約一年かけてぶーらぶーら日本一周 100名城も巡るよ!

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
旅 175日目 ~岡山県日生~
2015-02-11 Wed 20:15
冬終了までもう少し、頑張れ私 頑張れ野宿
昨日は結局御津まで走っていった 夜中8時
てなわけで御津にて海のさざ波の音を子守唄がわりに就寝していた

御津の七曲り
御津の道の駅は朝の活動が非常には早かった
朝7時前には職員さんが作業を行いだすしね びびった
御津から赤穂に抜ける道は海が非常に綺麗に見える

姫路~御津
12673.54km→12702.16km(28.62km)
このうち20km強は午後8時から走った分である ひぇー
観光を楽しみ過ぎるとこうなります まぁ歩いてはいるが

白龍城の小舟
相生の道の駅にある小舟ペーロン
ペーロンとはなんだ?ぺローンなら広島から巨人に行ったけど・・・
漢字で書くと白龍らしい 中国由来のものらしい

迫力の二ツ橋
相生から赤穂に抜けるには国道250号ルートと県道ルートがある
海に近い県道ルートを走ると、迫力の二ツ橋&トンネルに遭遇
金かかってんなー 走ってて気持ちいいのでOKOK

独自の樹木を抱く生島
赤穂の手前にあった小島、その名は生島
独自の樹木生態系を保っているとか 歩く隔離された島である
なんというかドラクエで一マス海を挟んだ祠みたい

塩田の復原
赤穂に到着してまずは海洋科学館へ
ここでは赤穂の塩づくりを学ぶことができる 昔の塩田も復原しているのだ
今は奥のツリーみたいなので海水を濃縮し、右手の煙突がある小屋で煮詰めている
製塩作業は毎週日曜日に行っているんだって

潮手作り体験セット
ここは、入館料200円を払えば塩づくりのうち煮詰める工程を体験できる
この塩水は塩分濃度18% 海水は3%なので実に6倍
鹹水(かんすい)と呼ぶらしいこれ300mlから60g程の塩がとれる

煮詰まってきた!
ぐつぐつ煮立ってきたら、ヘラでかき混ぜながら水分を飛ばす
煮詰まってくると、突沸のように細かい塩が飛び跳ね出てくる

がりがりごりごり
がりがりごりごりとへばりついた塩を落とし、細かくする
ダマになっちゃうと固い塊になっちまうらしい

海洋科学館、満喫した
入館時にお土産でもらえるのがここで毎週製塩した塩
無印ビニールのが自分で煮詰めた塩 両方ゲット!お得だ
煮詰めた塩はミネラルが多く含まれており旨みもあるとか 楽しみ

一トン超えの岩塩
科学館なので、塩づくりだけでなく資料もたくさん
これは外国の岩塩 なんと1.42トンも重さがある でかい しょっぱい

岩塩の結晶
水晶のような結晶や、金属が混じり色がついた岩塩なども展示されている
食べるのがもったいないくらいだ
この他にもテレビ水族館など200円にしては盛りだくさんの内容である
半日くらいのんびりできそう

海に見えない
勿論そんなことしているわけには行かないので先へ
赤穂城を見学した後は日生に向かう 元々佐用に行くつもりだった
しかしTwitterでリプされたカキオコ(かきいりお好み焼き)のせいで・・・
やたらうまそうだったので食いに行かざるを得ない
ここなんか海に見えない 山だらけ(実際は島)で湖っぽい

今春開通予定!
今はこれらの島に渡るのに船が必要
今春に開通する橋で、二つの島へはアクセスが良くなりそう
大きな島には古代の生活を体験出来る場所があるとか(要予約)

無事日生に到着し、カキフライソフトとかきおこ両方を食す
牡蠣、うまいねぇ・・・今の時期が旬だから尚更だ
明日はまた兵庫に戻り佐用から大原を目指すで!

ランキングに参加してみました 他の方の旅行記も見られます
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
別窓 | 岡山県 | コメント:0 |
<<旅 176日目 ~兵庫県平福~ | ぶらぶら日本一周@自転車 | 旅 174日目 ~兵庫県龍野~>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| ぶらぶら日本一周@自転車 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。