約一年かけてぶーらぶーら日本一周 100名城も巡るよ!

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
旅 160日目 ~和歌山県那智~
2014-12-20 Sat 15:54
今日は一日雨 起きたときは大したことなかったが昼にかけて酷いことに
もとから雨は承知の上なので今日は動かない日に
・・・っていうのももったいないので那智の滝だけでも見に行くことに

熊野古道は京都から伊勢まで
まずは道の駅の世界遺産情報センターで知識を深める
熊野古道って京都から伊勢までの参詣道を指すんだとは知らなんだ
昔の人は往復一ヶ月を歩いていたらしい 後白河上皇なんか34回行ったらしいで

俗世と霊界の境目
この橋は熊野古道への入口であるとともに、俗世と霊界の境目と言われている
まぁ、神域に入る際の区切りとしてはよく使われる手段やね、橋ってーのは

大門坂入口
熊野那智大社までの道にも熊野古道がある、その名も大門坂
坂の頂上に大きな門があったからこの名がついたとか
入口には出迎えるように夫婦杉が並んでいる

杉に囲まれた熊野古道
ここの古道も石畳に覆われている 両脇には杉並木が全部で132本も
600mちょっとの道ではあるが、ゆーっくり空気を吸いながら歩くとやたら気持ちいい
雨は雨でまた風情がある道だと思う 花粉の時期だけは遠慮したい

昔は関所があったのか
昔はこの道にも関所があったらしい 通行料をふんだくる場所
お伊勢参りする人もここ熊野那智神社に参る人も多いしいやに儲かったろうなぁ

熊野大社への参詣道
熊野古道・大門坂終点から熊野那智神社までは参詣道がある
こっちは古道とは違って垢抜けている 店は大体しまってるけど・・・
おいおい土曜日やで大丈夫なんかいな

下手な城より立派な石垣
頂上付近では鳥居がお出迎え ここに至る階段手前の石垣はかなり立派なもの
下手な城より高く綺麗に積んである 恐るべし

江戸時代の建物だとか
那智神社は平成14年に改修を行ったおかげで新しい雰囲気
ただちょっと下がったところにあるこの建物は江戸時代のものらしい
本当に改修してないのかな?よくわからんが茅葺なのはわかる

三重塔と那智の滝
雨の中境内をうろうろと歩き回る 足元が悪くぬかるみまであるのが難点
建物が多い部分は木が少ないので遠くまで見渡せるのが素敵
三重塔と那智の滝の組み合わせはお見事の一言

滝への道も石畳
那智の滝は結構近くまで寄ることができる
神社からはちょっと山を下ったところにあるのだが・・・ここも石畳
雨に濡れた石畳は危険 ゆっくり下らないとすべってまう

深い森に映える水
深い森に存在感のある岩肌と流れ落ちる滝
深い緑に水飛沫の白色がよく映える
滝壺付近に落盤が起こったため石が積み重なったように見え、浅くなっている

水滴が飛んでくる
三〇〇円の参入料を払うことでより近くにて見ることができる
と、いうか滝自体が神社なのだ(飛瀧神社という)
ここまで寄ると、雨もだが滝からの水飛沫も結構飛んでくる

今日那智の滝を消化できたので、明日は潮岬まで直で行けるな!
あわよくば白浜温泉までたどり着けないだろうか、わくわくしてきた

ランキングに参加してみました 他の方の旅行記も見られます
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
別窓 | 和歌山県 | コメント:0 |
<<旅 161日目 ~和歌山県周参見~ | ぶらぶら日本一周@自転車 | 三十四城目:神奈川県小田原城>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| ぶらぶら日本一周@自転車 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。