約一年かけてぶーらぶーら日本一周 100名城も巡るよ!

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
旅 159日目 ~和歌山県那智~
2014-12-19 Fri 21:02
道の駅泊はやっぱり快適ですなぁ、風よけは大事すぎる
岐阜北部や名古屋なんかは雪がものすごいことになっていたのをニュースで見た
こっちは風が強かったり、雪はパラつくくらいでそこまで酷いことはなかった

馬越峠と天狗倉山
今日は尾鷲から熊野に抜けて新宮までは行きたいところ
先へと進み、振り返るとそこには昨日越えた馬越峠の姿が
ちなみに国道はトンネルである、便利な世の中だこと

南伊勢~海山
11569.68km→11638.15km(68.67km)
歩いている時間が長かったからまーこんなもんでっしゃろ

九鬼の街
馬越峠を越えてから南がまた難所なのだ、歩きだと八鬼山がね
車でも2~3か所行くところがあるが、どこもトンネルを経由する
私は海に沿うルートを選択 山中だと行程の4/5くらいトンネルだし
トンネルを出てすぐの九鬼の街 ここまでくると三方が山である

遠見番所跡
山の中にこっそりあった遠見番所跡 石垣が積まれている
ここからちょっと行ったところにあるのかと思いきや、小屋は山頂にあるらしい
月交代で詰めていたとか ひーこわ

岩場やないか
ここの登りは熊野古道より相当酷かった 道なき道みたいな感じ
岩は苔むしているし上へ行くとルートが全然わからんしなんじゃこりゃぁ

一休みの景観
途中で休憩スポットのような景色が
うーん、綺麗な場所だ 澄み渡る青

遠見番所跡
登ること25分程、なんとか頂上に到着 結構広いなぁこれ
この場所では畑も耕されていたとか 雨が降る土地だからか

太平洋の奥まで見える
こっちっかわもこの通り
遠見番所とはすなわち外国からの船を見張る場所だったのだ
だからこそ遠くまで見通せる立地が選ばれた・・・のはわかる
わかるが、一ヶ月海を見張る仕事とかちょっと辛すぎませんかね

登りは頂上を目指してひた走るだけだからよかった
問題は下りである ただでさえ目印が少なくルート指示もない
しれっとルート間違えて降りて行ってえらい目に合ってしまった 遭難一歩手前やで
おかげさんで下り終わるまで1時間近くかかっちまった・・・

ヘアピンの内側に棚田
気を取り直して先を目指す
こっちの海沿いルートは見所が結構あってうれしい
ヘアピンの内側に器用に作った棚田とか 見てて楽しくなる

民家の前を通る熊野古道
波田須の熊野古道は民家の前を通るところもある
山の中腹に家を建てるのも凄いと思うます

鎌倉時代の石畳
ここの古道をちょっと進むと、鎌倉時代の石畳が見られる
江戸時代の石畳と積み方が違い、荒々しいとかなんとか
昔から雨への対抗策として石が使われてるんだぬ

徐福がたどり着いた場所
ここ波田須は昔、秦住と表記されていたとか
秦の始皇帝に不老不死の妙薬を探してみせると息巻き巨万の富を積んで消えた稀代の詐欺師
そう、徐福が流れ着いたという伝説のある場所なのだ お墓もあるらしいで

鬼が城全景
熊野街道らへんは世界遺産ラッシュである 古道とセットだとは思うが
そのうちの一つ、鬼が城 坂田金時が鬼を退治したとことか

ここ見て回れるのか・・
今は工事中で入れないが、この城の周りを回遊することができるらしい
高波に注意とはあるが、迫力ありそう 行きたかった・・・
綺麗ではあるが、ここ単品だと世界遺産?って感じではあった

獅子岩さん
ライオン岩だぞー
ゴジラ岩といい、なんか見た目にあわせて名付けたくなっちゃうもんなんだろうか

今日はここまでで、昨日マンボウで出会った旅人さんに勧められたゲストハウスに行こうかと思った
が、電話はつながらないし現地は人の気配無いしで断念 楽しみにしてたのに・・・
とりあえず那智の道の駅でなんとかしよう そうしよう

ランキングに参加してみました 他の方の旅行記も見られます
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
別窓 | 和歌山県 | コメント:0 |
<<三十三城目:東京都八王子城跡 | ぶらぶら日本一周@自転車 | 旅 158日目 ~三重県海山~>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| ぶらぶら日本一周@自転車 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。