約一年かけてぶーらぶーら日本一周 100名城も巡るよ!

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
旅 546日目 ~兵庫県城崎温泉 温泉のためなら~
2016-03-31 Thu 08:08
えーんやこーらーほいさっさ、と 今日は城崎に向かう日だ
その前に、浜坂でやり残したことだけ片付けていこう

1観音山登山口
やり残したことと言えば・・・そう、観音山に登ること
こちらは登山口が非常にわかりやすい

2山門を経て
道も整備されていてとっても歩きやすい サンダルでも問題ないね
途中で山門を通過して

3お寺へ
お寺に到着 極楽の鐘、なんてものもあったで

4道中で町が
浜坂の町は道中からみることができる

5てっぺんでは海が
てっぺんからは河口から広がる浜坂の海岸を望むことができる
結婚式当日にも山に登っていた彼、その日は何を思ったんだろうか

6但馬火の浦
浜坂を後にして、但馬御火浦を見ようと県道260号を走って行く
正直これは舐めてた そして誤算だった 坂がキツすぎる
海沿いを走る訳でもないので展望もあまりきかないしね

7もようがすごい
三尾に辿り着き洞門へ 色と模様が凄いことになっている

8火の浦大島
ここらは火山性の爆発でできた海岸なのでそこかしこに柱状節理が見られる
大島もその一つ・・・なんだけども、ズームしないと見えない
但馬御火浦は浜坂からの遊覧船で見る方がイイだろうねこれァ

9不老の水
嘆いても仕方がない、進んでいくぞー!
自転車NAVI兄貴はこれ以上進まず引き返せと言ってるけど、そうはいかない
不老の水に癒されながら坂を駆け上って行く

10海岸線
海はもぉ・・・いやになるくらい堪能できるよ!
坂はもぉ・・・いやになるよ!
2~3%と12~3%のインターバル走みたいでこの旅初めて足攣りそうになった

11林道だったんか
これ本当に県道かよと思っていたら、途中から林道になってたらしい
あ、そっすか・・・だからキツいんすか

12余部埼灯台
海岸線沿い(?)の林道を意識跳びそうになりながら漕ぎ続ける
途中から強烈な雨も降りだしてそれこそ天を呪いながら絶叫走行に
なんとか雨宿りできそうな余部埼灯台に辿り着き、少し一息入れる

13今年やん!
なになに?タイムカプセルとな・・・開封今年か!
しかし日本一高い所にある灯台か、こちらは根元の標高が一位なのかな
海面から突端までの高さが一番なのは茂津多岬灯台だったよね
あれもキツかったなァ・・・どっちも訪れる人は極少数だろうな

14曇り
雨は止んだものの、曇りが続く
急な下り坂をこれまた悲鳴を上げながら下って行くことに・・・
しかし国の天然記念物が続く名勝だというのに車すらいないなんて
「国道178号は甘え」とか考えててすんませんっした ここはさすがに勧められない

15五年前に作り替えられた橋
満身創痍で旧余部鉄橋に着いた時には既に13時を回っていた
史上最高に辛い25kmだったでほんま・・・
今はコンクリート橋となっているが、架け替えられるまでは鉄橋だった

16空の橋
空の駅、か 地上から40m以上の高さだからなァ
ここに駅を造るのも一苦労だったそうな 資料館もオススメ

17鉄道がやってくる
駅で感慨に浸っていたら鉄道がやってきた
乗り鉄や撮り鉄らしき人もチラホラ

18今年の六月で終わり
余部を後にしたのは15時前 城崎までは40km
17時には着きたかったんやけど・・・厳しいなァ
道中では三姉妹船長の観光船看板も 今日は臨時休業だった
営業自体も6月で終わってしまうそうだ 気になる人は急げ!

19今一しゃんとしない
雨が降り続いていたせいか今一しゃんとしない天気
まだ降る可能性もあるしのんびりはしてられへんね

20地引網見張り
地引網の見張り小屋を発見 ここからハマチなどの魚群を探してたとか
見つけたら村に合図して、沖に船を出し村民で網を引いていた
が、ハマチは昭和35年頃からぱたりと姿を見せなくなったそうだ・・・

21昔はハマチが良く撮れたとか
広い入り江上の海岸 なるほど地引網に向いてそう

22山陰の海
山陰の海は景観がいい所、多いね
この辺だと雨がぱらついててじっくり見る余裕がなかったけどもさ

23はさかり岩
こんなけったいな岩でも国の天然記念物
蟹のハサミにはさかったような岩 はさかり岩さん

24けったいな峠
城崎へ向かう山道、その峠がこちら 変な名前・・・
昔は相当の難所だったんだろう、たぶんね

25さとの湯
無事城崎の旅館にチェックイン 素泊まり4000円と中々お手頃
何より外湯巡り券(ゆめぱ、1200円)がついてくるのが嬉しい
浴衣と下駄に着替えていざ温泉街へ繰り出そう まずは一番近いさとの湯へ

26地蔵湯
お次は橋を渡った先にある地蔵湯 のんびりしてるとすぐ暗くなるね
城崎には7つの外湯があるけど、大体どっかが休んでる
今回休みの一の湯とまんだら湯は明日の朝に行けばいいだろう

27城崎の桜
城崎の桜は三分咲きと言ったところか 鳥取では完全蕾だったのにね
確かにここらは暖かい 山陰の厳しい所は抜けたってことなのか

28鴻の湯
一番奥にある鴻の湯 ここは庭園温泉と呼ばれる露天が売り
いい眺めだった そしていいお湯だった

29御所の湯
今日入った外湯で一番混んでたのがこの御所の湯
城崎中心地だからか?ここは露天風呂に滝がある風流な場所

30めっちゃ栄えてる
夜9時だというのに煌々と明かりがついている
栄えてますなァ・・・射的なんかもある温泉街っぽい所
浴衣の人ばっかりで眼福でございますわよ

31柳の湯
道に柳が並ぶから柳の湯 解りやす過ぎる
ここは狭いながらもヒノキを使っている(縁だけやけど)
湯の温度もそこそこでまったーり、まったーり

さて、夜はこれから ビールでも飲んでゆっくりしよう
明日は残りの温泉に入ってから、植村直己冒険記念館やね!

本日の走行距離:70.11km
累計走行距離:30490.60km

ランキングに参加してみました 他の方の旅行記も見られます
ぽちっと押すとランキングが上がる模様 少しずつ上がってきてる?
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
別窓 | 兵庫県 | コメント:0 |
<<旅 547日目 ~兵庫県日高 冒険家を偲びに~ | ぶらぶら日本一周@自転車 | 旅 545日目 ~兵庫県浜坂 意義ある停滞~>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| ぶらぶら日本一周@自転車 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。