約一年かけてぶーらぶーら日本一周 100名城も巡るよ!

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
旅 263日目 ~福岡県博多~
2015-05-12 Tue 22:25
博多滞在二日目 この日は昼から雨だとか・・・はてさて
晴れてる間に大宰府と大野城をクリアしてしまいたいところ

1大宰府周辺の道
博多から大宰府までは大体20kmあるかないかといったところ
一時間で行けるやん!・・・というわけには行かない 市街地は信号がだね
中々すっきりしない道中 というかやたら赤で停められる印象

2大宰府政庁跡
結局一時間半ほど漕いで大宰府政庁跡へ ここの敷地は広い
月曜日の昼間、のんびりハイキングに来ている家族が多かった

3堀に花だらけ
この政庁跡は発掘調査されるまでは田んぼになっていたらしい
綺麗に整地し、堀も作ってまるで公園のようだ

4政庁広いな
角度を変えてみるとやはり広い、ここ全部が建物だったのか・・・
都から左遷された菅原道真も絶賛したという景色はどのようなものだったのか
ちなみに奥に見える山に大野城がある

5高橋紹運の墓
大野城がある山、案内が全くないのが気になるがガシガシ登る
高橋紹運の墓や、岩屋城の案内はあるってーのに・・・百名城とは一体
ここはその紹運の墓、立花道雪と並ぶ大友氏の名家臣である

6岩屋城跡へ
お墓のほど近くから岩屋城の本丸へと上がれる
驚くほど急な道のりだが、九州自然歩道の一部のようだ
ここは高橋紹運のお城であり、討ち死にした場所なのだ

7天守に残された石碑
本丸に残された「嗚呼壮烈岩屋城址」の石碑
これは高橋紹運の家臣の子孫が、昭和に建てたものらしい
実態は島津50000対高橋763という壮烈どころか殲滅戦だった
しかし薩人集団相手に圧倒的劣勢で半月持ちこたえたらしい 化け物やん

8政庁が見下ろせる
岩屋城の本丸からは太宰府の町が見下ろせる おお、高い高い
ひっそり高橋紹運のお墓も見えてたりする
ここまでもキツい坂だが、大野城まではもっとキツかった 荷物有だとヤバそう

9太宰府天満宮
大野城は予想以上に広く、思っていたよりも楽しい城であった
1時間くらいで回れるかな~とか思ってたけど気づけば3時間以上経っている
太宰府天満宮寄って帰るか~とか思ってると雨がポツポツ・・・うあぁぁ!!

10太鼓橋
自転車にとって雨が一番の敵 正直雨の中走るのは絶対にイヤ
そんなわけで入口の太鼓橋を見てそそくさと帰路についてしまった すまん道真

京都でもその波乱万丈な人生は語られてるからね とにかく相手(一族)が悪かった
一言で言えば「藤原氏には勝てなかったよ・・・」これで終了やから
でも人間から神様とまで崇められるようになったのは、むしろ勝ち組ではなかろうか
藤原氏が日本で一番多い人だと考えると、なんだか感慨深い

え?日本で一番多い苗字は佐藤であって藤原ではないって?
甘い甘い、藤原氏はあまりにも多すぎたので藤原の中で名前が分けられていったのだ
加賀の藤原だから加藤 佐賀の藤原だから佐藤 伊賀の藤原だから伊藤って具合に
だから日本の藤が付く苗字は皆藤原氏が元だってこと 源平藤橘どころではない

11博物館と思ったら飯屋
雨に追い立てられるようにして博多へと帰って行く
道中見つけた魅力的な看板 卵の美術館かと思いきやレストランだった
イースターエッグみたいなんかと期待したワクワクを返しておくれ!

台風6号が近づいてくる中、雨がどうなることやら・・・

本日の走行距離:45.39km
累計走行距離:18491.23km

ランキングに参加してみました 他の方の旅行記も見られます
ぽちっと押すとランキングが上がるんやて 目立つほどでもないけどな位置におるやろ
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
別窓 | 福岡県 | コメント:0 |
<<旅 264日目 ~福岡県博多~ | ぶらぶら日本一周@自転車 | 旅 262日目 ~福岡県博多~>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| ぶらぶら日本一周@自転車 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。