約一年かけてぶーらぶーら日本一周 100名城も巡るよ!

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
十六城目:宮城県多賀城跡
2014-10-24 Fri 08:04
今回のお城はちょっと変わり種の多賀城跡
100名城に含まれているうち、戦国時代ではないものである
具体的には奈良時代、平安時代に使われていたもの つまり700年代のお城

政庁跡
多賀城は小高い山の上に大和朝廷が蝦夷に対抗するため建てられていた
そこから幾度かの改修を経て廃絶に至る 広さは900m四方というデカさ
ここは中心地にある政庁跡 政治だけではなく、祭祀・儀式・宴会も行われていた

政庁跡への階段
南門から政庁跡に向かって階段があったことが確認されている
平安時代には幅23mもある巨大な階段であったよう
そのころは儀式を執り行う場としての重要さがあったのかもしれない

南門近くの建物跡
多賀城跡は発掘調査で見つかった柱の跡を克明にしている
上に建物を乗せるのはお金がかかるからね・・・

奈良時代の外郭城門跡
奈良時代の外郭城門跡も発見されている
柵で囲まれていたのか、塀になっていたのかは定かではないが結構大きい

東門近くの堀立柱式建物跡
建物群もチラホラとみられる
敷地が広大すぎてホントにチラホラ

作貫地区の堀を発掘当時のままに
敷地内はいくつかの地区分けがされていた
ここは作貫地区と呼ばれる、堀があった場所
発掘作業後、当時の様子を再現しているらしい
掘ったままほったらかしにしているわけではないよう

多賀城碑
多賀城跡で最も歴史的価値があるものと言えばこの石碑
南門跡からほど近くにあるこの石碑、なんと724年の創建と、762年の改修を伝える
日本三大古碑と呼ばれているらしい 木の格子で厳重に守られている

なだらかな丘陵と程よい広さのせいか、場内を走っている人が多い
最早芝生の公園と化しているが、復原などの予定はあるのだろうか


スポンサーサイト
別窓 | 100名城 | コメント:0 |
<<旅 103日目 ~群馬県草津温泉~ | ぶらぶら日本一周@自転車 | 旅 102日目 ~群馬県中山盆地~>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| ぶらぶら日本一周@自転車 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。