約一年かけてぶーらぶーら日本一周 100名城も巡るよ!

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
旅 547日目 ~兵庫県日高 冒険家を偲びに~
2016-04-01 Fri 07:00

突然ですが、私もうゴールしました!!!







みたいなドッキリをしたかったんですよね でも京都にすら入ってないという
エイプリルフールなんて旅人にはほぼ関係あらへんねや・・・

さて現実に戻って、城崎温泉の外湯巡り券は翌朝の10時まで有効だった
つまり、朝風呂ができるってことだ!やったね

1朝の城崎温泉
朝八時ごろに温泉街へと出没する私 もう浴衣じゃないけどね
人は少な目とはいえ、やはり積載自転車はとても目立つ
駅近くの駐輪場に置いて歩いて行くことにしよう

2一の湯
まずは昨日開いてなかった一の湯へ 朝風呂スキーが集まっておるのぅ
ここには洞窟風呂があった 変形露天風呂みたいなものか

3桜
なんだかイモ洗い状態でゆっくりできず もう一つのまんだら湯へいこう
昼に見る桜は夜とは全然違う雰囲気 満開まではもう数日という所か

4まんだら湯は午後から
まんだら湯までぶらぶらと歩いて行く・・・が、朝はやって無いようだ
残念ながら城崎外湯完全制覇はならず やね

5温泉寺
少し足を延ばして温泉寺へ 本堂は山の上のようだ
今回はま、ええかな・・・風呂も入ったし

6川沿いを南へ
満喫したね、城崎温泉 またこよう
今日の目的地は日高 豊岡を通り過ぎてさらに南側へ行く

7玄武洞公園
その途中にあるのがジオパークにも含まれる玄武洞公園
玄武洞を見るのは無料だけども

8黄鉄鉱
仲のミュージアムを見るには別途料金がかかる
それでも中には珍しい鉱石や宝石、化石のオンパレード
これは黄鉄鉱 自然にこの大きさのサイコロ状になるのは珍しいそうな

9菊花石
これは菊の花が化石になった菊花石 まんまやんけ
いくつもの種類が展示されていてまるで菊の品評会
思わず息をのむ美しさである

9バラのような雲母
バラのような白雲母だとか

10植物が入った琥珀
植物が入った琥珀などもある 虫入り琥珀はよく見るね
というか透明度が恐ろしい琥珀やなこりゃァ

11葉の化石
堆積した葉の化石なんかもある 落ち葉のような感じだ
こんな動きがある化石はもはや芸術の域に達しているのでは

12豚肉石
他にも変わり種の豚肉石とかいうものも
上にあるのは付け合わせのポテト石かね?
と、まぁこんなのはごく一部なわけでして 面白いよ?

13玄武洞
ミュージアムに満足したら外の玄武洞を見に行こう
溶岩が冷えて固まった柱状節理がこれでもかというほど見られる
ここ玄武洞の名前から、溶岩石である玄武岩の名がつけられたのだ

14輪切りのようだ
玄武岩は溶岩石の中で一番粘り気が少なく、固い
固いのはすなわち脆いことを意味するわけで 輪切りになってるね
マグマの対流で蜂の巣のような六角形構造になり、冷える段階でひびが入る
詳しい説明はミュージアムにも載っておりますぞ

15縦と横
ここの面白い所は柱状節理が縦と横に見られること
窪地に落ち込んだ溶岩、その流れが如実に表されていると言えよう

16青竜洞
玄武洞公園には5つの見どころがあり、その一つの青竜洞がこちら
玄武洞に負けないほどの節理のうねりがまるで昇り竜のようだということから名付けられた
玄武にも対応していい感じのネーミングですな

17白虎洞
となれば他にもあるわけでして これは白虎

18朱雀洞
東の朱雀に

19南朱雀洞
南の朱雀も 各々素敵な模様を描いている
旅をしていると自然の力を本当に思い知らされることが多いよ

20クレバスを意識した入口
さて、玄武洞から20kmほど漕ぐと日高の目的地に到着
昨日休みだった植村直己冒険記念館である この入口はクレバスを意識したとか

21いぬぞりだ・・・
植村直己は全国的に有名な人だと思うけど、何をしたのか知っているだろうか?
私は世界五大陸最高峰登頂と、犬ぞりで北極点到達ぐらいしか知らなかった
これはその犬ぞりを完全再現したもの 引いた犬のうちリーダーはアンナというそうな

彼は好奇心が非常に旺盛で、人がやったことないことをやり遂げたいと思っていた
それに意思と行動力が伴っていたのだから凄い 手持ち4万円で渡米など普通は出来ない
登山に始まり、アマゾン川6000kmイカダ下り、グリーンランド縦断、北極点到達
彼が一番やりたかった南極点到達が出来なかったのは本当に無念だったんだろうなァ

22そう、植村直己冒険記念館
この冒険館の面白い所は、冒険者やチャレンジャーをとりあげる所か
お話をさせてもらって、「冒険館を訪れたチャレンジャー」として企画展示してもらえたり
ホームページ上で紹介してもらえたりもする 
それを見た他の人が、私も冒険してみたいな・・・と思う一因になれれば嬉しい限りですな

23豊岡はカバンの町
冒険館を後にし、京都方面へ入るべく再び豊岡へ向かう
豊岡は元々柳行李で有名な紀柳細工の町 そこからカバンの町へと変わって行った
今では日本国内でのビニールカバン生産のうち八割を占めるとか
カバンでビルが建ってるもんなァ・・・

24かいらしいね
豊岡を過ぎて京都への道を走って行く
この喫茶店のティーポット風建築がとってもかわいらしい
でも店名はブルーマウンテンなのよね

25ただいま京都
ただいま、戻ってきたよ京都

26久美浜
県境からは久美浜に降りてきた ここはカキの養殖をしているらしい
天気がイマイチなのと時間が遅くなったのもあってあまり眺め良くないね・・・

27小天橋
砂浜が長ーく伸びているのが天橋立に似ている
そんな理由でここの名前は小天橋 上から見下ろしたいね
手ごろな山は・・・うーむ見当たらないな

明日は経ヶ岬経由で宮津、天橋立まで走って行こう
天橋立は小学生以来かな?ちょっと、楽しみだ


本日の走行距離:57.65km
累計走行距離:30548.25km

ランキングに参加してみました 他の方の旅行記も見られます
ぽちっと押すとランキングが上がる模様 少しずつ上がってきてる?
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
別窓 | 兵庫県 | コメント:0 |
<<旅 548日目 ~京都府間人 天気予報が嘘つきかい~ | ぶらぶら日本一周@自転車 | 旅 546日目 ~兵庫県城崎温泉 温泉のためなら~>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| ぶらぶら日本一周@自転車 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。