約一年かけてぶーらぶーら日本一周 100名城も巡るよ!

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
旅 49日目 ~北海道知床~
2014-08-31 Sun 20:23
北海道は晴れがいい 知床ならなおさら
と、いわれても天気は気分だからどうしようもないのが本音
ただ今のところ晴れが続いてて走っててもすごい気持ちよい

地平線まで続く道
今日は斜里を出発して知床へ向かう
ちょっとした寄り道で天まで続く道を走る
頭の中でレッドツェッペリンの天国への階段がよぎる
見たとおりすごいアップダウンである

和琴~斜里
3773.16km→3892.16km(119.00km)
摩周湖をちょっとまわって山を降りただけなのにこの距離
やっぱ北海道って広いわ

オシンコシンの滝
斜里からウトロまではわずか40km程、今日はほとんど走らない予定
ここは知床八景のうち一つのオシンコシンの滝 65m級だとか
二股に分かれる滝で、迫力は抜群

オロンコ岩全景
そのままウトロに突入、これも知床八景の一つオロンコ岩
これは上にも登れる 港工事のため全景がきれいに見えない

オロンコ岩てっぺん
てっぺんからの景色も見ごたえあり?
景色いいものを見慣れすぎてなんかハードルが高くなっている

乙女の涙
キャンプ場でテントを張り、自転車のメンテをし、昼ごはんを食べる
そしてそのまま知床遊覧船へ 岬まで3時間コースに乗る
今日はこれでおしまいの超ゆとりルート
知床半島は「水の半島」とも呼ばれるほど川と滝が多い
これは「乙女の涙」と呼ばれる滝

男の涙
こっちは「男の涙」武者返しのようにえぐられた岸壁を伝う滝
人に見られずこっそり流す涙が語源らしい ちょっとかっこつけすぎやろ
ただ6月には大量の水が流れるらしい 男だって号泣したくなるときもあるのさ

カムイワッカの滝
これも知床八景のうち一つ「カムイワッカの滝」
硫黄山頂から直接流れてくる滝で、噴火した際には良質の硫黄がとれたらしい
戦時中だったため火薬の原料となってしまったらしいが

虹が映る滝
虹が映る滝 夕方は高確率で虹が見えるとのこと

子連れヒグマ
子連れヒグマも見られた
遠くから見るとかわいらしく見えるもんだ 近くでは見たくないが
時速50kmで追って来るとか逃げ切れるわけがない

知床岬
知床岬に到着 滝ばっか紹介したが、断壁も実に見事
奇岩なども目白押しで紹介しきれないため割愛している
岬の海岸沿いが芝生っぽいのは風が強く木が育たないかららしい
だが、昔はアイヌの集落もあった記録が残っている

知床連山
知床山と硫黄山まで連なった知床連山
1500mオーバーの山々、さすがの迫力である
ここを山頂から山頂にすすむ、所謂縦走も人気らしい

大体二泊三日くらいで行くらしいが、ある女性は登山開始から下山まで半日でやってのけたらしい
忙しいから一日しか休みが取れなかったらしいが、そんな状況でよく体力が維持できると感心する
ただじっくり景色や高山植物の観察はできなかっただろう

番屋
漁師の詰め所のような、番屋と呼ばれる建物も散見された
熊との共存のような生活をしているところもあるらしい
クルーズが終わると16時半・風呂食事が終わるとちょうどいい時間である

日の入
キャンプ場の近くであり、これまた知床八景の「夕陽台」から日の入りを眺める
今日は18時01分日没、ここ一週間で30分以上縮まってきている 暗くなりやすい
走る時間も考えないとえらいことになりそう

明日は知床五湖 カムイワッカ湯の滝・・・いけるのかこれ
残りのプユニ岬とフレベの滝は船からも見られたが、また陸から見ることにする
知床八景制覇、やっちゃいます 最後は知床峠でフィニッシュやね


ランキングに参加してみました 他の方の旅行記も見られます
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
別窓 | 北海道 | コメント:0 |
旅 48日目 ~北海道斜里~
2014-08-31 Sun 06:55
ここ数日は晴れ間が続いている 若干出てる雲も気にならないレベル
週間予報を見ても、釧路あたりは若干雲が出てるが道東はだいじょぶそう

霧の和琴半島
朝は霧が深く、ちょっと心配であった ただ霧が出ると日中は晴れるらしい
朝5時に露天風呂で倒れたご老人がおられ、救急車で運ばれていった
心筋梗塞のようだったが・・・

呼人~和琴湖畔
3641.06km→3773.16km(132.10km)
美幌峠を越え、摩周湖を回りとしているとかなりの距離になっていた
こら足に来るわけですわ 慣れてきたせいか痛みなどは少ない

和琴の地獄
和琴は半島のため、島の中に突き出た形をしている
朝の散歩がてら探勝路を進むことにする
ここにも硫黄泉が湧くところがあり、煙がもさもさ出ていた

森と蚊と、鳥の森であった
あんまり湖は見えないのがちょっと残念か
トドマツという赤いまつぽっくりのマツや、北海道では珍しいミンミンゼミ
あとはキツツキが数種類住んでいる 木をたたく音も聞こえてくる

共同浴場
歩いた後は森の中の共同浴場へ 程よい熱さ
先客のおじい様と一緒に1時間くらいダベりながら入浴
贅沢な時間の使い方であった

牛。
だいぶゆっくりしてから、10時にキャンプ場を出発
このころはもう晴れといって差し支えなかった 大文字焼きならぬ牛焼き
今日は摩周湖を南から回って裏摩周を見、斜里へ下る予定

裏摩周湖
裏から見た摩周湖
幹線の清里峠はたいしたことのない登りだったがここは違う
下ると自然に時速50kmとか出る傾斜であった
こちらから見ると、霧がかかりにくいらしい ただ茂みがちょっと邪魔

神の子池行き
さらに進んで神の子池を目指す
摩周湖からの水が流れ込んでいるといわれる神秘の池・・・との触れ込み
だいぶ観光地として認知されているらしい が、ダートが酷い凸凹

神の子池全体
緑の中、ひっそり存在する池に到着
色々な表情を見せる池だと思う 全体の景色も綺麗

オショロコマ
奥のほうにはブルーの場所もあった
あまりの透明度と、通年8℃程度に保たれる水温に倒木も枯れずに存在する
山形県で見た丸池も同じような湧き水の池だが表情が違う
→真ん中にオショコロマが映っている、魚も気持ちよさそう・・・に見える

使い手が限定されそうなバス停
斜里に向かう道はずっと下りだが、ずっと向かい風だった
30km向かい風は気分が滅入ってしまう
しかしこれは使う人少なさそうだ

明日はとうとう知床へ
折角なので知床岬の遊覧船でも乗ってみることにしようと思う

ランキングに参加してみました 他の方の旅行記も見られます
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
別窓 | 北海道 | コメント:0 |
旅 47日目 ~北海道屈斜路湖・摩周湖~
2014-08-29 Fri 20:13
ここ数日の晴れっぷりに一人歓喜
ただ、寒暖差が激しすぎて結露がほんとひどい

橋近すぎ
北海道は橋一つ一つにわざわざ看板が立ててある
跨線橋などももれなく立っているのが印象的
そんなわけでどれがどれだかわからん状況にも陥りそう

コムケ~呼人
3532.63km→3641.06km(108.43km)
意外と走っていた 距離より天都山に(チャリで)登ったことが効いている
山のてっぺんに博物館はやめよう マジで

美幌峠
今日は予定通り美幌峠経由で屈斜路湖へ
さらっと書いてはいるが、ここは標高525mである 死にそうだった
一度も足をつかずに登れたのは成長の証か

屈斜路湖北
屈斜路湖南
上が屈斜路湖の北 下が同南
中之島は周囲42kmあるらしい でっかい湖だ(カルデラ湖では最大)
綺麗に晴れていたので湖がすばらしく美しかった
雲が湖にうつりこむことなんて滅多にないらしい

キャンプ場からの屈斜路湖
荷物を置くべくまずは和琴湖畔キャンプ場へ
美幌峠くだりからしばらく湖が見られなかったところにこれである
おもわずため息が漏れる

砂湯
身が軽くなったところで摩周湖へ向かう
ここは砂湯という 砂を掘ると温泉が湧き出るところ
湖自体も温泉がわきでている所がある 結構熱い

摩周湖でまさかの再会
摩周湖への山道は美幌峠に輪をかけて厳しかった
13kmの登りとかやめようホントに
苦労して登った先で稚内のライダーハウスで同宿したライダーと再会
バイクのタイヤ交換で足止めを食らっていたらしい なんというめぐり合わせ

摩周湖北西
摩周湖北
摩周湖北東
屈斜路湖もすばらしかったが摩周湖には勝てない
上から西~東へスライドしている
生涯忘れられないであろう景色である もはや圧巻としか言いようがない
二人でしばし言葉も忘れ景色に浸っていた

ここは普段「霧の摩周湖」と呼ばれるくらい、晴れた姿はレアらしい
連れも前回来たときは霧が濃すぎて湖はほとんど見えなかったと言っていた
今日のはがんばって登ったご褒美だと思っておこう

下の展望台から
この湖は見る角度や場所はもちろんのこと、湖自体が場所によって景色が変わる
さざなみが立っているところ、鏡のような湖面、日陰で黒いブルー
正直いくら見ていても飽きない それほど晴れた摩周湖はすばらしい
北海道に行く機会があれば、この二つの湖は是非とも寄るべきだと思う

リスがいっぱい
展望台にはリスもいた
ほぼ餌付けされているような感じ?

お風呂
ズバーーーッと下ってお風呂へ
でっかい露天風呂でさっぱりすっきりしてキャンプ場へ
本日も夕焼けを望みながらジンギスカン飯でビール
こんだけ贅沢しても1000円いかないのが嬉しい

明日は裏摩周を回り、神の子池を見に行って斜里へ
ライダー勢大絶賛(?)のクリオネにお世話になる予定
ここの所予定がうまく行っている 旅慣れしてきたかも

ランキングに参加してみました 他の方の旅行記も見られます
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
別窓 | 北海道 | コメント:0 |
旅 46日目 ~北海道網走~
2014-08-28 Thu 19:38
はいさい!ここ二日とも晴れて天気がよいので上機嫌
気温も真夏日っぽいので非常に爽やか ただ最高24度

サロマ湖
コムケキャンプ場を後にして、いざ進むは網走へ 道中のサロマ湖である
はじめはキムアネップにキャンプして網走行って戻ろうかと思っていたが
あまりに酷いアップダウンと、網走まで40kmという距離を見て断念
ちなみに細長く映る左の陸地先端にキャンプ場がある

ウスタイベ~コムカ
3411.14km→3532.63km(121.49km)
紋別市内からコムケまで足を伸ばしたので結構走った
今になって考えるとこれはナイス判断だといえる

泊まれるSL
先に進むことに決めたので、ずんずん進む
これは途中にあった泊まれるSL
客室を改装してあり、雑魚寝ができるようになっていた

オホーツク自転車道
サロマ湖を抜けるあたりからオホーツク自転車道へ進む
ここは結構走りやすく、景色も色々変わり楽しい道であった
ここで見えてる湖は能取湖

森の自転車道
湖が見えないときは森に侵入

突如現れるSL
かと思ったら突如現れるSL
ここは昔の線路を改装して作ったのか?勾配も少ないし

網走湖
そのまま爆走して右手に見えるは網走湖
障害物が少ないのと、天気のよさでかなり綺麗にうつっている

網走刑務所
網走に到着したらやはり刑務所は見に行かないと
市街地の近くというか、すぐ横に団地があるのにびびった
服役者の作った製品販売所も前にある
本革の小銭入れが280円だったのでつい買ってしまった

網走監獄博物館
早めにキャンプ場についたのでテント設営、洗濯など済まして観光へ
網走監獄博物館、1080円取られるが内容はすごく充実している
網走刑務所改装時に移築してきた建物がたくさんある

本家と一緒
正門入り口は変わらないらしい

独居房
今使われているものと同じ独居房を再現
予想以上に快適そうだった

木製の雑居房
昔の雑居房 古いほうの建物はストーブが足りなかったらしく極寒だったらしい
こっちは新しめで、割とあったたかったらしい
この再現も、刑務所に服役している人が手伝っているとのこと

懲罰房
光が入らない「闇堂」とも呼ばれる懲罰房
まっくらな狭いところとか想像したくもない

ここは見学大体1時間とツーリングマップルにかかれていた
かなり急ぎ足で見て回って1時間かかったので、じっくり見ると2時間以上コースである
裁判所や開墾の様子など面白いところは沢山あったがここでは割愛
気になる人は見に行こう(無茶振り)

流氷体験
この後に行ったオホーツク流氷館
流氷体験は寒い、間違いない
半袖で入ってたのは私くらいであった

ここも色々あったが、来年にリニューアルオープンするらしい
館の前では派手に工事をしていた
オホーツク展望台もセットになっており、景色もすばらしい

網走湖に沈む夕日
最後にキャンプ場から見られた夕日
やっとこさ綺麗に晴れて、日の入りをじっくり見られた
感無量である

キャンプ飯
それを飯食いながら見られるんだから最高すぎる
100円のホッケ開きを100円の野菜セットとホイル焼き
ダシ醤油をたらせばお手軽おかずに大変身 美味だった
利尻で一緒になったライダーさんの料理を参考にしてみた

キャンプ飯を作成し始めたが、達成感と爽快感と満足感が半端ない
ご飯炊くときに焦げ付きやすいのがまだヘタクソなんだろなーと思う
利尻昆布ふりかけをかければ米がどんなんでも美味いのでいいのだが

明日は屈斜路湖にキャンプを張る予定
摩周湖・神の子池を巡るために何日か逗留するかもしれない

ランキングに参加してみました 他の方の旅行記も見られます
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
別窓 | 北海道 | コメント:0 |
旅 45日目 ~北海道コムケ沼~
2014-08-27 Wed 19:16
冷えに冷えた昨日に比べて本日は太陽もこんにちはしている
とはいえ気温は最高18度 京都に比べたら寒いといえる

コムケの夕焼け
本日の宿、コムケ国際キャンプ場にて撮影の夕焼け
雲がないとかな~~~~~り綺麗に見られる 北海道ならではの景色かも

稚内~ウスタイベ
3287.06km→3411.14km(124.08km)
予定より一つ先に進んだ結果がこれである 足に負担はきていない
予定変更ではあるが、これによってまた新しい予定が組めそう

きれいに晴れた空
冒頭でも書いたとおり、今日は大体晴れていた
とはいえ朝の早い時間は曇だったけども
途中からもオホーツク側だけが晴れており、内陸のほうは曇っていた

湿原その2
今日の道のりは、正直ず~~~っと同じ景色であった
牧場・牛・オホーツク海・たまに山 以上である
ちょっと湿原みたいな変わった景色に癒されていた

カニのオブジェ
目的地の紋別、道の駅にある謎のカニのオブジェ
重さ6トンあるらしい ほんまかいな

もともと紋別で寝る気だったが、コムケ沼が20km弱であるとわかり急遽そちらへ
TOPの夕焼けなど、景色が抜群なところだ・・・けど
蚊が多い、マジ半端ない そして服の上からも刺してくる
北海道の蚊、舐めてた・・・ 寒いからいないと思ったのは甘かったようだ

明日は網走よって、サロマ湖でキャンプ・・・かな
ホタテが楽しみである 1枚50円だとか言われるとわくわくする

ランキングに参加してみました 他の方の旅行記も見られます
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
別窓 | 北海道 | コメント:0 |
旅 44日目 ~北海道枝幸~
2014-08-27 Wed 06:41
利尻島から北海道へ戻ってくる
稚内のほうもかなり風が強かったが、雨は降っていない模様

漁師の店
昨晩泊まった宿のみなさんと記念撮影
一泊二食つき2500円はお得であった
なにより情報交換が活発なので、この先の楽しみがまた増えたのが嬉しい

久々走行
もはやいつぶりかわからない走行距離
今までで3287.06km、またこれから記録していこう

と、いうわけで久しぶりに本格走行を再開する事に
利尻に渡る前に70.5kgまで下がった体重が73kgまで戻っていた
そらチャリこがず酒飲んでのんびりしてたらそうなるよ

最北端の線路
稚内はいわずと知れた日本最北端の駅であり、最北端の線路も勿論存在する
ここからは最北端の○○のオンパレード

最北端のコンビニ
最北端のコンビニ

最北端の岬
最北端の(宗谷)岬

最北端のGS
最北端のガソリンスタンド
ここで給油すると到達証明書がもらえると聞いていた
チャリなんで給水じゃだめですかね?と聞くとにべもなく断られた
冗談の通じないところのようだ

宗谷丘陵
宗谷岬はあっさりした場所だが、そこに至るまでの宗谷丘陵がかなりいい景色であった
曇りなのが残念、晴れていればきっともっと綺麗だっただろう
高みから見下ろす宗谷岬も見慣れない感じで味があった
牧場もあり、左右に牛が点在している

ベニヤ原生野園
クッチャロ湖近くのベニヤ原生野園 この先で熊糞が見つかったらしく、奥には行けない
花のシーズンは過ぎているが探せば色々見つかった
ハマナスの実もちらほら見られる 7月くらいに行くとまた違う見所になりそう

この先のウスタイベ千畳岩でキャンプすることにする
北海道のキャンプ場は無料の場所が多くて非常に助かる
鮭をさばいていたおっちゃんに白子を貰ったので茹でてポン酢で食す んまい
しかし鮮やかな手つきであった

ランキングに参加してみました 他の方の旅行記も見られます
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
別窓 | 北海道 | コメント:0 |
旅 43日目 ~北海道稚内~
2014-08-25 Mon 22:14
なくした帽子が見つからない、ちょっとテンション下がり気味
大雨・暴風の利尻も少し落ち着いてきた今日この頃
礼文島が悲惨なことになっているので今回見送り 俗に言う宿題である

お世話になったキャンプ場
3泊もしたキャンプ場、左手前がランドリー兼避難所となっている
この中で宴会のようなことをしつつ雨風をしのいでいた
本当にお世話になった場所であった

ミルピス!
ここを脱出する前に飲んでおきたかったミルピス なんか聞き覚えがある
日本最北端の乳酸飲料との触れ込み オバちゃんがゴリ推ししてくる
甘めながらもミルキーな感じがやみつきになりそう

岬からの展望
島を離れる前に唯一寄っていなかった観光場所
夕陽丘公園に立ち寄ってみる 結構高いうえにススキの草原(?)が広がっている
下に手すりを作ったほうがいいのではなかろうか

さらば利尻島
午後イチの便で利尻島を後にする また雲が・・・
フェリーの中で手に汗握る甲子園の展開を見ていた
大阪桐蔭の見事な逆転勝ち、ハラハラドキドキのシーソーゲームだった

このまま稚内へ到着、うわさに聞いていた漁師の店に宿泊
一泊二食付2500円は安い、そしてうまい
明日からは本格的に道東へ向かって走り出さなくては
9月も末になると北海道はかなりさぶくなるらしい 今すでに寒いが

ランキングに参加してみました 他の方の旅行記も見られます
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
別窓 | 北海道 | コメント:0 |
旅 42日目 ~北海道利尻~
2014-08-24 Sun 22:24
利尻、礼文では五十年に一度の大雨がまだつづいている
雨もだが、風がすごいあらぶってる


こんな日はのんびり宴会するしかない
てかキャンプ場に避難所みたいなとこがあるのが意外だった
おかげで大分助かってるのは確か

明日は礼文に渡りたかったが、あちらでは土砂崩れが起こったよう
死者も二名出たのが驚きである
トレッキングはしばらく出来ないかなぁ

また、明日の天気を見ながら行動を決めることになりそう

別窓 | 北海道 | コメント:0 |
旅 41日目 ~北海道利尻~
2014-08-24 Sun 14:50

道北では五十年に一度レベルの大雨
図書館でのんびりするのが一番
別窓 | 北海道 | コメント:0 |
旅 40日目 ~北海道利尻~
2014-08-23 Sat 07:52
稚内で夜0時就寝 翌朝5時おきいつも早い時間に寝てるためちょっと不安
・・・だったが早起きの習慣はそう簡単には抜けなかった
特に問題なく5時に起床 行動開始と相成った

フェリー乗り場で連れと合流し、利尻島へ向かう
天気は見た目曇りだが、これからどうなるのかといったところ

ペシ岬ふもと
到着してすぐに岬を発見 ずいぶんけったいな形をしている
そこに山があれば登る 人のサガみたいなもんだ(岬やけど)

ペシ岬
登った先の景色も中々壮観であった
海を見渡すことができる場所 ただ登りは結構大変

くもりんこ
ひとまず拠点のキャンプ場を目指して走り出す
国道沿いも走れるが、島の北側から西側にかけてサイクリングロードが整備されていた
途中からそこに合流し走る 利尻富士は雲がかかっていた

沓形のキャンプ場に到着しテントを張る
風が強く、夜の天気がちょっと心配になるがまぁ気にしても仕方がない
荷物を軽くして再出発 とりあえず一周しよう

晴れてきた利尻山
昼過ぎくらいから少しずつ晴れてきて、山の形もわかるようになってきた
あんだけどんよりした雲はどこに行ったのか 風すげぇ
山からの湧き水などを補充しながらぐるっと回る

湿原から利尻富士
パンフではちらっと紹介されているだけだったが、ここ南浜湿原はいいスポットだった
湿原にある沼と植物と、山のコントラストがすばらしい ちょうど晴れたし

湿原というか森
遊歩道があるので歩いてみる
山の見え方も全然違ってくるし、周囲の風景も様変わりしてくる
ここはなんか森っぽい 植物の壁であった

オタトマリ沼
さらにその先のオタトマリ沼へ
ここは観光スポットとして推し推しらしく、観光客向けの店もあった
良い日旅立ちが男の声で流れていたのが印象的

蓮の花?
沼に生えていた蓮(だと思う)
ここはあまり植物がなく、綺麗な水が一面に展開している沼だった
綺麗は綺麗だが、先ほどの湿原が良すぎてあ、ふーんという感じだった
このあとは郷土資料館などをのぞきつつ北上

はじめの岬
サイクリングロードのはじめの入り口から入っていく
ペシ岬から山の中に橋が見えており、まさか自転車道ではあるまいと思っていた
その結果がこれである 普通に登りすぎである

利尻島は旅人が口を揃えて良い場所と言っていたが
自転車で一周してみてそのよさがわかりすぎるほどわかった
私もこれから「利尻はいい場所やで」と言う方になるだろう

機会があれば山にも登ってみたい気分になった

ランキングに参加してみました 他の方の旅行記も見られます
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
別窓 | 北海道 | コメント:0 |
| ぶらぶら日本一周@自転車 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。