約一年かけてぶーらぶーら日本一周 100名城も巡るよ!

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
旅 163日目 ~大阪府堺~
2014-12-23 Tue 22:45
みかんみかんみかん!みかんみかんみかん!!
さて、今朝は快眠、快眠であった さすがの蒲団
どんだけ快眠だったかと言うと一度5時に起きたのに二度寝で8時になったくらい

有田オレンジユースホステル
昨晩お世話になった有田オレンジユースホステル
朝ご飯にパンをパクつきながらオーナーさんと話す
ユース事情や旅のことなんか、話って結構尽きないんですよねこれが

周参見~有田
11837.43km→11936.75km(99.32km)
夜間走行までしたのに100km走ってなかったのか・・・まじっす?

みかん畑と海
のんびりしてたらいつまでも駄弁ってしまいそうなので意を決して出発
初めは海沿いにささっと北上してしまおうかと思っていたが、予定変更
ユースで勧めてもらった産直市場にみかんを買いに行くことにする(実家用)
山を越えて向かうで! 周りはみかん畑だらけであった

ありだっこ産直市場
ちょっと道に迷いながらも、ありだっこ産直市場に到着
みかん以外の農産物も多く取り扱っているが、断然みかんの量が多い
農家によって味も違い、思う存分試食しながら選ぶことができる んまい

あんまい農家さん所のみかんを見つけ、購入することに
レジに並んでいると、やたらカメラを持った報道陣が目につく
鳴り響く鐘 「来場100万人達成!!」の声 騒々しくなる店内

係の方らしき人が周囲の人にちっちゃい記念品を配っていた
私も貰えるんかな、やったねとか思ってると人がやたら群がってくる
っつーかカメラがこっちに向かってくる!?えっなにこれ


まさかの100万人目

100万人目は私 でしたか・・・

純粋な来場者数ではなく、購入者数を対象にしてるのだろう
私のレジ前後の人も一緒にお祝いしてもらっていた 前後賞かな?
花束とデコポン他記念品をがっつり頂いてしまった

花束はみかんプリンセス(仮称)にお贈りして、記念品はみかんごと実家へ
改めて見ると私の格好だけ季節が違う気がしてくる 暑いんだからしょーがねーす!!
関係者に、寒くないんですか?って何回聞かれたか・・・ハハハ

しっかしこーゆーめぐりあわせってあるもんなんだなぁ、ただおどれーた
今の所日本一周の旅で一番おどれーた 多分
おかげさまでテンションアゲアゲでぺダリングができた 風など怖くないわ!

和歌山城が見える
途中でお昼の時間を取ったりしたが、和歌山城に着いた時点で13時半
おかしいな、この時間にもう和歌山城を出ているはずだったのに・・・みかんか、みかんのせいか
この地を離れるころにはもう15時前 でもしょうがないね(満面の笑み)

しかし今日の目的地は堺 ここから最短でも50kmはある
選ぶは26号を通る、峠を一つ越えての最短ルートと海沿いの遠回りルートどちらか

淡路島でっか!
折角なので海沿いの淡路島が見られるルートを選択
こっちは峠がいくつかあったので恐らく遠くてしんどいルートだったのだろう
最早敵なしの私には大した違いは・・・あるわ、時間がかかる

大阪の海
ついに大阪府に突入 こっから45kmちょっとあります
時間はすでに16時を回っている 今日もナイトランだぜフゥハハァ

関空遠いな!
道中は26号線を逸れて臨海線をひた走る ここは風もマシだった
今までとは違い勾配がほとんどない快速ルート 時速も20km半ばをキープ
関空は相変わらず遠い、交通環境も劣悪なのだここ 伊丹を見習っておくれ

結局今日は19時前まで走って堺に到着 ふー頑張った
ここまで走った理由が臨海ホテル なんと一泊二食付きで4100円
昨晩友人に教えてもらい、昨日の時点で予約を入れてしまったからである

安宿と侮るなかれ、フロントの方はかなり気が利く方であった
自転車を中に仕舞わせていただく心遣い、ありがたや
昨日が今年の旅最後の蒲団かと思いきや、今日もである まぁいいか!

既に実家まで80kmを切る距離まで来てしまった 明日はまずは大阪城
そのあと、どこに行こうかな?

ランキングに参加してみました 他の方の旅行記も見られます
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
別窓 | 大阪府 | コメント:0 |
<<旅 164日目 ~大阪府枚方市~ | ぶらぶら日本一周@自転車 | 旅 162日目 ~和歌山県有田~>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| ぶらぶら日本一周@自転車 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。