約一年かけてぶーらぶーら日本一周 100名城も巡るよ!

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
旅 110日目 ~群馬県甘楽~
2014-10-31 Fri 22:21
昨日ノリで買ったキットカット「一味・八幡屋磯五郎」信州限定850円也
一味をはさんだウェハースを甘いチョコがコーティング
甘味の後にほんのり辛みが訪れる・・・ってか襲ってくる
桶狭間か鵯越か逆落としというかもうわけわからんレベルで甘さと辛さが喧嘩している

千曲川と崩れた橋梁
これはと思い立ち勇気を振り絞って買った自分をぶん殴りに戻りたいと思いつつ朝へ
今日は小諸城を見てから軽井沢、碓氷峠を越え箕輪城へ
小諸城に向かう道中、切り立った千曲川を眺める 崩れた橋梁に思いをはせて
しっかしすごい崖やなぁ、対岸は登りやなぁ・・・

高遠~御牧
8413.75km→8499.48km(85.73km)
峠二つ越えてこれですぜ 慣れってホントすごい

曇る浅間山
小諸城まで怒涛の登りをクリアし、無事城へ ここは開場8時半だった
懐古園という名前で、面白い城のつくりになっていた 紹介できるのはいつになるやら

追手門だけ城郭から離れた駅近くの場所に建っていて、さらにその近くに高校があった
登校中の女子高生に見られながらの散策、後ろめたいことはないのになぜか動揺していた
そんな私の胸中を察してか曇る浅間山、雨だけはやめておくれよ

碓氷峠より高いんすけど・・・
避暑地兼リゾートといえばここ軽井沢、ってもう標高1000越えとる
碓氷峠より高いんすけど まだ先なんすけど

追分宿
峠の手前の追分宿 なんというか宿場町っぽい
中山道の峠付近ってやたら追分が多い気がする

メガネ橋
さくさく碓氷峠に到着 信州川は軽井沢までがしんどいくらい
峠の手前500mくらいで本気出してくるのに注意すれば問題ない
道中メガネ橋を眺めつつ下ってゆく ちなみにこの橋は遊歩道ルートになっており渡れる

碓氷峠の下りも楽しかった 黄色に色づく葉を眺めながら下る
視線を下に落とすと大量の落ち葉が・・・滑りたくねぇ!こええ!
下るときに、おねーちゃんが二人前を走っていた 久々のトレイン!こっそり混じって下っていた

坂本ダムに架かる橋
途中にあった坂本ダム ダムに興味はないが、橋は綺麗だ
あれは何に使っていたんだろうか・・・旧道にしては道が反対側な気がする

碓氷峠関所
メガネ橋で二人とちょっと話をしてお別れ、私は関所に向かう
江戸時代に「入り鉄砲に出女」を取り締まっていた所 箱根なんかもそうやね
ここも分水嶺であるからこそ、関所ができていたんだろう

お辞儀石というか土下座石?
この石の上にひざまずいて手形を見せていたとか
お辞儀・・・なんて生温い表現でよろしいのか?

この後は箕輪城へ向かう 昼2時くらいのちょうどいい時間・・・なのだが
お城の近くに小学校があって、その下校時間とばっちしかち合うことに
小学生にやたらめったら声をかけられ手を振ってこたえていた ヒーロー?

城っていうか山そのものだった箕輪城を後にしたの午後4時過ぎ
さぁよしおか温泉でゆっくり休むか・・・ってあれ?何か忘れてる?



・・・富岡製糸場行ってねぇ!!



世界遺産に登録されたこの施設、見学しない理由はない
慌てて地図を見たら、まだフォローできる距離だったのでセーフセーフ
よく思い出したでホント ちなみにきっかけは浅田次郎のプリズンホテルだった

明日の朝、また富岡製糸場を見学して東へ、東へ向かうのだ
つってる今、雨が降ってるんですがこれは…大丈夫なのか

ランキングに参加してみました 他の方の旅行記も見られます
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
別窓 | 群馬県 | コメント:0 |
旅 109日目 ~長野県御牧~
2014-10-30 Thu 19:40
まさかの南アルプスむら二泊になってしまったが、さすがに今日は北上
その前にしっかりミニクロワッサンを食べていく、今日はメロンパンも んまい
今日は峠を二つ(杖突峠と雨境峠)越す予定なので体力は確保せねば

ループ橋
ループ橋をしたからまじまじと見つめながら前進
なんというか・・・こう・・・アングルがいいね
とりあえずは勾配もゆるめでサクサク登っていける

高遠~高遠
8356.62km→8413.74km(57.12km)
そこらをぐるっと回ってきただけでこの距離 まぁ遠回りはしていたが

えげつない坂
ず~っとなだらか~に走っていた道だが、峠手前2kmで突如牙をむく
壁のような道が行く手をふさぐ 大ピンチ・・・
まぁ、押して歩きましたよ はい

杖突峠からの諏訪湖 (1)
苦労して登った先(1247m)の展望 はぇ~綺麗
諏訪湖も綺麗に見える 登った甲斐があるというものだ

進行方向に八ヶ岳
北に向かう道から少し東に顔を向けると八ヶ岳も望める
手前にうにょーんと西から伸びてきている山の向こう側を登る予定
しっかし下るのか・・・もったいねぇ つーかキツっ!

大門街道
小諸方面への抜け道として、大門街道を登って白樺湖を目指す
この顔は信玄がモデルらしい っていうかSHINGENだった

白樺湖と蓼科山
白樺湖への道も相当辛い というか勾配ヤバい
もーちょっとうねうね蛇行して登れないものか、杖突もそうだが、直線はちょっと・・・
白樺湖はピカッと晴れて気持ちよく散歩できそうな場所だ

女神湖
白樺湖から6km先にある女神湖 ここも激坂だった
勾配10%とかいう看板が草むらにぶっ倒れてたけど絶対嘘だそれ
よし正しかったといても私の知ってる10%とは違う

テディベア美術館
あと、ここに来るまでの道中にありましたよくま美術館
先日のロックハート城はまだしも、ここはさすがには入れない
未練もなくさっさと通り過ぎてしまった・・・ホンマやで

上田方面…全然見えん
その先の雨境峠をなんとかかんとか越える
白樺湖からアップダウンを経て、結局1580mまで登る
この後800m弱まで下るんやで、うへぇ・・・

展望台からは、北に浅間山・東に荒船山・南に蓼科山が見えるという
・・・が、満足に見えるのは浅間山ぐらい
南は下ってきた道に邪魔され、東は山が低くて何が何やら
その上、木が邪魔して目前の上田・小諸周辺もロクに見えない

ただ、ここからの下りは超快適の一言
約30kmをずばーっと下る 時々登るが、下りの貯金で何とかなる
カーブが少なく、更に緩いので時速50km台でバリバリ下れる気分の良さ

今日は足を酷使したので、16時くらいから温泉でゆっくり
明日は小諸城を見て、軽井沢経由碓氷峠越えだな!

ランキングに参加してみました 他の方の旅行記も見られます
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
別窓 | 長野県 | コメント:0 |
旅 108日目 ~長野県高遠~
2014-10-29 Wed 20:53
昨日は真っ暗な中道の駅に到達したからわからなかったが
ここ、南アルプスむらは山のど真ん中であった まぁ登ってたから想像はついていた
ちなみに南信は冷えることは冷えるが、雪はあまり降らないらしい

道の駅のクロワッサン
今日の目的は、昨日書いたように駒ヶ根の丸富
そこへ行くだけなら一時間ちょっとあれば余裕なので・・・
朝は美味しいと評判のクロワッサンを食べていくことにする

これは一つ54円で、10個とか15個単位で買える
包装によっては箱代がかかるが、袋詰めなら問題ない
15個買っておやつにもするかーと購入



・・・全部食べちゃった(テヘペロ

いやあのそんくらい旨いんすよホントに
焼きたてのサクふわ、バターの味わい シュガーコートの甘味
どれも完璧である 京都のパン屋より断然うまい

松本~高遠
8272.34km→8356.62km(74.28km)
峠越えながらだとこんなもん あと峠は一日二つまで

天竜川と中央・南アルプス
腹も満たされたところで、天竜川沿いをゆるゆると南下していく
川は広いし山はデカいし圧迫感はあるがなんとなく平坦
そんな町です長野って

蕎麦の丸富
そんなこんなで寄り道しながらも丸富へ到着
駒ヶ岳の麓だけあって、結構登ったでこれ・・・
開店15分前のちょうどいい時間 鳥のさえずりを聞きながら待つ

蕎麦自体は新そばということもあり旨かった
細いながらもしっかり噛みごたえのあるそば、ただつゆが私の好みじゃない
ちょっとだけつけて、そばの味で食べるのが良かった
あと、水がうまい と、いうことで一番のおすすめはそば湯という結論に

駒ヶ岳こわい
駒ヶ岳の麓を走るだけで威圧感パない こわい
ロープウエイで登る選択肢もあるが、その駅までの道のりがまたつらい
日和って花の郷とかその辺をふらついてまた高遠に戻ってきた

この戻る道がまたひどく、今日は露骨に向かい風にやられた
完全に走る気をなくした私は結局温泉でのんびりした後昨日と同じ場所へ
また明日の朝クロワッサンを食して出発することだろう

ランキングに参加してみました 他の方の旅行記も見られます
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
別窓 | 長野県 | コメント:0 |
旅 107日目 ~長野県高遠~
2014-10-28 Tue 17:26
昨晩は(いつもより)遅くまで飲酒に勤しんでいた
寝床の確保は駅から程よく離れた公園、学校が残っている所にしたがまぁ大変
夜の23時くらいまでカラスは泣きわめくわ、奇声を上げて自転車で走り回る輩はいるわ
それでも安眠しちゃうのが私 ただの怖いもの知らずである

上田~松本
寝ぼけていたのか学校跡の写真を撮るのはすっかり忘れていた
8199.13km→8272.34km(73.21km)
少しずつ距離を伸ばそう つーか長野山多すぎ

ピントが!
今日は諏訪湖を見つつ、高遠へ向かう予定
いきなり塩尻峠が立ちふさがるが、マシン改修後の私にとっては屁でもないわ!!
いや嘘です峠ない方がうれしいです 驕ったせいかピントが手前になっていた痛恨のミス

諏訪湖と遊覧船
諏訪湖湖畔へ、この湖は琵琶湖みたいにすぐそばを一周できる
狭い湖なので気分転換のサイクリングなんかに最適
ここで自転車を停めてちょっと歩いて行くと後ろから・・・


パァアァアーーーーーン!!!


・・・と、爆音が
何かと思って振り返ると、私の自転車が破裂していた






チューブ・ヴァースト
いやまぁ、チューブが破裂していただけだった むろん初めての体験
昨日空気を詰め込み過ぎた・・・のか?
つーかそもそもこのチューブ31~33c用だったのをすっかり忘れていた
タイヤは35cなので明らかにサイズが合っていない そら空気入れまくったら破裂するわ

人でたとえると26cmの足なのに28cmの靴はいて走ってるようなもん ちょっと違うか
タイヤがズルズル感あったのも、チューブとタイヤに隙間があったからだろうな
よくこれで今まで走っていたものだ

バッタソフト説明
チューブをとっかえ(35c~41c)走り出すと明らかに走りやすくなった
さぁこれが諏訪湖に来た一番の目的、バッタソフトである
北海道で話を聞いて、旅中忘れることのなかったソフトクリームとついに対面できる!

バッタソフト参上
参☆上

ビビッて接写に失敗したどころか変な構図になってしまった
ガッカリしたわけではないが、イナゴの甘露煮は思ったよりちっちゃかった
バッタソフトではなくイナゴソフトが正しいが、前者の語感の良さがヤバい 呼びたくなる

山へ吸い込まれるように
バッタソフトを堪能した後はそのまま諏訪湖を一周し、南の伊那へ向かう
山と山の間を走っていく 左から山・線路・道・川・山と密集している
しかし今日こそ蕎麦を食おうと思っていたのに、諏訪で聞いた店はすべて火曜定休
ちなみに高遠唯一の温泉も火曜定休 なんだこれ嫌がらせか

ザ・田舎
目的地へ向かう道すがら、北海道でも見られなかった光景に遭遇
道と山だけ、電柱がない景色ってなんでこんな素敵なのだろうか
本当に電気を地下に通さなかった過去のえらいさんは解っていない

高遠城に到着し、見学も終えたところで今後の行動に悩む
普通ならこのまま北上すればいいのだが・・・うーむ
諏訪でお蕎麦屋さんを教えてもらった時に気になる店ができたのだ

長野で蕎麦を食べ歩いている人が一番うまいと言う店 というのが駒ケ根にあるらしい
駒ケ根と言えば伊那のちょっと南 名は丸富という店だが、やはり火曜休業またか
奇しくも今は新そばの季節 旨いにきまっている それに高遠の辛そばも食いたい
悩んだ末に明日駒ケ根に寄って蕎麦を食ってから北上することに決めた
そば屋は11時半開店らしいので・・・明日はどこまで帰れるかな?

ランキングに参加してみました 他の方の旅行記も見られます
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
別窓 | 長野県 | コメント:0 |
旅 106日目 ~長野県松本市~
2014-10-27 Mon 18:26
長野県に入って数日、昨日は今までで一番暖かかったかもしれない
夜になっても全然寒くない、今回もテントの出番はなかった
アイドリングしている車が多いせいか途中で二度ほど目が覚めたが

さらば漢よ
昨晩を共にした(誤解を招く表現)漢を見送る
昨日の時点では鳥居峠を越えて群馬に入るという話を聞いていた
が、いつの間にか渋峠経由にかわっていた 誰のせいかな?わからん・・・

長野市~上田
8150.12km→8199.13km(49.01km)
松代を堪能しすぎた 温泉も堪能していた

霧がすごい
今日も私は朝早くから行動する しかし霧がすごい
予定としては別所温泉で朝風呂して、青木峠経由で松本城
が、北海道で幾日か旅したチャリダーが長野に住んでいるので会うことに
彼情報で安曇野の大王わさび農場を見学するために寄り道する

別所温泉の外湯
上田からほどなくして別所温泉へ
外湯はいくつかあり、慈覚大師ゆかりと真田幸村ゆかりの湯があった
流行に乗って幸村ゆかりのお湯へ 硫黄単純泉で気持ちよかよか

北向観音
別所温泉街の近くには寺社も揃っている
折角なので北向観音にお参り ここは全国でも類を見ない本殿が北向のお寺
まんまやなぁ・・・お昼には後光を背負うことになるのか

お手水が温泉
ここのお手水が温泉であった 温泉街ならでは
きちんと温泉効能表も掲げてあり、飲泉も可能な所

森の中に佇む塔
ここまで来たのだからと、安楽寺の八角三重塔も見に行く
森の中に佇む塔 傍らに池 アカゲラの木をつつく音
朝から神秘的な雰囲気に酔いしれる

八角三重塔
間近で見ると結構な迫力
それはそうだろう、墓の森の中に建っているのだ
下から見ていたのとはまた違う威圧感を感じる

山越え・・・どこ?
別所温泉街を後にし安曇野を目指す
まずは松本街道をひた走り、青木峠を越えたら途中で安曇野方面へ
しかし山々がでかい どこを越えんねん・・・

安っぽいトンネルやな!
無心で登る それはもうガシガシと 貧相なトンネル発見
ちなみにそろそろ落葉が目立ってきており、前の車が走った後を舞ったりする
下りだと時速30km以上でぶつかることもあり地味に痛い ビシイッ!

大王わさび農場
峠を二つ越え、無事安曇野に到着
山と山の間の平野を川沿いに走るとほどなく目的地へ
平日というのにたくさんの人出であった

ワサビの栽培
ここは明治の開拓時代からかわらずワサビを栽培しているらしい
北アルプスからの伏流水を利用し、水路を作って栽培に充てている
水温が通年10~15℃に保たれるよう、日よけなども利用している
しっかしとにかく広い、敷地がホント広い

手前が湧き水 、奥が川
敷地内を流れる川、手前が湧き水100%の蓼川
奥が一般河川の万水川である ここで合流して270km先の日本海へ
川も長い旅をしているもんだ 歩く速度と大差ないというのに

ワサビ色の猫
ここには可愛らしい主がいた
ワサビ色のにゃんこ …無理があるか

ザンビアの竹フレーム
そのまま松本城へ南下する
友人との合流に余裕があるので自転車屋でオイル購入と空気を入れる
これでタイヤのズルズル感が減って走りやすくなればいいのだが
そこで見つけたザンビアの竹フレーム自転車 かっこえぇ・・・
彼の地の竹は、日本のものより太く中空も少ないらしい

DSC_0390.jpg
夜は、すっかり普通の生活に戻っている利尻戦士と晩御飯
2ヶ月では全然変わっていなかった 私はその分ヒゲのびてるが
懐かしい思い出と、これからのアドバイスをもらいつつ楽しく過ごす
こうやって旅人同士の交流が出来るってのも素晴らしいことだと思う


ランキングに参加してみました 他の方の旅行記も見られます
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
別窓 | 長野県 | コメント:0 |
旅 105日目 ~長野県上田~
2014-10-26 Sun 23:12
今日は善光寺のお朝事(あさじ)目当てで6時に善光寺へ
こんなこともあろうかと(?)すぐ隣の公園で寝てたので万事抜かりはない
さくっと起きてささっとまとめてさっくり現地へ

お朝事
善光寺では毎朝のルーチンワーク(失礼)としてお朝事を行っている
お数珠頂戴といって、僧侶さんが参道にひれ伏した人々に数珠で撫でてくれる
これによって功徳を授けてもらえるということらしい

この後も本堂で読経と、阿弥陀如来像の開帳など見所がある
善光寺スルーしようかと思っていたけど、来てよかった

信玄公・謙信公の位牌
そう思えた理由の一つがこの宝物庫
ここには謙信公・信玄公の位牌も眠っている

超長い数珠
全長24mだかのすんげぇ長い数珠も置いてある
これ以外にも弘法大師直筆の般若心経や、代々えらいさんの書字など見所沢山
200円というコストにいい意味で見合わないし、朝はよから見られるし文句なし

善光寺神輿
御開帳の時に使う神輿も置いてあった
割と貴重なものが無造作に置いてある感じ

ひっそりおかれる人力車
隅っこにひっそりおかれている人力舎
これは実際に使われているのだろうか・・・?

善光寺入口
見学も一段落し、境内を見回ることに
まずは入口まで戻る

善光寺手前の門
本殿までもう一つ門がある
入口からここまでに親鸞聖人が100日逗留したという建物もある

善光寺境内b
本殿に到着 ここの手前でお数珠頂戴を受けた
朝6時にもかかわらず結構な人が入ってきていた
あさもはよから開いているおやき屋を見つけ、頬張りつつ後にする

草津温泉~長野市
8062.47km→8150.12km(87.65km)
結構走っているように見えて、40km位は下りだったりする

川中島古戦場
今日の目標は松代城と、上田城
その前に、川中島古戦場跡に立ち寄る 所謂八幡原

謙信対信玄
ここは信玄本陣を謙信が急襲した場所とされている
謙信が振るった三太刀を、信玄が軍配で受け止めたとか

合戦布陣
合戦図も貼られていた
大河ドラマ「風林火山」の主人公、山本勘助が立案した啄木鳥戦法
こんだけ別働隊が居て、本陣が手薄なら謙信でなくても気づかれる気がする

執念の石
謙信が単身突入してきたときに、槍で追い返した家臣がいた
その際、討ち取れなかったことに悔しさを感じ、石を槍で貫き通したとか

真田宝物館
朝は松代城を見学し、そのまま上田・松本まで…と思っていた
が、松代で10か所周遊スタンプラリーをやっていたので参加
この、真田宝物館や

旧前島家住宅
昔の武家屋敷など10か所を巡ると景品がもらえる
特にこの旧前島家住宅、管理している方々がいい人であった
お茶もご馳走になり、色々お話を聞かせてもらった

象山地下壕
松代にある象山地下壕 戦時中に掘られ、天皇陛下が避難する可能性もあった
終戦と共に出番もなく役目を終えた地下壕である

すんごい広い
200日ちょっとの日程で掘られたここ、すんごい広い
人足1万人(うち朝鮮人6000人)で突貫工事だったらしい
亡くなった人は200人から300人ほどらしい・・・

貫通してる
向こう側に貫通している場所も
松代は岩盤が固く、一日80cmくらいしか進まなかった日もあるらしい
しかしこの場所、無料で見学できる オススメ

戸倉上山田温泉
昼もかなり過ぎたところで、上田城へ向かう
道中戸倉上山田温泉で一服 ここは緑のお湯だった
山に囲まれていると温泉が多いでやんす

大阪チャリダー
上田城を日没一杯まで見学して本日の宿へ
道の駅に宿泊するようになってよく旅人に出会うようになった
大阪、しかも私の1日後に出発していたチャリダーに遭遇
大いにしゃべり、日記更新がこんな時間に(泣)

明日は別所温泉に寄ってから松本へ
またまた峠の日々が始まる

ランキングに参加してみました 他の方の旅行記も見られます
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
別窓 | 長野県 | コメント:0 |
旅 104日目 ~長野県長野市~
2014-10-25 Sat 17:37
昨日は公園の東屋で寝てたが、さすがに冷えてきた
朝起きたら3℃とかなってたし そら寒いわけだ
相変わらず膝は不安だけど無理しない程度に無理しよう

鬼の相撲場
昨日の宿は立派な相撲場(?)
鬼も幽霊も来なかったしヘーキヘーキ

公園(地獄)
昨日来たときは真っ暗けだった公園を探索
これが…公園…恐山で見た風景と似ている
って地獄やないかこれ

公園内の露天風呂
この公園の一番の売りは露天風呂があることだろうか
昨日の記事で無料の共同浴場が沢山あると書いたが、ここは500円
折角だし朝7時開店を待って入ってみることにした

浴槽は撮影禁止・・・というか、朝一なのに人が沢山
やっぱ有名な場所だから仕方がないのだろう
浴槽は池みたいに広く、入口がぬるく奥が熱くなっており万人向け
ただ、熱い所でもそこまで熱くない、42~3℃くらいか

中山盆地~草津温泉
8014.16km→8062.47km(48.31km)
距離はともかく登りは結構頑張った 700mくらい?

まずは白根ロープウェイ
今日目指すは国道最高地である渋峠、を経由して長野
草津温泉側からゆっくり登る 勾配は緩めだけど荷物が多いせいかペダルが重い
回すというより踏んづけるようにして登る
まずは白根山麓のロープウェイを通り過ぎる

うひー1
無心でガシガシ登る 時々歩く
タイヤが地面に押し付けられてるのが解るくらい重い
ちょっと振り返ると・・・なんじゃこの高さ

殺生河原
白根山頂につくまでにある、殺生河原という場所
物騒な名前だが、硫化水素ガスが発生している場所である
車ですら駐停車禁止の場所 チャリだとこええ・・・
でも近くの作業員さんは一人もマスクしてなかった つよい

山々と草津温泉
だいぶ登ってきた!!草津温泉街(標高1200m)があんなとこに・・・
自分の走ってきた道がはっきり見えて、なんかうれしい
山々もかなり綺麗に見えている あれだいたい1600m級なんすけど

白根山頂
なんとかかんとか白根山頂に到着 火口にある湯釜、今は見られない
活火山の兆候地震とかなんとか・・・畜生

弓池
本当は弓池も止まらず通過してくれと言われた、けど・・・
折角だしパチリ 自転車はこういうとき便利である

目指す先
一つ山を越えてさらに先を目指す
したばっか見てても仕方がない、上を…見ないと…うえぇ

中央分水嶺!
中央分水嶺!

ラストスパート
一歩ずつ、一歩ずつ・・・
焦らない、焦らない・・・
うぉぉぉおお!!もうすぐだぁぁぁあああ!!!

渋峠制覇
なんとかかんとか渋峠制覇完了
いやーきつかったっす、もう二度と自転車で来ない

長野側、北アルプス
後は下るだけ 北アルプス綺麗だな~や

スカイレーター
スカイリフト
下る前に、折角なので志賀高原で一番高い山に登る
スカイレーターからのスカイリフト 各五分ほど乗ればてっぺんへ

志賀高原で一番高いとこ
横手山山頂に到着!!
ここは360度パノラマの謳い文句に偽りなしの絶景であった
今日は晴れてるしなおさら

浅間山と富士山
浅間山の向こうに富士山も見える
隣には立山連峰・・・すげぇ・・・

富士山だ!
拡大すると、ほら富士山

御獄山の白煙
遠くには御嶽山の白煙まで見える
爽快感すごい!けどおかげで白根山頂が・・・ぐぬぬ

日本一高いとこにあるパン屋
この山頂にはパン屋兼宿のヒュッテがある
実は、日本一高い所にあるパン屋だった
長さ30cmのフランスパンドッグを食べる んまい

たっけっぇぇぇ
下り・・・ったっけぇえええ!こええ・・・
自分が下りていく道がはっきり見えている

長野市街
長野市街も見える、あそこで標高500mくらい
つまり1600m下る うへぁ・・・

県境ホテル
ちなみに群馬と長野の県境にホテルがある
中に入っても群馬(ホテル)と長野(食堂)に分かれていた

丸池
とりあえずひたすら下る
登りは山と地獄っぽい風景が多かったが、下りは池が多め
綺麗に見えて意外と緑っぽい 綺麗なカルデラ湖の見すぎだ

ループ橋だ!
下りでこの旅初のループ橋に出会った
紅葉も相まっていい景観だし走っててすっきりする

下りは一時間ほどでふもとに到着
そっから一時間半でまた長野へ
明日は善光寺を見てから城めぐりの日やね
しばらく峠は勘弁してほしいけど、ここ日本だからね・・・うん・・・

ランキングに参加してみました 他の方の旅行記も見られます
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
別窓 | 長野県 | コメント:0 |
旅 103日目 ~群馬県草津温泉~
2014-10-24 Fri 19:47
昨日の曇天を吹き飛ばすような晴れ!これを待っていた
とりあえず、朝起きてから本州に帰って一度も使ってないテントを開封
以前帯広で沈没した際にカビてた恐怖の思い出が・・・けど今回は無事
折角なんで出発まで干しておいたら、ここはテント禁止ですよと窘められた
すんません干してるだけですと言うも訝しげな眼で見られた 辛い

吾妻峡入口
今日のゴールは草津温泉と決めているのでのんびりと出発
道中吾妻渓谷を満喫する予定だ
晴れて気持ち良く映っている

白沢~中山盆地
7994.71km→8014.16km(19.45km)
最短記録更新 膝の違和感がまだ続いている
しかし無事8000km到達した 一周するまで15000km越えるんじゃないかね

デカいわ
吾妻峡は、渓谷もだが岩もまた沢山見どころがある
屏風岩、なんつってね

割と過酷な遊歩道
駐車場に自転車を停めて遊歩道を散策する
結構過酷な遊歩道でびっくりした 沢もあって滑りやすい所も
年配の方も多いので気を付けて歩かねば

鹿飛橋
鹿飛橋と名付けられた橋 鹿ならポーンと飛び越してしまうんだろうか
人間には無理な高さと距離や・・・こえぇ

渓谷の優雅さ?
この橋から眺める景色が一番きれいだと思う
水の色といい、周りの崖の崖らしさといい満点あげたい

吾妻の渓谷
反対側もパチリ
なんかこう、癒しやねこういうの

岩にめり込んだ木
遊歩道を歩くと、いろんな景色が見られて楽しいのだ
森林もあると空気がきれいなのもうれしい所
これは岩にめり込んだ木 岩が落ちて来たのかそれとも岩を割いて成長したのか

見晴らし台
遊歩道の終点には見晴らし台がある
これは国道から見晴らし台を撮ったところ
割と高い所にあるのが解るだろうか

見晴らし台から
見晴らし台からの景色はあまり眺望がいいとは言えない
気が邪魔しちゃうのはしょうがないが、遠くに見える橋だけて・・・

八ッ場ダム建設地
視点を下にズラすと見えるのは八ッ場ダム工事
これは景観とかそういうのではないね、うん
苦労して登ったのになんか、こう アアッ(やりきれなさ)

ダムの手前に滝が見える
下の国道を走ると、もう少し景観が良くなる
ダムの手前に滝が見えるが、近くまではいけない

ダムができれば・・・
ダムができると、水没する地域の一つ川原湯温泉
800年の歴史があるそうだが・・・このあたりは難しい所だ

日本一短いトンネル
今走っている145号線は、ダムが完成すると水没する予定
そのすぐ隣を走るJRの線路も、11km弱付け替えられ、この10月より運転開始となった
これは旧線路にある、日本で一番短いトンネル(7.2m)戦時中に掘られたらしい

目を疑う近代的さ
渓谷を抜けるとそこはめちゃ新しい新駅舎だった
線路の付け替えにより駅舎も移動・・・つーか新築だこれ
中で売ってた駅弁は期待以上であった

湯畑
群馬大津を抜け、草津温泉を目指す
そのあとの志賀高原といい、なんとなく滋賀県を思わす地名が多い
道のりは厳しかったが、無事到着 湯畑の迫力すごい

白旗の湯
草津温泉には無料で入れる共同浴場が18箇所あるらしい
そのうちの一つ、白旗の湯 湯畑からすぐそこである
誰もいなかったのでとりあえず撮影 入浴
そのあと続々と人が入ってきたので間が良かったのだろう

ここはぬるめの43℃くらいのお湯と、47℃くらいのお湯がある
峠を越えて風にさらされ冷えた体に47℃のお湯は染みた 気持ちえぇ・・・

凪の湯
西の河原公園を目指す通り道にある共同浴場
ちょっと奥まったところなので見つけにくい

せまっ
・・・せまっ
二人が限界だわこりゃぁ ここでも私一人でゆっくりできた

夜の西の河原公園
のんびりしてるともう夜に(17時半)
西の河原公園に着いたが暗い、ホント暗い
ここでは有名な露天風呂があり(500円)入るか迷ったがとりあえずスルー
また明日の朝考えよう

賽の河原で寝るのはちょっと怖いが西の河原だから平気だろう
多分。

ランキングに参加してみました 他の方の旅行記も見られます
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
別窓 | 群馬県 | コメント:0 |
十六城目:宮城県多賀城跡
2014-10-24 Fri 08:04
今回のお城はちょっと変わり種の多賀城跡
100名城に含まれているうち、戦国時代ではないものである
具体的には奈良時代、平安時代に使われていたもの つまり700年代のお城

政庁跡
多賀城は小高い山の上に大和朝廷が蝦夷に対抗するため建てられていた
そこから幾度かの改修を経て廃絶に至る 広さは900m四方というデカさ
ここは中心地にある政庁跡 政治だけではなく、祭祀・儀式・宴会も行われていた

政庁跡への階段
南門から政庁跡に向かって階段があったことが確認されている
平安時代には幅23mもある巨大な階段であったよう
そのころは儀式を執り行う場としての重要さがあったのかもしれない

南門近くの建物跡
多賀城跡は発掘調査で見つかった柱の跡を克明にしている
上に建物を乗せるのはお金がかかるからね・・・

奈良時代の外郭城門跡
奈良時代の外郭城門跡も発見されている
柵で囲まれていたのか、塀になっていたのかは定かではないが結構大きい

東門近くの堀立柱式建物跡
建物群もチラホラとみられる
敷地が広大すぎてホントにチラホラ

作貫地区の堀を発掘当時のままに
敷地内はいくつかの地区分けがされていた
ここは作貫地区と呼ばれる、堀があった場所
発掘作業後、当時の様子を再現しているらしい
掘ったままほったらかしにしているわけではないよう

多賀城碑
多賀城跡で最も歴史的価値があるものと言えばこの石碑
南門跡からほど近くにあるこの石碑、なんと724年の創建と、762年の改修を伝える
日本三大古碑と呼ばれているらしい 木の格子で厳重に守られている

なだらかな丘陵と程よい広さのせいか、場内を走っている人が多い
最早芝生の公園と化しているが、復原などの予定はあるのだろうか


別窓 | 100名城 | コメント:0 |
旅 102日目 ~群馬県中山盆地~
2014-10-23 Thu 16:55
今日は雨は止んだけど曇りで・・・ちょっと寒い
もう一日のんべんだらりと過ごそうかと思ってたけど、隣で催しがあるよう
邪魔になったらマズいなぁ、ということで移動することに

まさかの同泊
実はこの駅、屋根のある休憩所があった 実に快適
前の日から泊まっていたチャリンコマン(大地君)が居てたのだ
旅日数は驚愕の500日over 彼は沼田から南、熱海に向かうらしい

中禅寺湖~白沼
7935.03km→7994.71km(58.68km)
雨降って早めの宿確保になったからね しょうがないね
膝が痛み出してあまり無理をしたくないのだ

私は西に向かい、草津温泉から渋峠を越えて長野に入る予定
途中まで大地君と一緒に走って行こうとなって・・・

まさかのチャリダー四人
まさかのフランス人チャリンコ二人組に遭遇 これで四人組!
二人でフランス~ロシア~中国~韓国~日本と旅をしてきたそう
日本は大阪から太平洋側を走って東京、日光を過ぎて沼田から新潟、京都を目指している
インドネシア・アメリカ・ニュージーランドにも行きたいとか・・・パワフルだ

ちなみに言葉はひいき目に見て1/3も理解できてないと思うけどまぁなんとかなるもんだ
世界・・・イイよなぁ、英語ちょっと勉強するかなぁ
フランス人お二人は北へ、大地君は南へ、私は西へ それぞれGood Trip!!

ロマンチック街道
私が走るは日本ロマンチック街道
ロマンチック街道といえば、ドイツ こっちは460kmあるらしい
日本の方は320kmほど 彼の方と姉妹道路の関係にある

山の中のロックハート城
日本のはロマンもへったくれもない山の中街道である 正直キツい
ドイツのロマンティック街道はどうなのだろうか、走ってみたくなる
コイツは山の中に燦然と輝く(?)ロックハート城

ロックハート城全景
城めぐりをしてるんだから入ってみてもいいだろう、と突入
入口でお姉さんにおふt・・・お一人ですか!?なリアクションをされる
余計なお世話だと思ったが、中に入って理由が解りすぎるほど解った

テディー館
ここは恋人の聖地の一つでもあるらしい 可愛いものがいっぱい
テディーベア好きな人にはたまらんだろう
ここはブライダルも行い、チャペルも外れにあった

木製の外、象牙の鍵盤
その辺はあえて無視して城内を見学する
1800年代のピアノがあった 昔ながらの材料・・・渋い

甲冑はロマン
甲冑はロマン、これこそロマンテイックである
こんなん来てよう戦ったなぁ パワーが違うのだろうか

ロールスロイスとプジョー
お城の外れにには故ダイアナ皇太子妃が御料車として使っていた車がある
5年間使用されたあと、縁あってここへ・・・ってさらりとすごいことが書いてあった
結婚式では新郎新婦を乗せるらしい すごい
隣のプジョーは1930年式で、日本で今も動くのはこの一台だけぽい

シャーロックホームズの馬車
シャーロックホームズが乗っていた馬車 無論ドラマである
これもこちらに寄贈されたが、イギリスでも同型のものは一台しかないらしい
かなりレアで、近くにパイプや帽子など衣装も展示されていた

サンタ達
サンタ博物館みたいな状態にもなっている
ぬいぐるみ、人形、木彫り 何でもありである とかく多い
可愛かったり小憎たらしかったりリアルだったりいろいろだった

性悪そう
あんた、悪いツラしてるね・・・

旨そうだろ・・・?でもこれ石なんだぜ
他にも石の博物館なんかも併設されている
宝石、鉱石、化石といろいろ展示されていたが、これが一番興味をひかれた
旨そうに見えるだろう?でもこれ石に絵具塗ったんだぜ・・・

1000円!?たっけぇ!!
と思った入場料だが、その分の価値はあったと思う 個人的には楽しかった
中を歩いてるのがカップルだらけということ以外は・・・一組男二人だったけども

今日は出発も遅く、草津に向けて足をタメる日ということでほぼ走らず
フレンチ二人組との遭遇とこの城はいいイベントであった

ランキングに参加してみました 他の方の旅行記も見られます
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
別窓 | 群馬県 | コメント:0 |
| ぶらぶら日本一周@自転車 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。