約一年かけてぶーらぶーら日本一周 100名城も巡るよ!

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
旅 371日目 ~鹿児島県曾木 川沿いの道~
2015-09-24 Thu 06:58
昨日の綱引きで頑張ってせいで色々な所が痛む
特に指の水ぶくれ 潰しちゃろかお前さん
今日は、天気とつきあいながらはしることになりそうだと思っていたら・・・

1メガネがぁぁぁぁ

に"ょ"わ"ぁ"ぁ"ぁ"ぁ"あ"あ"あ"あ"!"!"!"!"!

出発前に悲劇が・・・なんてこった
新しいの購入しようか迷ったけど、とりあえずは手持ちの接着剤などで処置
どうしようもなくなったら二代目メガネブラザーズの出番かな 

2怪しい天気
結局走りだせたのは朝10時を回ってからだった
天気はこんなに怪しいのに このロスが響かなければいいけど
今日の行程は久々の川を登っていく道 川内川ね

3梵字
道中、倉野磨崖仏に寄り道をする これは鎌倉時代に彫られたもの
この梵字は、日本どころか世界で一つしかない密教最高峰のものだとか

4仏の姿も
17もの梵字と、ここにある仏像など色々彫られているこの場所
狭いながらも濃密な内容やね、ここ
しっかし看板で「50m」と書いてあるのに2km以上離れてるってのはどういうことだ

5かけた阿弥陀仏
中には頭と腕が欠けた阿弥陀仏の姿も あれ、これって・・・
松山のじょじょにで聞いた「欠け仏」のことじゃあないのか ここにもあるんだ

6川内第二発電所
再び川を登って行く これは川内川第二発電所
ダムによくある水力発電所である

7鶴田ダムは工事中
さらに上流の鶴田ダムは工事中であった 一年かけてるようだ
7年前の大雨を受けて改装しているそうだ

8天気がキニナル
この時点で午後4時前 うーん、まだ降らないかな?
湿気はあるけど、向かう方向に雨雲が見当たらないままここまでこれたね

9川内川第一発電所
更に上流へと走って行くと、曾木水力発電所跡に到着
ここは、鶴田ダムを造る際に閉鎖し水に沈んだ場所なのだ
夏場は、貯水量を減らすためもっと全容が見られるそうな
そうか、もう秋なんやな・・・はやっ

10上流には滝が
ここから上流には曾木の滝がある こっからでもチラ見してる
更には水の流れる音がはっきり聞こえる 大分規模大きいみたいね

11旧県道
滝への道は昔とは異なっているようだ ここは昔県道だった場所
今は砂利道と、枯渇した川になっている 無論自動車は通れない
新しくできた新曾木大橋を走って行くことになる

12見下ろす滝
そうして到着、東洋のナイアガラこと曾木の滝
見下ろして解るスケールの大きさ こりゃぁ大したものだ

13怪しい通路
あ、怪しい通路・・・洞窟とは言うものの正体は通路
水力発電所が稼働していた時に掘られた連絡通路らしい
きのこ・・・フヒ、生えてるのか・・・?

14水門
こんな風に水力発電の跡も残っている 水門を開閉するためのギミックだ
当時は人力で開閉していたそうな 大変だったろう

15橋は崩れたのか
ここが滝全体を眺められる場所 左右ももっとひらけている
いい眺めだし、いい音だ 曾木大橋通行止めなのは崩れているからなんだな

ここでお店やってるおばちゃんと話をしてたら陽が沈んでしまった
幸い、雨がしのげるところは沢山あるのでここで今日はストップ
折れた眼鏡を労わりながら早めの就寝と相成りましたとさ


本日の走行距離:61.03km
累計走行距離:23094.80km

23000km走破 帰り着くまでにまさかの30000km台に届くだろうか

ランキングに参加してみました 他の方の旅行記も見られます
ぽちっと押すとランキングが上がるんやて 目立つほどでもないけどな位置におるやろ
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
別窓 | 鹿児島県 | コメント:0 |
<<旅 372日目 ~熊本島県人吉 球磨焼酎と球磨川~ | ぶらぶら日本一周@自転車 | 旅 370日目 ~鹿児島県薩摩川内 日本一の大綱引き~>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| ぶらぶら日本一周@自転車 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。