約一年かけてぶーらぶーら日本一周 100名城も巡るよ!

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
旅 377日目 ~熊本県熊本 熊本城の一日~
2015-09-30 Wed 07:00
昨日一日で阿蘇を満喫してきた私 さぁ次どこへ行こうか
久住の山は、紅葉の時期に行こうかと思うので、先に熊本へ!

1坂からのスタート
ニ泊した南阿蘇を後にして、先に進むことに いきなりの坂
これを見ると、出発する気が失せるんだよなぁ
外輪山はいい景観なんやけどね よっしゃ行こうか

2さらば阿蘇
熊本へ向かい、途中で阿蘇に別れを告げる
またな、阿蘇 二週間後位にまた来るよ
山鹿方面から行く予定なんで、東西南北から訪れることになるな

3大峯山と高遊原台地
大峯山と、そこから流れ出た火砕流でできた台地
自然の力ってやっぱすごいな

DSC_0133.jpg
その後はひたすら熊本城 熊本城 熊本城
昼過ぎから夕方まで、のんびり過ごせるお城であった
明後日から雨のようなので、道の駅で待機することになりそうだねぇ


本日の走行距離:41.01km
累計走行距離:23435.42km


ランキングに参加してみました 他の方の旅行記も見られます
ぽちっと押すとランキングが上がるんやて 目立つほどでもないけどな位置におるやろ
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
別窓 | 熊本県 | コメント:0 |
旅 376日目 ~熊本県阿蘇 いざゆかん阿蘇山~
2015-09-29 Tue 09:12
曇ってた阿蘇、起きてみると割と爽快?
午後から天気が崩れるようなので、ごそごそと動き出す

1再会じゅんくん
そういえば、屋久島で会ったじゅんくんと再会していたりする
おかげさんで夜のうちにブログ更新ができず、呑んだくれるハメに
たかだか2週間ぶりなのに妙に懐かしく感じる 不思議

2外輪山が綺麗
よっし出発だ!荷物を置いて阿蘇を巡る いやー楽ちん
外輪山に沿って北上するが、景色の良さに思わず鼻歌

3ここから水が流れ出たのか
外輪山が途切れる場所が、阿蘇の西側にある
ここから水が流れ出て、カルデラ湖が台地になったんだなぁ
キツい山越えをしなくていい場所でもある

4田んぼを走る
田んぼと山に挟まれてぐんぐん走る 狭いのにやたらトラックが通る
あとは農耕車もね 走りにくいったらありゃせんでやんす

5山は・・・うーん
阿蘇山を見上げると、曇っている・・・というかガスっていた
これから登る予定だけど、大丈夫なんやろうか

6天空の道、行けず!w
阿蘇の新名所として名高い天空の道 下から登って下ってみようと思った
が、現在通行止めらしい 上からなら見ることはできるが、鎖が張ってあるとか

7川崎さん
とりあえず天空の道は後回しにして、いまきん食堂へと向かう
11時開店だったが、その時点でもう1時間待ち おいおい・・・

しかし、その間に門司から訪ねてこられた川崎さんと再会 のんびりお話
前回は秋吉台でお会いしたが、登坂で全く余裕がなくゆっくりできなかったのだ
今回はほかの旅人の話も交えながら色々情報をゲットできたのだった

8川と山
食事を終えて、阿蘇神社に向かうことにする
山と川の景色、やはりいいものだ

9湧き水・・っておいおい
阿蘇にはいたるところに湧き水がある 阿蘇の天然水やね
どこの水も美味しく飲めるのが嬉しい・・・けどこの像はどうやねん

10湧き水の池も
湧き水が多い、ってことで探してみると湧き水の池もある

11牛馬優先の道
阿蘇の麓部分はわりかし見られたので、ついに目指すは阿蘇山
今月噴火したばかりで、火口付近どころか半径3km立ち入り禁止である
しかし、牛と馬が優先の道って本当にあるんやね・・・

12牛と馬
その牛さんと馬さん 大量に草をはむはむしていた
かわいらすぃーなぁ!

13山に向かってGOGO
景色を見ながら、山に向かってGOGO!
荷物もないし軽く足が進む 峠越えしまくってたおかげか慣れて来たのか
思ったより晴れた天気に感謝しながら登る

14草千里
噴火した中岳火口から3km離れた草千里 ここまでは立ち入りOK
普段はこの前の草地にも放牧しているようだが、今は居ないな・・・

15噴煙を上げる中だけ
道の先を見ると、噴煙を上げる中岳の姿も
噴火と落ち着いている時期を繰り返しているそうな
桜島とは違う迫力にしばし見とれてしまうねぇ

16おもろい形してるね
下りていく最中に見つけた烏帽子山
おもろい形してるねキミ

17ぐっばい阿蘇山
頂上から30分ほどでふもとまで一気に下って行く さよなら阿蘇山
今度、入山規制が解けたらまた来るだろう 多分。めいびー。

18日本一長い駅名
夜は晩御飯の材料を買いにスーパーに寄りつつ、少し遠回りを
ここは日本一長い駅名を持つ阿蘇鉄道の駅
その名も「南阿蘇水の生まれる里白水高原」駅!長いわ 噛むわ

DSC_0102.jpg
今晩のご飯は、猪肉の味噌鍋!牡丹鍋ってやつになるのか
キャベツ、ニラ、味噌仕立てと完全にもつ鍋を意識してます でもんまい
贅沢な食事と酒で今宵の夜も更けていくのであった


本日の走行距離:78.26km
累計走行距離:23394.41km


ランキングに参加してみました 他の方の旅行記も見られます
ぽちっと押すとランキングが上がるんやて 目立つほどでもないけどな位置におるやろ
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
別窓 | 熊本県 | コメント:0 |
旅 375日目 ~熊本県南阿蘇 三度阿蘇の地へ~
2015-09-28 Mon 07:10
椎葉で夜を明かしたのはいいものの、特に見る所もないような・・・?
日本三大秘境の一つに数えられているが、やはり位置する場所なのだろうか
1000m級どころか、1500m級の山々に囲まれているしね

1鶴冨屋敷
椎葉は朝に出発したため、特に観光スポットなどは見ず
ここ、鶴冨屋敷は昔ながらの建物が残っているそうだが まだ開いていない
外からさらりと眺めて次へ

2靄が秘境っぽい
今日は阿蘇を目指して北上していくことに また山越えである
川沿いの道を走って行くと、靄が山に架かっているのを見られる
こういうのが、秘境っぽい 平家の落人もこの景色を見たのだろう

3車でいくやつおるんやろか
川には、いくつか吊り橋もかかっている
ここ、さすがに車で行くやつはおらん・・・おるのか?

4樹齢800年の八村杉
特に見所もないまま山を登って行く
途中十根川に寄り道して、八村杉を見に行くことに
樹齢800年の大杉・・・凄いけど、屋久島のあとだととちと分が悪い

5十根川の建物保存地区
この近辺は伝統的建築物保存地区にもなっている
山の斜面に築かれた石垣、その上に並ぶ建物群
こういう所では電信柱を何とかしていただきたい限りだ
折角の景観なのに、一気に生活臭が・・・

6いいかわの流れ
寄り道を終えて、更に川沿いを登って行く
この川は瀬が多かったり、ちょっと深い所があったりと変化に富む
アユ釣りらしき人たちも沢山見かけたな

7湧き水・・・なんだけどさ
道の泉!と看板があり、楽しみにした結果がこれだよ
だばだばだばだば

8馬見橋付近の宿場模様
九州の中心、と呼ばれる五ヶ瀬村へ到着
馬見橋付近の宿場の様子がほんのり残っている
昔と近代の合成した感じだろうか

9思い切った形してるな
肝心の馬見橋は面白いデザインをしている
上が車道、下が歩道の二層スタイル おぉ・・・
余り車が通らないここだから、じっくり見られる場所かもしんない

10九州のへそ
九州の中心、と言うことを示す九州のへその基石
公民館の前にしれっとおいてあるので、初めは気づかなかった

11帰ってきたぞ!阿蘇!
五ヶ瀬からまた一つ峠を越え、約束通り帰ってきたぞ阿蘇!白いな!
以前は、次こそは登山道近くを行く!と息巻いていたが
少し前に噴火したせいで、ロープウェー近辺まで行くこともできない 南無

12外輪山と畑
本日の宿は南阿蘇 外輪山の麓にある
水田と山に囲まれた道は走っていて爽快極まりない
少し北に目を向ければ阿蘇山も見える この日は曇ってたけど・・・


本日の走行距離:78.55km
累計走行距離:23316.15km


ランキングに参加してみました 他の方の旅行記も見られます
ぽちっと押すとランキングが上がるんやて 目立つほどでもないけどな位置におるやろ
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
別窓 | 熊本県 | コメント:0 |
旅 374日目 ~宮崎県椎葉 ひたすら登坂~
2015-09-27 Sun 07:00
人吉、多良木と球磨川沿いを満喫した私
こっそり地元新聞の取材も受けていたりする まんまローカルやけどね
今朝はのんびり出発 昨日知り合った田中さんから猪肉も受け取ってさぁ行くぞ
わざわざブルートレインまで寄っていただいてありがとうございますですよ

1奥球磨ループ橋
今日の目的は椎葉 あと道中の湯山温泉と白水の滝だ
とりあえず出発地点から山に入って行くぞ、という宣戦布告のループ橋

2西日本最高の噴水
出発して一時間、市房ダムに到着 ここには西日本最高の噴水がある
あるんだけど・・・噴水起動に500円かかるとか あほくさ

3湯山温泉へ
噴水はほっといて、ひとまずの目的地湯山温泉へ
まだ昼前にもかかわらず温泉に入る気満々な私であった

4ぬるい足湯
湯山温泉元湯の向かいは広い駐車場と公園
その中に、ぬるいけど足湯が設置してあった 東屋もあるよ
快適な野宿が出来そうな場所やねー

5球磨川が細く・・・
温泉に入り、十割そばを食べ 心機一転北へと向かう
走って行くうちにどんどん球磨川が細くなっていくねぇ

6目的地の吊り橋
えーと・・・あれか あれが白水の滝と吊り橋
たっけぇ・・・

7到着!
頑張って到着! いやーいい吊り橋だなー
と、いうかここに来るまでの道が本当にキツい 不土野峠より更にひどい
荷物デポってきたのにフラフラであった

8これが白水の滝
橋から見える白水の滝 一枚岩の山肌を流れている
近くでこんな形の滝を見るのは久しぶりかなぁ
オシンコシンとか、奥日光にあった気がする

9もう一つある
白水の滝吊り橋は、下から見た通り二か所ある
こっちが高い方にある吊り橋 ひーこわ

10立派な吊り橋だ
上から見下ろせるスポットがあったのでよじよじしていく
うーん、立派な吊り橋さんだ 歩いてもそうは揺れないけどね

11低いな!
見下ろすと、走ってきた道がちらりと顔を出す ひっくいなぁ
ここに来るまでにガッツリ登ってガッツリ下ったってのに・・・
荷物持ってここまで来てたら、今日椎葉に辿り着けなかったんちゃうか

12迷い込んだ
吊り橋から自転車の所まで帰ろう、と歩いてたら迷った
看板が途中から変な方向に行ってたらしい なんやこの道・・・
イラクサかなんかが生えてて痛いのなんの

13不土野峠
結局不土野峠を越えたのは5時半を回ったころ
ここから28kmも走るのか ひぇー
まぁ、一度も押さずに走りきれたのは自信になったかな これなら阿蘇も大丈夫そう

14キリが深い
下りだからさっさと着くやろ! ってなわけに行かないのがここ
霧が深い サイレントヒル並に深い
道が狭いのもあって車が怖いので、ゆっくりやないと下れない

15猪レバー
夜七時前に椎葉に到着 Aコープなら開いてると思いきや、六時まで
締まるの早すぎない!?しかし町はもはや真っ暗状態 開いてる所がない
朝貰った猪レバー(丸ごと)をごま油と塩で焼いたり、たれをつけたりと楽しむ
肝臓丸々一個を晩御飯にするなんてこと、これからまずないやろうな・・・


本日の走行距離:75.35km
累計走行距離:23237.60km


ランキングに参加してみました 他の方の旅行記も見られます
ぽちっと押すとランキングが上がるんやて 目立つほどでもないけどな位置におるやろ
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
別窓 | 宮崎県 | コメント:0 |
旅 373日目 ~熊本島県人吉 球磨焼酎と球磨川~
2015-09-26 Sat 07:00
今日は椎葉に向かう・・・予定が、ちょっと狂う
昨晩食事した吉泉さんに確認すると今日は尺鮎が入荷したとのこと
こ、これは行かなくては・・・!!

1人吉駅
てなわけで、午前は人吉でのんびりモード
人吉駅隣の鉄道ミュージアムにて、現役のSLを見学

2鉄道博物館
この建物は新しくできたばかり ここもまた綺麗だ
カフェのような建物な駅舎が多い気がする九州

3車庫がある
ここにある車庫も、近代産業遺産に認定されているようだ
発車に備えてアイドリングのごとく煙を発するSL うーむ

4醤油蔵のの石畳
人吉の街並みで一際(?)有名なのがみそ、醤油蔵
石畳の道で、雰囲気が出ている 200mほどだけども
ここの近くで念願の尺鮎(30cm越え)を食べることが出きた

踊り串が刺さったこの形で28cmもあ鮎

卵も抱えてるし、」味もたまらん美味しさであるし、言うことは何もない
球磨川支流の川辺川で獲れたそうだ 川辺川と言えば五木村
これは、熊本から天草に行く途中に寄らねばなるまい・・・!

5球磨川鉄道の陸橋
今日の目的地は人吉から30kmも離れていない多良木
急ぐこともないので川沿いをのんびり走って行く

6球磨川を登って行く
球磨川サイクリングロードも完備されえており、走るのには苦労しない
変化する川の眺めと、特に変わらない山の眺め 進むのはゆっくり
明日は、あの山を越えて行くんやな・・・

7ブルートレインはやぶさ
多良木、そして今晩の宿に到着 はやぶさ!
今はもう走っていないブルートレインはやぶさの寝台車で寝られるのだ
はやぶさといえば敬愛する島田荘司氏の小説にも出たことがある列車

8解放式
中身はトイレ増設など以外はほぼそのままになっている
ドミトリーのように、開放式の4席がある1号車B寝台と

9こっちは個室
個室のある3号車B寝台(ソロ)の2つに分かれている
どちらも宿泊費は同じだった 好みで選ぼう
お風呂はついてないけど、向かいの温泉入浴券がついてくる

10こっちは一かい
個室には一階と二階があり、こっちは一階

11二階
こっちが二階になる 一階の方が立つスペースはあるね

部屋は個室一階を選択 ソファ兼ベッドが少し硬めだけど、寝心地はどうやろか
夜は近くの焼き鳥屋さんで球磨焼酎を舐めながら地元の人らとワイワイ
たまにはこんな贅沢するのもいいやね!

明日は天気も持ちそうなので、教えてもらった湯山温泉経由で椎葉へ
1000m越えの峠を走るのでありんす わくわくしてきたぞ


本日の走行距離:28.48km
累計走行距離:23162.25km


ランキングに参加してみました 他の方の旅行記も見られます
ぽちっと押すとランキングが上がるんやて 目立つほどでもないけどな位置におるやろ
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
別窓 | 熊本県 | コメント:0 |
旅 372日目 ~熊本島県人吉 球磨焼酎と球磨川~
2015-09-25 Fri 07:00
曾木の滝で目覚めて、雨が降ってないことを確認
寝袋やマットを軽く干していると、事務所の人がやってくる
曾木や伊佐のことを軽く話しながら時間を過ごし、ちょとゆっくりしながら出発!

1ライオンみたい
曾木の滝にいた野良にゃんこ もふもふを越えてふさふさやね
なんていうか、ライオンみたい デブ逞しいから余計そう見える

2いざ人吉へ
曾木を出て、伊佐を経由し向かうは人吉 湧水えびの経由ではなく直で
寄り道しても良かったけど、えびのは南下時に寄ってるしまぁいいかってね
ここで越えるのは700m級の山 まだまだ軽い軽い

3からくり時計
さっくり人吉に到着し、駅前のからくり時計を眺める
人吉城を見学してから来たので既に午後三時である いい時間だ
一時間ごとにからくりが作動し、音楽を鳴らしながら人形が躍る

4国宝阿蘇青井神社
今日は人吉で眠ろう、ということで市内の観光スポットを巡ることに
駅前の観光案内のおねぇさん(推定20上)はとても親切でいろいろ教えてくれた
ここは国宝の阿蘇青井神社 江戸時代に建てられたのが残っている

5江戸時代の本殿
萱葺の本殿ももちろん当時のもの 地味に凄い
だからこそ、国宝になっているんだろうけどもね

6幽霊寺
次に向かったのは幽霊寺 何んとも物騒な名前だけど勿論通称である

7幽霊の掛け軸
その名の由来になったのがこの掛け軸 幽霊が描かれているのだ
裏の池では幽霊目撃情報が絶えないとか まんまんちゃん・・・

8西南戦争本営
ここは、西南の役の際西郷どん率いる薩軍が陣にしたとか
当時人吉城は既に取り壊されていたのだ 一国一城の令と明治の払い下げでね
その際、この寺はガッツリ焼き払われたそうだ だが上の掛け軸のみ残っていたとか

9酒蔵見学
少し冷えた気がする体を動かし、球磨焼酎の酒蔵見学に行く
ここ、繊月は寺からも近い場所にあった 幽霊居ないよなぁ

10足湯がある
足湯のある酒蔵 の名の通り、足湯が敷地内に設置されている
疲れた足をいやす・・・ってすぐ見学に呼ばれたよ

11試飲タイム
仕込みから瓶詰までの工程を説明を受けながら見学する
見学地は撮影禁止だったので、最後の試飲の所だけパチリ(許可得てます)
主力商品から20年古酒までいろいろ飲ませてもらえる 楽すぃ・・・!
御猪口もお土産にもらえるので、酒好きなら行ってみて損はないね

12温泉もある
足湯どころか隣に温泉もある ここら一帯では一番古いものだとか

13暗闇の球磨川
温泉に入り、球磨川の鮎を求めて市街地に繰り出す
球磨の尺鮎、と言って体調30cmを越える鮎が有名なのだ
残念ながら今日はもうなかったが、今晩獲れれば明日食べられるそうだ
場合によってはもう一日、人吉周辺でのんびりすることになるかもしれぬなぁ


本日の走行距離:38.97km
累計走行距離:23133.77km


ランキングに参加してみました 他の方の旅行記も見られます
ぽちっと押すとランキングが上がるんやて 目立つほどでもないけどな位置におるやろ
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
別窓 | 熊本県 | コメント:0 |
旅 371日目 ~鹿児島県曾木 川沿いの道~
2015-09-24 Thu 06:58
昨日の綱引きで頑張ってせいで色々な所が痛む
特に指の水ぶくれ 潰しちゃろかお前さん
今日は、天気とつきあいながらはしることになりそうだと思っていたら・・・

1メガネがぁぁぁぁ

に"ょ"わ"ぁ"ぁ"ぁ"ぁ"あ"あ"あ"あ"!"!"!"!"!

出発前に悲劇が・・・なんてこった
新しいの購入しようか迷ったけど、とりあえずは手持ちの接着剤などで処置
どうしようもなくなったら二代目メガネブラザーズの出番かな 

2怪しい天気
結局走りだせたのは朝10時を回ってからだった
天気はこんなに怪しいのに このロスが響かなければいいけど
今日の行程は久々の川を登っていく道 川内川ね

3梵字
道中、倉野磨崖仏に寄り道をする これは鎌倉時代に彫られたもの
この梵字は、日本どころか世界で一つしかない密教最高峰のものだとか

4仏の姿も
17もの梵字と、ここにある仏像など色々彫られているこの場所
狭いながらも濃密な内容やね、ここ
しっかし看板で「50m」と書いてあるのに2km以上離れてるってのはどういうことだ

5かけた阿弥陀仏
中には頭と腕が欠けた阿弥陀仏の姿も あれ、これって・・・
松山のじょじょにで聞いた「欠け仏」のことじゃあないのか ここにもあるんだ

6川内第二発電所
再び川を登って行く これは川内川第二発電所
ダムによくある水力発電所である

7鶴田ダムは工事中
さらに上流の鶴田ダムは工事中であった 一年かけてるようだ
7年前の大雨を受けて改装しているそうだ

8天気がキニナル
この時点で午後4時前 うーん、まだ降らないかな?
湿気はあるけど、向かう方向に雨雲が見当たらないままここまでこれたね

9川内川第一発電所
更に上流へと走って行くと、曾木水力発電所跡に到着
ここは、鶴田ダムを造る際に閉鎖し水に沈んだ場所なのだ
夏場は、貯水量を減らすためもっと全容が見られるそうな
そうか、もう秋なんやな・・・はやっ

10上流には滝が
ここから上流には曾木の滝がある こっからでもチラ見してる
更には水の流れる音がはっきり聞こえる 大分規模大きいみたいね

11旧県道
滝への道は昔とは異なっているようだ ここは昔県道だった場所
今は砂利道と、枯渇した川になっている 無論自動車は通れない
新しくできた新曾木大橋を走って行くことになる

12見下ろす滝
そうして到着、東洋のナイアガラこと曾木の滝
見下ろして解るスケールの大きさ こりゃぁ大したものだ

13怪しい通路
あ、怪しい通路・・・洞窟とは言うものの正体は通路
水力発電所が稼働していた時に掘られた連絡通路らしい
きのこ・・・フヒ、生えてるのか・・・?

14水門
こんな風に水力発電の跡も残っている 水門を開閉するためのギミックだ
当時は人力で開閉していたそうな 大変だったろう

15橋は崩れたのか
ここが滝全体を眺められる場所 左右ももっとひらけている
いい眺めだし、いい音だ 曾木大橋通行止めなのは崩れているからなんだな

ここでお店やってるおばちゃんと話をしてたら陽が沈んでしまった
幸い、雨がしのげるところは沢山あるのでここで今日はストップ
折れた眼鏡を労わりながら早めの就寝と相成りましたとさ


本日の走行距離:61.03km
累計走行距離:23094.80km

23000km走破 帰り着くまでにまさかの30000km台に届くだろうか

ランキングに参加してみました 他の方の旅行記も見られます
ぽちっと押すとランキングが上がるんやて 目立つほどでもないけどな位置におるやろ
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
別窓 | 鹿児島県 | コメント:0 |
旅 370日目 ~鹿児島県薩摩川内 日本一の大綱引き~
2015-09-23 Wed 07:00
今日は予定通り、薩摩川内市の大綱引きを見に行く
つまり、そんな気張って走らなくてもOKってことだ 山を走れば40kmもいかんしね
温泉博士で無料になるところもあるし、のんびり行こう

1阿久根駅
そんなわけで、まずは昨日野宿した阿久根の町を探索
ここ、阿久根の駅は田舎に見合わずとてもおしゃれな外観やなぁ

2カフェみたいな駅舎
中はもっとおしゃれであった なんやこれ・・・カフェかい

3閉鎖になった宿
駅の隣には、寝台列車が置いてある ここ昔は宿だったのだ
去年閉鎖してしまったようで・・・泊まりたかったなぁ、残念

5梅が満開になるんだろう
阿久根の町を見終わったら、薩摩川内に向けて出発やー!
意外と車通りが多くてびっくり 3号線走ったほうが絶対速いやろうに
峠を越えたら、到着藤川天神 菅原道真を祀っている

菅原道真といえば、大宰府に左遷されたことで有名だろう 藤原には勝てなかったよ・・・
そこで憤死し、都に大災害をもたらした・・・とされるが ここ藤川に逃げた説もある
病死はカモフラージュ ここで余生を過ごし、臥龍梅を植えたという話も

4西郷どんの愛犬
境内の中にはなぜか西郷どんの愛犬の銅像が
名前を「ツン」というらしい 初めて知ったよ、トリビアになりませんかね

6川内川
昨日わたった川内川、また戻ってきたよ川内川
明日また上流に向かって走っていくよ川内川

7綱搬出中
午後三時半ごろに会場に到着すると、綱はもう編み終わっていた
この綱、365本の荒縄をよじって作られた長さ300m超 直径40cmのもの
重さは・・・いくつだっけ? とりあえずめちゃ重いのだ

8強制労働みたいや・・・
みんなで担いでえっさほいさと運んでいく 戦いは5時間後だ
そもそも、ここまで編み上げるのに10時間かかるとか・・・恐ろしや

9はしっこ
はしっこはこんな感じに丸くなってる
これは劣勢になった時に、真ん中の杭に引っ掛けられるようにするため
勝負は、午後10時の時点で中心がどちらによっているかで決まる
作戦が肝でもあるのか

10踊る
とりあえず、綱引き開始まで時間があるので有志が踊る
子供らが情熱大陸のテーマにあわせて太鼓と踊りを繰り広げている
旗振りの子がダイナミックで情熱をありありと感じたねぇ

11引手が並んで
開戦の時間が近づいてくる とりあえずは引き手が綱に取り付く

12忍手がやってきて
お次に、大綱引きならではの押し手が横にスタンバイする
こいつらは簡単に言うと妨害役 相手の引き手を押し込んで止めるのだ
ガチバトルはご法度 あくまで紳士的に真正面から妨害するんやで

13こうなる
準備が整ったら・・・こうなる
もはや何がなにやらよくわからんちんやで

14おらぁー!
引き合いが始まったらもっとわけがわからなくなる 歓声も凄い
ずっと引き合った状態が続くわけでもなく、上方が引ききったり、逆もあったり
戦略というか、様子見というか、休憩っぽい時間がわりと長かった

正直、見ているだけだとなんかよくわからん状態であった
なので、飛び入りで綱引きに参加してくる うぉー楽すぃー!!!
祭りは自分で体感してこそだよ よくわからんけど楽しいテンション
そして得た右手の水ぶくれに全身の痛み あぁこれ大丈夫なのか明日から

15上方の勝利
最終的には上方が勝利!時間が来ると網をぶった切るそうだ
が、今回は引いている最中に網がぶっち切れるという結果に
私が加勢したほうは負けてしまったが、なにやらさわやかな気持ちだ
なかなかできない貴重な体験 楽しませてもらいやしたぜ


本日の走行距離:41.40km
累計走行距離:23033.77km

23000km走破 帰り着くまでにまさかの30000km台に届くだろうか

ランキングに参加してみました 他の方の旅行記も見られます
ぽちっと押すとランキングが上がるんやて 目立つほどでもないけどな位置におるやろ
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
別窓 | 鹿児島県 | コメント:0 |
旅 369日目 ~鹿児島県阿久根 川内原発を見て~
2015-09-22 Tue 07:00
やっと会えたね! 正真正銘のリアルタイム更新でございますです
そう、今回の記事は9月21日の分 いやー何とか追いつけて良かった
本日は、薩摩川内には寄らず、ぶらぶら北上していくことにする

1大綱引きの町
日本一の大綱引きの町 薩摩川内市
看板にもなってるし、自販機にも堂々と書いてある
本気でプライド持ってやがる・・・っ!明日、見に戻ってくるで

2薩摩英国留学生祈念館
そんなわけで今日は川内原発でも見に行くことにする
ここが道中にある昨日教えてもらった薩摩スチューデントの記念館
薩英戦争後にイギリスに留学した人たちの資料が沢山ある

3こっから旅立って行ったのか
五代友厚、森有礼、長沢鼎などなど・・・ここから約二か月の船旅に出たのか
甑島の調査に行く という体だったそうだ モロバレだっただろうが

5萬福池
記念館は映像が合計1時間ほどある場所 時間とられることとられること
ここから川内原発までは16kmほど そして登る ひたすら登って下る
この萬福池は西郷隆盛が二十歳の時に開いたとか 治水や開墾好きやね彼

6うほっいい岩
うほつ、いい岩 綺麗に丸みを帯びつつも頑健さを主張しておる

7もうあんなところに
さっき写真を撮った橋がもうあんなところに
わりかしきつい登りだけど、意外とすぐだった気がする
しかし、まだ鹿児島に戻ってから一度も押し歩きしてない いけるやん!

8川内原発展示所
川内原発に到着 これは向かいの展示所
内部は川内原発や世界の原発についてなどの説明が色々と
川内原発は少し前に再稼働をしたってことは知っていた

9発電所が見渡せる
こんな感じで発電所自体もそこそこ見渡せる 
二つデデンと建っているのが原子炉 2号機は定期点検中

10実物大やで
展示所の内部は中々面白い作りになっていた
原子炉の実物と同じ形に造られているのだ
90cmと110cmのコンクリに40cmの鉄板に・・・合計5重の壁がある

11原子炉もある
そして最奥には原子炉も 一番外の壁から23mの距離だ
ここ、川内原発は原発の中でも一番汚染が少ない方式で稼働している
言葉で説明するのは難しいが、直接放射能に触れる物がとても少ないということ

今の日本は原発についても色々と議論が巻き起こっている最中ではあるね
ただ、電力の需要と供給のバランスを考えるとやはり原発は必要だと思う
原発反対の声もあるだろうが、今はもう悠長なことを言っていられる時期は過ぎたのでは
電気を食う物自体が増えたり、真の貧乏人が居ない日本では致し方なかろう

勿論、事故はあってはならないことだし もしあった際の対応も必要だけどね
そういう意味ではここ、川内原発の安全対策は大したものだと思う 面白かった

12海沿いやー
原発を出発したら後は当てもなく北上することにする
3号線に入ると、車やバイクの数がとてつもなく多くなってきた
あぁ、そういや世間はシルバーウィークなんだねぇ 

・・・明日が心配になってきた 大丈夫か、私


本日の走行距離:66.45km
累計走行距離:22992.37km

ランキングに参加してみました 他の方の旅行記も見られます
ぽちっと押すとランキングが上がるんやて 目立つほどでもないけどな位置におるやろ
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
別窓 | 鹿児島県 | コメント:0 |
旅 368日目 ~鹿児島県市比野 加世田自転車道は掃除しよう~
2015-09-21 Mon 19:00
おはようございます 今日は万世の特攻祈念平和会館からスタート
徒歩1分の立地に野宿スポットがあるという最高の立地であった 温泉もあるし
とはいえ開館は朝九時から、早朝組のグラウンドゴルファーやローディ達とだべだべ
彼らの話によると、22日に薩摩川内にて日本一の綱引きが行われるそうだ 見ていこう

1ねこたいカマキリ
グラウンドゴルファーが30人越えになるころ、這う這うの体で脱出
建物の裏手でにゃんこと戯れる にゃんこはカマキリを見つけたようだ▿

2鼻に食らいついてた
カマキリの攻撃! 会心の一撃!!▿
にゃんこはカマキリを振り払い逃げ出した▿
カマキリはレベルアップ!にゃんこハンターの称号を得た▿

3万世特攻平和祈念館
なんてことしてるうちに朝九時に やっと入れるでぇ
鹿屋、知覧、万世と無事コンプリート ここは300円也

4零式水上偵察機
万世は一階部分のみ撮影可能となっていた 引き揚げられた機体がででんと
これは日本で唯一残る零式水上偵察機である 吹上浜に沈んでいたそうな

5引き揚げられた機銃
機銃やその他パーツも引き揚げられ、展示資料としておいてある
鹿屋は二式大艇 知覧は隼 万世は零式水偵か・・・

ここは、戦争当時の映像が豊富に残っているのが特徴だ
ミッドウェーやソロモンの海戦の映像を見られるのは中々凄い
特攻で機体が突っ込んでいく様子が生々しいのではあるが

血書や遺書などの展示もある そこらはほかの二か所と変わらない
スペース的には一番狭いが・・・実質4ヶ月しか使用されていないからかなぁ
とはいえ、戦争末期 200人を超える戦死者が出たわけだが

6サンセットブリッジからの
平和祈念館を昼前に出発し、北へと走って行く
祈念館からほど近い場所にあるサンセットブリッジ こんなんあったのか

7眺め
海、内陸どちら側の景色もいいものだった
昨日の夕陽、ここから見れば綺麗に見られたかもしんないな

8謎オブジェ
この橋は自転車道の一部でもある で、なんだこの謎オブジェ
まっすぐ進めば青少年自然の家のようだ こんな海沿いにあるのは珍しい
自転車道は右に続くようなので、道なりに走って行くことに

9吹上浜の
自転車道を走っていると、吹上浜のど真ん中らへんに着く
浜の景色はとてもいいのだが、自転車道は正直○ソだと言わざるを得ない
一年程掃除してないのでは? 葉っぱと枝まみれだったんすけど・・・撮る気も起きない

10砂丘
ここ、吹上浜の砂丘は日本三大砂丘の一つらしい
三大砂丘って言われても鳥取しか思いつかないですぞ
他には遠州灘や九十九里浜があるそうだ ・・・三大ってなんだ

11サイクリングロード
加世田方面のクソみたいな自転車道を過ぎ、このサイクリングロードに入る
ここまでくると、道は大分きれいに整備されていた ここら辺は走りやすくてGood!

12ここも線路を改装
走っていると、プラットフォーム跡を発見 そうか、ここも廃線利用か
道理で走りやすいわけですよ 全国的にもっと流行ってくれないかしら

13ゴール!
ゴール!! お、おう・・・サイクリングロードでゴールってあまり見ない気がする
わざわざそういう表記、しないことないですかい?

13薩摩焼のさと美山
当初の予定では、今日薩摩川内に入るつもりだった が、綱引きがね
22日夜七時に開始とのことで、結構猶予ができてしまった
てなわけで困ったときの山登り 内陸の薩摩焼の里こと美山

ここは工芸が町の中心になっている 窯元の多さが半端ではない
町のいたるところに窯はあるし 工房もある 芸術の街だ
ここで見た陶器のランプシェードや切子文様の陶器などは素晴らしいセンスだった
商品なので撮影は自重 気になる人は見に行ってみよう(笑)

14いい風景
美山で少しのんびりした後は、市比野温泉を求めてさらに北上
山の中の景色 ほんと緩やかで落ち着いた気分になるねぇ
人が少ないのもいいよ、安らかである

15温泉あるよ
共同浴場の多さも魅力 値段も150円ってのがいいですな
弱アルカリのすべすべ美肌温泉で心も体もすっきり!

明日は、川内原発の方へ回って行けるまで北の方を巡ってみようかな
日本一の綱引きだけは、忘れずに見に戻ってこねばね


本日の走行距離:51.65km
累計走行距離:22925.92km

ランキングに参加してみました 他の方の旅行記も見られます
ぽちっと押すとランキングが上がるんやて 目立つほどでもないけどな位置におるやろ
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
別窓 | 鹿児島県 | コメント:0 |
| ぶらぶら日本一周@自転車 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。