約一年かけてぶーらぶーら日本一周 100名城も巡るよ!

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
旅 158日目 ~三重県海山~
2014-12-18 Thu 22:23
昨晩はあまりにも寒かった 風も強かったし
何が怖いって遠くから風の音がだんだん強くなってくるのが解ること
ふぉぉ・・・こぉお・・・・ごぉおお・・・・ぶぉぉおっぉおぉお!!!
こんな感じであった ひーがたがた(寝袋を深くかぶる)

入り江とでっかい船
周りになんもない所からの出発はなんとなく心細い
今日はどこまで行けるかの予習も出来なかったし
とりあえず道中の入り江にでっかい船が 砂とかを運ぶっぽい

伊勢~南伊勢
11481.63km→11569.68km(88.05km)
直で南下するとこの間40kmもない 鳥羽と志摩は結構な回り道なのだ

向かいの山にも熊野古道が
ひとまず目指すは道の駅紀伊マンボウ なんちゅう名前や 池が綺麗やのう
50kmなんで昼までには着くかと思いきや、到着したのは13時
数十~百数十mのアップダウン多すぎやねん しかも急すぎ 勾配10%前後はやめてくりゃれ
ここでなんとエイプライダーの旅人に遭遇 今日で愛知まで帰って完了らしいよ

この道の駅で世界遺産の熊野古道について情報収集
熊野古道ってお伊勢さんと熊野大社、那智大社を結ぶ参詣道やったんやね
てっきり哲学の道とか嵐山の竹林道みたいなのかとおもてた(無教養)

世界遺産に指定されているのはその道のりの峠近辺らしい
上の写真の池の対岸にも指定されてる熊野古道があるんやて

馬越峠を攻めよう
峠道、ということで自転車では登れないと言われた
道の駅マンボウのお姉さんがおすすめしてくれたのは馬越峠 ここやね
調べてみたらすぐ近くに道の駅があるではないか これはいい立地

石畳のある道
熊野古道と言えば石畳(付け焼刃の知識)
ここら一帯は特に雨が降りやすい地域らしく、雨水を気にせず歩けるこれは大事

夜泣き地蔵尊
歩き出してほどなく、夜泣き地蔵尊なるものを発見
哺乳瓶が備えられていてちょっとわろてしもた

一枚岩の橋
そのちょっと先にある一枚岩の橋
水の流れる音 岩の重厚さ 先に続く石畳
くぅー心が洗われる 気がする

木の枝が這ってる道をぐねぐね
すごい勾配だが、石畳のお蔭でサクサク登れる
所により木の根っこが足元を這いまわっている 注意

結構高いな!
途中で見晴らしのいいところに出る 結構高いなこれ!
山裾の木が切られているのは何なんだろうか

勾配が緩やかな所はダート
勾配が急な所と緩い所の差が激しい
ここはゆる~い所 こーゆー所は石畳ではなくダートになっている

昔は峠に茶屋があったらしい
頑張ること30分ちょっと、峠に到着
ここは昔、休憩所として茶屋があったらしい 休みたくもなるわな

峠から見える尾鷲の街
ここからは尾鷲の街並みが眺められる
正面には熊野古道最難関と呼ばれる八鬼山が鎮座する
追剥や山賊が出没しまくってたとか

やたら急やでこれ
ここからは素直に尾鷲の街に降りる道と、天狗倉山に上る道がある
折角だからてっぺんまで登ろうではないか 時間が怪しいが
急です!と言う注意書きに負けない急勾配っぷり

でっかい岩がででーん
がしがし進む、頂上まで30分とか書いてあったが無視して進む
突如現れる巨大岩石 これ、乗り越えろってのか・・・

岩の裏側には・・・?
乗り越えるわけではなく回り込むようであった
この時点で薄暗くなってきており道筋の確認がしづらいことこの上ない
ちっちゃな社も建っている そして岩には登れるらしい

天狗倉山山頂
天狗倉山山頂!なんとか日没後ではあるが暗くなる前にはこられた
急勾配を下る in 暗闇とかいややからね 頑張った頑張った
気づけば往復30分弱で走破していた 健脚なりィ!

下りも石畳あるで
大分足元が暗くなってきたので急いで でも気を付けて降る
雨でもぬかるまないのは利点だが、逆に滑る恐れもあるのではないか
草履と金具つけてたらそうでもないかもしれないがこちとらサンダルなんでね

こっちにも一枚岩の橋が
尾鷲方面にも一枚岩の橋がある こっちの方がすこしでかい

お地蔵さん
お地蔵さんもあるで!川の向こう側ではあるが
なんとなく対称的な感じを意識しているのかな?そうでもないか

皇太子殿下も来られたらしい
更に降ると熊野公園に出る ここには石碑が立っている
これによると皇太子殿下も来られたことがあるようだ
展望がそこそこいい場所であり、夜景も見られるのだ
函館の比ではないが、100ドルの夜景くらいは価値ありそう

尾鷲へ降り立ったのが18時 出発が16時半だったのでほぼ1時間半か
登り口まではバスもあるが、残念ながら終バスは出てしまっていた
歩いて帰ってもいいが、折角なので電車で帰ることに 20分遅れだった

今日は道の駅で風をよけながら安眠できそう やったね

ランキングに参加してみました 他の方の旅行記も見られます
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
別窓 | 三重県 | コメント:0 |
<<旅 159日目 ~和歌山県那智~ | ぶらぶら日本一周@自転車 | 旅 157日目 ~三重県南伊勢~>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| ぶらぶら日本一周@自転車 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。