約一年かけてぶーらぶーら日本一周 100名城も巡るよ!

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
旅 372日目 ~熊本島県人吉 球磨焼酎と球磨川~
2015-09-25 Fri 07:00
曾木の滝で目覚めて、雨が降ってないことを確認
寝袋やマットを軽く干していると、事務所の人がやってくる
曾木や伊佐のことを軽く話しながら時間を過ごし、ちょとゆっくりしながら出発!

1ライオンみたい
曾木の滝にいた野良にゃんこ もふもふを越えてふさふさやね
なんていうか、ライオンみたい デブ逞しいから余計そう見える

2いざ人吉へ
曾木を出て、伊佐を経由し向かうは人吉 湧水えびの経由ではなく直で
寄り道しても良かったけど、えびのは南下時に寄ってるしまぁいいかってね
ここで越えるのは700m級の山 まだまだ軽い軽い

3からくり時計
さっくり人吉に到着し、駅前のからくり時計を眺める
人吉城を見学してから来たので既に午後三時である いい時間だ
一時間ごとにからくりが作動し、音楽を鳴らしながら人形が躍る

4国宝阿蘇青井神社
今日は人吉で眠ろう、ということで市内の観光スポットを巡ることに
駅前の観光案内のおねぇさん(推定20上)はとても親切でいろいろ教えてくれた
ここは国宝の阿蘇青井神社 江戸時代に建てられたのが残っている

5江戸時代の本殿
萱葺の本殿ももちろん当時のもの 地味に凄い
だからこそ、国宝になっているんだろうけどもね

6幽霊寺
次に向かったのは幽霊寺 何んとも物騒な名前だけど勿論通称である

7幽霊の掛け軸
その名の由来になったのがこの掛け軸 幽霊が描かれているのだ
裏の池では幽霊目撃情報が絶えないとか まんまんちゃん・・・

8西南戦争本営
ここは、西南の役の際西郷どん率いる薩軍が陣にしたとか
当時人吉城は既に取り壊されていたのだ 一国一城の令と明治の払い下げでね
その際、この寺はガッツリ焼き払われたそうだ だが上の掛け軸のみ残っていたとか

9酒蔵見学
少し冷えた気がする体を動かし、球磨焼酎の酒蔵見学に行く
ここ、繊月は寺からも近い場所にあった 幽霊居ないよなぁ

10足湯がある
足湯のある酒蔵 の名の通り、足湯が敷地内に設置されている
疲れた足をいやす・・・ってすぐ見学に呼ばれたよ

11試飲タイム
仕込みから瓶詰までの工程を説明を受けながら見学する
見学地は撮影禁止だったので、最後の試飲の所だけパチリ(許可得てます)
主力商品から20年古酒までいろいろ飲ませてもらえる 楽すぃ・・・!
御猪口もお土産にもらえるので、酒好きなら行ってみて損はないね

12温泉もある
足湯どころか隣に温泉もある ここら一帯では一番古いものだとか

13暗闇の球磨川
温泉に入り、球磨川の鮎を求めて市街地に繰り出す
球磨の尺鮎、と言って体調30cmを越える鮎が有名なのだ
残念ながら今日はもうなかったが、今晩獲れれば明日食べられるそうだ
場合によってはもう一日、人吉周辺でのんびりすることになるかもしれぬなぁ


本日の走行距離:38.97km
累計走行距離:23133.77km


ランキングに参加してみました 他の方の旅行記も見られます
ぽちっと押すとランキングが上がるんやて 目立つほどでもないけどな位置におるやろ
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
別窓 | 熊本県 | コメント:0 |
<<旅 373日目 ~熊本島県人吉 球磨焼酎と球磨川~ | ぶらぶら日本一周@自転車 | 旅 371日目 ~鹿児島県曾木 川沿いの道~>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| ぶらぶら日本一周@自転車 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。