約一年かけてぶーらぶーら日本一周 100名城も巡るよ!

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
旅 382日目 ~熊本県五木 足を酷使する日々~
2015-10-05 Mon 07:00
昨晩は温泉にて疲れをいやし、本日の予定を立てていた
今日まず寄るのは、日本一の石段 そして栴檀(せんだん)轟の滝だ

1佐俣の湯
ありがとう佐俣の湯 ちょっぴりすべすべな低張アルカリ温泉だった
石橋の街を示すちょっとイカしたオブジェクトだぬ

2今日も元気だ空が青い
さぁ今日もお天道さんは元気だ 空が青い
道の駅から9kmちょっと離れた石段へれっつらごーと行きますかい

3日本一の石段
曲がり角で既にアピールしている
日本一と言われたら、ねぇ?行きたくなるってのが人情ってもんよ

4日本一やで
しつこいくらい日本一アピールする石段 日曜やからか結構人が居る
周りを見回すと結構装備がしっかりしている人ばかり すまんなサンダルで

どれくらいで登れるものか、マイぺースながらちょっと頑張ってみる
最大の難敵は階段に落ちてる杉の枝葉やほかの落ち葉
滑るわ蹴躓くわでやたらわちゃわちゃしていた

4.5ここから日本一
ここから日本一の長さになるとか 800段以上も多いのね
インド産の赤御影石を使っているそうな 綺麗やね

5ゴール!
3333段、標高差にして620mを登り切りゴール!
時間は38分 走る人ならもっと早いんだろうけど私は歩きやからね
走れと言われても走りたくないがね!歩きでも汗だらだらである

6奥には釈迦院が
頂上からさらに1km登ると、釈迦院に着く
小西行長に燃やされちゃったけど、700年代建立の歴史あるお寺さん

7見晴らしえーなぁ
階段からの見晴らしは全くと言っていいほど良くない
でも、ここまで登ってくると大分見渡せるようになるもんだ

8実は石畳部分もある
滑ってこけて、はい終了 ってのが一番怖いので下りには細心の注意を払う
そういえば、石段だけではなく山道みたいな部分もいくつかあったりする
下に辿り着いた時は、脚が若干ぷるぷるしていた やっぱキツいわなぁ

9平家湖
震える足をおさえ、文字通り今日の山場である滝へと向かう
途中にあるダム湖の名前は肥後平家湖であった 平家ゆかりの場所だらけか

10険道
轟の滝までは、険道 もとい、県道を走って行く
この狭さは尋常ではない 軽ですら私を追い抜けないレベル
しかしまあ、800m登るとはいえ20kmかけてだからへーきへーき
石段でぷるった足もなんか一周して前より自転車漕げてるし これが超回復かな

・・・ん?

11ふあっ!?

  。 。
 / / ポーン!
( Д )



・・・えっ?嘘やろ?
前から車来てるし聞いてみたら、完全に道が崩れてるとのこと ひえぇ・・・
しかしよく見ると迂回路がある ちょっと調べてみようか


自転車ナビ<12kmで900m登るぞ 次4km走って9kmで300m下るぞ


       スポポポポポポーン!!!
      。     。
        。  。 。 。 ゚
       。  。゚。゜。 ゚。 。
      /  // / /
     ( Д ) Д)Д))



元々は20kmで800m登り、5kmで250m下る道のりだったのに・・・

12二本杉峠
結果二本杉峠まで登るハメに
本当は4km手前の朝日峠から下る道もあったのだけどね 折角やしね
しかし県道159号は本気で辛かった 今まで走った道(少なくとも九州)で一番辛かった
12kmで900m登るとは言っても、平坦な道と急激な登りの繰り返し
空荷でもかなりキツいと思うんですよね、私 チャリなんていないけど

13かろうじて。。。
折角だからと、展望台まで寄り道をしていく
阿蘇外輪山に雲仙岳、有明海も見えるらしいが・・・
かろうじて外輪山が確認できるくらいかなぁ ちょっと薄いね

14空が一番きれい
結局峠も空が一番きれいでしたとさ やっとこ下りやよやよ

15球磨川支流の原点
このあたりの川は、最終的に球磨川に流れる物ばかり
支流の源流もこの辺にはいくつかあるのだ 川辺川もね

16こんな道を走れる楽しさ
小さい川ならではだよなぁ、道沿いにこんな景色があるってのは
ガードレールもなく景観を邪魔しない ここまで来てよかったと思える瞬間だ
落ちたら危ないので気を付けようね

17栴檀轟の滝
無事遠回りルートで到着、栴檀轟の滝
名前がカッコイイよ名前が 駐車場から10分もかからず降りてこられる
落差70mはさすがに迫力がある 音も飛沫もすごい

18下流はこんな感じ
下流はこんな感じ 静かな森と渓流っぽい

19見上げると・・・
この滝は滝壺まで行くことができる そこで見上げると・・・
これでもかと言う音量と激しい水しぶき うほったまらん!
夏にきてここでずーっと座っていたい気分

20意外なほど小さい滝壺
で、これが滝壺 滝自体のスケールのデカさから見ると意外なほど小さい
深さは4mほどだそうだ そんなもんなのかー

21吊り橋はちょっとがっかり
滝を後にして山を下って行く 途中にある栴檀滝の吊り橋は・・・うん
ちとがっかりするような出来だったなぁ 橋本体は石造りやし

22紅葉の時期はイイのかも
橋からの眺めはイイ感じ 紅葉の時期だともっと良さそうな気がする

23渓谷だ
五木村に向かうためにずんずん下って行く いつの間にやら川は遥か下に
これは渓谷ってやつでしょうな 私もあそこまで下るのか・・・

24あそこまで登れと
で、下った結果がこれだよ また登るんだよ
川を挟んだ向かい側に行くときの宿命ですな、これは

25緒方さんち
二本杉峠がある国道445号に合流して、五家荘経由で五木へ
道中見かけた緒方さんち 平家の造りが特徴にあるらしい
もう閉まってたので詳しいことは解らずじまい

26夜の五木村
五木村に着くころには完全に陽が落ちてしまった 6時半でもう真っ暗
秋やねえ・・・ほんに秋やねぇ・・・

27れーざー!?
夜景撮影でしばし遊んでいく 車が通った後がまるで炎のようだ
気分はバックトゥザフューチャーのデロリアン!
飽きるまで遊んで、この日は五木村の温泉に入りカレーを食べて疲れをいやす
最近毎日温泉入ってるなぁ 明日は人吉だからまた温泉やな


本日の走行距離:69.88km
累計走行距離:23669.35km


ランキングに参加してみました 他の方の旅行記も見られます
ぽちっと押すとランキングが上がるんやて 目立つほどでもないけどな位置におるやろ
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
別窓 | 熊本県 | コメント:0 |
<<旅 383日目 ~熊本県人吉 一周して戻ってきた~ | ぶらぶら日本一周@自転車 | 旅 381日目 ~熊本県美里 石橋巡り~>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| ぶらぶら日本一周@自転車 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。