約一年かけてぶーらぶーら日本一周 100名城も巡るよ!

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
旅 251日目 ~広島県広島~
2015-04-29 Wed 23:39
今日?やきうですよやきう
昼手前までのんびりしてやきう見て帰ってご飯作って食べる
居合わせた人とだべだべしながら酒飲んで寝る

あぁ、幸せ。今日は勝ったから猶更
明日はナイトゲームなんで昼間に市内見て回ることにしよう

ランキングに参加してみました 他の方の旅行記も見られます
ぽちっと押すとランキングが上がるんやて 目立つほどでもないけどな位置におるやろ
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
別窓 | 広島県 | コメント:0 |
旅 250日目 ~広島県広島~
2015-04-29 Wed 00:22
今日は夜にまたカープ戦が待ってる!いくさじゃー!
とりあえずは三段峡からの帰り、宮島に寄って行くことにする
地図見て気付いたけども、広島市内からは結構離れてるのね

1筒賀の棚田
昨晩は、温泉博士に乗ってた筒賀の温泉近くで野宿
ステージのような建物で、なぜか電源が通っていた ほんと何故?
この辺は棚田が多く、山の上に行くと棚田百選に選ばれている場所も

2広島~三段峡
17524.74km→17637.35km(102.61km)
広島でうろうろしてた分も少し含まれているしこんなもんか
広島市内から三段峡までは大体65kmくらいだと思われる

3素人は撃てないようだ
宮島へは行きとは違う道から向かうことにする
道中の峠にあったライフル射撃場 まだ開いてないが素人は撃てなさそう

4ちどり・・・ではなくみどり荘
宮島に向かう途中に見かけた湯来温泉にあるみどり荘
なんか、見たことあるな・・・と思ったらスラムダンクに登場していたちどり荘
調べてみると、どうやら間違いなさそうだった→ちどり荘と比較

5湯来のしあわせ観音
湯来温泉は電車の駅からも遠く、中々訪れるのが大変だと思う
川と山の景色は抜群なのに、勿体ない・・・
あ、あとしあわせ観音なんてのもある 平成22年建立と書いてあった 近っ
水が汲めるので旅人にはありがたいスポット 峠越えないといけないが

6平清盛像
山を下って宮島へと向かう 宮島は修学旅行生でいっぱいであった
平清盛像なんてのがあるとは知らなかった 去年も来たのに・・・

7世界一の大杓子
宮島といえば鹿・・・ではなく、杓文字 これは世界一の大きさだとか
杓文字じたい日本にしかないのではとか言ってはいけない

8干潮の厳島神社鳥居
昼過ぎに訪れた厳島神社は干潮だった
干潮だと鳥居の麓まで歩いて行ける 景観は満潮が勝るけどね
鳥居本体はすべて木製だとか 鳥居の屋根に石が詰め込んであるので重い 
神社は台風でしょっちゅう壊れるが、鳥居は吹っ飛んだことないそうだ すげー!

9水がないのって新鮮やなー
厳島神社も水のない景観 なんだか新鮮だなー
水がなければただの砂場にある神社?さすがに失礼ですな

10大聖院から弥山山頂を目指す
宮島に来て、修学旅行生ウオッチをしている場合ではない
とりあえず弥山という山があるので登りに行く 何故登るの?そこに山があるk(以下略

11雨量が少ないので控えめな白糸の滝
石段が多めの弥山登山、案内では1時間半ほど・・・頑張らねば
途中にある白糸の滝 雨量が多ければ幅広い滝になるそうな

12てっかてかやなぁ
ここ宮島も台風が訪れることが多い場所 故に土砂崩れも多い
岩肌が露出すると、なんだかてっかてかに見える
ちなみにここの近くも登っているが、流された足場もチラリと見える

13仁王門に到着
山門が見えて来た!
けどここから頂上まではもう少し登る

14けったいな岩多いで
山頂付近は岩が自己主張をしだす けったいなん多いな!
まるで受け皿のような岩やね

15干潮だけど水があるんすけど
潮の満ち引きと連動して窪み内の水量が変わるとか
ご覧のとおり干潮だったんすけど、水があるんすけど
実際は湿気とか関係してるんかな?

16気づけば頂上に
岩と山の色を眺めながら登っていたらいつの間にか頂上に
要した時間は45分 予想以上の速さであった

17宮島対岸は平野
頂上からの眺めは抜群 360度見える展望台もあるしね
ちょっと曇り気味なのが残念だが、宮島口周辺は平野なのが良くわかる
見えている山を越えると、またいい景観が広がっているんだけどなー

18くぐり石
登りとは違う道から降りていくことに くぐり石と呼ばれる場所
幾何学的なトンネル、素敵やん?

19紅葉が綺麗だろうな
紅葉谷公園と呼ばれる場所まで降りると、もみじの木が目立ってくる
川ともみじ・・・紅葉の季節はさぞ綺麗だろう そして混雑するやろなぁ

20和む・・・
自分よりでかい傘をさす子供ちゃん 和む!実に和む!!
麓に降りると人の多さに圧倒されるよ本当

21鹿もいるよ
あ、鹿もいます 去年行ったときは地図を食われた苦い思い出
こいつら本当に何でも食いやがる・・・さすがやで鹿さん

夜はマツダスタジアムでVSベイスターズ
今日も完封負けを喰らってしまった 観戦四戦中三戦完封負けなんですがこれは
大瀬良のピッチングが圧巻だったのだけが見所 野手は明日頑張れ・・・

ランキングに参加してみました 他の方の旅行記も見られます
ぽちっと押すとランキングが上がるんやて 目立つほどでもないけどな位置におるやろ
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
別窓 | 広島県 | コメント:1 |
旅 249日目 ~広島県三段峡~
2015-04-28 Tue 07:31
火曜からの三連戦参戦を決意した私だが、月曜の今日は移動日
私も広島市内でじっとしているわけには行かない 私も観光のために移動移動
広島からほど近くて、明日宮島に行けて、観光に向いた所ってあるかな・・・
と、調べてみると該当したのは三段峡 川好きな私にはもってこいではないか

1駅らしいね
とりあえず出発 朝から気合入れて漕ぎ出していく
道のど真ん中に変なオブジェがあると思ったらこれは駅らしい

2またまた山に分け入っていく
峡谷に向かう、ということでまたまた山に分け入っていく
川沿いを走るのも慣れっこである

3広島にも沈下橋
広島の太田川にも沈下橋がかかってるのか

4あたかも岩間のようだ
かかっている方向は違えど、四万十川に架かる岩間沈下橋のようだ
こっちの橋は車渡れないけどね

5役目を終えた橋
吉野川でも見たな、この役目を終えた橋
ちょっと離れたところに新しい橋が架けてある
通行止めってなってるが誰が突っ込んでったんだろうか 興味ある

6二十年以上前に廃線
三段峡にはかつて電車が通っていた もう20年以上前に廃線になったとか
ここ、サイクリングロードとして復活させてくれないかしらん
さびれた三段峡の活性化にもつながるかもしれんよ?

7国の名勝三段峡
広島から60km程離れたところにある三段峡、無事に到着
思ったより山奥でもなく、そこまでガッツリ登ることもなく。

8入口は静かな長淵
入口は静かな流れがなが~く続く長淵がお出迎え
「三段峡内では静かな長淵」の字面が笑えて仕方がない 絶対うるさい

9まさに圧巻
岩と川、このコントラストよ!!
比高600m、斜度40度の峡谷が魅せるこの景色 素晴らしい

10色づく山と岩と川
今は新緑の季節・・・にはちと早いが、山の色変わり中だ
常緑種だけの山では見られないこの景色が、今の見どころだろう

11遊歩道のすぐ脇を流れる滝
遊歩道がかなり整備されているのがここのいい所か
すぐ脇をこんな滝が流れてたりする 下手すれば濡れる

12名勝黒淵
三段峡の中でも特に岩が切り立った場所である黒淵
渡し船からの景色は世界レベルだとか ヘェイ!

13船を呼ぶ
ひもを引っ張ると船が来るとな

14きたきた
数分、ってわりにはなかなか来なかったが、景色を見ながらのんびり待つ
やがて現る一艘の小舟 うーん、のんびりできそう

15原付が立ち往生する坂
ここは別に船に乗らなくても歩いて進むことができる
が、激烈な坂が待っているのだ 原付もエンストで立ち往生していた
慣れているはずだろうに・・・

16振り返って嘆息
船で進んできた場所を振り返ると、それはまぁ美しい景色が
静かに水をたたえている部分だ、瀬もいいけどこちらもね

17土砂崩れの弊害
黒淵から先は土砂崩れにより通行止めだとか
うーん、これはなかなか厳しい

17ここを伝っていく
ってあれ?こんなんあるけど 行くけど

18だばだばー!
この先は災害の整備はまだまだ行われてないらしく、路面も荒れている
まぁこんくらい慣れたもんだ 層雲峡とか帝釈峡とかね
ここは本当に滝が多い 小さなものから大きなものまである

19釣り人もいるな
釣り人の姿も見える ヤマメやアマゴが釣れるのだろう
黒淵荘で食ったヤマメの塩焼きはとても美味だった

20今は廃墟に
奥に進むにつれ秘境然としていくこの道
昔はにぎわったのだろうか?今はもはや廃墟に

21到着三段滝
到着、三段滝 入口からここまで7kmくらい
三段になったこの滝、これがここ三段峡の名前の由来だとか

22猿飛
もう一つの見どころである二段滝にも向かう が、船でしか行けないようだ
この船は土日祝のみの運航 まあしゃーないね
滝手前の猿飛と言われる狭い隙間を通り抜け、滝へと行くよう
水に入って撮影ポイントを探したものの、どうあがいても滝は見えない

23紅葉がきれいそう
奥の方も色づく前の紅葉が目立つ 秋は綺麗だろうな

24見上げる岩岩
二段滝にも寄り道して帰ると、15km以上あるくことになるのか
帰りは岩肌に注目 所々川面まで降りて見上げると恐ろしい迫力だ

25迂回用の橋
道中過去の土砂崩れにより、迂回路が作られたこともあるらしい
橋で対岸に渡り、先に進んでまた戻る ここらは雨の被害が多いのだろう
去年も広島に豪雨があったからな・・・

26のんびりするにはもってこい
帰るころには夕方になっていたが、この眺めはのんびりするにはもってこい
ゆっくりじっくり見ながら歩くのが良いだろうな でも4時間半歩いたらしんどいか
私にとってはご褒美ですがね あ、変態ではないです

安芸太田、という地名に見覚えがある と思ったら温泉博士にのってる場所が近くに
これ幸いと今月二つ目の消化 これで元は取れたようなもんだ、やったぜ。
明日は宮島を見て、広島市内に帰ろう やきうがまってる!

ランキングに参加してみました 他の方の旅行記も見られます
ぽちっと押すとランキングが上がるんやて 目立つほどでもないけどな位置におるやろ
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
別窓 | 広島県 | コメント:0 |
旅 248日目 ~広島県広島~
2015-04-26 Sun 21:37
今日もカープ対タイガースのバトルを見物だ!
昨日は相手のミスにつけ込み、快勝した さぁ今日は・・・

1到着!マツダスタジアム!!
今日も昨日と同じく晴れたデーゲーム 暑すぎてホント勘弁
日曜のデーゲーム舐めてたよ、開場30分前にならんで、入るまでに20分かかった
内野自由席も割とギリギリだったしね おーこわ
あ、試合は能見さんに完全に抑え込まれてボコボコに負けました・・・

今シーズン観戦した試合は 完封負け ボロ勝ち 完封負けと極端
なんか悔しいから28からの対ベイス三連戦も見て行ってやる!!
あ、旅中ですよ、旅中。でもやきう楽しいからね、しょうがないね

明日と、明後日試合が始まるまではフリーなので、とりあえず三段峡行ってきます
ほらほら、旅っぽい所もあるやん?

ランキングに参加してみました 他の方の旅行記も見られます
ぽちっと押すとランキングが上がるんやて 目立つほどでもないけどな位置におるやろ
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
別窓 | 広島県 | コメント:0 |
旅 247日目 ~広島県広島~
2015-04-25 Sat 18:28
カープ!カープ!カープひろっしまっひっろしーまーかーぁーぷぅー!!
やってきましたマツダスタジアムのホームゲーム VS タイガース
土日と連続して試合があるのでどっちも観ていくぜぇ・・・!

1到着!マツダスタジアム!!
昼一時試合開始で、開場は十一時 到着は十一時半
余裕かと思いきや、人、人、人。なんやこれ・・・
今日の先発は黒田だったようだ にしても多すぎやろ!

松山坊ちゃんスタジアムでは完封されたカープ、今日は完勝
まさか藤浪から6点もとれるとは思わなかった やったぜ。
明日もこの調子で頑張っていただきたい 期待!!

2三次~八千代
17478.60km→17534.64km(56.04km)
吉田郡山城でのんびりしていたからこんなもんだ

明日もマツダで試合を見て、宮島方面へと向かおう
月曜に宮島、火曜に広島城と美術館見てからのやきう これで行こう
広島に一週間近く滞在することになるなぁ、肩が良くなってほしい所だ

ランキングに参加してみました 他の方の旅行記も見られます
ぽちっと押すとランキングが上がるんやて 目立つほどでもないけどな位置におるやろ
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
別窓 | 広島県 | コメント:0 |
四十三城目:愛知県岡崎城
2015-04-25 Sat 17:26
リアルタイムではとうとう七十五城目を制覇したところ 記事はまだ半分以下
いつ追いつくんやろうか・・・
今回は愛知県二番目のお城、岡崎城 家康の生まれた場所でもある

1城の南を流れる乙川
お城の例にもれず、城の周りは川に囲まれている
大きく見える川は乙川 河川敷が広めで散歩にも向いてそう

2龍城堀
乙川より一つ城の敷地内に入ると、龍城堀が見えてくる
かつての堀の一部であろうが、天気も相まって美しい青色

3神橋を渡って岡崎城へ
その堀にかかる神橋を渡り、岡崎城天守へと近づいて行く
三の丸は駐車場や住宅街になっているので・・・

4いきなり目の前に本丸が
一足踏み入れるとほら天守閣がお出迎え 復元だけどね

5龍城神社さん
天守のすぐ近くには龍城神社がある ホントにすぐ近く
御神体は・・・なんだったっけ?

6なんやお前(驚愕)
誰やお前(驚愕) とてもダルそうな動きがなんともいえん
おかざえもんとかいうキャラらしい

7城周りの空堀
本丸の周りには空堀がちらほら残っている 案内にはないけども
形としては残っているけど、あまり重要ではなかったのか?それとも龍城堀の一部?

8岡崎城二の丸能楽堂
岡崎城の二の丸には能楽堂がある まだまだ現役、正月に使われている
中を見ることもできるようだが、追加料金が必要だとか
簡略化されているというか、全体的に小ぶりな舞台だと思う

9舞いながら時を知らせる
二の丸にあるからくり時計 家康公が舞いながら時間を知らせてくれる
最後に遺訓を述べてくれる・・・らしいが、当時は故障のため聞けず

10二の丸井戸跡
二の丸の端っこには井戸跡もある 岡崎城唯一の井戸だった

11けったいな電話ボックスやな!
岡崎城はちと普通でない・・・けったいなもんが多かった気がする
電話ボックスに天守って感性がよくわからん 重そう

12岡崎城大手門忘れていた
乙川から城に入って行ったが、そっちは裏っ側だったらしい そら本丸も近い
大手門は国道一号線沿いにあり、昔は東海道を旅する人の目に留まっていたのだろう

13駐車場隅にある隅櫓
昔の三の丸だったであろう駐車場、その隅には櫓が残っている
小さいものであり、中には入れなかった

14ここんも家康公銅像が
二の丸から本丸に戻る方向に、松平元康像はある
まぁ、家康公ですな 当時の名前って色々あってややこしいですよなぁ
徳川次郎三郎源家康ってね 征夷大将軍は源氏なので足したり 割と適当

15龍城堀は何処から眺めても美しい
戻ってきたら、龍城堀がまた目に入ってくる この堀ってどこから見ても綺麗

16龍城堀近くのお茶屋
行きしなに見落としてたお茶屋さんも、帰りには目に映る
残念ながら、今の時間ではもう終わっていた
他にも季節外れの藤棚などもあり、春に来るといいかも?

天守閣の中には資料館もあるが、撮影はできない
5階層にも及ぶため、見所はそこそこあると言えるかもしれない
家康といえば、「海道一の弓取りではあるが、特に弓の資料は多くない
同じく名を馳せた今川義元もいた駿河城にもなかったから仕方ないのかもしれない

お次はすっごく大きなお城、名古屋城の解説になるだろう
さぁて、いつになるかな

別窓 | 100名城 | コメント:0 |
旅 246日目 ~広島県八千代~
2015-04-24 Fri 20:28
今日の目的は吉田郡山城ただ一つ 安芸太田の温泉入りに行ってもいいけどね
さすがに遠すぎるのと、ちょっと疲れを感じてるので短めコースでGO!

1爽やかな空
四国の雨地獄はなんやったんやってレベルで晴れが続いている 嬉しい
河川敷での晴れは本当に気持ちいい ゆっくり横になってのんびりしたい
綺麗な空を見ると、いつもユトリロの空の青さを思い出す

3三次は川の町」
振り返ると川の流れが美しい場所だったりする
近い場所で、4つの川が合流する場所 見所はいろいろあるもんだ
ここでしばしのんびりしていくことにする あったか~い

水辺でのんびりしていると、先日の第一術科学校のことを思い出す
あそこの教育館には、特攻隊の遺書も残されているのだ もちろん原書
映画やらでは泣かない私も、あれには落涙必至だ・・・

色んな遺書の類を見てきたが、あそこのさる特攻隊員のものが強烈に残る
文中に何度も、嘆かないでください 悲しまないでくださいと書き綴り

締めが、先に行って待っていますである

・・・こんな手紙を子供から受け取ったらむせび泣くどころか膝から崩れ落ちそう
やっぱり戦争って異常やったんやなって実感できる 思い出し泣きするわこんなん

2呉~三次
17387.29km→17478.60km(91.31km)
三次へは山を越えまくっていたイメージ
あと選挙カーと顔なじみになったり

4灯籠が並ぶ道
ひとしきり川原で感傷に浸った後は三次を後にする
ここを離れる前に、初代三好藩主にて名君の誉れ高い浅野長治のお墓へ
道中灯籠が立ち並び、中々見事な参道になっていた

5浅野長治の墓
初代藩主にて、43年の統治をもって三次を発展させた男
江戸で亡くなったらしいが、はるばるこの地まで運ばれ、埋葬された
ちなみに赤穂浪士事件で有名な浅野長矩の義理の父だったりする

6三次の街を見下ろす
三次の街を見下ろせる比熊山に埋葬された長治
掃除も行き届いており、今もなお慕われているのであろうか

7物の怪でこ街道
三次の街にある物の怪でこ街道にも寄り道していく
でこ街道・・・WADA?

8一味ちがう本うだつ
ここの街並みは江戸~明治の物が残っている
特徴的なのがこのうだつ 徳島の物とはまた違ったシンプルな形
家紋など目立つマークが入ってるね

9湧き水は癒し
三次から郡山城までは30km足らずの道 ただ激烈な向かい風
急がないしええけどな!ゆっくり行かせてもらおう
旅してると湧き水はホントありがたい存在 水うめぇ・・・!

吉田郡山城はなかなかの名山城であった 個人的には春日山より上に来た
じーっくり時間をかけて歩き回り、資料館も満喫できた やったね
周辺には毛利元就、隆元のお墓もあり、散策にはもってこい

10ダムの麓の川
今日は広島まで40km弱の場所で野宿 久々の青空野宿
ダム麓の川でテント張って寝ることにする 雨がないって本当に素晴らしい
東が開いているところを選んだので、朝日がいい感じに指してくれることを祈ろう

さーて明日からお楽しみのやきうタイム 張り切っていくぞー!

ランキングに参加してみました 他の方の旅行記も見られます
ぽちっと押すとランキングが上がるんやて 目立つほどでもないけどな位置におるやろ
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
別窓 | 広島県 | コメント:0 |
旅 245日目 ~広島県三次~
2015-04-23 Thu 20:54
さぁ、三次に行くぞ ・・・っても特に目的があるわけではない
土曜日にマツダスタジアムで試合があるからそのための調整みたいなもん
日本一周で呉~西条~三次(~広島)ルート通る人なんてそうはいないだろう

1三次へ北上するよ
ゆーても吉田郡山城のためでもある 行くしかないっ!
川沿い・・・ずっとというわけではないけどしばらくのお付き合い
今思い返してもホント四国はいい川が多かった

2安芸灘大橋~呉
17326.19km→17387.29km(61.10km)
フェリー乗った分距離は短め そのおかげで観光の時間が多くとれた

3西条酒まつりの公園
呉から西条まではひたすら山登りの行程に 道中スポークがぶち折れたが無心で登る
二か月以上スポークが無事だったことにむしろ違和感を覚えるレベル
西条はかなり栄えている場所 ここは 日本酒まつりの会場だった 今はしらん
改めて見てみるとアホほど狭い よく全国から集まったねこれ・・・

4酒蔵の町の湧き水
日本酒まつりなんかするくらいだ ここ西条は酒蔵の町でもある
灘、会津に次いで酒蔵が多かった・・・筈。
水が上手い所に酒蔵ができるのは必至なのだ 必死に水をくむ

5やっぱ賀茂鶴でかい
ここ西条でも最大級の規模を誇る酒蔵、賀茂鶴
醸造所が第四まである広さ さすが全国区である

6ダム湖の橋はこの形多い
西条で、偶然にも元日本一周チャリンコマンに遭遇 お仕事中でしたが
すぐわかれたものの、教えていただいたお好み焼き屋は絶品でしたぞ!
自転車も直して心機一転三次へと向かう ダム湖の橋って大概こんな形やね

7とむ!
これまた西条の自転車屋さんで遭遇したおねいさんに聞いたお店
トムミルクファームというジェラートやプリンなどを販売しているところ
今日はサービスデイらしく、大盛りのジェラートをいただいた あまぁ~い
気温表示が26度とかなっててアツい体に染みわたりますですぞ

8山奥のにほひ
三次に向かうほど山奥に分け入っていく気がする どんな田舎に着くのか
霧の町としても有名な三次、やきうの試合が幻想的になること請け合い
ただキリが出るのは秋だ

9・・・わに?
・・・・わに?・・・・さめ?

10三次ワイナリー
紆余曲折ありながらも、無事三次に到着
三次に来て最初に行くのがワイナリー やっぱお酒でしょ!
ここは試飲し放題なので呑兵衛にはうれしいところ 旨いかは別だが

ここでは(日本で4か所しかない)貴腐ワインが購入できる
有料だが試飲も出来るので試してみた 甘い!でもうまい!
こーゆーワインがいいんだけど・・・高い()

ランキングに参加してみました 他の方の旅行記も見られます
ぽちっと押すとランキングが上がるんやて 目立つほどでもないけどな位置におるやろ
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
別窓 | 広島県 | コメント:0 |
旅 244日目 ~広島県呉~
2015-04-22 Wed 23:49
週末のチケットは確保した 後はそれまでに三次と吉田郡山城だ!
そんなわけで今日は呉周辺を観光することにする

1江田島に向かうかきしま海道
とはいえ素直に呉に向かうなんてことを私がするわけもなく
呉手前で南に折れて倉橋島と能美島を見に行く
本州と倉橋島を繋ぐ橋はぐるんぐるんループしてる きもてぃー!

2大久野島~安芸灘大橋
17212.68km→17326.19km(113.51km)
走りすぎだ 疲れは無いけど走りすぎやで

3しまなみ以外は橋が辛い
倉橋島から能美島へ この島を渡る道はかきしま海道というらしい
しまなみやとびしまでおなじみの海道を示す青ラインも随所に見られた
しまなみと比べてとびしまとかきしまは橋周辺が辛い 斜度が倍以上違う

4魚が泳いでる
こっちのかきしま海道は漁村を走っている感じ しかも村ってより町っぽい
港もクルーザーがあったりなんか都会的なイメージ 市ではないけど
海が凄く綺麗で、車道からも魚が泳いでいるのを見られる うまそう・・・

5あそこに橋が架かるかも
能美島はちょっと変わった形をした島なのだ たとえるなら蟹の鋏みたい?
鋏同士が一番近いのが写真の部分 ここに橋を架けるかもしんないようだ

6海自第一術科学校
呉に直行しなかった理由は、ここに来たかっからなのだ
江田島にある海上自衛隊第一術科学校(兼幹部候補生学校)
ここは無料で見学ができる場所 時間指定はあるけどもね

7中にはポプラが
入り口で受付を済ませ構内へ ポプラあるんや・・・
レアコンビニですよなー今はもう 裁縫セットなども売っている

8ペルシャ湾掃海作戦での機雷
見学開始までは時間があるため、館内の資料館を覗きに行く
湾岸戦争においてペルシャ湾で掃海作戦を行った時の記念(?)品か
破裂した機雷とはいえ、でっけぇ・・・

9大講堂正門
時間になり、構内見学スタート ちなみに撮影は一部を除きフリー
カメラ持ってってくださいね!?ってやたらアピールされた
ここは大正6年に建造されたという大講堂 20億くらいかかったとか

10こんななりで裏門
さっきのが正門で、こっちが裏門らしい まじすか!?

11裏門・・・?
裏・・・門・・・?

12講堂中身は広い
中はすごく広い 卒業式などもここで行われる
大体2000人くらいは入れるようだ 来賓や父兄は二階へどうぞ

13明治二十六年の兵学舎
講堂の隣には明治26年建造の兵学舎がある
これは横幅144mの広ーい校舎になっている
戦艦大和はこれの倍近く(260.3m)って考えると恐ろしい

14百四十四メートルの通し廊下
この学舎は廊下が一直線に反対まで繋がっている
通し矢とかできそう

15海の方が正門
来客が入ってくる学校の正門みたいなのは実は裏門である またか
海が正門 卒業式が終わるとここから船に乗り、訓練を兼ねて世界へ旅立つとか

16教育館
本日のハイライト、教育館 ここだけが撮影禁止の場所に
中は濃厚の一言、戦時中の書類や軍刀、勲章や特攻隊の遺書
山口多聞が遺品として託した帽子などまである 歴史的価値があるものばかり

17甲標的に
真珠湾攻撃時に5基の甲標的が出撃したのだが、これだけ不発に
乗組員は太平洋戦争初の捕虜になったそうだ 後のトヨタ社長にもなった人

18大和用の46cm弾
すぐ横には大和用の46cm砲弾がどどんと鎮座 でっけぇ・・・
一発だけで1.5トンの重さっておいおい 9門×100発撃てたっておいおい

19回天の姿も・・・
奥にはちらっと回天の姿も見える 実物を見るのは初めてだ・・・

20旗揚げ訓練と、41cm砲台
グランドでは旗揚げ訓練が行われていた
こっそり陸奥の41cm砲台もある こっそりって小ささではないが

21呉の港に
特攻隊員の遺書に涙が止まらない状態になりながらも、呉に戻る
走って戻っても良かったけど、てつのくじら館に寄りたかったので船へ
2時間以上かかる道のりが20分 やっぱ直線って早いなぁ

22てつのくじらことあさしお型潜水艦
てつのくじら館こと、海上自衛隊呉科学館 潜水艦もあるよ!
これは飾りではなく実際の潜水艦 中にも入れるようになっている

23機関銃は男のロマン
くじら館は昔から今までの海自の活動についての資料が多い
特に掃海作戦についてがっつり説明がある
機雷除去にこの機関銃もつかわれたとか 機関銃はロマン

24機雷がぷかぷか
科学館内にも機雷が浮いている 触れても爆発はしないけどね

25ベッドせまっ
潜水艦内に潜入 ベッドせまっ
居住空間は本当に狭い 食堂なんか一度に12人しか座れなかったとか

26魚雷搬入口
船の上部にあるハッチ ここが魚雷搬入口
床はパカッと開いてエレベーターになる仕組み
更に3m下に魚雷倉庫があるのだ

27操縦!操縦!
操縦!!っていうか操舵か?
潜水艦は前を見て進むわけではないので、指示出す人と運転する人に別れる

第一術科学校を見てからここに来ると、解りやすく面白い
どちらも無料だしね フェリーも人だけなら390円 自転車は120円と安め

28戦艦ヤマト・・・
大和ミュージアムは去年5月に訪れたことがある・・・が、折角だし寄ることに
大和の模型が変わらず出迎えてくれる 変わらずでっかいなあ

29零戦が飾ってある
宇和島には紫電改 呉には零戦が展示されている
こっちは若干スマートに見える どっちもいいねぇ
あえて言うならずんぐりむっくりタイプの紫電改が好きではある

30最上甲板が木製
大和を上から見る 最上甲板は木製だったそうだ、知らなかった
いつもピカピカに磨き上げられており、土足で歩くのをためらうほどとか

31裏手は大和甲板型桟橋
ミュージアムの裏手は、その大和の甲板を模した桟橋になっている
磨き上げられている・・・わけではない。まぁしゃーない

再訪とはいえやはり色んな事を見て来たからか、また違った面白さがある
知識を深めるってのはやはり楽しいものだ また次の楽しみが欲しくなるね

ランキングに参加してみました 他の方の旅行記も見られます
ぽちっと押すとランキングが上がるんやて 目立つほどでもないけどな位置におるやろ
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
別窓 | 広島県 | コメント:0 |
旅 243日目 ~広島県安芸灘大橋~
2015-04-21 Tue 22:40
おぉ・・太陽が、太陽が出ていらっしゃる!!!
会話にしろ、日記にしろ、天気の話題ってのは無難だなと実感
毎日冒頭に小ネタを挟めるわけではないのであります
逆に適さないのは政治と宗教 ガチ討論になっても知りません 知りませんとも

1発電所跡
本当なら日帰りの予定が、一泊することにした大久野島
帰りのフェリーが来る九時過ぎまでのんびり島内を探索すべし
一周3.3kmで歩いてでも十分 施設も沢山残っているようだ
ここは発電所跡 ディーゼル発電機が8基ほどあったそうな

2三原~大久野島
10190.91km→17212.68km(21.77km)
昨日の走行時間、一時間。

3屋根のない火薬庫跡
島内をぐるぐる巡っていると火薬庫跡を発見 米軍も占領後に倉庫としていた
屋根がないのは、わざと脆く作っていたから 湿気のために高床式でもある

4カノン砲の砲台
明治時代に造られたカノン砲の砲台も残っている
実際に発射されたことはないそうだ まぁ瀬戸内海は戦場になっていないし

5毒薬倉庫
国民宿舎のすぐ横に毒薬の倉庫跡が
宿舎は工場跡だからね、そら近くに倉庫もあるよと

6半ば埋められている
半ば埋められている毒ガス保管庫 廃棄も兼ねたのか
埋めたのは占領軍らしいが・・・

7地面ぼっこぼこやんけ
ぐるっと回ってきて、国民宿舎前のゲートボール場へ
ウサギが集団で走ってくる つーか地面ぼっこぼこやんけ!
まともなゲートボールは楽しめないかもしれない いや逆に楽しいか

8親子ウサギ
子ウサギは逃げることが多いけど、この子はいやになつっこい
おかあさんといっしょやから?動物に好かれてるから?

9ヤギ頭の化けもん出てきそう
山の上の方へ行くと探照灯設置場所へと出る
なんかこの地形、山羊頭のバケモン出てきそう

10あかん、かわいすぎる
展望台のてっぺんへ ここにもウサギがおるでぇ
あかん、前足揃えてるとかかわいすぎる。かわいい。

11登ってみたけどなんもない
景色も眺めながら船着き場まで降りていく
これはタンク?登ってみたけど別に何もなかった
梯子を見ると登りたくなる なんかぐらぐら揺れてたけど

12いざ本土へ
二時間ほど島の探索に費やし、いざ本土へと戻る
今日は今まで走れなかった分進んでおきたいね

13竹原の街並み
とかいいつつも竹原で寄り道をする
ここも昔の街並みが保存されている場所なのだ
しれっと酒蔵がある辺り侮れない 匂いが強烈だから誘われてまう

14幻、旨かったな
福山で飲んだ酒、幻の醸造元がこちらの中尾酒造
幻は旨かった 折角だし寄って行く 雄町米の酒があったので購入
もちっと後でのもう 楽しみだ

15レッツゴーとびしま
竹原を後にして呉に向かう 呉に入る前にまた寄り道
しまなみ海道で会ったカズオ氏に聞いたとびしま海道
美しい景色があったと聞くと、寄らざるを得ない

16こいのぼり多数
こいのぼりさんだよー泳いでるよー
頑張れカープ、週末は応援に行くから

17とびしまってのはいいえて妙だ
とびしま街道ってのはいいえて妙なネーミング
七つの島に橋が架かっているからってのもあるが、無数の島が視界に入る
なんだかしまなみ海道より海を近くに感じるんだよね

17賑やかそうな港
賑やかそうな港・・・だが、人はほぼ老人 そして少ない
とびしま海道の周辺では500人しか住んでいないらしい 過疎化&高齢化

18これが広島の正装
端っこの岡村島に到着し、しばし休憩 しまなみ海道の来島海峡が見える
今着てるのが広島での正装 広島脱出まではこれを羽織っていくつもり
暑いかと思ったけど、前はあけられるしそこまででもなかった

19文句なしのとびしま
この短い間に橋が三つも!とびしま海道の面目躍如といったとこか
七つの島のうち四つが見えてるわけだ

20御手洗の街並み
とびしま海道にも歴史的町並み保存地区はある 御手洗という町
ここも江戸時代の建物、通りが残っている
昔は船も沢山立ち寄る栄えた場所だったそうな

21御手洗のお手洗い
御手洗の御手洗(おてあらい) しょーもねぇ・・・
御手洗潔くん、ここで謎を解いてみないか?
あ、島田荘司先生、御手洗シリーズの続編お願いしますです

22歴史の見える丘から見下ろす
御手洗の街並みを見下ろす展望台 歴史の見える丘公園という名
大げさな気もするが、確かに街並みが一望できる
真ん中右の灰色の灯籠が江戸時代の物で、桟橋の先の白いのが平成の物

23夕焼けだ・・・
とびしま海道を帰って行くと、時間と共に太陽が落ちる
夕焼け、綺麗やね・・・けったいな形の岩がカッコよく見える

24別角度ならこんなもん
が、同時刻に別角度で見るとこんなん まだまだ明るいのだ
太陽を見る角度で本当に景色が一変する

25本格的に沈む
本格的に沈んでいく・・・なんだか心洗われるようだ
とかいってのんびりしてるとナイトランする羽目になる 実際なった
夕焼けを眺めつつ走るのは本当に気持ちいい 心が洗われる

今日は結構走ったけど、まだまだ元気な感じ 肩も少しまし・・・かな?
ただ、もう少し休養があった方が良さそう 週末のやきう観戦でなんとかなるか
なんともならなかったら、火・水・木の横浜三連戦も見てってやろうか なんてね

ランキングに参加してみました 他の方の旅行記も見られます
ぽちっと押すとランキングが上がるんやて 目立つほどでもないけどな位置におるやろ
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
別窓 | 広島県 | コメント:0 |
| ぶらぶら日本一周@自転車 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。