約一年かけてぶーらぶーら日本一周 100名城も巡るよ!

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
旅 278日目 ~熊本県小国~
2015-05-28 Thu 21:32
昨日は標高が600m弱と高かったせいか涼しい夜に
ちょっと寒いくらいが夜にはいいんだ 蚊もいないし
起きたら天気が曇りだったのはちょっと残念 週末雨はどうなることやら・・・

1由布岳を見てお目覚め
道の駅ゆふいんから、朝起きてすぐ目に入るのは由布岳
うーん、でかい。

2通水橋
まずは阿蘇まで向かうための道、県道40号へと向かう
やまなみハイウェイこと11号は帰りに北上する予定
これは道中で見つけた通水橋 今は人が渡ることもなく、高速が真上に・・・

3山と川と橋があればそれでいい
橋を通り過ぎ無事県道40号線へ ここは川沿いであった
私の旅には山と川と橋があればいい 海もいいけどね

4あと滝も
あとは滝。滝はいいぞ、心が豊かになる
この滝、地味そうに見えて落差157mもある七段の滝らしい
下から見えるのは二段分だけやけどねぇ・・・

6そう、滝街道
走っていると、枯れている滝やら音だけの滝が散見される 見てないか
そう、ここは滝街道 知らなかったけどこれは僥倖!

5つららの滝
上の看板のつららの滝がこれ ちょっと水の量が少ないようですな
でもしっかり上の方はつららに見える なるほど

7九酔渓
滝街道の看板が見える付近は九酔渓と呼ばれる自然の宝庫
独自の植物が生えているとか 私は岸壁ン方が好きかな

8九重夢吊り橋
県道40号ルートを走っていると目に入るのが九重”夢”大吊橋である
延長330m、幅1.5mのデカい吊り橋

9全然揺れない
歩くと思った以上に狭い そして風で揺れる
…揺れる?

10凄い眺めだ
この橋からの眺めは凄く開けている こっちは私が走ってきた方向
真ん中に見える川沿いを走ってきて、九酔渓でぐぐっと高度を上げた感じ

11地面まで173m
吊り橋の真ん中が一番地面から離れており、その距離は173m
足元を覗くと川面まで遠い・・・手すりから身を乗り出して見下ろすと怖い
バンジージャンプとかやってみたい って絶対無理、絶対ヤダ

12反対側では滝が
反対側では滝がざばばと流れている
震動の滝と呼ばれる男滝が奥、手前が女滝
特に近くまで降りても震えることはないが、音はすごい

13筋湯温泉に向けて走れ
夢吊り橋を後にし、さぁいくぞ筋湯温泉
ここらは飯田高原と呼ばれる場所 道が凄く開けている
あぁ・・・曇りが恨めしい 天気が晴れならもっと気持ちよさそう

14草原と森のバランス
高所から見下ろすと見晴らしの良さに思わず嘆息
草原と森のバランスがとても良い 草原って素敵

15うたせ湯到着
温泉手前で急にきつくなる勾配を乗り越え、筋湯のうたせ湯に到着
ここのうたせ湯は日本一らしい どれどれ・・・?

16あと8本あるでよ
ずらぁーーーーっと並ぶうたせ湯 あと4セットあるでよ
こりゃぁ順番待ちなんて皆無だ!うたせ湯からの飛沫が物凄いぞ!
2mの高さから打ち付ける湯 あ”-肩に効くゥ~~・・・

17小松地獄入口
うたせ湯を満喫した後は付近を散策 小松地獄って場所があるらしい
入口への道を歩く 天国への階段ならぬ地獄への道程
英語にしたら全くもじれてないのは内緒だ

18たまごむし湯(92度)
地獄と言えば硫黄 あとは高温の源泉
ここはたまごむし湯がある・・・だとぅ!?
たまご買って持ち歩いておけばよかった・・・

19けむりがすごひ
しかし地獄、煙がすごひ 風が吹いているおかげで息苦しくはないが
そこらに転がっている石やら岩がすごく熱そう 火傷したくないでござる

20再び森と草原へ
地獄を後にし天国への道を登る(しつこい)
森と草原を駆け抜ける道 気分は遊牧民族

21到着熊本県
気張って気張って1100mちょっと、と文字通り一山越えて熊本県へ
正面には阿蘇山も見えている でっけぇ・・・
ここの近くにある八菜屋の食事は素晴らしかった 元気もりもりである

22あっこから降りて来たのか
拓けた道を走りながらふと後ろを振り返ってみる
あそこから降りて来たのか・・・てか明日は1400m以上の登りだで

23アップダウンを豪快に駆ける
この熊本県に入ってからのやまなみハイウェイが豪快かつ絶景
緩やかに高原をアップダウンする道は北海道にもない感覚
唯一近いのは宗谷丘陵かな?あっちより広く緩やかな場所だここは

24目指せ阿蘇山
山に向かっては~しれ~

25大分デカく見えて来た
大分近づいてきたようで、阿蘇山もかなりデカくなってきた
麓の水田も見えてくるほどの場所だ

26爽快な道
実はこの高原、牧場の敷地内である 通行は牛馬優先がルール
しかし見回しても牛も馬もいない 動物が見当たらない・・・残念

27大観峰へ
阿蘇北側の一番の高所、大観峰へ
阿蘇のカルデラ地形は実際に見ると変な笑いしか出ない

28見事な水田
見事な水田を見下ろす ここら農村景観百選の一つだとか
そんな百選、今はじめて聞いたんすけどね

29ホントわけわからん地形
しかしこの陥没したような地形、ホントわけわからん
しぜんの ちからって すげー!

28見渡す限り草原
山と反対側に広がるのは、見渡す限りの大草原
あぁー・・・ここで寝転んで鳥のさえずり聞きながらまどろみたい
あ、牧草地は進入禁止ですって しゃーないわな

30レッツゴー小国
大観峰を後にし、さぁ阿蘇へ・・・ではなく北へ。
明日は大分まで戻る予定 佐賀関が、魚が待っている!
今度阿蘇に来るときは東側からこっそりやね、うん

しかし今日は昨日より厳しい移動だったにもかかわらず気分が楽だった
いい景色見て旨いもんを食うと元気が出るという解りやすい体だ
さぁ明日は晴れだとか 期待して山を登ろう

本日の走行距離:77.60km
累計走行距離:19300.08km

ランキングに参加してみました 他の方の旅行記も見られます
ぽちっと押すとランキングが上がるんやて 目立つほどでもないけどな位置におるやろ
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
別窓 | 熊本県 | コメント:0 |
<<旅 279日目 ~大分県飯田高原~ | ぶらぶら日本一周@自転車 | 旅 277日目 ~大分県湯布院~>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| ぶらぶら日本一周@自転車 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。