約一年かけてぶーらぶーら日本一周 100名城も巡るよ!

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
四十二城目:愛知県長篠城
2015-03-19 Thu 16:18
ひっさびさの100名城記事更新や!長篠城や!!
長篠の戦いと言えば武田対織田の最終決戦であり、鉄砲戦法が一躍有名になった戦争
ただ、有名な鉄砲三弾撃ちに関しては後世の創作の可能性が高い

あと、長篠城自体はその戦いに直接関与しているわけではない
長篠城を攻めた武田軍に対する織田徳川の援軍が戦った感じ 主たる戦場は設楽ヶ原

長篠城入口
長篠城は建物などは残っておらず、史跡が残るのみである
その規模も、デカい城の本丸くらいしかない

堀の跡が見える
所々に残る遺構の一つ、内堀跡 石垣で補強されている

近場まで見に行ってもさえぎられる不忍の滝
外堀がわりに豊川と三輪川を使っており、それらが合流するところに城がある
川あるところに滝あり ただ近くまで中々寄れない

堀の代わりになる川
お城は川よりだいぶ高い所にあるが、川に降りることができる
川の両側は切り立った崖になっており、防御効果は高そう
川の流れ自体は緩やかでのんびりできる場所

線路をまたいで曲輪
本丸に戻って周囲を見渡すと、線路の向こうにも曲輪が見える
結構な高度差である 線路部分は土塁だったのかも?

線路のそばはかなり狭い
遮断機のない踏切の真横を狭い道が通る
電車が通ると結構迫力ありそう 怖そう

城内の貴重な井戸
線路の向こう側は若干荒れている 崩れかけた小屋とか・・・
他にも城内の水を支える井戸なども残っている

先端にある曲輪など
川の合流地点に向かって先細りになっている曲輪
ここらには見張りの櫓も建っていたそうな

到着!信玄塚
お城を後にして、付属施設である設楽ヶ原歴史資料館へ向かう
長篠城の近くより、こちらの方が史跡などが多い
信玄塚にも到着っ!

戦場の設楽ヶ原
歴史館からは設楽ヶ原が一望できる
戦死者が多い凄惨な戦争だったんだろうなー・・・

鳥居強右衛門
長篠城と言えば外せないのが鳥居強右衛門という武士
出自は身分が低かったようだが、長篠城防御の主役を張った漢である

長篠城が武田軍に囲まれたときに、岡崎城に救援を要請しに行ったのだ
当然周囲は警戒されており、川から脱出して陸をひた走り徳川のもとへ
2-3日の間に織田・徳川の援軍が来ることを伝えられた鳥居氏はその足で駆け戻る
のろしを上げながら城に近づいたものの、最後の最後で武田軍につかまってしまう

結果、命と引き換えに武田勝頼に「城に向かって援軍は来ないから降伏しろ」
と言うように迫られて上辺は同意し、城から見える所に連れていかれ、彼が叫んだのが・・・
「2-3日で援軍は来る!耐え忍べ!!」であった
勝頼の怒りを買った彼はその場で磔にされ殺されたとか

そのあとは歴史の通りである 城を守り切ったうえ織田の大勝に終わり、彼は英雄に
一介の足軽に過ぎない彼が歴史に名を残すようになったのだ カッコイイねぇ

久しぶりに記事を書いたせいでなんというか要領を忘れてる気がする
次はなるべく間を開けたくないな!
スポンサーサイト
別窓 | 100名城 | コメント:0 |
<<旅 211日目 ~愛媛県道後温泉~ | ぶらぶら日本一周@自転車 | 旅 210日目 ~愛媛県道後温泉~>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| ぶらぶら日本一周@自転車 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。