約一年かけてぶーらぶーら日本一周 100名城も巡るよ!

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
旅 310日目 ~沖縄県離島・与那国島 Part1~
2015-07-14 Tue 17:38
竹富島から帰ってきた翌日早々、今度は与那国島へ
与那国島と石垣島を繋ぐフェリーは便数が限られてるので仕方ない
飛行機なら毎日出ているけど、折角の離島 船で行きたいのが人情ってもの

1いざ与那国
与那国島へと向かうフェリーよなくに 通称ゲロ船というあんまりなあだ名
外洋はひたすら揺れるからだそうだ 台風に挟まれた状況だと結構揺れるかも・・・?
とはいえ去年七月に船を新調したため今はそうでもないとか どうかな

2まさかの再会
このフェリーでまさかの再会 鹿屋で初対面 那覇で合流に続くたかしくん
彼は今日行って明日の便ですぐ帰ってしまうそうだ 私は三泊していく予定
船便の関係で、一泊or三泊or四泊になってしまうのがちょと辛い所

3ずばっしゃーんって感じ
新型フェリーとはいえやはり結構揺れていた 外に出ると波がずばしゃーん
波を切って走るというか、波の上を飛ぶように走るというか
酔いが心配ならとりあえず寝ておけば問題ないのは間違いない

4国泉酒造
与那国に到着し、宿泊先のおじいに迎えに来てもらう
そっから自転車を借りて与那国周遊スタート!
とりあえず泡盛造ってる国泉酒造へ 今は見かけない合資会社
プレハブってのが凄い あと与那国島は日本で唯一60度の酒造りが許されている

5アヤミハビル館
酒造のすぐ隣にあるアヤミハビル館 世界最大級の蛾、ヨナグニサンの博物館
ヨナグニサン以外でもカメやヘビやクモやハトなどなど色んな展示がある
裏手の山に登って、生ヨナグニサンを探してみたけど見つかんなかった・・・

6ンメッェェェ
しかしここで放し飼いにされている山羊はいったい・・・一部は繋がれてるが
この山羊を見てると親近感がわいてくる 主に顎の部分

7山の中の牧場
アヤミハビル館は山の中腹にあったので、そのまま突っ切って海へ
山の中に牛の牧場があったり 見所がチラチラとあるのがイイね

8遠くまで見える!
海沿いを東に向かって走る走る ひと山越えるとその先は・・・
遠く東崎まで見える見通しの良さ 北海道を彷彿とさせるね
アップダウンがあろうと、ママチャリであろうと、荷物がなければ天国

9立神岩
海沿いを走ってると、晴れたり曇ったりを繰り返していた
与那国見所の一つである立神岩 青い海に悠然とたたずむ様子が神々しい

10まるで海に飛び込むように
さらに東に向かっていくと道が海に落ち込むように見える
いいねぇ、こういう風景大好き

11別の角度から
一つのアップダウンを越えて立神岩を別角度から眺める
さっきとは違う意味で神々しい・・・///

12軍艦岩
与那国東部は断崖絶壁が続くこともあり、見所のある岩が沢山
これもその一つ、通称軍艦岩 どっちかってーと潜水艦ぽい?

13灯台とヨナグニウマ
東崎灯台に到着 これは読み方をあがりさきという
陽が昇るからあがりさき いい名前ですなぁ ちなみに西崎はいりざき
ここらへんはヨナグニウマが放牧されている 都井岬を思い出すなー

14東崎
東崎は強風に晒される場所 ソテツと芝生の岬
灯台は・・・まぁ、ちっちゃいしね しゃーないね

15ヨナグニネコ
東の端っこから島の中心に戻る途中に見かけたにゃんこ
ヨナグニネコ!?ヨナグニネコなのか!?(そんなんいません)
この日は島半周で満足 明日は朝ダイビングに行ってその後は適当で!


ランキングに参加してみました 他の方の旅行記も見られます
ぽちっと押すとランキングが上がるんやて 目立つほどでもないけどな位置におるやろ
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
別窓 | 沖縄 | コメント:0 |
<<旅 311日目 ~沖縄県離島・与那国島 Part2~ | ぶらぶら日本一周@自転車 | 旅 309日目 ~沖縄県離島・竹富島~>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| ぶらぶら日本一周@自転車 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。