約一年かけてぶーらぶーら日本一周 100名城も巡るよ!

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
四十七城目:岐阜県岐阜城
2015-06-16 Tue 19:27
お久しぶりです 鹿児島県は絶賛大雨暴風中でございます
梅雨真っ只中な状況をリアルタイムで体験中 正直飽きまっせこれ
ほぼ動けない毎日 下がるテンション上がるデータ使用量 ヤバい

そんな状況でやっとこwimaxがつながる所まで出られたので百名城の記事でも
通常の記事?雨の中しか走ってないうえネタがないので却下却下
てなわけで今回は織田信長が天下布武の足掛かりとした岐阜城の紹介

岐阜城という名前は信長が地名を「岐阜」と定めたところからきている
以前は稲葉山城と呼ばれていたのだ 半兵衛の乗っ取りなんかで有名やね
信長の嫁は、元城主斎藤道三の娘であるように双方かかわりが深い城
まぁ、稲葉山城をそのまま岐阜城にしたわけではなく、建てなおしたので別ではあるが

1山上の天守閣
岐阜城は、岐阜市内のど真ん中にある山の上に建つお城
通称金華山と呼ばれるこの山の頂上に忽然と建っている

2二つの登山道
金華山登山のルートは南からがこの2ルート
他にも東から七曲り、百曲りと呼ばれるルートがある
楽をしたいならロープウェーを使おう 今回は南ルートへ
しっかし絶対無理とは思い切ったフレーズを使いますな

3そこまで言う!?
大事なことなので二回言いました
赤字で強調までして・・・ここまで言われたら行きたくなるよねェ
ま、私は老人でも幼児でもないが おっさん?やかましいわ!

4あぁ、なるほど・・・
道を見上げてなるほど納得 これは厳しいですわ
雨の日だと滑りそうで怖い場所 晴れてればまぁ問題はなさそう

5天守が見えて来た
割とハードな山道ではあるけど、距離は短い
パパパッと登って頂上到着 この登り口は天守のすぐそばに出るようだ

6山のふもとの長良川
岐阜城のある金華山のすぐ麓には長良川が流れている
山の上かつ川に守られているこの城、立地としてはとても良さそう
ただ、長良川といえば氾濫 城下町はよくダメージを受けたやろうな・・・

7石垣が残ってる所も
天守台がある本丸、ここには少し石垣が残っている
信長築城時、というわけではないが、天守復興の際に積み直されたものだ
当時の石をそのまま使っているそうな

8井戸と石垣
下の方には井戸も残っている
山城だから水源は重要・・・ってこの台詞何回目だろうか

9ロープウェーからくると・・・
天守の東側にはこんな登り口がある
休憩所もあるので、緩やかな東側からくるとちょっと一息できる

10ナゾのリス村
ロープウェーも、天守の東側にある その道中にあるリス村
リスと触れ合える場所・・・ってなんでこんな場所に?

11一瞬で下れるね
折角来たのでロープウェーで下って行く
森を眺めながら、7分で下って行ける 麓には信長の居館跡も見られるのだ

12山のふもとの三重塔
岐阜城とは直接関係ないものの、三重塔も建っている
こっちは大正六年に建てられたもの 風水によって位置が決められたとか
付近は工事中で重機やビニールシートまみれなのが残念

13三重塔付近
三重塔付近は元々屋敷があったところのようだ
石垣がちょいちょいと残っているのが見られる ここも積み直しなのかしらん?

14この辺に石垣が多く残る
三重塔から信長の居館跡までの山沿いには石垣が多く残っている
川からは離れている場所なのでこの辺は当時のものな気がする 多分

15信長公の居館跡
今は土台と少しの石垣しか残っていない信長居館跡
どこまでの範囲かは資料が残っていないものの、高台部分とするとかなり広い
信長はここから天下布武を発令したのか・・・!発令?

岐阜城に関してはこんなものだろうか、今思い返すとあまり周囲を見ていないな
水の資料館やら昆虫資料館やら、城とは関係ない建物が多かった印象
まぁ、メインは登山やと思いますな 石垣やら天守やらはおまけだ!・・・違うか?
スポンサーサイト
別窓 | 100名城 | コメント:0 |
<<旅 293日目 ~鹿児島県鹿屋~ | ぶらぶら日本一周@自転車 | 旅 292日目 ~鹿児島県大崎~>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| ぶらぶら日本一周@自転車 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。