約一年かけてぶーらぶーら日本一周 100名城も巡るよ!

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
旅 29日目 ~北海道寿都~
2014-08-11 Mon 20:20
昨日やたら東から西に風が吹いているなと思っていれば
台風は北北東から北北西へ進路を変えていた
朝起きたころには雨もやんでおり風だけになっている
現地の人いわく、蒸しているからフェーン現象で南東からの風とのこと

北海道走行
2268.33km→2428.51km(160.18km)
寄り道らしい寄り道は松前城くらい 
走るしかないので必然として走行距離が伸びた
途中から雨なのにこの距離には驚いた

ざっぱーん
風が強くて波が高い ハロー警報も出ていた
映画館の開始で見る情景のような波であった
海よりを走っていると飛沫が飛んでくる迫力

バームロール
コンビにもないため、見つけた商店で朝のご飯の足しになりそうなものを探す
ベビーカステラ・・・は期限が一ヶ月前だったがパンとバームロールを発見
こちらは無事であった 良かった良かった

完全に余談ではあるがブルボンのお菓子で一番すきなのがコレである
程よい甘さにしっとりした食感 のどの渇きを訴えないすばらしい作品
友人にルマンド派がいるが、あんなパサパサ感ではこちらには勝てない

が、しかし今まで三度論争を繰り返しているが結論が出ていない
まさにお菓子界の川中島である、今度会うときにはケリをつけないと
ここで売っていたのがバームロールのみであったことは大きなアドだろう

三本杉
走行途中に見えた三本杉岩
もう一本の杉はちょっとはなれたところにあり写せなかった

このまま順調に進むが、ちょっと風があらぶりだしてくる
序盤の追い風はどこへやら横から前からわさわさふいてきていた

道中で「日本一高い灯台」への道があった。茂津多岬灯台である
正確には「海面から灯台てっぺんまでの距離が一番長い灯台」である その距離290m
見るからにきつい坂道だが行くしかない、ということで荷物をばばっと降ろして出発
交通整理のおじさんが荷物を見ていてくれたので安心 ちなみに行ったことないらしい

斜度15%て
登りだしてすぐの看板 え、なにこれ・・・?
荷物ありで旅行してきて、斜度6%でしんどい 8%で必死 10%でごめんなさい許して
こんな感じである、そこにきてこれ もはや壁に近い。荷物ないのに走って登れない
さらに上には15.5%ってところもあった、ひどい

灯台
3km弱を走破(半分くらい歩き)して到着
岬の先っぽにある 灯台だから当然ではあるが
昔は宿舎がありそこで寝泊りして管理していたらしい
山の上ということもあり風が縦横無尽に吹いていた 人が飛ばされそうなくらい

登りもきついが下りはこわい ブレーキシューの寿命が心配である
ホイールの外側ががホッカホカになっていた ゆっくり下ってこれだからなぁ

お祭
さらに先に進むとお祭をしていた ちらっと撮影してると警察官に呼ばれる
なんだろうと思って行くと「ジュースでも飲んでけ」って気楽なもんであった
折角なので祭りに混じる にわか雨にも遭い結果としていい雨宿りになった

弁慶岬
今日宿泊予定のキャンプ場まであと20kmの地点
弁慶岬である、銅像は勿論弁慶
ここの少し前くらいから雨に降られ、ぬれながら走行
ちょっと休憩室でまったりしていく
「ここで魚をさばかないでください」の張り紙に思わず苦笑を禁じえない

結局5時以降雨がきつくなるが、6時過ぎに無事到着
到着すると雨がやむ不思議である 入り江のそばで両脇にまばらに明かりが灯る
割とムーディーなところである 私独りしかいないけど

今日のペースで、明日以降晴れるなら積丹岬にも寄れそうである
台風でどうなるかと思ったが、無事札幌にも間に合いそうで何より

ランキングに参加してみました 他の方の旅行記も見られます
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
別窓 | 北海道 | コメント:0 |
<<旅 30日目 ~北海道余市~ | ぶらぶら日本一周@自転車 | 旅 28日目 ~北海道熊石~>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| ぶらぶら日本一周@自転車 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。