約一年かけてぶーらぶーら日本一周 100名城も巡るよ!

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
三十九城目:栃木県甲府城
2015-02-03 Tue 02:14
さてさて今回紹介するのは甲府城 別名舞鶴城である
これは出発前日にUPする予定が、PC謎の不調により断念することに
ホントはまた旅に出るまでに五十城やっておきたかった

ちょっと離れたところにある大手門
舞鶴城の主要な建物や区域からちょっと離れたところにある大手門
JRの線路を挟んで向こうにあるので気づきにくいかもしれない

舞鶴城鍛冶曲輪門
正面にまわるまでにある鍛冶曲輪門 こっちは裏門ぽい
入って直進すると恩賜林記念館と日本庭園がある 庭園についてはまた後で

堀、深っ!青っ!
門の横に見える堀は深く青い 空の青さも眩しい

目立つ入り口、遊亀橋
先二つと異なり、まるでこっちが正面からの入口のような人の密度
とにかく人の数が尋常でない っていうか法被とか着てる人が多い
これはもしや・・・

三の丸はお祭り騒ぎ
お祭り騒ぎやー!!っていうか祭りそのものやー!!
食いもんや・・・食いもんがあるでぇー!
あ、ここは平時鍛冶曲輪と呼ばれている場所です ただ先述の門は大分遠い

天守台まで石垣が続く
鍛冶曲輪までは四段くらい高度を上げていく その全てが石垣
橋から撮った写真にも天守台は写っている
中央右のちょっと出っ張ってるヤツね

打込接のところもある
石垣は場所によって微妙に積み方が異なっていた これは打込接やね

ガッツリ切込接
こっちは切込接である 上の方か下の方かどっちがどっちかは忘れた
時間が経つと記憶が曖昧になってやーね

上から被せられた石垣
お城が昔に手を入れられたとき、古い石垣に被せるようにした部分もある
これはあえて崩して後ろを見せてくれている

二の丸が日本庭園に
本丸に向かう中段から日本庭園を見下ろせる
位置的には鍛冶曲輪門と鍛冶曲輪を繋ぐ場所にある 結構広い
枯山水の庭になっており、高級感がにじみ出ている

石切り場跡
上に上る道中にはこんな石切り場の跡もある
ここにある石は石垣として使用されなかった分 盛岡城にもあったなそんなん

甲府城鉄門
ついに到着本丸への入口鉄(くろがね)門である
急な階段と強固な門 これは厳しい

内松陰門側は工事中
本丸から見下ろせる場所にある内松陰門付近は工事中
あの門は二の丸へとつながる場所だったようだ

本丸と天守台が目の前
本丸にはもうひとつ門があり、そちらは銅(あかがね)と呼ばれていた
こっちは跡だけになっており、その方面から入ると本丸と天守台が綺麗に見渡せる

舞鶴城稲荷櫓
お祭り会場こと鍛冶曲輪の、本丸を挟んだ向こう側にある稲荷曲輪
そこの塀中央に建てられている稲荷櫓が天守台から見える
この城で一番高い所だけあり周囲の見晴らしは良好良好

稲荷曲輪は広い
稲荷曲輪はすごい広い 日本庭園と鍛冶曲輪両方足したくらい広い
ここは芝生が広がっていることもあり遊んでいる人が多い
こっから道が二つに分かれる

稲荷曲輪門
本丸脇(と言っても大分高低差はある)をすり抜け鍛冶曲輪につながる門
こっちも勾配が急 後ろにそびえる天守台も威圧感たっぷり

数奇屋曲輪から三の丸へ
もう一段曲輪を挟んで鍛冶曲輪に降りる道がこちら
いやー会場は盛り上がっております
マイクパフォが派手で、場内何処に居ても聞こえていた

この城の見どころは何といっても石垣である
場所によって積み方も微妙に異なり、高低差も大きい
特に稲荷曲輪門付近から天守台を見上げる景色は必見である

スポンサーサイト
別窓 | 100名城 | コメント:0 |
<<旅 167日目 ~兵庫県東浦~ | ぶらぶら日本一周@自転車 | 旅 166日目 ~兵庫県有馬温泉郷~>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| ぶらぶら日本一周@自転車 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。