約一年かけてぶーらぶーら日本一周 100名城も巡るよ!

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
旅 388日目 ~熊本県天草下島 久々のロングラン~
2015-10-11 Sun 07:00
ついに天草市に上陸した私 少し前まで天草は長崎だと思ってたのは秘密
島民さんにもよくそう思われてんねん(笑)とのお言葉が 失礼しやした!
でも現に長崎に近いから、ちゃんぽんなんかも店がすごく多かったりする

1海荷湖化
今日は島の南からどこまで行けるだろうか 久々に朝八時位から走り出す
島の形状は中々に変化に富んでおり景観と言う点で飽きることはない
山に入ったかと思えば田んぼの真ん中 そしてこの景色

2会場コテージ!?
一目見ただけでは山なのか川なのか海なのか湖なのかよくわからんのだ
ちなみに正解は海 真ん中に浮くのは海上コテージ
宿泊のために船に乗るというなんとも不思議な場所

3崎津の街並み
下島には縦断道路もあるが、折角だし西海岸を走る
世界遺産登録を目指しているという崎津の街並み 港町っぽい
海に張り出した竹やシュロ製の足場がすごく生活感ある

4崎津天主教
この島は辺境ということもあり昔から隠れキリシタンが多かったそうだ
教会は昭和に入ってから建てられたものだが、信者はそれこそ江戸時代からいる
漁村のど真ん中にこんな教会があったら…目立ってしゃーない
中は撮影禁止だが、見学は可能 畳が敷いてある不思議な教会で会った

5大江天主教
もう少し足を延ばして大江の教会も見ていく この二つがメインだそうだ
こっちは小高い丘の上にあり、中に畳は無かった

6景色がイイ
小高い丘の上、ということで眺めはよく 海や街を見下ろせる

7十三仏公園
ここら辺は集落と山とを交互に登り下りする感じだ
十三仏公園からはこんな眺め 隣には十三佛堂もある
十三佛堂は全国にも多くあるが、地名になったのはここくらいだそうな

8妙見が浦が見える
見学と走行を繰り返しながらずんずん進む 今日は休みも少ない
視線の先には妙見浦が 岩にぽつっと穴が開いている

9下からだと穴が見えないな
で、下に降りて見ると岩の穴が見える場所がない!
下から見るよりちょっと離れて見る方がいい場所のようだ

10富岡城から見える
苓北に進み、富岡半島へと渡り富岡城に登る
ここは島原の乱でも戦場となった場所で、官軍が守り抜いたところ
上からは見事な砂嘴の姿と

11島の景色
半島の姿を見ることができる 落ち着く・・・

12城も中々
城も綺麗に復原されている 対外国をも見越して整備されていたようだ
島原の乱でも落ちなかったし、乱鎮圧に少なからず影響を与えている城だ

13雲仙と通詞島
さらにさらに進んで雲仙と通詞島が見える場所へ
通詞島とは、その昔通訳が住んでいたことから着いた名前だとか
長崎が近かったからね 通訳もひつようやったんやろね ホンマか知らんけど

14おっぱい・・・
道中にあったおっぱい岩 干潮なら近くまで行けるんだが・・・
中途半端に潮が満ちてしまってこれでは半乳ではないか むしろいいかも

15そのうち行くぞ長崎
下島の北側が、長崎に一番近づく場所でもある
そのうち行くぞ、待ってておくれ そして雲仙噴火はやめておくれ


本日の走行距離:102.30km
累計走行距離:24046.92km

かなり久々の100kmオーバー そして24000km突破 寄り道した割には走れた
平地では平均23kmくらい出てたんではなかろうか


ランキングに参加してみました 他の方の旅行記も見られます
ぽちっと押すとランキングが上がるんやて 目立つほどでもないけどな位置におるやろ
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
別窓 | 熊本県 | コメント:0 |
<<旅 389日目 ~熊本県天草上島 海岸線沿いのランデヴー~ | ぶらぶら日本一周@自転車 | 旅 387日目 ~熊本県牛深 出水ツルマラソンとは~>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| ぶらぶら日本一周@自転車 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。