約一年かけてぶーらぶーら日本一周 100名城も巡るよ!

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
旅 99日目 ~栃木県奥日光~
2014-10-20 Mon 20:38
今日は昨日予定たてた通り山越えの日

一日寝たら大丈夫かと思ったら割と日光への道で消耗していた
山に向かう前にまず東照宮を見に行く

川と渡れない橋
途中にある川と渡れない橋
やっぱ川好きですわ

伊王野~日光
7803.07km→7909.19km(106.12km)
400m→120m→530mのアップダウン
タイヤを前後輪ともに履き替えたおかげかかなり快適だった
スニーカーからスパイクに履き替えたときの気分に似ている

東照宮入口
東照宮入口 森の中にたたずむ国宝群
家康公のオーラを感じたか少し寒気がした 気温5℃とかだった
この中は本当に素晴らしい建築物だらけだった 拝観料は1300円も取る

上神庫
中神庫
下神庫
上から上・中・下神庫 合わせて三神庫 いきなりこれである

神厩舎
向かいにはこの敷地内で唯一の総木造である神厩舎

見ざる聞かざる言わざる
この建物には見ざる聞かざる言わざる 所謂三猿が彫られている
彫刻技術、色塗りのセンス どれもぶっ飛んだ代物

御水舎
その先に御水舎がある 神社でいうお手水の所
それですらゴージャス

陽明門は工事中
その先の陽明門は工事中 平成31年までかかるよう
平成の大改修と銘打っていた

陽明門の壁
門だけでなく壁も国宝である 凝っている

鼓楼
鐘楼
左右を守る(?)鼓楼と鐘楼
それぞれバックの建物も煌びやか

「鳴龍」本地堂
鼓楼の奥にある「鳴龍」が居る本地堂
天井に描かれた鳴龍の下で拍子木を鳴らすと、あたかも龍が鳴くように反響する
すぐれた建築技術が発揮された場所(中は撮影禁止)

唐門
本殿の手前の門である唐門 白く塗られている
金色に輝くわけではないが圧倒的な存在感

神輿舎
門から見て西にある神輿舎
家康公 秀吉公 そして信長ではなく頼朝公に見立てた神輿が祀られている

祈祷殿
東側には、祈祷殿と

坂下門
奥宮へ向かう門がある
この門には特殊な彫り物があり

眠り猫
おねむにゃんこ 可愛い
日本に猫が彫られた寺社はいくつかあるらしいが、眠っているのはここだけ
家康公が平和をもたらしたことを示しているとか

奥宮への道
奥宮へと向かう道、巫女さんがお掃除中
割と急な階段である 鳥居には東照宮大権現と彫られていた

鋳抜門
奥宮で見るものといえば鋳抜門だろうか

奥宮拝殿
奥宮の拝殿も立派なものだった
大体派手かつ技巧が凝らされたものばかりで若干麻痺してきている

どんだけ呼びかけんねん
なんか呼ばれた気がして振り返るとこんな自販機が
お~い・・・っておいおい

東照宮を後に
本殿(撮影禁止)もめぐって満足しつつ東照宮を後にする
周辺の寺社もめぐっていると、ゆうに1時間半はたってしまう

いろは坂
本日のハイライト、いろは坂に突入
名前の由来は、48か所ある折り返しにちなむ
今は登りと下りで道が分かれているので一回で48か所体験できるわけではない

ね?
ね?

標高1200m
明智平の手前、標高約1200m地点
標高500mちょっとの日光駅周辺が豆粒のようだ
いろは坂はまさに紅葉がピークであった

華厳の滝上から
いろは坂を登りきると、華厳の滝が見えてくる
これは斜め上から撮った写真

華厳の滝正面から
エレベータで100m下って観瀑台へ 1分で到着する
これ乗るだけで550円 物価といい観光地はボりますわ

中禅寺湖
中禅寺湖を見つつ湯元温泉から山越えを目指す・・・が
雨が降ってきた、雨 22日じゃなかったのか?
天気予報を見ると2日ほど続くらしい うげぇ・・・

雨の中1900m峠越えは勘弁してくれ ということで今日はここまで
短いながらもいろは坂は色々と強烈であった
明日、どーしよ・・・

ランキングに参加してみました 他の方の旅行記も見られます
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
別窓 | 栃木県 | コメント:0 |
<<旅 100日目 ~群馬県沼田~ | ぶらぶら日本一周@自転車 | 旅 98日目 ~栃木県日光~>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| ぶらぶら日本一周@自転車 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。