約一年かけてぶーらぶーら日本一周 100名城も巡るよ!

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
旅 433日目 ~佐賀県唐津 雨を間近に感じる~
2015-11-25 Wed 07:00
昨晩は突発事故と悪天候により長崎県脱出ならず
朝起きたら、雲は濃いけど雨は上がっていた なんとかなるかな
今日は最低限唐津にはたどり着きたいところ

1怪しい天気
しかし怪しい天気だ 曇りのち晴れという予報を易々と鵜呑みにできない
雨の匂いがしないうちに伊万里に向かうことにしよう

2伊万里津大橋
ぼへぇーっと考え事をしながら走っていると、いつの間にか伊万里へ
伊万里と言えば伊万里焼 伊万里津橋のど真ん中にあるのも伊万里焼
な、なんやこの存在感・・・

3向こう側にもあるね
向こう側にもあるのか
確かに片方だけだとバランスが悪すぎる 気がする

4渡らなかった伊万里湾大橋
伊万里湾を横切るような形に架かる伊万里湾大橋
市街地を完全ショートカットしてしまうので今回は通らなかった
スポーク折れをなんとかしないといけなかったしね

5海を挟んで福島
この辺りから雨が降りだす 海を挟んで向こうに見えるのは福島
行きたかったんやけどね、雨で二時間足止め喰らっては寄れない
未練たらたらで対岸から眺めるのであった

6田んぼが広がる
この辺りは山を切り開いた棚田も広がっている
時折見える晴れ間 曇りのち晴れ・・・ねぇ
ここからは雨と雲ばかり、どうしようもないまま温泉博士でお風呂に

7浜ノ浦棚田
陽が沈む前に少しずつ雲が晴れて来た おせーよ!
呼子へ向かう途中にある浜野浦棚田で夕陽・・・は、無理ですね
晴れているとまた雰囲気は違うのだろうか うーむ 
何となく沈んだ雰囲気に見えるのは恋人の聖地であるからだろうか

陽が沈んだ中、山を越えて唐津へ
ここんとこ毎日ナイトランしてるな・・・

本日の走行距離:68.54km
累計走行距離:26151.24km


ランキングに参加してみました 他の方の旅行記も見られます
ぽちっと押すとランキングが上がるんやて 目立つほどでもないけどな位置におるやろ
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
別窓 | 佐賀県 | コメント:0 |
旅 412日目 ~佐賀県佐賀 充実の祭りタイム~
2015-11-05 Thu 14:38
昨晩は嬉野温泉入浴後に41km離れた佐賀市まで爆速復帰
温泉に入ったのにホッカホカに体を温める結果に
今日は佐賀の二大(?)祭り、バルーンフェスタと唐津くんちを両方楽しんじゃおう

1もう飛んでる!
昨晩のうちに頑張って帰ってきたのは早朝の一斉打ち上げを見るため
とりあえず野宿から起きて、寒いのを耐え河川敷へと自転車を飛ばす
思ったより遠くて、着くころにはもう飛び始めていた

2スレスレやね
地面すれっすれやん 攻めるねぇ・・・

3迫りくる競技用バルーン
のんびり周囲にアピールするオフィシャルバルーンに迫りくる競技用バルーン
初めて見た日と同じ方向から来てるね 北からかー
これはフライ・インという競技

4真ん中に落としたよ
ちょっと見にくいが、河川敷真ん中に青いバッテン印がある
そこにマーカーを落として、中心に近いほど高得点という競技だ
やずやの人は前回世界大会チャンプ 見事ど真ん中に落として見せた

5飛来というか襲来
その印めがけてやってくる70機以上のバルーン
飛来っていうか襲来って感じ ちょっとこわい

6ぽいっ
この人も上位に入っている人 すれすれまで飛んできてポイッ
簡単そうに見えるけど、かなりうまくないとできないんやで?

7いい天気だねぇ
しっかし今日はいい天気 青い空にカラフルな気球が映える
近くをバルーンが通るたびに歓声が上がる

8次の協議へ行ってらっしゃい
マーカーを落とした彼らは、着地することなく次の競技へ
今日は3つのタスクを連続してこなすそうだ 3時間ほど飛びっぱなしだとか
行ってらっしゃーい

9また会ったな
バルーンフェスタにて再会、けんじくんとゆかいな仲間たち
佐賀に来てたまおちゃんも合流してちょっとの間フェスタを眺めていくことに

10イソギンチャクにしか見えん
初日に見たこれはヘタってたけど、今回はしっかりしていた
イソギンチャクにしか見えないが、唐辛子だそうだ 嘘やん・・・

11パンダー!
青いお空に白黒パンダー!

12ぐでーん!
ぐでーん!
今日は時間があまりとれずにバルーンファンタジアはさっくり終わってしまった

13しゃーぴん
お昼過ぎから、そっぴーさん&アキラさんと再度合流し一路唐津へ
到着してすぐ買い食いする大人たち よくあることです

14青獅子
唐津くんちでは、町内ごとにで作られた曳山(やま)を町の人間で引き回す巡行がある
14もの曳山が練り歩く姿は中々の迫力だ 掛け声も音楽も勇んだ感じ

15鯛さん
この鯛さんがくんちで一番人気の曳山らしい
ぱちくりおめめにひょうきんなおくち 確かに憎めない顔立ち

16シャチさん
これは飛龍かな?シャチかな?
ちなみにこれらは200枚以上の和紙でできている 
重ね張りした上から漆を塗って仕上げる至高の逸品

17株とカッコいいな
これまでの曳山もカッコいいのが多かったが、私の一押しは兜
義経、信玄、謙信、頼光らの兜はどれもいかつくスマートだ
上に乗ってみたいね、これは

18プリけつ
最後のほうは若干渋滞を起こしていた 珠取獅子とかいう恐ろしい名前の子
こいつは後ろから見るとなんとまぁぷりちーなおケツだろうか
思わずミラーとダブルショットを撮ってしまいたくなるアングル

19行列に
すらっと並ぶ行列を前から眺める 狭い路地では把握しきれない部分もバッチリ
こう見ると、一つの曳山ごとについてる人の数、半端ないなー

20ネオひまわりの存在感
そしてこのネオひまわりの存在感ったらないね

21四人で
佐賀まで戻って来てご飯を食べてからそっぴーさん宅へ
焼酎好き三人でのんびり宅飲みモードへ
アキラさんは・・・うん・・・

22宅のみ
そっぴーさんち訪問ノートを書きながら談笑 そして飲む
夜11時から阿蘇に行くというまおちゃんを見送り、またしばし話しておやすみなさい
お布団、久しぶりやね また寝違えやしないか少しびくびくしていた


本日の走行距離:16.81km
累計走行距離:25255.30km


ランキングに参加してみました 他の方の旅行記も見られます
ぽちっと押すとランキングが上がるんやて 目立つほどでもないけどな位置におるやろ
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
別窓 | 佐賀県 | コメント:0 |
旅 411日目 ~佐賀県嬉野 誰よりも強く、そして美しい~
2015-11-03 Tue 07:00
昨晩は武雄温泉でのんびりしていた のんびりしすぎて外出ると本降りに
後先考えずに欲望に負けるとこうなるってこと、いつになったら学ぶのか
7km先の道の駅で寝る予定だったが、走るのやだってことで近場でこっそり就寝

朝起きると雨が上がっていたのが救いだ ホッとしたねホント
今日は有田焼を見に行って、嬉野温泉に入り佐賀市に戻ろう そうしよう

1九州陶磁文化館
有田と言えば有田焼 目的はこの九州陶磁文化館、入館料は無料
・・・のはずが、今は特別企画展が行われており、常設展も込みで入場料を取られる
ぐぬぬ まぁでも面白そうだし見ていこう そうしよう

2全部別物
企画展では、明治初期のウィーン万博に出品されたものなどが展示してあった
欧米向けの模様や意匠 デカい壺に細かい装飾などなど見ごたえ十分
常設展は撮影可能だったのでここだけぱちり 炻器って初めて見た・・・

3有田ポーセリンパーク
陶磁器に満足した後は、有田ポーセリンパークへ 酒と焼き物のテーマパークだ
酒と聞いたら行かずにはいられない 行くとこのでっかい宮殿がお出迎え
ドイツのアウギュスト王が建てたものだとか 彼は日本の陶磁器にハマッたそうな

4有田焼の噴水
実際に陶磁器の噴水を造ったのかは知らない
が、彼がドイツに陶磁器を広めたのは違いない
国内で初めて陶磁器の制作を成功させたのも彼の代からやしね

5かもてん
宮殿の外れの池には鴨のパラダイスが カモパラ?

7はぐれかな?
パラダイスの網の外に一羽の鴨が はぐれかな?

8これで50m級の登窯
焼き物と酒のテーマパークだけあり、窯も設置されている
登窯と呼ばれる長さ50m超のもの これでも有田では小型な方らしい
でっかいのは100mを超える物もあるんだとか
陶磁器の起こりは有田だが、日本においての起源は朝鮮半島である

10ドイツの街並み
ドイツの宮殿があるから、店もドイツの街並みを再現したよう
残念ながら大体閉まってるか潰れてるのは悲しい所
そういや三連休の中日だというのに全然人いないなここ・・・

11陶磁器のチェス
陶磁器のチェス駒もあった 実際動かせないけどね!

12海軍病院の温泉くみ上げ装置らしい
有田から嬉野までは少し山を越えて行かねばならない 
越えてすぐに見えるは嬉野温泉病院 周辺は元海軍病院の敷地だったそうだ
池のほとりにあるこれは、その当時の温泉くみ出し施設だそうだ レンガかー
通りがかったお婆ちゃんに教えていただいた 使わないのは勿体ないねーと笑いあう

13嬉野温泉
その麓にある嬉野温泉元湯 ここは日本三大美肌の湯の一つ
これでまた日本一美しいチャリダーに近づいてしまった
魔闘家鈴木とかユダとかそんな感じ 多分


本日の走行距離:68.45km
累計走行距離:25238.49km


ランキングに参加してみました 他の方の旅行記も見られます
ぽちっと押すとランキングが上がるんやて 目立つほどでもないけどな位置におるやろ
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
別窓 | 佐賀県 | コメント:0 |
旅 410日目 ~佐賀県武雄 新たな出会いと再会と~
2015-11-02 Mon 07:00
昨日は中々に波乱万丈な一日であった しかしいい仕事をしてもらったよ
両手を放してもまっすぐ進むんやで!久しぶりや・・・
あ、今日は早朝の一斉打ち上げ気球を見る予定だったけど、寒くて二度寝してました

1ヘタった風船
てなわけで打ち上げ後のバルーンふれあい会(仮称)に参加する
風が強くて、でっかいバルーンは早々にたたむことになってしまった
へタったでか風船って結構かわいいかもしんない

2アイスクリームかな?
おぅ、あれはアイスクリームの バルーンかな?甘そう!

3デデーン!
・・・あっはい

4パンダくん
隣のパンダくんはかわいいなぁ 抱きしめたいなぁ

5火が入るふくろう
夜の帝王ふくろうくんには火が入っている 音が中々凄い
ンゴオゴゴーォォォーーー!!って感じ

6なんかもんでた足も
このアシモくん、非常に手つきがいやらしかったです

7凶器を感じる
やはり風が強くてたたまれるバルーン 狂気を感じる
ニヤァ・・・

8そっぴー&あきら
ここで新たな出会いことそっぴーさんと再会ことアキラさんと合流
彼らは早朝の一斉打ち上げを見てたそうだ 行くばよかったねぇ
アキラさん、ちょっとふっくらした?

9はんしゃろん・・・?
テキトーな場所に陣取り、色々だべだべぐだぐだしていた
目の前を横切るはんしゃろん ゆるキャラなのかな?
風に弱そうなデザインだ 倒れたら起き上がれなさそう

10トライアルショー開幕
いつの間にやら目の前に組み上げられた障害物
11時からトライアルバイクによるショーが行われるとか
国際A級ライダーの方と15年連続来られているお二人でのショーだ!

11楽しそう
軽快なしゃべりを交えながら色々な技を披露してくれた
ウイリーも楽しそうにやるね!

12すげぇ宇井リー
バイクの泥除けをこするほどのウイリー すげぇ!

13ジャックナイフ
前輪を浮かすのがウイリーなら、後輪を浮かすのがジャックナイフ
速度を活かしてこのままずざざざざと迫力ある技 180度回転もしちゃうよ

14これで飛び乗れるとか
こんな短い距離を飛び乗ったり うーん、すごい
スマホでの動画撮影がメインだったのでカメラは控えめ

15えいえいくじら
えい えい くじらー!
この後もう一頭鯨が空を飛びだしましたとさ
途中からスエマツさんも合流し、ちょいちょい喋っていったんお別れ
また3日に合流して一緒に唐津くんちを見に行くことになったのだ

16楼門ポスト
そんなわけでしばらくは佐賀付近をうろうろしようかなと思うわけですぞ
とりあえずは隣の武雄温泉へ 楼門付きポストとは中々優雅な

17本物
温泉入口の方には本物も 温泉の象徴でもある
雨が降るってことでここでしばらくのんびりして、道の駅で寝ることにする

明日は嬉野温泉や有田の方を行ってみようかな 雨あがるといいねぇ


本日の走行距離:32.25km
累計走行距離:25170.04km


ランキングに参加してみました 他の方の旅行記も見られます
ぽちっと押すとランキングが上がるんやて 目立つほどでもないけどな位置におるやろ
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
別窓 | 佐賀県 | コメント:0 |
旅 408日目 ~佐賀県佐賀 25000km突破、そしてサガへ~
2015-11-01 Sun 07:00
鯛生金山は寒かった 降りてやんの・・・早くないかしら?
エアーマットがスローパンク起こしているのが痛い 地面の冷気が直に来る
早い所モンベルストアまで移動したいところではあるけど・・・

16港内見張り所に人形まで
とりあえずはそう、鯛生金山の探検からだ お値段1030円、たっけぇ!
入口から入るとまずは坑道見張所へ 坑夫のチェックと仕事の割り当てが仕事
なんとも精巧な人形が逆に笑いを誘う 地味に個性があるしね

17かっこいい
一番奥に見えていたトラック 現役を引退してここに座っている
ライトがついているってことは動かそうと思えば動くのかも
ふと映画大脱走が頭をよぎった 何故だろうか

18立坑のウインチ
竪抗の巻き上げウインチが展示されている おいおいこれはすごいぞ
地下500mまで竪抗エレベータが続いていたそうだ
降りるときはほぼ自由落下だからたまらんよなぁ・・・

19五百十メートル下まで
そっと下を覗く こ、こえぇ・・・

20横坑も
竪抗だけでなく横坑も 妙にリアルな人形がある
ナゾの金の鯛もそこかしこに配置されていた

21一番の冨鉱脈
ここらがこの金山一番の富鉱脈だそうだ
東洋一といわれるこの金山で、最も濃密な金鉱石が取れた場所
思わず生唾を飲み込んでしまう

22奥は福岡県へ
このトンネルの向こうは福岡県へと続いている
向こう側に住んでた人はここまで来ていたのだろうか 2km以上ある
後述する電車なんかが通じてたのかもしれないけどね

23純金の鯛(レプリか)
一部で有名だったらしい純金の鯛 右のは一度盗難にあったそうだ
犯人は捕まったが、鯛は売りさばかれた後だったとか 今はレプリカになってる

24トロリー
坑内を走っていたトロリー電車 しっかりパンタグラフもある
せいぜいトロッコみたいなのしかなかったと思ってた 近代化してるなぁ

25男のロマンだよなぁ
削岩マッスィーンもある ドリルは男のロマン!
これ使ってがりがり彫り進めてみたい かなうなら
総合的に1030円分は楽しめたと思うな、ここは場所だけがネック

1水枯れかけやん
坑内の方が暖かかった気がする中、走り出して西へと進んでいく
この川、水枯れかけやん 最近雨降ってなかったから・・・って一昨日降ったよ?

2ダム湖やったのか
と、思ったらダム湖の川だったようだ 放水したのかもしれないね
ダム湖自体は特に好きでもないけど、それに架かる橋は大体景色に映えるから好き
こっから八女に直接降りるのではなく、石橋の町、上陽に寄り道して行くことにした

3寄口橋
無料の蛍と石橋の館で情報収集をして向かうは近隣の二連アーチ橋
まずは手近・・・というか隣にある寄口橋 車も人も通れる橋だ

4洗玉橋
一連アーチ橋としては屈指の大きさ かの通潤橋の弟分と呼ばれたのが洗玉橋
名工橋本勘五郎氏最後の設計だとか 装飾も地味に凝ってたりする

5枕橋
木の橋が何度もかけられてたけど、すぐ流されるために思い切って石にしよう!
それがこの枕橋 大正9年に造られて今も車を通している

6大瀬橋
メイン川にかかる三連アーチ橋、大瀬橋 隣のちゃんぽんが旨い
ではない 台風の際に漂流物がぶつかりまくってもまだ壊れない頑丈な橋
奥にコンクリート橋を造って、車を一車線ずつ通している場所だ

7宮が原橋
上陽の出入り口を担うこの四連アーチ橋は宮ケ原橋ここだけは歩行者専用になっている
この一~四連アーチ橋が上陽を代表する石橋らしい 眼福眼福

8ループ橋
上陽を後にして、佐賀まで下ってきた私の目に入ったのがこのループ橋
線路を越えるためにこんな橋を造るのか、すっげ! って思ったらすぐ脇に踏み切り
登り損やんこんなん・・・来た方からだと死角やし

ま、気を取り直して明日や明日!バルーンフェスタが待ってる!

本日の走行距離:82.57km
累計走行距離:25080.58km

25000km到達! 良い感じに積み重なってきた

ランキングに参加してみました 他の方の旅行記も見られます
ぽちっと押すとランキングが上がるんやて 目立つほどでもないけどな位置におるやろ
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
別窓 | 佐賀県 | コメント:0 |
| ぶらぶら日本一周@自転車 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。