約一年かけてぶーらぶーら日本一周 100名城も巡るよ!

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
旅 93日目 ~宮城県仙台~
2014-10-14 Tue 19:07
昨日は昼過ぎから雨がぱらつき、夕方から本降りに
ゲストハウスに避難したのは大正解だったよう 台風の中野宿は勘弁してほしい
朝4時が一番の雨で、後は風だけになった

広瀬川
山形の峠を前に足休め&自転車整備のためもう一日宿泊することに
仙台城を消化し、自転車屋へ向かう 仙台をうねうねと横切る広瀬川
仙台城の天然の外堀も兼ねている水量が豊富な川

暴風域に入るのが午前9時と、台風自体が過ぎてからになる
朝から仙台駅三階の寿司をつまみつつ仙台城へ
帰りは牛タンを食すという完全食堪能コースの旅 楽しい

瑞鳳殿
食べ物ばかりというのもなんなので瑞鳳殿を見に行くことに
伊達政宗の霊屋(みたまや)であり、遺骨が埋葬されていた場所
正宗・忠宗・綱宗の三代にわたって三つが建築されている

坂の上っつーか山の上
仙台城も山の上にあったが、この瑞鳳殿も負けず劣らず山の上にある
アホみたいな勾配の坂を駆け上る 荷物がなければ問題ないね!
・・・坂自体は撮り忘れるという失態

瑞鳳殿入口 涅槃門
入口の涅槃門 戦争の空襲で瑞鳳殿ごと焼けたため再建したもの
その際、発掘調査を行い全ての霊屋の下からそれぞれの遺骨が発見された
保存状態は良好で、副葬品も一緒にたくさん入れられていた

ちなみに遺骨の状態から、伊達政宗が隻眼だった証拠は見られないらしい
よって復原されたり、銅像などは両目が健在の状態で作られている
これは豆知識ね

本体
瑞鳳殿事態は昭和後半に再建されたためかなり綺麗な建物
ボロボロ崩れまくる仙台城の石垣とは対照的だね

ここは建物そのものより資料館が充実している
上で述べたような副葬品が物によっては復原されて展示されている
支倉常長らの欧州派遣により持ち帰られた調度品が沢山あった

残念ながら中は完全撮影禁止であった
ただ、発掘の内容などが映像化されており、詳細を見られる
ここを見るだけでも金を払う価値があると断言できる
外国製のブローチや、メガネ・長さ60cmに及ぶキセルなども出土が確認できた

感仙殿

善応殿
上から二代目藩主伊達忠宗の眠る感仙殿 三代目藩主伊達綱宗の眠る善応殿
どちらも副葬品は非常に豪華絢爛 特に綱宗は芸術家としても名を成したためか
特に芸術品として完成度が高いものが埋葬されていた

殉死した人々
これらの建物の周りには灯篭がたくさん建っている
これらは藩主が亡くなった際に殉死した人々の墓代わりという説がメイン
殉死は優秀な人材を失ってしまうんだよなぁ・・・

そのあとは自転車屋さんで整備用品を購入
タイヤやブレーキパッドなど総交換すると見違えるような快適に
明日からの山形峠越えに役立ってくれることでしょう

ランキングに参加してみました 他の方の旅行記も見られます
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
別窓 | 宮城県 | コメント:0 |
<<旅 94日目 ~山形県天童~ | ぶらぶら日本一周@自転車 | 旅 92日目 ~宮城県仙台~>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| ぶらぶら日本一周@自転車 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。