約一年かけてぶーらぶーら日本一周 100名城も巡るよ!

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
旅 125日目 ~神奈川県横浜~
2014-11-16 Sun 08:06
関東首都圏滞在もそろそろ終わりを迎えようとしている今日この頃
横浜宿泊の昨晩は野宿しだしてから初めて起こされることになってしまった
公園とはいえ中の博物館の軒先はいかんらしい 残念

東京の夜明け
東京最後の夜明けは綺麗に晴れた・・・けど水平線ではないねぇ
この辺り、高層ビル群がそびえてるか工場まみれのいずれかやからしゃーない

勝鬨橋
朝起きだしてまずは築地に向かう 土曜だけに朝早くとも人が沢山
私が東京で一番好きな場所がこの勝鬨橋 これを渡って築地に行く
何度か東京を訪れることがあったが、毎回築地と勝鬨橋はセットになっている

勝鬨橋からのスカイツリー
この橋からはスカイツリーと

勝鬨橋からの東京タワー
東京タワーが両方見える 綺麗に全景が、とはいかないが

勝鬨橋全景
ちょっと離れた河川敷からパチリ
リベットのゴツゴツ感、橋全体の造形・・・うーむ、カッコいい
橋好きな私の中で一番好きなのがこの勝鬨橋かもしれない

渡し船から跳開橋へ
この橋が架けられたのは昭和に入ってからである
それまでは渡し船として、月島・佃と共に三大渡し船として名を馳せていたらしい
橋を動かしていた時代は変電所だったこの施設、今は資料館になっている

変電所から資料館へ
今回やっと中に入ることができた ずっと日曜訪問のため閉館していたのだ
9時半開館とのことだが、7時半に覗いてみたら掃除をしていらした
見てってもいいよと快諾していただいたので遠慮なく見ていくことに

勝鬨橋の模型
今はなき勝鬨橋の開閉風景も模型で再現されている
70度の角度まで70秒で持ち上げる 迫力あっただろうなぁ
最後の開閉は昭和45年、となっている

多摩川
勝鬨橋と、築地でホルモン丼とラーメンを堪能した後は横浜・・・の前に川崎へ
向ヶ丘に美味しいシナモンロールがあるというらしく、暇つぶしに向かう
多摩川は河川敷も広く自転車道もあるが・・・いささか狭い
ランナーも多く、快適に走るというわけには行かなかった

シナモンロール売り切れ!
道中草野球を観戦したり、感化されてバッティングセンターに寄ったり
10時開店の店に11時15分についたらkonozamaだよ!
すんません、正直なめてました こんな人気だったとは・・・

赤レンガ倉庫
しょうがないので横浜へと向かう 赤レンガ倉庫ではコリアンフードフェスタをやっていた
特に興味もないのでスルー 倉庫にも入らず
まぁ、横浜は前に結構観光したことあるし・・・土産屋しか入ってないしね、ここ

神奈川県庁
横浜県庁!
あれ?なんかおかしいですね・・・

馬車道十番館
旅をする目的の一つに「聖地めぐり」というものがあるそうな
自分の好きな漫画やアニメの舞台を巡る・・・というものなのだ
その定義に充てると私の聖地はここ、馬車道と馬車道十番館になるだろう

私の敬愛する作家、島田荘司氏の創造した稀代の傑物 御手洗潔と石岡和己の両氏
彼らが長い時間を過ごした(であろう)この土地でのんびりするのはまた特別な気分に浸れる
あぁ、本読みたくなってきた

ハマスタ
友人との待ち合わせ時間が近づいてきたので中華街へ向かう
ハマスタってホントいい立地にあるなぁ、神宮球場といい羨ましい限り

中華街
ほどなくして中華街に到着
以前から連絡はとりあっていたが、実際会うのは初めてな友人
夕方五時からガッツリ食って呑んでと大いに楽しんだ

港の見える丘
寝床を探す際にうろうろしていると小高い丘に
港の見える丘公園というらしい 夜景がきれいなスポットらしく人が多い
横浜の地形がいまいちよくわからんでござるよ・・・

よっしゃ、明日からまたガッツリ走るぞ!
たぶん。

ランキングに参加してみました 他の方の旅行記も見られます
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
別窓 | 神奈川県 | コメント:0 |
<<旅 126日目 ~神奈川県大磯~ | ぶらぶら日本一周@自転車 | 旅 124日目 ~東京都東陽~>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| ぶらぶら日本一周@自転車 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。