約一年かけてぶーらぶーら日本一周 100名城も巡るよ!

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
旅 340・341日目 ~鹿児島県離島・種子島 Part3~
2015-08-26 Wed 14:49
打ち上げが無事に見られると思ったか?それは天気次第だ
てなわけで種子島滞在中にロケット打ち上げが二度延期になりましたとさ
8月16日→17日→19日と次々に移動していく 雨だからしゃーないけどもね

1温泉でまったり
そんな中、ロケット戦隊ミタインジャーの面々は、というと・・・

温泉で甲子園見ながらまったり おっさんか

実際雨も降るし暇やししゃーないんやけどもね
写真を見返すと、ロケットの打ち上ポスターが貼ってあるんやね

2夕焼けの森
時間は進んで夕方へ いやホントにすることがなくてですね
温泉に入ることと鳥刺ししか楽しみがない 鳥刺し最強、神の食べ物

1テントと空
夜に雨が降らない天気だと、ロケット打ち上げられたんじゃないかなーって気分に
実際は、雨ではなくて雷が打ち上げの可否に影響している 精密機器だらけだしね
テントの明かりを頼りに空を見上げる・・・あっ雲だ

2明るいな!
星が見えたり、曇ってしまったり 風の流れはとても速い
この調子なら、19日の打ち上げは無事敢行できそうだと思う
夜は皆で、2話が種子島が舞台でもある「秒速5センチメートル」を観賞
切ない気分になりながら、翌日の聖地めぐりを誓うのであった

聖地めぐりに打ち上げ前日の宇宙センターツアーと、18日は忙しくなりそうだ・・・!

本日の走行距離:km
累計走行距離:km

ランキングに参加してみました 他の方の旅行記も見られます
ぽちっと押すとランキングが上がるんやて 目立つほどでもないけどな位置におるやろ
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
別窓 | 鹿児島県 | コメント:0 |
旅 339日目 ~鹿児島県離島・種子島 Part2~
2015-08-21 Fri 20:22
一晩を公園で明かし、先乗り部隊の待つ種子島南部へ向かう
朝早く、と言うわけではないけどとりたてて遅くもない時間に出発進行
今回は久々に道連れが居る旅路 それも日本一周チャリダーとはきったん以来

1西之表出発
天気予報によると、午後から天気が崩れるそうだ
この晴れで本当に崩れるのかいな?まぁ今朝未明も雨降ったけどもさ
種子島の海も綺麗だけど海岸に灰が見えるね 口永良部か桜島か

2こわっ
後ろを振り返るとあらこわっかわいい
ロケット打ち上げがあることをひょくさんに聞いた私に聞いたお人
ロケットの魅力に取りつかれしメンバーがまた一人・・・

3緑の道
種子島の道は綺麗に整備されている国道58号がメイン
この国道58号、鹿児島からここを経て奄美大島を過ぎて沖縄に続く道
海路も含めれば文句なしで日本一長い国道だろう

4離島戦隊☆タネガシマン
走ってると目に入った戦隊モノ 四人なのか・・・
打ち上げを見るために集まる私たちはロケット戦隊ミタインジャーやな!
五人そろうこっちの方が正規っぽい ぽくない?

5雄龍、雌龍
タネガシマン看板の近くにある観光スポット、夫婦岩
雄龍と雌龍の名前がついている 大きい方が雌、間違いない

6芋畑
岩を眺めて気が付けば種子島の中心付近に到達
ここから直で宇宙が丘公園へ向かうか、ちょっと寄り道するか・・・
悩んだ結果寄り道、これが私のスタイル 安納芋畑があるねぇ

7怪しい熊野海岸
折角稼いだ標高をすべて掃き出し海岸線へ 天気も怪しい熊野海岸
程よい干潮具合で、景色を眺めるのにも都合がよろしいですな

8与論のマングローブ
種子島にもマングローブはあるんだよな・・・
かくいう私もここを訪ねるまでは知らなかったんですがね
マングローブらしく蟹が舞い踊るように動き回っていた

9蟹の隠れ道
蟹さんの通り道 物音に敏感なのですぐに隠れてしまう
穴を掘るのが得意なのが蟹の特徴でもある
地面だけでなく壁にも掘るのは初めて見た

10千座の岩屋
熊野海岸から程よく離れた場所にある千座の岩屋 ここも観光名所だ
海に岩がのっそりとそびえ、穴が開いているのが見える

11干潮では洞窟に
この穴は海上だけでなく、砂浜にもあるのだ
干潮になると、水位が下がって中が洞窟のようになる

12沢山の入口
こんな感じに色々な入口がある 潮が満ちてくると沈んじゃうんだな

13大東亜戦争洗車壕跡
岩屋を見てから宇宙が丘公園に向かう
ここの坂が本気で厳しい 短い距離で一気に190m以上まで勾配を上げる
荷物を持って登るところではないね! ここで出会った方に色々お世話になったな・・・

14長谷公園
登り切った後にある長谷公園 ここでもロケット打ち上げを見学できる
数あるロケット打ち上げ見学公園では最高所にあるロケーションの良さが売り

15カウントダウンもあるとか
この会場ではカウントダウンをやったり、ステージのようなものもある
残念ながら私たちはここでは無い場所で見るため、何をやるのかはわからない
タネガシマンショーやんないかな!

DSC07412.jpg
昼過ぎに着く予定が、度重なる寄り道と降雨の為に夕方到着に
先に屋久島に寄ってきたひょくさん、あきらさん、いけちゃん三人と無事合流
宇宙が丘公園がテント村のようになってきたぞ・・・!

あとは無事に打ち上げを見られることを祈るのみだ
この日は坂の途中で声をかけてくださった方の好意で温泉まで連れて行ってもらうことに
走った後に温泉は染みるゥ・・・本当に気持ちよかった


本日の走行距離:53.52km
累計走行距離:22073.84km

ランキングに参加してみました 他の方の旅行記も見られます
ぽちっと押すとランキングが上がるんやて 目立つほどでもないけどな位置におるやろ
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
別窓 | 鹿児島県 | コメント:0 |
旅 338日目 ~鹿児島県鹿児島→種子島~
2015-08-20 Thu 15:59
与論島から鹿児島に帰るまで、約21時間
行きと同じ、二等客室ながら個別仕切りのある割と過ごしやすい船だった
天気が怪しげなのが気になるけども、船ならばまぁ問題なかろうなのだ

1曇った開聞岳
那覇から鹿児島に向かう航路、これは鹿児島着は朝になる
行きしなは梅雨真っ只中で見られなかった開聞岳も・・・うん、やっぱ無理だった
訪れるときには晴れてくれたらいいね

2天文館通
鹿児島に到着し、種子島へのフェリーのチケットを・・・
と思ったが、船着き場までは何と14kmも離れていた うへぁ
フェリー内にて知り合った子と前から知ってた子と鹿児島を散策することに
鹿児島で有名な(?)天文館通からスタート!

4かるかんの名門明石屋
色々うろうろ食べ歩きしながら散策 前回訪れた際は素通りだったしね
何も知らない私が案内してもらった形に
鹿児島と言えば、黒豚に鳥刺しに焼酎にさつま揚げ・・・やね、うん

明石家
他にもお菓子で有名なものがあるらしい それがここのかるかん
かるかんてのは砂糖と山芋を使用したもちふわお菓子 んまい!
食べ物ばっかりの鹿児島もいいじゃない 沖縄でやせたし
最後に鹿児島名物白熊スペシャルで〆て、お腹を壊してフェリー乗り場へ

5なんかおるー!?
昼過ぎにチケットを無事購入、物資を揃えたりお風呂へ入ったりでうろうろ
なんか・・・なんか山の上に居るんですけど・・・こえぇぇですよこれ

6貨物客船はいびすかす
谷山港から種子島に向かう貨客フェリー、はいびすかす
荷物メインで、人はあんまり載せないこれは車両チケットは争奪戦なのだ
先着10人、予約なしのため 乗りたい場合は早めにね!

7旅人満載
船内を眺めると、同じ目的であろう旅人たちの車両が沢山
種子島ロケット打ち上げ、楽しみですな・・・

8夜に到着
鹿児島から種子島までは、約三時間半かけて海を進んでいく
到着するころには午後九時半 おやすみなさいの時間やね
船内で知り合ったしんいちくんは宿をとっていたようで、こっちは野宿場所へ

翌日は種子島の北、西之表港から南種子へと走らねば


本日の走行距離:29.12km
累計走行距離:22020.32km

ランキングに参加してみました 他の方の旅行記も見られます
ぽちっと押すとランキングが上がるんやて 目立つほどでもないけどな位置におるやろ
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
別窓 | 鹿児島県 | コメント:0 |
旅 337日目 ~鹿児島県離島・与論島 Part2~
2015-08-20 Thu 14:13
上空から見ると、エンゼルフィッシュに見える島の姿をしている与論島
決して広いわけではないが、一泊二日で回るのはいささか忙しないと言った所か
名残惜しいんだけど、種子島が待っている さらば、さらば・・・

1朝の百合が浜
キャンプ地のすぐそば、百合が浜
引き潮になれば沖に浜が浮かび上がる神秘的な場所 結局行けなかった

2岩のアクセント
手際よく撤退の準備をして港へと向かう
出航は昼過ぎなので余裕はある 色んな所を覗きながら行くよ
見慣れた海だってアクセントとして岩を加えるだけでガラッと違う雰囲気に

3民俗村へ
寄り道ついでに、目的地でもあった与論民俗村を訪ねる
少し坂の上にあるこの場所、入口がものっそ解りにくい

4元は萱葺の家がほとんど
与論島の建物は、萱葺のものが基本だったようだ
沖縄に近いこともあり、台風の被害が大きく出やすい場所でもある
屋根は低く、建物は分けて っていうのが対台風の基本なのだ

5末広がりのガジュマル
民俗村の中にはけったいな形のガジュマルも
横に広く根っこ張っている「末広がりのガジュマル」 うねうね
根っこが広がりすぎると時々カットされる悲しいガジュマル

6柱が木を利用してる
TV撮影にもつかわれたという民俗村内の建物
縁側の柱が木をそのまま利用している イイ見た目だ
しっかし鹿児島だけども屋根にシーサーが居るんやね

7サトウキビ絞り機
離島と言えばサトウキビ 収穫したサトウキビは絞り機へ
今は当然機械化されているけれど、当時は牛さんがぐるぐる回ってたとか

8ほら貝もあるよ
与論村にはほら貝もあるよ ほら貝を吹くにはコツがいる
唇を震わすように吹く サックスやトランペットと同じ原理
与論島では、これが吹けないと一人前とみなされないらしいで

9グッバイ与論
民俗村のおばぁとおじぃと客のおねぇと喋ってたらあっという間にお昼に
船に置いてかれる!まっちくりいぃぃい!!!ウェェェイッ!
出航10分前に港到着というギリギリプレイ ちょっと興奮した

この与論を後にして、次に目指すは種子島
沖永良部島も奄美大島もちょっと今はスルーせざるを得ない
奄美大島は、戻るかも?・・・かも?


与論島の走行距離合計:34.72km
累計走行距離:21991.20km

ランキングに参加してみました 他の方の旅行記も見られます
ぽちっと押すとランキングが上がるんやて 目立つほどでもないけどな位置におるやろ
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
別窓 | 鹿児島県 | コメント:0 |
旅 336日目 ~鹿児島県離島・与論島 Part1~
2015-08-17 Mon 15:52
記事のタイトルが、沖縄から鹿児島に映った日
ゆーても離島に居るので対して環境は変わってないんですよねー
そもそも与論島って沖縄だと思ってt

1さよなら沖縄、瀬底島
クイーンコーラルプラスに乗って、さようなら沖縄
本部港は瀬底島のすぐ近くとは知らなかった 町より手前なのね

2三時間で到達与論島
港を出発して三時間もすれば、到着する与論島
意外と近いこの島が、沖縄県に一番近い鹿児島県

4空港ちっさ!
空港は小さいな・・・が、八月半ばのバカンスシーズンだけあって、人が結構多い
島の中の宿はわりかし埋まっているようであった
宿に泊まっても良かったけど、島の東側にキャンプ場があるので今日はそこへ

5透明なパラダイスビーチ
キャンプ場に行くまでに、島の色々な所を巡って行こうかと思う
空港近くの海辺の店にもずくそばを食べに行くが、まぁまぁってところ
ただ、その店から見えるパラダイスビーチは素晴らしい眺めである

6空港横の白い道
与論島って「めがね」っていう邦画の舞台だってこと、ご存じだろうか
監督がメガネ、プロデューサーがメガネ、関係者みなメガネ
結果、タイトルをめがねにしてキャスト全員メガネをかけることに おいおい

7茶花港の堤防
そんなめがねの聖地こと与論島のロケ地を巡って行く
上の白い道も、この茶花港の堤防もロケ地なんだぜ?

8緑を切り裂く道
なるべく海岸線を走ろうと、緑の草原を切り裂き道を走る

9ティララキ海岸
走りに走ってティララキ海岸へ ふぅー疲れた
天気がいいっていうか、良過ぎるくらいで久々にバテかける
ここはパワースポットとも呼ばれる場所 龍が住むのだ

10トゥマイの龍
ティララキの龍が見える所から、視線を右にズラすと・・・
右側に見えるトゥマイの龍 この二匹の龍がこの地を守ってるとか
ここからキャンプ場はもうひと踏ん張りだ

11こえーよほせ
!?

12百合が浜海岸
なんか物騒な看板を通り過ぎて、百合が浜へ到着
ここが今日のキャンプ地であーる

13灯台の見える赤崎海岸
百合が浜に拠点を置いて、夕焼けと星を見る準備を始める
ここは島の南東端である赤崎海岸 灯台が見える海岸だ
ここにある海の家、味咲のかき氷が中々逸品であった

14与論の鍾乳洞は商業用
島の内部をちょいちょい探検していく 与論島の鍾乳洞は有料だった
時間外だから見られない ま、ヤジャーガマで満足かな?

15夕方の海岸
陽が沈む中、海岸線をひた走る 走る 走る
この辺は坂がきつくて大変でしてね・・・

16与論城跡、竜の頭
坂を登るついでに、世論島で最高所まで漕いで行く
与論城のてっぺん、竜の頭だ

17雲の隙間の夕陽
ここから夕陽を眺めるも、雲に大幅カットされてしまった
こんな調子で星が見られるのか・・・?流星群は・・・?

18神社もあるよ
そうそう、与論城には神社もある その名もよくある地主神社
ここでのんびりぐだぐだしながら夜を待つ 

19サザンクロスセンター
夜八時を回ると、星空の本領発揮である
神社の麓にあるサザンクロスセンターを見ながら星を見る
星空の撮り方も少し慣れて来たのかな?

20あ
月明かりは無いが、街や灯台の明かりがすこーし入ってくる
だけども、星の観測には影響は少ない 流れ星も次々とやってくる

21あ
天の川も綺麗に見られる 波照間を思い出す・・・

流れ星
カメラをそこここに構えながら、流れ星を待つこと数十回 やっとこ撮影成功
これは画面中央、天の川付近にて見られた

流れ星2
こっちは右上を走っている

コテージと自転車
いくつもの流れ星を見て、満足してキャンプ場へ戻る
私しか泊まってないはずのキャンプ場なのに、コテージっぽいのが光っている
・・・大丈夫なのか?ここ

流れ星3
寝る前最後の流れ星 すらーっと見えたで!
明かりの採り方が難しい・・・星が見えすぎるほどにするのもあれかねぇ
とはいえ沢山の星が見られたこの日は安眠できましたとさ


ランキングに参加してみました 他の方の旅行記も見られます
ぽちっと押すとランキングが上がるんやて 目立つほどでもないけどな位置におるやろ
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
別窓 | 鹿児島県 | コメント:0 |
旅 335日目 ~沖縄県本部~
2015-08-17 Mon 13:41
この日が沖縄で寝る最後の日だった
なんか・・・あっという間に日が経った気がする ホント
寝る前に、本部と瀬底島の探検をするぞー!おー!!!

1本部方面が見える
昨日寝ていた道の駅許田は、名瀬のすぐ手前
海を挟んで本部方面が綺麗に見えている 何故これを昨日出来なかった
ま、まぁ今日は気分よく走れそうで何より

2観光客だらけのきしもと
本部に到着して、まずは話に聞いた本部そばの店へ
開店直後のきしもと食堂の姿 並びすぎやろ・・・!?
ちなみに並んでるのは観光客だけであった 味も、うん・・・

じもてぃに聞いた他の店(石くびり)の量と味の方が良かったかな・・・?

3そびえる新垣ぜんざい
きしもと食堂のはす向かいらへんにそびえ立つ新垣ぜんざい
こっちは250円でド迫力のぜんざいを頂けて良かった
一気に20人前も買える食券機があったけど、どう考えても座れない

4一まみれの瀬底ビーチ
腹ごしらえ後は瀬底島へ再訪 今回はビーチへ
泳げるかなーってわくわくして行ったらKO☆NO☆ZA☆MA
渋滞ってレベルやないで!ビキニのねーちゃん多かった

5橋を見下ろす場所へ
泳ぐのは諦めて、本部へ戻って行く 橋が見える
前訪れた時は若干曇ってたからまぁ、これが見られたのは良かったかも

6こっちの方が泳ぎやすい?
橋の麓のこのビーチの方が泳ぎやすかったかもなぁ・・・
下りるのめんどくさくて諦めてしまったよ ジェットスキーも多かったし
こうなるなら水納島に行く方が良かったかもしれない
ま、次来るときは水納島 行ってみることにしよう そうしよう


本日の走行距離:40.76km
累計走行距離:21956.48km

ランキングに参加してみました 他の方の旅行記も見られます
ぽちっと押すとランキングが上がるんやて 目立つほどでもないけどな位置におるやろ
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
別窓 | 沖縄 | コメント:0 |
旅 334日目 ~沖縄県許田~
2015-08-17 Mon 13:22
久米島、座間味島と沖縄本島から行ける離島は完了
あと沖縄でやることと言えば、本部のそばとぜんざいを食べることだけ!
本島一周終わった後に本部の有名店を聞いたせいでこんなことに

1虹が見える
しかしまぁ、この日は本当にひどい日であった
朝からずーーーーっと雨で、14時に晴れ間を見て出発したものの・・・
結局18時まで雨が降り続く日に おいおい
虹が見えたからって許しはしないんだからね!

2喜名番所
那覇と本部の間らへんにある道の駅を兼ねた喜名番所
走るのを途中で諦めて、ここで寝ようかと思ったけど、うん
今まで見た中でおおよそ野宿に向かない道の駅であった

久しぶりにナイトランして、六月末に寝た場所と同じ道の駅へ
この日は風が強く、快適に野宿できた やったぜ


本日の走行距離:60.51km
累計走行距離:21915.72km

ランキングに参加してみました 他の方の旅行記も見られます
ぽちっと押すとランキングが上がるんやて 目立つほどでもないけどな位置におるやろ
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
別窓 | 沖縄 | コメント:0 |
旅 333日目 ~沖縄県離島・座間味島 Part4~
2015-08-17 Mon 12:53
沖縄・・・というより、八重山諸島を直撃した台風
この座間味島でも風速20mを優に超える風を吹かせていた
二日ほど、ほぼ動けない日が続いたけど・・・ようやく那覇に帰れる日が

1本気に向けてテントを張り直してました
台風を迎え撃つにあたって、木に守られる場所へテントを移動
がっつりペグをうって、ロープも貼り準備完了! 頼りになりましたよさ
浸水も倒壊もせずにがっつり寝床を守ってくれた さすがモンベル

2元気いっぱい
子供は風の子、台風なんてへっちゃらさー
フェリーが出る日にやっと遊泳許可が下りたので、これから海で遊べるで

3座間味平和の塔
夕方の船で那覇に帰るこの日、行ってなかった島の北側を探検することに
集落を突っ切って山を登る登る 小高い所にある座間味平和の塔

4高月山展望台
がっつり登り、高月山の展望台へ ここが座間味で一番高い所のようだ
慶良間諸島が綺麗に見渡せる場所 いいねぇ
しばらく曇っていた天候が晴れに変わって感謝でござるよ

5座間味の集落を望む
この山からは、集落を見下ろすこともできる 狭いなぁ・・・
海や山が占める割合が本当に大きい

6パノラマな眺め
高い場所にあるだけあって、古座間味と港を同時に見られるパノラマ風景も
ぐるぐる回って景色見てるだけでも満足やねぇ

7島の北部
ぐるぐる回った後は島の北部を走りに行く
いくつものビーチがある南部と比べると、こっちは岩が目立つ

8凄い波の数
風の吹き方か、ものすごい数の白波が打ち寄せている
ザバァ、ザバァ、ザバァ・・・

9阿真キャンプ場を見下ろす
北部は大体高い所を走るので、ずっと景色は見下ろす形に
ここが島の西部、長く宿泊していたキャンプ場もある阿真
別荘かパーラーか宿しかない地域 商店は一戸だけ

10こう見ると、島まで結構遠い
横側から阿真ビーチ付近を眺めると、結構海の部分は広い
ビーチから見ると割とすぐたどりつけそうな無人島
こっちから見ると、あっこれは無理や・・・って思う無人島

11神の浜
阿真ビーチの西には、神の浜と呼ばれる場所もある
澄んだ海に狭い浜 神様が降臨するのか・・・?入口はない
草をかき分けるか、海側から泳いでいくしかなさそうだ

12人が増えた
船出航1時間前にキャンプ場に戻り、撤収準備をする
昼の便でこっちにやってきた観光客のせいか、テントも泳ぐ人も大幅増
賑やかでいいけど、なんかちと寂しい感じもする

13さよなら新井さんファミリー
座間味島、延べ4泊5日に渡ってお世話になった新井さんファミリー
北九州にお住いのようで、九州北上時に再会を誓ってお別れ
もう少し、座間味のバカンスを楽しんでくだされ!

14マリリンの像
座間味にあるマリリンの像と記念写真 視線の先には阿嘉島が
阿嘉島に住むシロに会いに行くため、この3kmを泳いで行ったとか
愛する犬のために3km泳ぐってすごいな 犬かきで。

15米軍上陸の地
慶良間諸島は、沖縄本土決戦時に米軍が初めに上陸した場所だ
座間味ではなく、もすこし西の島ではあるんだけどね
こんな風にこっそり戦争の跡を残しているんだな ちょっとグッとくる

16久しぶりに見たフェリー
16時になり、入港して来るフェリーを迎える
いやぁ・・・久しぶりにフェリーを見たでぇ・・・
気分的には、やっと帰れるって思うよね やっぱり

座間味停滞によって、種子島までのリミットがかなり近くなってしまった
奄美大島に寄ってる暇は・・・ないね、うん

座間味の走行距離合計:42.93km
累計走行距離:21855.21km

ランキングに参加してみました 他の方の旅行記も見られます
ぽちっと押すとランキングが上がるんやて 目立つほどでもないけどな位置におるやろ
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
別窓 | 沖縄 | コメント:0 |
旅 332日目 ~沖縄県離島・座間味島 Part3~
2015-08-17 Mon 12:05
フェリーが欠航した日々、島の人間は減って行く一方だ
漁船をチャーターして帰る人たちもチラホラ

1相変わらずの高波
お馴染みになった港とキャンプ場を繋ぐ道を走って行く
昨日と相変わらず・・・というか、輪をかけて高い波が打ち寄せてくる
台風の本気はこれからだ・・・!

2陸に上げられた船たち
島の人たちの警戒度も上がっているようで、船は軒並み陸に上げられている
船が波にさらわれてしまったらエラいことだろうし

3意外と釣り人が多いよ
そんな物々しい雰囲気の港だけど、陸には鯨が打ち上げられている
あ、はい 釣り人もいますよ 

4島で一番有名な105ストアー
集落を探検していると、島で一番有名?大きい?商店を見つけた
漫画のモチーフにもなってる105ストアー 番地が105だからこの名前

5不穏すぎる
風が強くなってきたのに加え、空の色も真っ黒になってきた
不穏すぎる、あぁ不穏すぎる
この日から、もう遊泳も禁止されてまさにすることがない

キャンプ場にも、テントを張るのは私と9人家族のみに
外人さんと、沖縄から遊びに来た人たちは各々ゲストハウスやコテージに避難
懸命な判断だとは思うけど、結構コストがかかるのが難点
台風ぐらいなら、利尻を凌いだ私ならヘーキヘーキ 多分。

本日の走行距離:km
累計走行距離:km

ランキングに参加してみました 他の方の旅行記も見られます
ぽちっと押すとランキングが上がるんやて 目立つほどでもないけどな位置におるやろ
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
別窓 | 沖縄 | コメント:0 |
旅 331日目 ~沖縄県離島・座間味島 Part2~
2015-08-17 Mon 11:32
追いつきかけたと思ったら、また間が空いてしまう更新
離島は電源やら電波やらが結構シビアで辛いです あぁ辛いです
今のところは、種子島でこうのとり5号の打ち上げを待っている状態
見知った旅人が5人集まっているので退屈しなくていい感じ かも

日記は座間味滞在二日目へ 船?出ませんでしたよ、えぇ
夜中にものすんごい風が吹いてたからね、しょうがないね

1波が立ってる
朝七時の阿真ビーチ、風が強いのもあるけど波が立っている
ぶわぁーっと風が吹く中、一人で海辺を眺める・・・って哀愁漂ってるかも
格好いいわけではないけどね、うん・・・

2古座間味ビーチ
座間味島の二つあるビーチのうちもう一つ、古座間味ビーチ
サンゴ礁を見るならばこっちの方がイイと言うお話だった
結局滞在する間、泳ぐことは無かったけどもね

3湾を眺める
島の東側にある湾を眺めながら岬へと向かっていく
ここが島の真ん中らへん、でこっからまた下って登って行くのだ うへぁ

4島の東の展望台
島の東の展望台へここまで走ってくると、海岸だけではなく岸壁も見える
風が強いのもあって、波がひたすら打ち寄せてくる 豪快な眺めだ
しかし、今見返してみても、台風が来るようには思えない爽快な空の青さやね

5東の端っこ岬
そのまま走って走って東の端っこへ 沖にクルーザーのような船が係留されている
災害時は、船舶の避難場所にもなるらしいこの湾 ちょっと気が早いのでは?
波が少な目で、泳ぐのにも良さそう 風が強いのを我慢すれば、だけどね

6枯れ木が立ち並ぶ海岸
岬の反対側は、枯れ木が立ち並ぶ海岸だった 人いない!
プライベートビーチのように独占できるのは気分がイイね・・・
ここでしばらく泳ぎながらのんびり 本当はこのまま16時に帰れたら

DSC_0059.jpg
ま、テントは丈夫だし しばらくキャンプらしいことをしてなかったからいいリハビリかも
久米島から続いてテント泊をするのもいいもんだ、うん
帰れなかったから撮りに行った夕陽はこんなもの 台風が悪いよ台風がー

本日の走行距離:km
累計走行距離:km

ランキングに参加してみました 他の方の旅行記も見られます
ぽちっと押すとランキングが上がるんやて 目立つほどでもないけどな位置におるやろ
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
別窓 | 沖縄 | コメント:0 |
| ぶらぶら日本一周@自転車 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。