約一年かけてぶーらぶーら日本一周 100名城も巡るよ!

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
旅 359日目 ~鹿児島県離島・屋久島 白谷雲水峡~
2015-09-17 Thu 07:00
時は9月11日 とうとう屋久島出発の前日になった
そんな最後の観光日に行った場所、それは白谷雲水峡
縄文杉と並んでメジャーな屋久島の観光スポットである

二度目の縦走時に、スタートにしようかと思っていたこの場所
今回は日帰りだけどのんびり見て回ることにする いくべ!

1あそこが白谷雲水峡か
麓から白谷雲水峡を見上げる 結構標高が上なんよね、白谷雲水峡
明日のためにも自転車ではなく原付で行く 甘え?知らん

2宮之浦の街並みが見下ろせる
上まで登って行くと、宮之浦の街並みと今まで通ってきた道が見える
ここからの景色でも中々いいものではないか バスで行くのは勿体ないやも

3入口からして素敵な雰囲気
麓から10km 白谷雲水峡の入口に到着
入口からしてステキな雰囲気がプンプンしておるではないか
さすが有名観光スポット って所かな?

4弥生杉さん
白谷雲水峡にはいくつか分かれ道がある ここは完全寄り道の弥生杉
さくっと登ってさっと見て降りる ま、こんなもんだ

5沢が多い場所のようだ
白谷雲水峡は水場が多く、沢がたくさん見られる
雨が降ると通れない場所もあるようやしね

6サツキ吊り橋
奥に進むと見える吊り橋 ここを渡るルートとスルーするルートがある
橋好きな私としては、とりあえず渡って行こう もう一つは帰りにでも

7中々の高低差
橋から見る沢の高低差も中々のもの
川の景色ってのはやっぱいいもんだね 紅葉はしなさそうやけど

8緑の中を歩く
縄文杉に向かう楠川歩道に合流して先へ進んでいく
水分が多いからか苔も多く、緑の中を歩いて行く感覚
目が良くなりそう 気のせいか

9ルートはほぼ固定
道中色々面白そうな木や、根っこなどはあるがルートはほぼ固定
人が多いのだろう、ロープで道が区切られている
沢山の人が歩くと根が傷んだりするからね しょうがあるまい

10くぐり杉
橋を渡らないルートと合流した後にあるくぐり杉
素直にくぐると結構窮屈なのであった

11白沢小屋はいい雰囲気
白沢小屋を発見 水場も近く中々いい雰囲気
トイレが屋内にあることだけが難点だろうか 便利ではあるが

12苔が目立つね
登れば登るほど、苔が目立ってくる
こーゆー雰囲気、いいね 好みだ

13辻峠までもう少し
太鼓岩まであと少し 愛子岳登ったせいかここは楽で仕方ない
人間、慣れって恐ろしいもんだよ本当に

14雷でやけたのか
かみなりおんじ という雷に打たれた(らしい)杉
よく見ると黒く焦げたような部分が見えるねェ

15太鼓岩からの眺め
太鼓岩の手前は少し急な登り スルスルっと登って目的地へ
そこからの眺めは今までとうって変わってひらけた雰囲気だ

16太鼓岩かrの眺め2
毎度おなじみの枯れ木さん あればついつい撮ってしまうんだよね
15分程のんびり見ていたら、後ろから関西のオバちゃんトリオ&ガイドが来たのでそそくさと撤退

17凄い根
根の壁から新しい木が続々と生えてる いやー、凄い根

・・・アッハイ

18女神杉
太鼓岩から降りる途中にある女神杉
女性的な曲線チックなフォルムに惹きつけられる男性は多い・・・のか?

19倒木のある道
よく見ると、白谷雲水峡にも倒木は多い
歩くのには関係ない場所がほとんどだけども

20苔むした森
行きしなには観光客まみれだった苔むした森
ここがもののけ姫の原点だそうだ・・・苔の緑がこれでもかと主張
小雨が降っていたらよりミステリアスだったかもしれないな

21奉行杉コースの沢
帰り道は行きとは違う、奉行杉コースと言う名の寄り道へ
こちら側の方が全体的に雰囲気がすごく良い 是非とも寄るべきやね
ただ、道のアップダウンはこっちの方が辛いのでは

22三ぼんやり
名前の付いた杉が多いのもこちらのコースの特徴だ
三本槍とか、どういう由来なのかいまいちわからん
突き出しているのか そうなのか

23切株から生えてる
切株から新しい杉生えているのも見られる
切株更新というやつだ 不思議な眺めである

24杉杉しい
こっちの杉杉しいコースを歩いていると、愛子岳がいかにショボいか実感させられる
屋久島でも、屋久杉が集中的に生えている部分があるということだろう
あぁ、杉杉しい

25三本足の杉
こっちは三本足の杉 まんまやけど面白い形してるな

26妖怪みてぇだ
妖怪みたいなヒメシャラ 倒木にとりついてジュルジュルしてるようだ
私もこれに触ったら最後・・・おおこわいこわい

27雲水峡だわ
吊り橋を過ぎ、弥生杉に寄り道せずまっすぐ下る道を行く
ここを通ると、雲水峡の名にふさわしい川沿いの道へ

28岩場を歩く
でっかい岩場を歩き、川の真ん中を下って行く いい気持ちだ・・・

29凄い流れ落ちてくる
飛流落としと言う名の激しい滝
こんなん巻き込まれたら・・・ウォータースライダー?

30宮之浦のドラえもん
てなわけで白谷雲水峡を満喫してから無事下山し、楠川に向かう
宮之浦に居るドラえもん、噂には聞いていたけど・・・おぉ、もうこれは
なんというか、ノーコメントで。

31まろやかな楠川温泉
尾之間温泉とは違う、まろやかトロトロぬるめの楠川温泉
冷泉(というか川の水)を沸かしているのでぬるめなんだろう
疲れをゆっくりと癒し、肌も綺麗にしてくる優れものだ 熱いのもいいけどね

この夜は、屋久島ラストナイトBBQ 企画けんじくん
買い出しやら準備やらは私たちが行ってきて、新たな客をもてなす
・・・あれ?打ち上げぽくないぞ ま、まぁ旨ければいいか

屋久島を発つ、と実感すると中々物寂しい気もするね
今夜はぐっすり眠ろう テントだけど


本日の走行距離:km
累計走行距離:km

ランキングに参加してみました 他の方の旅行記も見られます
ぽちっと押すとランキングが上がるんやて 目立つほどでもないけどな位置におるやろ
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
別窓 | 鹿児島県 | コメント:0 |
<<旅 360日目 ~鹿児島県離島・屋久島→鹿児島 ついに屋久島脱出~ | ぶらぶら日本一周@自転車 | 旅 358日目 ~鹿児島県離島・屋久島 愛子岳挑戦~>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| ぶらぶら日本一周@自転車 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。