約一年かけてぶーらぶーら日本一周 100名城も巡るよ!

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
旅 290日目 ~宮崎県日南~
2015-06-11 Thu 12:56
9日は一日雨で動けず、10日の朝五時の晴れ(曇り)に賭けて出発
雲の流れを見てれば、降りだす前に日南の市街地までいける!・・・ハズ

1青島
宮崎に未練はないのでさくっと南下していく
実は何回か来てるからチキン南蛮も食べたことあるしね
とりあえずは青島神社を目指してれっつらごー 1時間ほど走って到着

2こどものくに
道中にあったJRの駅 向かいにこどものくにが・・・!キャッキャウフフ(低音)
体は大人、心は子供の私ならなじむかな 早すぎて開いてないけど

3鬼の洗濯板
青島自体は貝殻が積もって出来た真砂島であるが、海床が一味違う岩盤になっている
ミルフィーユのように固い地層とやらかい地層があり、隆起して洗い流されてこうなった
よくわからんけど凄い眺めだってことはわかる

4特徴的な形してるね
本当に特徴的な形をしている 穴が開いたり凹んだり
やらかい泥状の地層が流される際に固い部分を削り取っていったのだろうか

5青島神社元宮
島の全周は約1km ゆっくり歩いて回っても20分もかからないだろう
中心には青島神社の元宮があり、歩いて進むと神秘的な雰囲気
とある皇族の方はこの60m足らずの道で二時間半もの時を過ごしたとか
気持ちはよくわかる 気持ちいい静寂とちょうどいい明るさ

6本当に不思議な光景
神社を見終わりぐるりと一周して元の場所へ
島を取り囲むこの景色、今はちょうど引き潮で昼に向けて満ちていくところ
やはりここを堪能するなら引き潮の時間に来るべきだろう

7かにだらけ
こーゆー海辺の岩場に良く居るのはフナムシって所だが、ここはやたらカニが居る
サワガニみたいなちっこいヤツだが、やたら反応が良く遠くからでも逃げられる

8日南まで続く
青島神社からさらに南に進んでいく 海岸線は相変わらずの景色
遠くまでこの状況ってのを見下ろすとなんだか壮観である
話によると日南までこの岩盤が続いているらしい ひえぇ

9サンメッセ日南
日南市の入口にあるサンメッセ日南 モアイが出迎えてくれる
山の上に登っていくこのスポット、この時点である匂いがプンプンしておる

10元牧場
この敷地は、元々牧場であったらしい 名残が残っている
こんな棚田みたいな牧草地、動物も大変やろなぁ・・・

11ふれあえるよ
牧場跡はしっかり今に活かされており、数種の動物が飼われている
馬や牛なんかと触れ合えるよ えさもあげられるよ

12モアイ像
サンメッセ日南の一番目玉スポットはこれ、モアイ像
ラパヌイ(イースター島)のモアイ像を修復した縁で、完全複製の許可をもらったそうな
晴れてたら海とセットでもうちっといい写真が撮れたかもしれない

13モアイ像を見下ろす人
モアイ像から上がって行ったところにあるカラフルな人形
題名が「海とモアイを見下ろす人」ってまんまやんけ!私よりネーミングセンスないかも
ちゃんと七人いる所は評価したい

14蝶の楽園()
上の方には蝶の楽園と呼ばれる花壇もあった ちょうちょ、いなかったけど・・・

15モルフォ蝶
生きている蝶は居なかったが、上の方ではなぜか昆虫展をやっていた
世界の珍しい蝶や、そのほか昆虫の標本や切手が色々と
モルフォ蝶ってこんなキラめく種類やったんやね 宝石みたいだ

16コノハムシ
その他にもヘラクレスやカミキリ、コノハムシの標本も
標本を見ても葉っぱにしか見えない 森に居ったら見つけられないだろうな

17鵜戸神宮本参道
サンメッセ見学中に雨に降られてしまった 止むか軽くなるまで待とう
で、待つこと五時間 ちっともやまねぇwwww施設閉まってまうwwww
やむなくレインウェア着て鵜戸神社へ 久しぶりに着たなぁこれ・・・
狭い国道を爆走する車におびえながら鵜戸神社へ無事到着 ひー

18三回くぐるんやで
鵜戸神社は海沿いの崖に建っているように見えた 
入口には三回くぐるわっかが設置されている 見たことあるぞ・・・!

19岩戸の中に本宮
崖に向かって下って行く・・・と思いきや、岩戸の中に本宮があるらしい
こんな感じに下って本宮に行くのは「下り宮」といい珍しいそうだ

20奇岩ダラけ
海の方へ目を向けると変わった岩がてんこもり
ここもまだ鬼の洗濯岩が続いている場所のようだ 打ち付ける波が激しい

21おちちいわ
岩戸の一番奥にはお乳岩と呼ばれる代物が ゴクリ・・・
豊玉姫が神になる際、子供(神武天皇の父)のために乳を岩にくっつけてったとか
水飴のごとく栄養があり、子供はすくすくと育ったそうな さ、さすがに飲まんよ!?

22運玉
この鵜戸神社の特徴といえば、この運玉だろうか
近所の小学校の子供が、粘土で作り「運」の字を判で押したもの

23枡形に投げ入れる
この運玉を、亀岩と呼ばれる岩の背中、枡形狙って投げ入れるのだ
男は左手、女は右手で投げて無事入れば願いがかなうそうな
私は3投目に無事投げ入れることに成功した やったぜ

これ、昔はお賽銭がわりのお金を投げるようになっていたそうだ
なぜ運玉になったのかというと、子供がお金目当てで岩場に降りていくからだと
危険だからお金をやめて、子供らに玉を造らせるようになった めでたし
私もここに生まれてたら、拾いに行ってた可能性もあるな・・・

今日はここまで、雨がキツくなってきたので駐車場のトイレ前で寝ることに
鵜戸神宮のトイレ、めさめさでっかくて防雨効果はバツグンであった
明後日からまた天気が少し回復するようなので、そこで都井岬攻略したい所

本日の走行距離:57.56km
累計走行距離:20134.25km

ランキングに参加してみました 他の方の旅行記も見られます
ぽちっと押すとランキングが上がるんやて 目立つほどでもないけどな位置におるやろ
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
別窓 | 宮崎県 | コメント:0 |
<<四十六城目:岐阜県岩村城 | ぶらぶら日本一周@自転車 | 四十五城目:愛知県犬山城>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| ぶらぶら日本一周@自転車 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。