約一年かけてぶーらぶーら日本一周 100名城も巡るよ!

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
旅 200日目 ~徳島県日和佐~
2015-03-08 Sun 20:58
ついに到達、旅日記200日目は徳島で迎えることに
300日目はどこかなぁ?鳥取とかかな、たぶん

名もない滝
今日はやたら滝に出会うお遍路道中であった 大体慈眼寺付近ではあるのだが
これはその中で唯一名前がついていなかった滝 ななしの癖に綺麗やぞ

神山~小松島
14179.77km→14241.21km(61.44km)
手加減してこの程度 そのうちお遍路中に100km走りそう

第十九霊場立江寺
初めは第十八霊場恩山寺なのだが、6時45分位についてのんびりしてたら忘れた
てなわけでお次の第十九霊場立江寺 朝一だと歩き遍路の方が多い
ここ脱出時点で7時半くらい こっから外れにある慈眼寺を目指す

滝をイメージしたげいじつ
慈眼寺への山道手前にあるげいじつ 滝をイメージしたらしい
イメージ元は雄淵・雌淵という昔からある滝らしいで

坂本の雄淵
イメージ元の淵 オスのほう
こっちはぶっとく高い滝が豪快に流れ落ちている

坂本の雌淵
こっちはメスの方
なんとなくおしとやかに分かれながらしとしとと流れている
現実とは真逆やなぁこの二つ

灌頂の滝全景
さらに登り、道中にあった灌頂の滝 弘法大師が修業した場所だとか
落差70mの長~い滝 下の方はもはや飛沫である
すぐ近くまで寄ることができるので迫力十分

風で右にふわっと
風が吹くと滝の形が変わるのが面白い
ふわっとした風ならちょっと流れるくらいで

風で左にぶわっと
強風が吹くと滝が吹っ飛ばされたように移る
これ、いくら見てても飽きないわ 時間泥棒ですわ

別格第三霊場慈眼寺
必死こいて登り、慈眼寺に到着 これ勝山寺より辛かったんすけど
別格の名は伊達ではないということか ただ滝達にぱわーを貰ってたので頑張れた

花咲じじいのひな桜
帰りはさかもと経由で勝浦へと向かう これがまるで迷路
何処をどう下ればいいのかわからん 本当にわからん
途中で見かけたひな桜にしばし癒される が、やっぱ本道にどう戻るねん・・・

第二十霊場鶴林寺
なんとかかんとか到着した勝浦から第二十霊場鶴林寺へ ここも難所である
勝浦からは5km以上の急坂を登っていかなくてはならない しかも舗装が雑

川-!そらー!!
鶴林寺からガッツリ下りまた川のほとりへ
川-!山ー!!空ー!!! あー癒される

半分だけアーチ橋
半分だけアーチが付いたけったいな橋も発見
折角だから渡って次の寺へと向かう

第二十一霊場太龍寺
がっつり山登りを堪能した後はもう一度山登り もう一回登れるどん!
第二十一霊場太龍寺は、ロープウェイでも登れるし、自転車もつれてこられる
でも私は自らの足で登る むしろ手かも ここもラスト1kmが急なのだこれが
駐車場から山門までさらに1km歩くとかいう不意打ちのため代わりにこれで

学生オヘンラー
太龍寺から下った先で休憩していた学生オヘンラーの二人
昨日にも会い、鶴林寺でもすれ違っていた 折角やし次の寺まで一緒に行くことに
春休みを自転車お遍路に使うって、旅人の素質アリアリですなぁ
しかし可愛い顔してよっこいしょういちとか言うんやで?そらテンションも上がりますわ

第二十二霊場平等寺
いつもよりちょっとのんびりかつ朗らかな雰囲気で到着した第二十二霊場平等寺
到着時点で16時45分という計算通りちょっとギリギリな時間に
まぁ目的は達せたから十分十分 日和佐までは結構遠いしね

日和佐に宿をとってるという二人と一緒に私もそっち方面に向かう
無事宿まで送り届けてミッションコンプリート 久々の道連れは楽しい面々であった
薬王寺温泉もあるし!旅をしていると風呂に飢えるねホント 気持ちいいわー


明日はとりあえず薬王寺訪問をして、天気が崩れたらのんびりするとしよう

ランキングに参加してみました 他の方の旅行記も見られます
ぽちっと押すとランキングが上がるんやて 目立つほどでもないけどな位置におるやろ
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
別窓 | 徳島県 | コメント:0 |
<<旅 201日目 ~徳島県日和佐~ | ぶらぶら日本一周@自転車 | 旅 199日目 ~徳島県小松島~>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| ぶらぶら日本一周@自転車 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。