約一年かけてぶーらぶーら日本一周 100名城も巡るよ!

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
旅 355日目 ~鹿児島県離島・屋久島 花山歩道後編~
2015-09-15 Tue 07:05
今朝の起きる時間は午前三時半 ・・・朝?
午前四時半位に出発して、六時前に永田岳に着く計算になる ひぇー
今年一番の早起きをし、クソ寒い中準備してさぁ出発だ!

1夜明けに明星一つ
歩き出してしばらくは真っ暗な森と山を登って行く状態だった
永田の町の夜景を見られたり、それはそれで貴重だったな
頂上が近づいてくると、夜明けの印である明けの明星の姿も
私はこの時の空の色が一番好き 日の出より好き

2到着、永田岳
暗い中だとロクに写真もとれず、時間も押していたのでガシガシ歩く
途中足を踏み外しかけたりちょっと危なかったのは内緒だ
午前五時半 無事夜明け前に永田岳頂上へ到着

3夜明けが近づく
頂上には四人もの先客が居た まさか居るとは
日の出までは時間があるので、めいめいの好きな過ごし方でその時を待つ

4もうすぐかな
もうすぐかな?空が青くなってきた

5明けそう
あっ明けそう!そして宮之浦岳綺麗やな

6そっからかい!
えっ・・・?そこから・・・?
水平線ではなく、雲だったようだ なんというか、盛大にずっこけた

7明けたな
少しずつ出てくる太陽を見ながら、みな黙々と写真を撮る
ワーキャー言ってたかもしれないけど全然記憶にございませんですぞ

8居合わせた人たち
居合わせた方々もパチリ
視界に入ってきたからしょうがないよね 決してパパラッツィではないです

9宮之浦岳の影
太陽が上がってくると見えるのがこれ、宮之浦岳の影
海に綺麗に映っている 富士山の影もびっくりだわ

10おおかっこいい
おおかっこいい・・・

11もうすっかり夜が明けた
永田岳山頂から景色を眺めているうちに、すっかり夜が明けてしまった
この後に宮之浦岳に登ってからまた小屋に戻りそこから下山
わりかし過密スケジュールなのだ 慌てずゆっくりそれでも急いでいこう

12行くぜミヤノウラ
登るぜ宮之浦岳! こっちはまだまだ逆光やねぇ

13永田岳が・・・
宮之浦岳に登る途中に振り替えると、山頂が覆われていた

14なんだこりゃぁ
面白がって太陽を撮ってたらエラい変な写真が

15前回のリベンジ達成
今回の宮之浦岳山頂は、見事快晴に 前回のリベンジ達成や!

16縄文杉からの縦走ルートだ・・・
前回あるいた縄文杉からの縦走ルートもバッチリ見える
自分の足跡を振り返る なんかグッとくるものがあるね

17ひこーき雲!
この日は空の表情がころころ変わってステキであった
飛行機雲も見えたんやで

18空が綺麗
空を弾丸が通り抜けたような爽快な模様
綺麗な青のキャンパスに白がさぁーっと!いいねえ

19口永良部島に雲がかかってる
今回は口永良部島は雲がかかってはっきりとは見えなかった
煙を上げているのは見えるね・・・

20屋久島西側の景色もいい
朝は暗かったのではっきりとは見えなかったけど、永田岳から鹿の沢小屋に降りる道
すなわち屋久島の西側の眺めも結構いいね

21永田の町
永田の町も見下ろせる ちんまい町やなー!
あの夜景を見たんやな 屋久島の夜景って多分レアだろう

22ローソク岩
ローソク岩も、明るくなってから見るとすごく長く見える
夜明け前にも撮ったけどピントがまるであってなかった 不覚

23迫力の障子山
更に降って、障子山が見える位置に
岩の主張っぷりが半端ないなあ 登るより見る山やね、これは

24親子かな?
鹿の親子を発見 餌場をとられたと思ったのかひたすら鳴いてくる
こっちきてもええんやで?

25トンネルのようだ
小屋までもう少しだ ってところにあるトンネル
自然ってホント不思議

26サンドバッグではない
折れた枯れ木も サンドバッグではないので殴っちゃダメよ

27ここから下りだ
ようやっとのことで小屋に戻って来た この時点で三時間以上は歩いている
ここからの下り、予想では6時間になるが、果たして・・・

28アザミが咲いてた
特に焦ることもない時間には着きそうなので、ちょいちょいゆっくり歩く
行きでは咲いてなかったアザミの花も見つけた

29そびえ立つ・・・
そびえ立つ枯木 青い空とのハマり具合はもうね、何度目かね

30まさに森の入口
下って下って、また森の入口へ
ここからまたしばらく杉の林が見られるのか わくわく

31阿修羅男爵かな?
左右で違う木が あしゅら男爵かな?

32神のようだ
あたかも頭上から覆いかぶさるように見える杉の木
森の守り神様のようにも見えるね 

33ガスってきた
順調に下ってきて、途中の展望台で山を見上げる
うーむ、ガスってきたぞ・・・?予報では晴れだが山やしね

34倒木だ
登りでは周囲を見るどころではなかったが、下りだと結構余裕がある
見渡してみると、倒木の多さが目を引くな
倒木再生と言って、倒木から新しい木が生えたりもするのだ

35妙ないきもの
うねうねしたり、こんな風に切株からまた木が生えたり
ここまできたらもうへんないきものやろうこりゃぁ

36感嘆の森
ゆっくりと周囲を見渡してみる 森としての完璧さに思わず嘆息
素晴らしい風景としか言いようがないね!

37なんだこれは
なんやこれ・・・もうよくわからん

38ぼくじんかな
これが噂に聞く木人!?こっちに向かって歩いてきそう

39癒しの川
再び花山広場に辿り着く ここの水場は本当に癒しだ
美しい風景と美味しい水 あー生き返るぅ・・・

40守護の木
水場を守る守護の木 本当に美しい広場や

41大竜杉根元
行きしなは存在を気付かなかった大竜杉 こいつのスケールも中々のもの
一枚の写真では納まらない枝を持っている

42大竜杉枝
みょーん!!と長く伸びた枝が龍の首のようにも見える
大竜杉 言い得て妙な名前と言うべきかな

43倒木だらけ
山を下っていると、さっきも言った通り倒木が凄く目立って見える
荒川や白谷雲水峡と違って、あんまり人が通らないからかなぁ

44本当良く倒れてる
どんだけ倒れてんねん! 根っこや枝には要注意
上に乗るとまず滑るのでそれも気を付けて

45うねうねの木
登山口近くにあったうねうねの木を発見!
行きは写真が上手く撮れてなかったのよね ここで撮り直しやー

46お疲れさまでした!
頑張って歩いて、午後三時前にゴール!
皆さんお疲れ様でした!!

この後は尾之間温泉に入って、夕飯を食べて宿へ
一度縦走を経験したおかげか、脚に負担もそうかからなさそう
ただ、靴が新しいからか派手に靴擦れを起こしたのが・・・ね

二度目の山登りは終わったけれど、屋久島滞在はもうちっとだけ続くのだ


本日の走行距離:km
累計走行距離:km

ランキングに参加してみました 他の方の旅行記も見られます
ぽちっと押すとランキングが上がるんやて 目立つほどでもないけどな位置におるやろ
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
別窓 | 鹿児島県 | コメント:0 |
<<旅 356日目 ~鹿児島県離島・屋久島 海で遊ぼう~ | ぶらぶら日本一周@自転車 | 旅 354日目 ~鹿児島県離島・屋久島 花山歩道前編~>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| ぶらぶら日本一周@自転車 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。