約一年かけてぶーらぶーら日本一周 100名城も巡るよ!

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
旅 411日目 ~佐賀県嬉野 誰よりも強く、そして美しい~
2015-11-03 Tue 07:00
昨晩は武雄温泉でのんびりしていた のんびりしすぎて外出ると本降りに
後先考えずに欲望に負けるとこうなるってこと、いつになったら学ぶのか
7km先の道の駅で寝る予定だったが、走るのやだってことで近場でこっそり就寝

朝起きると雨が上がっていたのが救いだ ホッとしたねホント
今日は有田焼を見に行って、嬉野温泉に入り佐賀市に戻ろう そうしよう

1九州陶磁文化館
有田と言えば有田焼 目的はこの九州陶磁文化館、入館料は無料
・・・のはずが、今は特別企画展が行われており、常設展も込みで入場料を取られる
ぐぬぬ まぁでも面白そうだし見ていこう そうしよう

2全部別物
企画展では、明治初期のウィーン万博に出品されたものなどが展示してあった
欧米向けの模様や意匠 デカい壺に細かい装飾などなど見ごたえ十分
常設展は撮影可能だったのでここだけぱちり 炻器って初めて見た・・・

3有田ポーセリンパーク
陶磁器に満足した後は、有田ポーセリンパークへ 酒と焼き物のテーマパークだ
酒と聞いたら行かずにはいられない 行くとこのでっかい宮殿がお出迎え
ドイツのアウギュスト王が建てたものだとか 彼は日本の陶磁器にハマッたそうな

4有田焼の噴水
実際に陶磁器の噴水を造ったのかは知らない
が、彼がドイツに陶磁器を広めたのは違いない
国内で初めて陶磁器の制作を成功させたのも彼の代からやしね

5かもてん
宮殿の外れの池には鴨のパラダイスが カモパラ?

7はぐれかな?
パラダイスの網の外に一羽の鴨が はぐれかな?

8これで50m級の登窯
焼き物と酒のテーマパークだけあり、窯も設置されている
登窯と呼ばれる長さ50m超のもの これでも有田では小型な方らしい
でっかいのは100mを超える物もあるんだとか
陶磁器の起こりは有田だが、日本においての起源は朝鮮半島である

10ドイツの街並み
ドイツの宮殿があるから、店もドイツの街並みを再現したよう
残念ながら大体閉まってるか潰れてるのは悲しい所
そういや三連休の中日だというのに全然人いないなここ・・・

11陶磁器のチェス
陶磁器のチェス駒もあった 実際動かせないけどね!

12海軍病院の温泉くみ上げ装置らしい
有田から嬉野までは少し山を越えて行かねばならない 
越えてすぐに見えるは嬉野温泉病院 周辺は元海軍病院の敷地だったそうだ
池のほとりにあるこれは、その当時の温泉くみ出し施設だそうだ レンガかー
通りがかったお婆ちゃんに教えていただいた 使わないのは勿体ないねーと笑いあう

13嬉野温泉
その麓にある嬉野温泉元湯 ここは日本三大美肌の湯の一つ
これでまた日本一美しいチャリダーに近づいてしまった
魔闘家鈴木とかユダとかそんな感じ 多分


本日の走行距離:68.45km
累計走行距離:25238.49km


ランキングに参加してみました 他の方の旅行記も見られます
ぽちっと押すとランキングが上がるんやて 目立つほどでもないけどな位置におるやろ
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
別窓 | 佐賀県 | コメント:0 |
<<旅 412日目 ~佐賀県佐賀 充実の祭りタイム~ | ぶらぶら日本一周@自転車 | 旅 410日目 ~佐賀県武雄 新たな出会いと再会と~>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| ぶらぶら日本一周@自転車 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。