約一年かけてぶーらぶーら日本一周 100名城も巡るよ!

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
旅 106日目 ~長野県松本市~
2014-10-27 Mon 18:26
長野県に入って数日、昨日は今までで一番暖かかったかもしれない
夜になっても全然寒くない、今回もテントの出番はなかった
アイドリングしている車が多いせいか途中で二度ほど目が覚めたが

さらば漢よ
昨晩を共にした(誤解を招く表現)漢を見送る
昨日の時点では鳥居峠を越えて群馬に入るという話を聞いていた
が、いつの間にか渋峠経由にかわっていた 誰のせいかな?わからん・・・

長野市~上田
8150.12km→8199.13km(49.01km)
松代を堪能しすぎた 温泉も堪能していた

霧がすごい
今日も私は朝早くから行動する しかし霧がすごい
予定としては別所温泉で朝風呂して、青木峠経由で松本城
が、北海道で幾日か旅したチャリダーが長野に住んでいるので会うことに
彼情報で安曇野の大王わさび農場を見学するために寄り道する

別所温泉の外湯
上田からほどなくして別所温泉へ
外湯はいくつかあり、慈覚大師ゆかりと真田幸村ゆかりの湯があった
流行に乗って幸村ゆかりのお湯へ 硫黄単純泉で気持ちよかよか

北向観音
別所温泉街の近くには寺社も揃っている
折角なので北向観音にお参り ここは全国でも類を見ない本殿が北向のお寺
まんまやなぁ・・・お昼には後光を背負うことになるのか

お手水が温泉
ここのお手水が温泉であった 温泉街ならでは
きちんと温泉効能表も掲げてあり、飲泉も可能な所

森の中に佇む塔
ここまで来たのだからと、安楽寺の八角三重塔も見に行く
森の中に佇む塔 傍らに池 アカゲラの木をつつく音
朝から神秘的な雰囲気に酔いしれる

八角三重塔
間近で見ると結構な迫力
それはそうだろう、墓の森の中に建っているのだ
下から見ていたのとはまた違う威圧感を感じる

山越え・・・どこ?
別所温泉街を後にし安曇野を目指す
まずは松本街道をひた走り、青木峠を越えたら途中で安曇野方面へ
しかし山々がでかい どこを越えんねん・・・

安っぽいトンネルやな!
無心で登る それはもうガシガシと 貧相なトンネル発見
ちなみにそろそろ落葉が目立ってきており、前の車が走った後を舞ったりする
下りだと時速30km以上でぶつかることもあり地味に痛い ビシイッ!

大王わさび農場
峠を二つ越え、無事安曇野に到着
山と山の間の平野を川沿いに走るとほどなく目的地へ
平日というのにたくさんの人出であった

ワサビの栽培
ここは明治の開拓時代からかわらずワサビを栽培しているらしい
北アルプスからの伏流水を利用し、水路を作って栽培に充てている
水温が通年10~15℃に保たれるよう、日よけなども利用している
しっかしとにかく広い、敷地がホント広い

手前が湧き水 、奥が川
敷地内を流れる川、手前が湧き水100%の蓼川
奥が一般河川の万水川である ここで合流して270km先の日本海へ
川も長い旅をしているもんだ 歩く速度と大差ないというのに

ワサビ色の猫
ここには可愛らしい主がいた
ワサビ色のにゃんこ …無理があるか

ザンビアの竹フレーム
そのまま松本城へ南下する
友人との合流に余裕があるので自転車屋でオイル購入と空気を入れる
これでタイヤのズルズル感が減って走りやすくなればいいのだが
そこで見つけたザンビアの竹フレーム自転車 かっこえぇ・・・
彼の地の竹は、日本のものより太く中空も少ないらしい

DSC_0390.jpg
夜は、すっかり普通の生活に戻っている利尻戦士と晩御飯
2ヶ月では全然変わっていなかった 私はその分ヒゲのびてるが
懐かしい思い出と、これからのアドバイスをもらいつつ楽しく過ごす
こうやって旅人同士の交流が出来るってのも素晴らしいことだと思う


ランキングに参加してみました 他の方の旅行記も見られます
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
別窓 | 長野県 | コメント:0 |
<<旅 107日目 ~長野県高遠~ | ぶらぶら日本一周@自転車 | 旅 105日目 ~長野県上田~>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| ぶらぶら日本一周@自転車 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。