約一年かけてぶーらぶーら日本一周 100名城も巡るよ!

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
二十一城目:福島県白河小峰城
2014-11-12 Wed 13:08
今回は福島県最後の100名城こと白河小峰城
100名城名称は「小峰城」だが地元の人は皆「白河城」と呼んでいる
元々は白河結城氏のもとにあったが、のちに丹羽氏が大改修を行っていた

小峰城跡
丹羽長重氏が五年をかけて石垣を積み上げた城・・・なのだが
先だっての東北大震災でものの見事に大ダメージを喰らってしまったらしい
石垣どころか三重櫓も修復中で見ることができなかった

浅めの内堀
仕方がないのでひとまず中を巡ってみることに
城の敷地自体はさほど広くなく、櫓とその梯子状の曲輪に行けなければすぐ回れる
内部に軽い内堀が二筋ほど残っていた 坂すべりの場になっていたが

改修中の三重櫓石垣
改修の現場に近づいてみる 端っこが崩れている・・・
少しずつ積み直しが進んでいるようだが、まだまだかかりそうな雰囲気

改修方法
石垣の修復方法が書かれていた、昔はこれを機械なしでやってたんだよなぁ
城だけに限らないが、恐るべし技術とマンパワーだったんだろう

本丸の石垣
こちらは端っこが修復されたものと思われる
こういってはなんだが積み方が全然違うので解りやすい

所謂裏門
中はすぐに見終わってしまったので、折角だからと外周を巡る
こちらは裏門にあたる おなじみの搦手門である
昔からあったのかはわからない 別に入り組んだりしているわけでもないし

外堀と崩れた石垣
ぐるーっと周りを取り囲む土塁石垣と堀は結構立派である
広く深く高くとなっているが、ここも端っこが大きく崩れている

櫓がきれいに見えるであろう場所
健在であれば、櫓が綺麗に見える場所だったであろう
城の東側なので、夕日を背負った姿が見られる場所になる

こちらも崩れている
こっちも崩れている ここから城内への入口もあったが当然封鎖中
この辺は城と住宅地の境目なのか、一般住宅が建っているところもある
初めは管理施設か何かと思っていたが、どうやら違うようだ

修復待ちの崩れた石垣達
堀と外周道路の間にある空き地に、修復待ちの石がずらーっと並んでいる
ナンバリングがすんでいるところを見ると、後は積むだけのようだ
ちなみに外周道路は非常に狭いので車には注意が必要

この小峰白河城は東北の城によくある戊辰戦争の舞台の一つでもある
現在修復中の櫓も、その際に焼失してしまったがのちに木造で復原されたものだ
その際に切り出した木材には多数の弾痕が認められたとかなんとか

今回は残念な訪問になってしまったが、改修完了後にもう一度寄ってみたい場所やねぇ
スポンサーサイト
別窓 | 100名城 | コメント:0 |
<<二十二城目:長野県松代城 | ぶらぶら日本一周@自転車 | 旅 121日目 ~埼玉県川口~>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| ぶらぶら日本一周@自転車 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。