約一年かけてぶーらぶーら日本一周 100名城も巡るよ!

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
番外編:自転車でお遍路やってみよう!!~徳島編~
2015-03-29 Sun 21:41
そこのあなた、自転車でお遍路やってみない?
県別解説、一発目は焼山寺・鶴林寺・太龍寺と難所ひしめく徳島県
狭い所に霊場が密集しているのが特徴

徳島県にあるのは・・・

徳島MAP大
八十八霊場:第一番霊山寺~第二十三番薬王寺
別格霊場:第一番大山寺~第四番鯖大師本坊
 (赤丸数字)
※地図は厳密な距離ではありません

特に序盤、霊場が密集している状態である だが進むうちに癖のあるところが出てくる
注目すべきは第十二霊場焼山寺 ここはお遍路屈指の難所とも
ここは飛ばして、他の所を優先させるのも一つの手

☆一日目:1~5→①→6~11→②
※神山で野宿   87.23km

初日から飛ばしているようにも見える・・・けど、こんな感じで行けます ホントに
十二番焼山寺をスルーすれば初日で十七番井戸寺までイケる(かも)
別格を一緒に巡る場合はその限りではないけども

具体的な順路としては、一番から十番までは道なりなので迷うことはない
十番切幡寺から十一番藤井寺への道がちょっとややこしいかも
寺前の道をまっすぐ下っていき、国道192号に出ることを優先するとよい

なんにせよ初日に焼山寺まで行くのは中々無謀だと思われる
十一番藤井寺から直行すると急勾配の梨ノ木峠を越えないといけない
ここは、別格二番童学寺近くのトンネル経由の車道ルートを強くお勧めする

十一番藤井寺の近くには無料で入れる温泉がある(らしい)のでここで泊まる手も
急がない旅ならゆっくりしていくのも良いだろう

○PICK UP 別格一番大山寺
序盤の霊場巡りで楽勝やん!って所に襲いくる山、坂。
別格を巡る際に一番最初に立ちふさがる壁となるだろう
休憩所でお迎えしてくれるかかしも驚かしに来ている

○PICK UP 十一番藤井寺
十番切幡寺からの道でやや迷いやすいので注意
川島の潜水橋経由で国道192号に渡るのが景色的にもオススメ


☆二日目:12~17
※雨であまり動けず 小松島のネカフェで就寝    61.44km         

十二番焼山寺さえクリアしてしまえば後は下っていくだけ
別格霊場を巡るつもりなら、この日のうちに十九番まで行けると後が楽になる
十二番焼山寺から十三番大日寺に行くルートは県道13号がおすすめ

○PICK UP 十二番焼山寺
十一番藤井寺からの梨ノ木峠経由は覚悟が必要
県道43号ルートは正気の沙汰ではないと言える
個人的には上記の新童学寺トンネルルートを強くお勧めするところ
あと麓からは比高550mを6kmで登る 頑張れ


☆三日目:18・19→③→20~22
※道の駅日和佐で野宿  110.83km

ここら辺が徳島県の難関かもしれない 別格三番慈眼寺に寄るなら尚更
鶴林寺も太龍寺も坂が厳しめだが、太龍寺にはロープウェーがある
自転車も載せられるので、それで登って遍路道を下るのもありだろう
後は二十二番平等寺から二十三番薬王寺までの距離が20km程あるのに注意

○PICK UP 別格三番慈眼寺
とにかく遠い 遠すぎる ルートから離れている
県道16号を走り、勝浦から行くのだが分岐がある
東から行く坂本ルートと、南に周りこむ上勝ルートの二つ
前者は道に迷いやすくお勧めしない

○PICK UP 二十番鶴林寺
こちらも勝浦からの北ルートと南ルートの二種類がある
北ルートは急勾配な上に路面が劣悪なのが難点だが、慈眼寺からはこっち
どちらのルートを進むにしても鶴峠からが登りの本番である
焼山寺より短いがただただキツいという荷物積みには厳しい坂だ

○PICK UP 二十一番太龍寺
ここは県道28号から脇道ルートへ 最初の2キロの勾配は緩い
が、最後の1kmの勾配はまさに鬼畜 この1kmが一番長く感じた
駐車場に着いたら本堂まで1km自転車は持って行けるがやめておくべき
路面が荒れているので下りはパンクや転倒に気を付けること


☆四日目:23 
※雨のため停滞

道の駅日和佐のすぐそばにある薬王寺
麓には弘法大師こと空ちゃんが掘り当てたという温泉もある
ここの温泉は、洗濯が200円 乾燥が30分100円という旅人に嬉しい所


とりあえず徳島県はこんな所か 近い霊場と遠い霊場のメリハリがついている
ひとまとまりの部分を一日で終わらせるように進めば、効率よく進むはずだ
以上を踏まえて、八十八か所を順番通りに周る場合の私のおすすめルート

一日目:一番~十一番     神山周辺で就寝
二日目:十二番~十九番    鶴林寺南麓の休憩所で野宿 or 近くの宿
三日目:二十番~二十三番  日和佐より高知側で就寝

もし焼山寺を飛ばすのであれば

一日目:一番~十七番     徳島市内で就寝
二日目:十八番~二十三番  日和佐より高知側で就寝

こういうプランニングも可能だと思われる 別格は除く

徳島県は平地と山の差が激しい所である・
特に焼山寺・鶴林寺・太龍寺の厳しさは一線を画している
体力的に厳しいと感じたら、無理せずこれらの手前で休むことも大事
あとは大体どこの寺の麓にもコンビニなどがあるため補給には困らない

お次は高知県編!
スポンサーサイト
別窓 | 自転車で四国遍路 | コメント:0 |
<<旅 221日目 ~徳島県阿南~ | ぶらぶら日本一周@自転車 | 番外編:自転車でお遍路やってみよう!!~高知編~>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| ぶらぶら日本一周@自転車 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。