約一年かけてぶーらぶーら日本一周 100名城も巡るよ!

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
七城目:新潟県春日山城
2014-08-02 Sat 10:36
久しぶりの100名城記事、書きたくても中々書けなかった
今回は戦国時代の軍神とも呼ばれた越後の有力大名上杉謙信公の居城
典型的山城ともいえる春日山城になる

いきなりの急階段
駐車場に自転車を止めてまず目に入るこれ
いきなり急階段のお出迎え、さすが山城

謙信像
昔の大河ドラマ作成時に建立された謙信の銅像らしい
春日山神社とお土産屋さんの間にあった
町のほうを見下ろす姿はどことなく精悍に見える

際を登る
春日山城は山全体を城として使い、空堀や土塁など天然のものを使っている
もちろん手を加えた後も見られるが、うまく地形を防御に使っていたのだろう
ここは本丸に登る道の一つ、急な坂と緩やかな坂、直江屋敷を経由する道がある

狭い本丸跡
とりあえず春日山城は、道順がわかりにくいのがネック
と、いうより本丸に上がるまでの道のりが多すぎるからかもしれない
とりあえず二の丸経由で本丸跡へ
山全体は広いのにここはやたら狭いイメージ

毘沙門堂
本丸の一つ下の平地にある毘沙門堂
謙信が出陣前に篭っていたという代物、だがもちろん復原物

虎口
山城としての防御の高さを感じられる虎口
周りに土塁が築かれ、登ってくる敵を迎え撃てる場所である

空堀搦手
こちらは空堀 普段は橋が架かっていたが
敵が侵入したときは橋を落とす仕掛けになっている
道と思って空堀を登ってきた敵を一網打尽にできると言う訳だ

搦手
搦手とは言いえて妙である
虎口のように見えるが、実は行き止まりとか絶望しかあるまい

あとは「お花畑」など色々個性的な場所がある
山全体をじ~っくり見るには3~4時間かかるのではないだろうか
さくさく歩きながら見て回るとそうでもない

ふもとには春日山城資料館もあり、謙信公についての情報も豊富
下見てもよし上見てもよしのいい場所だったと思う
夕暮れに山に登るのが最高に気持ちよい

お次は、新発田城
久しぶりに建物が見られる


スポンサーサイト
別窓 | 100名城 | コメント:0 |
<<旅 20日目 ~新潟県粟島~ | ぶらぶら日本一周@自転車 | 旅 19日目 ~新潟県瀬波~>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| ぶらぶら日本一周@自転車 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。