約一年かけてぶーらぶーら日本一周 100名城も巡るよ!

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
北海道総集編!
2014-10-06 Mon 18:19
長かった北海道も52日滞在で終了
折角なんでツーリングマップル単位で、旅した地域の総括でもしてみよう!
また自分の首を絞めるような真似を
個人的なランキング形式にして、ここをご覧になっている方へ旅の助けになれば

内容としては 食べ物 景色 道 宿を印象に残った順に挙げてみようかと
インパクト重視ではあるので、厳密に優秀な順とは限らないのがミソである
なんか他にもこんなん知りたいみたいなのがあれば答えますです

それでは北海道総括編 行ってみましょ~う

北海道地図
外周をメインにしながらも、各種湖や富良野・美瑛・旭川に寄り道
複数滞在したのは利尻3日 稚内2日 厚岸2日 帯広7日 新ひだか2日 函館3日
圧倒的帯広力 もはや北海道一故郷に近い場所か

☆Tai的総括:食べ物編

第3位:札幌「だるま」のジンギスカン
札幌「だるま」のジンギスカン
肉だけでいえば、焼尻のサフォークが一番だけどもここは雰囲気が良い
お酒もお肉も野菜も美味しくいただけた噂に違わない店だと思う

第2位:根室「鈴木食堂」生さんま漬け丼
サンマ漬け丼
花咲ガニの味噌汁がセットになっている時点で公平ではないかもしれない
だがそれを差し引いても脂のたっぷりのったサンマは旨い ごはんと合いすぎる

第1位:積丹「どっかの民宿」のうに
生うに丼(赤白半々)
これは正直レベルが違う 完勝も完勝、ぶっちぎりである
食べた瞬間ぶっ飛びそうになったのは今も忘れない
これを食うためだけに積丹は訪れる価値あり
店の名前を確認しておかなかったのは痛恨のミス 229号と岬への道との交差点近く

これ以外にもとかく北海道は料理が旨い
尾岱沼の北海シマエビ 常呂のホタテ 旭川ラーメン 厚岸の牡蠣
などなど ぶっちゃけどこのもんも旨かった


☆Tai的総括:景色編

第3位:利尻島の利尻富士
湿原から利尻富士
南浜湿原から見た利尻富士は神々しさすら感じる
景色を見て感嘆の声と笑い声が湧き出るのは尋常ではない と思う
とかく周囲の光景と山がしっくりぴったりなんだこれが
利尻富士をじっくり眺められる自転車道もオススメ

第2位:層雲峡の神削壁付近
神削壁
神が削りたもうた壁 の名に恥じぬスケールのでかさ
付近の滝や岩山・付近一帯など含めると層雲峡ルートはこの位置か
ただし、基本立ち入り禁止なので注意 地元のおっちゃんは勧めてくるけど

第1位:摩周湖
摩周湖北
栄えある北海道の景色NO.1は晴天の摩周湖
一日中ここに居てもいいと思わされるほどの圧倒的な力
ただ単に美しい、という言葉では括れない 屈斜路湖も抜群
しかし見たいと思っても必ず見られるわけではないのが心憎い

景色も素敵なところは枚挙に暇がない
知床八景・ひだかの牧場・野付半島のトドワラ、ナラワラ・美瑛の丘陵・各種岬
内陸・海沿いどちらも見るべきところは沢山あるだろう

☆Tai的総括:道編

第3位:斜里の天へと続く道
地平線まで続く道
30kmほど続く直線道路、道路は地平線にまで伸びていく
坂はキツいが振り返ってみた景色のすばらしさは筆舌に尽くしがたい

第2位:三国峠
三国峠といえばこの橋
雨という悪天候にもかかわらず登った道内最高峰の峠
正直クソみたいにキツい難所ではあったが、登った時には満足感があった
天辺からの景色も、下っていく途中の白樺の林もどちらも印象的

第1位:サロベツ原野のオロロンライン
はるか彼方まで
これぞ北海道、本州では見られないであろう景色
稚内に向かってひたすら北上する 海と空の青 草原の緑
海から波の音 草原からは虫の音 いつまでも走っていられる

北海道は信号が少なくどこも快適に走れる
高い峠にしても、距離があるだけに勾配はそこまでキツくないのが救い
あまりないが、自転車道も大体快適に走れるのもうれしいところ
個人的にはエサヌカへの分岐を気づかず通り過ぎてしまったのが痛恨
まぁ、また今度来ればいいだけの話ではある


☆Tai的総括:宿編

第3位:利尻島・沓形キャンプ場
お世話になったキャンプ場
利尻・礼文島を襲った五十年に一度の大雨 その時に滞在した場所
今となっては笑える話だが、当時は割とシャレになってなかった
動けないし雨でテントは振られるし祭りはやるしなんというかすごい
まっとうな評価といては300円でランドリー・避難小屋・電源つきという素敵な所

第2位:和琴半島湖畔キャンプ場
キャンプ場からの屈斜路湖
何といっても屈斜路湖の展望が反則的な美しさ
無料の露天風呂もあり、長期滞在者が多い理由も納得
摩周湖見に行ってもよし、川湯温泉に行ってもよし、ここでカヌーしてもよし
立地と300円という値段と内容が噛み合っている

第1位:帯広・ヤドカリの家
ヤドカリの家
計7日も滞在したライダーハウス 戦犯は雨だ!
ここで知り合った旅仲間と函館で再会する約束をするなど
北海道旅行で最も印象にのこる宿となった ホント世話になりましたよ

他には網走の呼人浦、大沼のキャンプ場が無料で景色が良い湖畔
北海道はキャンプ場やライダーハウスも多く、泊まるところには困らない
ただ、人里離れたところに行くと熊やキツネなんかに遭遇する可能性が
野宿する場合はくれぐれも気を付けて

振り返ると北海道は楽しかった思い出しかない
苦い思い出は旭川でサンダルを噛み千切られたぐらい
あとはなんかあったかもしれないがスッパリ忘れてしまった

北海道、私はまた戻ってくるぞ!!


ランキングに参加してみました 他の方の旅行記も見られます
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
別窓 | 総括編:北海道 | コメント:0 |
<<旅 86日目 ~青森県六ヶ所~ | ぶらぶら日本一周@自転車 | 旅 85日目 ~青森県薬研~>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| ぶらぶら日本一周@自転車 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。