約一年かけてぶーらぶーら日本一周 100名城も巡るよ!

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
旅 182日目 ~香川県小豆島その2~
2015-02-18 Wed 22:30
昨日紹介し忘れていたが、実は小豆島にもお遍路がある
四国より歴史が古い(地元民談)らしく、暖かい季節には30人とか集団がいたとか
子供たちが寄っていくとお菓子をくれたりしたらしい ただこれらは40年ほど前のお話

今の時代、マイクロバスお遍路なんかもあるようで・・・でもお遍路道もあるよ
まぁ、小豆島はそこまで広くないので3-4日あれば十分回れたそうな
今日の目標は三都半島を回ってから寒霞渓へ レディーゴー!

小豆島のお遍路道
そうそう、上で言ってた小豆島のお遍路道がこちら 木と土の道もあるが、舗装道もある
他には石畳の道もあるそう 県道を通す際に一緒になったルートもあるのだ
小豆島のお遍路ルート、機会があったら歩いてみようか

こんな景色を見ながら遍路かー
お遍路道は大体県道より高い所を歩くことになる
自然と景色も良いのだ こんなん見ながら歩くなら、そう苦にもならないだろう
え?しんどいのはしんどい? ごもっとも

残石公園~オリーブ園
13023.57km→13081.79km(58.29km)
小豆島一周が大体100km強と言ったところなんでちょうど半分くらい

長崎のしし垣
冒頭でわざわざお遍路道に登って行ったのには理由がある
そう、この小豆島の万里の長城こと長崎のしし垣を見に行くため
全長200mの土の壁、なんですがね・・・しかも鹿猪避け用
でもでも昔の土壁がここまでくっきり残ってるのは珍しい 所々削られてるけどね

遍路道とかぶってるやん!
三都半島も結構な登りがある まぁ山だししゃーない
問題はお遍路道を流用している県道なので狭い 超狭い
待避所がある1.2車線道路って感じかな しかも一部とはいえ急

四国の大地が見える!
海岸沿いを登っていくと景色がぐんぐんよくなっていく
木々が途切れたところから見える海原 四国の大地 待ってろよ!
ちなみに先端にある白浜山には忠犬物語がある お墓もある

地蔵崎灯台
三都半島の先端、地蔵崎灯台 ちんまりと建ってるね
灯台近辺には立ち入り禁止らしく、外から眺めるのみ
ここらで恐ろしい風が吹きすさぶ惨状に 漕いでも進まねえ!坂越えらんねぇ!

いざ、寒霞渓へ
突然だけど小豆島にはコンビニやスーパーが少ない
寒霞渓に行く前に探して物資を補給 栄養も補給していざ山登り開始や!
15km弱で標高610mちょっとくらいヘーキヘーキ うん、たぶん・・・

ダムと街並み
私が登りだしたルートは南のロープウェーがある道
一番距離が長いルートなのでそこまで勾配もきつくないだろうという計算
これは見事に当たっていた まぁ当たり前なんやけどね

こんな所に霊場が
ロープウェーへの道とブルーラインに別れる交差点
ブルーライン側に向かってすぐにある霊場 歩きでここかぁ・・・

半分くらいかな?
登る前に下からチラッと見えてたガードレール部分に到着
グーグルマップさんによると、道中の半分くらいまではきたよう
道的には箱根峠よりちょっとキツいくらいの勾配

一番高い所にある霊場
先程の霊場ですげーと思ってたらさらに上の場所に霊場が
ここが一番高い所にある霊場だと 標高424mって書いてある

三分の二くらいはきた!
ここらで大体三分の二って所か?天気が良くなったり悪くなったり面白い
が、何かおかしいことに気付く 15km弱で610mの勾配やないよなぁこれ・・・

星が城跡
寒霞渓手前の星が山 そこにある星が城跡まで寄り道で登る
ここ、標高816mらしいで・・・実は10kmで800m以上登っていたのであった
そら、辛いわ・・・ちなみにこれは南北朝時代のお城だとか 西峰と東峰に別れている

滝が凍るほどの寒さ
ここら辺では滝が凍ってる様子が見られたりする ちょとびびった
霰もパラパラ降ってくるし、やっぱ山は寒いのかね?
登りやってると暑くてたまらないんやけどな!

城主の居館跡
お城の跡も結構きれいに残っている
建物とかは残念ながら吹き飛んでしまっているようだが
こんな所に住むとか不便すぎるやろうに

広い曲輪に神社まで
星が山西峰には広い曲輪に神社が建っていた

井戸が掘ってあったらしい
こんな山の中でも井戸掘れば水が出てくるのか・・・?
小豆島は寡雨地域やし大変やったろうなぁ

西峰は180度の絶景
西峰の標高が800mほど 周囲180度見渡せる大パノラマである
ここまで走ってきた御褒美と言うか、なんというか・・・快晴ならもっと良さそう
誰もいないしひとしきり叫んで景色に見とれていた
田浦半島も三都半島もバッチリ見える 四国まで見える 小豊島や豊島も見えた

天辺は烽火場?
お次は東峰に登っていく こちらにも曲輪と神社があった
天辺は烽火場だったらしい 石積みがなんとも神秘的な雰囲気

東峰は空と海を堪能
こっちはさらに展望が開けている 眼下には山と広がる海原
はわぁ~癒される・・・地元の人らしき先客が二名居られた
寒霞渓よりもこっちの展望が好きらしい 私も多分そうかもしれない

寒霞渓を見下ろす
西峰から寒霞渓を見下ろせたりする この時点では多分これって感じだが
標高差200m弱は結構な差であった てか予想外であった

寒霞渓は奇岩断壁を堪能できる
さくっと山を滑り降りて寒霞渓へ やたら急なくだりだったわ!
この寒霞渓は日本三大渓谷美の一つに数えられている
広い範囲にわたって奇岩断壁が見られるようになっていた

こえぇよこの高さ
淵に立つと下の迫力に驚く 今はオフシーズンで閑散としているのがさらに怖い
シーズンに入ると、ここからかわらけ投げなんかもやるらしい
5枚投げるが通なんだとか ホンマかいな

絶壁を間近で見られるロープウェー
途中で紹介したように、寒霞渓はロープウェーが通っている
岩山奇岩の間をロープウェーが通り、間近に見られるようだ
きっとこれも楽しいに違いない さらに登山道も双方の駅近くからある

美し原から寒霞渓方面へ
さぁあとは土庄に向けて下るだけ!・・・と考えていた時期もありました
最初に1kmほど猛烈に下ったあとに待ち構えていたのが激坂
そう寒霞渓は標高816mと777mの山に囲まれていたのでした・・・
同じくらいの高さから寒霞渓方面を見るとまた違った荒々しさがある

四方指から街へ
西の山である四方指に到着 名前に負けず展望が開けている
ほぼ360度木々がなく見渡せる広場 ここも気持ちいいなぁ
こうやって見下ろすと、街と緑の面積の差がヒドい しかもここ一番の繁華街やし

銚子の滝
四方指から土庄に向けて下っていく 銚子の滝がある銚子渓までは約4km
そこの標高は約300m 470mを4kmで・・・っておいおい
あ、滝は非常に大人しい感じでした

モンキー集団
お猿さんが沢山いるのもこの山の特徴
ビニール袋ぶら下げてチャリ停めてたら、パクられるらしい
ビニールは破れる物やと知ってるらしいなぁ

土庄まであと少し
ここまでくれば土庄まではもう少しである すさまじい下りなんですがホントに
寒霞渓へ登ろうという人がいるなら、西ルートだけはやめた方がいいと断言できる
斜度18%とか14%とか17%とかいう文字が見えたから 時速64km出てたし
まぁ、私みたいに荷物を積んでさえいなければなんとかなる・・・?いやキツそう

引き潮のエンジェルロード
フェリーに乗る前にエンジェルロードへ寄り道してみる
引き潮時に隣の島へ歩いて渡れるこの砂浜 運よく道ができていた
い、いや大体こんな時間だろうと予想はついていたんやで!大鳴門橋の経験で!

他にも平和の群像だとか、世界一狭い海峡とかあったんだけど写真撮り忘れ
まぁ、平和の群像は二十四の瞳のそれだし、海峡は最早川だしいいよね
スケールがデカいの見た後は細かいことがどうでもよくなってしまうと言い訳

きったんが21日に尾道に行くようなので、私もそれに合わせて西進することに
19日は瀬戸大橋から倉敷の美観地区を見て海沿いへ
20日に鞆の浦を見ながらなるべく尾道に近づくことにしよう!

尾道到着後は北上し高見まで戻って鬼ノ城と福山城・・・
四国に入るのいつになんねんこれ

ランキングに参加してみました 他の方の旅行記も見られます
ぽちっと押すとランキングが上がるらしい 仕様を全然知らなかった・・・
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
別窓 | 香川県 | コメント:0 |
<<旅 183日目 ~岡山県笠岡~ | ぶらぶら日本一周@自転車 | 旅 181日目 ~香川県小豆島~>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| ぶらぶら日本一周@自転車 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。