約一年かけてぶーらぶーら日本一周 100名城も巡るよ!

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
二十城目:福島県二本松城
2014-11-06 Thu 16:20
やっとこ百分の二十である つまり20%達成!
先はまだまだ長い のんびりやっていこう
今回のお城は二本松城 この城の別名は霞ヶ城 山形とかぶる

旧二本松藩戒石銘碑
お城の入口…へ向かう前に、旧二本松藩戒石銘碑という国指定の文化財がある
藩士の戒めとして五代目藩主が石に刻ませたもの つまりここが通用門跡である

箕輪門と少年隊群像
そこから西に進むと、三の丸への入口、箕輪門が見えてくる
門の前には戊辰戦争に駆り出された(志願だが)少年隊の奮戦姿が銅像に
隣には出陣服を仕立てる母親の姿も

箕輪門
先に進んで箕輪門へ 名前の由来は箕輪村山王寺山のご神木を用いたことから
山城の門として結構高く石垣が積まれており、迫力は十分

三の丸は菊人形会場
門をくぐった先は三の丸・・・だが、今は菊人形会場
朝早くに城を訪れたためにまだ開園はしていなかったが外からほんのり見える

霞池
三の丸から本丸までの間は回遊式庭園となっていた
いくつもの池・滝が組み合わさり自然との一体感を醸し出している・・・かも

七つ滝
七つ滝

洗心滝
洗心滝

洗心亭
霞池の上にほんのりと建っているのがこの洗心亭
城跡内で唯一残る江戸時代の建造物で、木造茅葺
お茶屋として城主が愛した場所だったらしい

笠マツ
池を洗心亭とは違う方へ少し上がると見事な傘マツが
樹齢300年を越すアカマツで、全体が傘のように広がっているのが解る

日影の井戸
先に行くと日影の井戸に出る
これは星影、月影と共に日本三井戸の一つらしいですぞ
語感的には つきかげ が一番カッコいいと思うがいかがか

本丸下に大石垣
本丸へ足を進めることにする 本丸はひときわ高い所にある
本丸は新しく石垣だけ作られたが、その下の台座部分は元々残っていたようだ

そびえたつ本丸石垣
そびえ立つ という形容がピッタリな石垣だ

本丸、右手に二段石垣
石垣の上の部分 右手は二段石垣となっており、櫓が建っていたそうな

本丸跡から見下ろす景色
たけぇよ!結構歩いたからなこれ・・・
気持ち良い朝の陽ざしを浴びながらしばしゆっくりする

搦手門跡
本丸を後にし、ちょっと寄り道して搦手門跡に寄る
山頂付近の天守なので周囲から入ることができる
ここは敷地から一番道路に近い西側にあった

本坂御殿跡から三の丸
その道路を北にぐるっと回って天守を迂回しながら南へ
本坂御殿跡と、そこから見える三の丸
視点を変えれば冒頭の石碑もちっちゃく見える場所

三の丸に戻ったらそのまま箕輪門から自転車のもとへ
非常に心地よい朝の散歩となった 大体一時間半くらい?
のんびり歩いたらもっとかかることだろう

先を急いでいたため菊人形会場には寄らなかった
有料ってのもあるが、降りてきてもまだ開いてなかったのがでかい
のんびり開園するんだろう それもまたよしだ
スポンサーサイト
別窓 | 100名城 | コメント:0 |
<<旅 116日目 ~千葉県鴨川~ | ぶらぶら日本一周@自転車 | 十九城目:福島県会津若松城>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| ぶらぶら日本一周@自転車 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。