約一年かけてぶーらぶーら日本一周 100名城も巡るよ!

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
四十城目:静岡県駿府城
2015-02-05 Thu 11:47
現在大鳴門橋ふもとで待機中 昼のうずしおを見るまでちょっとのんびりタイム
この機を逃してなるものかと今回は駿府城の紹介をば

駿府城と言えば、家康が将軍となったあとに築城・居住した城である
天下普請と言い、主に関ヶ原で西軍についた大名を中心に建築させた
後の参勤交代と同じく、元敵対大名の国力を削ぐ手段でもあった

とはいえ、私としては城主は駿河大納言こと徳川忠長のイメージが強い
どう考えても駿河御前試合の影響です 本当にありがとうございました
シグルイという漫画の方が有名かもしれない 気になる人は古本屋へ!

駿府城大手御門跡
駿府城は改築の末三重堀の城郭となった
その一番外の堀、その先に大手御門があったらしい
手前には奉行所が建っていたとか

三の丸を覆う堀
三の丸を覆う堀 いくつか埋め立てられている部分もあるが、広範囲にわたって残っている

三の丸部分は学校や県庁などに
大手門跡の内側、昔三の丸だった区画 現在が学校や県庁などに
裁判所や病院、市民体育館や教会などもぐるりと建っている

外から見た駿府城東御門
入口で復原されているのは東御門のみ
正面から入る道は橋だけとなっていた

駿府城東御門
内側から見るとこんな感じ
防御を考えて枡形門になっている 建物自体はコの字型
中の見学もできるようになっていた

青銅製のシャチ
二の丸堀から発掘されたシャチ 珍しい青銅製
大抵のシャチホコは瓦製 青銅は雨にも弱そうやね

駿府城坤櫓
二の丸エリアの未申の方角にある坤櫓
土台の石垣もしっかり残っている

コッソリと茶室も建ってる
坤櫓と対角にあたる隅に茶室も建っている
庭園も整備されており、優雅な雰囲気を味わえる一画となっていた

駿府城公園入口
本丸には建物はない 見渡す限りの芝生であった
天気がいいと寝転んでるだけで気持ちいい場所だぬ

内から二つ目の堀
ちなみに三の丸と二の丸を隔てる堀は丸々一周分残っている
東御門から見る堀が特に綺麗だと思う

本丸堀とその外の堀を繋ぐ二の丸水路
その掘と、本丸堀を繋ぐ二の丸水路
各々の堀の水量を調節する役目を担っていたようだ
今は跡が残るのみとなっている

駿府城本丸堀
何故かと言うと、本丸墓地がホンの一部分しか残ってないから
明治時代にあらかた埋め立てられたから仕方がない
後日の発掘で綺麗に見つかった一部分のみ復原したとのこと

家康さんの銅像
本丸に建物はないが、いくつか家康ゆかりの物があった
以前も紹介したことがあるが、家康は鷹狩が大好きで1000回以上行ってた
鷹を従えた精悍な家康公の様子がうかがえる像だ

家康手植えのみかん
この像の近くに家康公が手ずから植えたとされるみかんの木もある
紀州から献上された鉢植えを天守近くの本丸に植えたらしい
品種はホンミカンだとか 静岡みかんの源流はこれかも!?

復原されたもの自体は少なめだが、ツボを押さえている気がする
天気がいい日にぐるりと周囲をうろつくのがいいかもしれない
スポンサーサイト
別窓 | 100名城 | コメント:0 |
<<旅 169日目 ~兵庫県都志~ | ぶらぶら日本一周@自転車 | 旅 168日目 ~兵庫県福良~>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| ぶらぶら日本一周@自転車 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。