車 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。