約一年かけてぶーらぶーら日本一周 100名城も巡るよ!

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
旅 402日目 ~熊本県菊池 西から阿蘇を目指して~
2015-10-25 Sun 07:35
昨日の夜は、芸術的な万田坑を見せつけられたわけですが
今日は朝からまともな万田坑を見てから阿蘇に向かおう そうしよう

1宮原抗
の、前に三池炭鉱最古の立坑櫓がある宮原抗へ
ここは閉鎖も早かった 中には入れないようだ柵に隙間があるけど

2万田坑
万田坑開場が九時半だったので、それに合わせて到着する
手前の池は、沈殿池 その名の通り石炭を沈めていたようだ

3煙突と変電所
煙突跡と変電所や配電所特有の鉄骨が見える
石炭を燃やして発生する蒸気で発電も行っていたとか

4ボロボロだったそうだ
この辺りは、数年前まで草ボーボー 建物ボロボロ
まさにほったらかし状態で地元の人も何かわからん状態だったとか
修繕に要した費用は4000万円 ひぇぇ・・・

5お風呂
ここはお風呂 炭鉱夫さんらは気が荒い人が多くよく洗面器を投げてたそう
けが防止のためにゴムの洗面器を使っていたんだと
最盛期は3500人が働いていたが、末期は240人ほど この風呂で足りたんやね

6炭鉱入口
地下へと潜る炭鉱の入口 なんか、緊張する

7一分で到着
ここからエレベータに乗り込み、一分で270m下まで到着する
気絶するとか浮くとかしそうですぞ

8あれがエレベータ
エレベータがあちらになります 立って乗る
二つを鶴瓶のように使って、上げ下げしていたそうだ

9工場かな
あの建物は、機械や工具の修理をする場所
屋根はハゲ、中はボロボロのまさに廃屋だったそう

10ご苦労さん
ご苦労さん! いやほんとお疲れ様です

11ちと離れた所で管理
このウインチは先程のエレベータの上げ下げを管理するところ
ちょっと離れた管理棟がある 深度計とかもあるんやね
ブレーキは手動ってのが恐ろしい ホント怖いな

12昨日と同じ視点
昨日と同じ視点へ移動 そうか、全容はこうなっていたのか・・・
放置されたトロッコが哀愁を誘う

13田原坂
万田坑見学に一時間半ほど費やし、菊池から阿蘇を目指す
途中にある田原坂 ここは西南戦争の激戦地だそうだ
資料館が閉鎖中と聞いて、入口だけで失礼 安らかにお眠り下され

14水が綺麗な菊池渓谷
なんとか日が沈む前に菊池渓谷へ到着 いやーキツいっす
ここの水のきれいさは中々のもの

15紅葉に居はまだ早い
紅葉にはまだ少し早いなぁ ちいと色がついているくらい

16滝が沢山
この渓谷は滝が沢山あっていいですなー 眼福ですなー
マイナスイオンやないけど、リラックス効果もきっとあるでよ

17四十三万の滝
100名瀑にも選ばれている四十三万の滝
名前の由来はいつでも四十三万トンの水量を誇るからとか ほんまかいな

18太陽さんもうちとまって
菊池渓谷を後にして阿蘇外輪山のかぶと岩展望所を目指す
あぁ、太陽さん待って 私を置いてかないで

19外輪山へ
真っ暗な山道、ハイビームで爆走してくる下りの車に悪態つきつつ到着
この信号まで来るのに結構体力を使ってしまったよ あーつら

20阿蘇の夜景
かぶと岩展望台にて阿蘇の夜景を眺める 中々ないねこういう経験
明日は、雲海が綺麗に見られればイイね あと夜明けも


本日の走行距離:75.58km
累計走行距離:24899.48km


ランキングに参加してみました 他の方の旅行記も見られます
ぽちっと押すとランキングが上がるんやて 目立つほどでもないけどな位置におるやろ
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
別窓 | 熊本県 | コメント:0 |
<<旅 403日目 ~大分県長者原 阿蘇からくじゅうへ~ | ぶらぶら日本一周@自転車 | 旅 401日目 ~熊本県万田 世界遺産の新たなカタチ~>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| ぶらぶら日本一周@自転車 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。