約一年かけてぶーらぶーら日本一周 100名城も巡るよ!

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
旅 103日目 ~群馬県草津温泉~
2014-10-24 Fri 19:47
昨日の曇天を吹き飛ばすような晴れ!これを待っていた
とりあえず、朝起きてから本州に帰って一度も使ってないテントを開封
以前帯広で沈没した際にカビてた恐怖の思い出が・・・けど今回は無事
折角なんで出発まで干しておいたら、ここはテント禁止ですよと窘められた
すんません干してるだけですと言うも訝しげな眼で見られた 辛い

吾妻峡入口
今日のゴールは草津温泉と決めているのでのんびりと出発
道中吾妻渓谷を満喫する予定だ
晴れて気持ち良く映っている

白沢~中山盆地
7994.71km→8014.16km(19.45km)
最短記録更新 膝の違和感がまだ続いている
しかし無事8000km到達した 一周するまで15000km越えるんじゃないかね

デカいわ
吾妻峡は、渓谷もだが岩もまた沢山見どころがある
屏風岩、なんつってね

割と過酷な遊歩道
駐車場に自転車を停めて遊歩道を散策する
結構過酷な遊歩道でびっくりした 沢もあって滑りやすい所も
年配の方も多いので気を付けて歩かねば

鹿飛橋
鹿飛橋と名付けられた橋 鹿ならポーンと飛び越してしまうんだろうか
人間には無理な高さと距離や・・・こえぇ

渓谷の優雅さ?
この橋から眺める景色が一番きれいだと思う
水の色といい、周りの崖の崖らしさといい満点あげたい

吾妻の渓谷
反対側もパチリ
なんかこう、癒しやねこういうの

岩にめり込んだ木
遊歩道を歩くと、いろんな景色が見られて楽しいのだ
森林もあると空気がきれいなのもうれしい所
これは岩にめり込んだ木 岩が落ちて来たのかそれとも岩を割いて成長したのか

見晴らし台
遊歩道の終点には見晴らし台がある
これは国道から見晴らし台を撮ったところ
割と高い所にあるのが解るだろうか

見晴らし台から
見晴らし台からの景色はあまり眺望がいいとは言えない
気が邪魔しちゃうのはしょうがないが、遠くに見える橋だけて・・・

八ッ場ダム建設地
視点を下にズラすと見えるのは八ッ場ダム工事
これは景観とかそういうのではないね、うん
苦労して登ったのになんか、こう アアッ(やりきれなさ)

ダムの手前に滝が見える
下の国道を走ると、もう少し景観が良くなる
ダムの手前に滝が見えるが、近くまではいけない

ダムができれば・・・
ダムができると、水没する地域の一つ川原湯温泉
800年の歴史があるそうだが・・・このあたりは難しい所だ

日本一短いトンネル
今走っている145号線は、ダムが完成すると水没する予定
そのすぐ隣を走るJRの線路も、11km弱付け替えられ、この10月より運転開始となった
これは旧線路にある、日本で一番短いトンネル(7.2m)戦時中に掘られたらしい

目を疑う近代的さ
渓谷を抜けるとそこはめちゃ新しい新駅舎だった
線路の付け替えにより駅舎も移動・・・つーか新築だこれ
中で売ってた駅弁は期待以上であった

湯畑
群馬大津を抜け、草津温泉を目指す
そのあとの志賀高原といい、なんとなく滋賀県を思わす地名が多い
道のりは厳しかったが、無事到着 湯畑の迫力すごい

白旗の湯
草津温泉には無料で入れる共同浴場が18箇所あるらしい
そのうちの一つ、白旗の湯 湯畑からすぐそこである
誰もいなかったのでとりあえず撮影 入浴
そのあと続々と人が入ってきたので間が良かったのだろう

ここはぬるめの43℃くらいのお湯と、47℃くらいのお湯がある
峠を越えて風にさらされ冷えた体に47℃のお湯は染みた 気持ちえぇ・・・

凪の湯
西の河原公園を目指す通り道にある共同浴場
ちょっと奥まったところなので見つけにくい

せまっ
・・・せまっ
二人が限界だわこりゃぁ ここでも私一人でゆっくりできた

夜の西の河原公園
のんびりしてるともう夜に(17時半)
西の河原公園に着いたが暗い、ホント暗い
ここでは有名な露天風呂があり(500円)入るか迷ったがとりあえずスルー
また明日の朝考えよう

賽の河原で寝るのはちょっと怖いが西の河原だから平気だろう
多分。

ランキングに参加してみました 他の方の旅行記も見られます
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
別窓 | 群馬県 | コメント:0 |
<<旅 104日目 ~長野県長野市~ | ぶらぶら日本一周@自転車 | 十六城目:宮城県多賀城跡>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| ぶらぶら日本一周@自転車 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。