約一年かけてぶーらぶーら日本一周 100名城も巡るよ!

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
旅 406日目 ~大分県くじゅう連山 最後まで歩いてこそ~
2015-10-31 Sat 07:00
さー昨日は昼から怠惰な生活 in テントであったわけだけど
やっぱ動かないってーのは暇ですわ あきませんわ
最終日は晴れの予報だったけど、さぁどうなるか・・・

1どんより
機体とは裏腹にどんよりとした空 大丈夫なんかこれ?
山の気候は変わりやすいとはいうけどさぁ・・・

2何とかさらりと晴れて来た
ホントに変わりやすかったー!?
太陽が出てくるころになると自然に晴れて来たのであった いやいや信じてたよ?
さっすが天気予報さん やるやないか!

3ぐっばい・・・
天気がいいうちにそそくさと撤退
次来るときは紅葉真っただ中の時に来たいものだね

4ただいま
来たぜ北千里が浜 シャレではない

5倍返しだ!
リベンジの三俣山、倍返しだ!

6まずは西から
山自体は見た目通りで、特にきつくもゆるくもない感じ
さくさくっと登って、まずは一番手前の西峰から制覇
早くも天気が怪しい ま、まぁ山の天気は変わりやすいっていうしね(二度目)

7車も通れるのかな
硫黄山脇のあの道、車も通れるのかな?

8長者原方面
長者原方面も見下ろせる 今日あそこまで行くんだもんなぁ
2本の足でこんなに移動できるってやっぱすごいよなぁ

9またガスが
なんかまたガスってきたぞ・・・?
いいよいいいよ山の天気(以下略)

10まさかの四つ目の峰
霧が晴れた時を狙っててっぺんぽい所を歩いて行く
えーとここは・・・Ⅳ峰?三俣やないのか・・・

11南に到着
Ⅳ峰を通り過ぎて南峰に到着 結構下って登る
あまり人が通らない道のようで歩きづらいったらなかったでやんす

12迷い層やで
しかし霧まみれ これは迷いそうやねぇ・・・
のんびり霧が晴れるまでまとうではないか 怖いし

13と思ったら晴れて来た
と、思ってたらすぐ晴れる なんやこの・・・この・・・
山の天k(以下略)

14本峰は曇りかい!
で、また中心である本峰では曇る そしてカラス
くじゅうの山には普通にカラスが居るんやね しかもやかましい
大船山あたりではきれいな声を聴かせる小鳥がいたけどなぁ

15我慢強く舞った結果
我慢強く待つと、しっかり晴れてくれるからいいのだ
やっぱり山頂には晴れが似合う 景色が映える

16大船山
大船山もくっきり見えておるよ いい山だったなぁ

17行くぜ直滑降
さぁ三俣山から直滑降するべや
行とはルートが違う気がするけどまぁいいやろ!通行止めでもないし

18いつもよりいっぱいはいてる
いつもより沢山煙を吹いておりまーす
半分くらいは雲でーす

19今回は正規ルートだった
今回は道しるべ通り、正規ルートを登ってきた
足元の安定度が段違い 前回は滑落するかと思ったわホンマに

20困難ここから行け編と思うわ!
だってさぁ・・・こんな看板立ってるんやで?こっからは行けへんと思うやん!
正解はこの看板の右手にこっそり降りる場所がある

21星生山ルート
今回は星生山を登りに行くので、牧ノ戸峠安定ルートからは外れる
星生山ルートとでもいうのか 

22割と狭い稜線を行く
こんな感じに割とせまっ苦しい稜線を行く これが中々楽しい

23わくわくしない?
わくわくしない?このてっぺんの岩どもを文字通り乗り越えて行くスリル
落ちたらエラい目にあうやろねこれ・・・
あ、岩の下に安全歩行ルートもあります 一応ね

24下が平坦ルート
さらに下の平坦ルート 西千里が浜を歩いて行くのだ
平坦で楽そうやねー 景色はこっちの方が勝ってるな!多分

25硫黄の匂いがする
ここの稜線越えルートはほんのり硫黄の匂いがする
硫黄山の吐き出す硫化水素だろうな 風向きのせいだ

26星生山到着
無事最後の1700m越えのピーク、星生山に到着!
この山頂で感激もひとしお のはずやったんやけどね
タバコ吸いながら立ちションするおっさんのせいで全部興ざめやわチクショウ

27イイナガメダナー
でもまぁ眺めはいいよね、眺めは
こんな気分の良い場所なのにトンデモ行動するのはホントわけわからん
登山客のマナーは、登り口に近いほど悪くなるよなぁ ゴミも目立つし

28いろいろまとめて見える
色々歩いてきた跡がまとめて眺められる
日数をかけたとはいえ、やはり誇っていい所だろうな いい気分だ

29くじゅう連山ともお別れ
これでくじゅう連山ともお別れ またな!

30稜線をあるくのはい
この稜線をたどって行くと、牧ノ戸峠に到着する
くじゅう連山の良い所と言えばやはりこの稜線の美しさだろう
自分で歩けるんだからもう何も言うことは無いよ

32最後のピーク、沓掛山
最後のピーク、沓掛山
この辺までは峠からのハイキング客も多い気がする

31ここだけあるくのもいいな
三俣や久住山まで行くのはあれだけど、ここだけあるくのも悪くはない
程よいアップダウンで歩き甲斐のある場所だと思おう

33あそこが牧ノ戸峠
そうこうしてるうちに眼下に駐車場の姿が
あれが牧ノ戸峠だ あと1kmちょっと!

34登山口だ!
上の写真からここまでが地味にキツい 完全舗装路でなぁ・・・
岩と砂の下り坂より、舗装路の下り坂の方が膝に来るのよ、私は
とはいえ牧ノ戸峠まで縦走完了!やったぜ。

35長者原まで歩いて帰る
と、いってもおまけでまだ長者原まで歩くのが私
バスでもいいんやけどね 折角だし歩かないと勿体ないべ

36まだある紅葉
この自然歩道にはチラホラ紅葉が残っている部分が
こーゆー発見があるからゆっくり旅はやめらんない 満開の方がいいけどさ
この日は自転車を預かってもらったホテルにてゆっくり羽休め たまにはいいさ!

明日からは、佐賀に向かおう 祭りが待ってる!

ランキングに参加してみました 他の方の旅行記も見られます
ぽちっと押すとランキングが上がるんやて 目立つほどでもないけどな位置におるやろ
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
別窓 | 大分県 | コメント:0 |
<<旅 407日目 ~大分県鯛生金山 中津江という村~ | ぶらぶら日本一周@自転車 | 旅 405日目 ~大分県くじゅう連山 天気と睨めっこ、冴える勘~>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| ぶらぶら日本一周@自転車 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。