約一年かけてぶーらぶーら日本一周 100名城も巡るよ!

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
旅 最終日 ~京都府下賀茂 ただいま!~
2016-04-19 Tue 12:31
さてさて、今日は奈良観光の続き この時期土日は早朝イベントがある
春日大社を宮司さんが案内してくれるというもの、これは行かねばなるまい
雨が気になるところやけど、同宿の方達と肩を並べてれっつらごー

1春日大社
早朝とはいえ、集合はこの一の鳥居に朝6時半
それほど無茶なわけでもなく、のんびり朝の散歩を楽しめると思う
この日は門お見事に雨やったけどな!

2馬だし橋
宮司のおっちゃんが喋りながら歩くのを聞きながらついていく
雨のおかげで写真が撮りにくいったらありゃしない 
ここは馬出し橋 12月のお祭りでここから馬が競馬よろしく競走するのだ

一回二頭ずつで計六回の競争 元サラブレッドなんかも出るそうですぞ
勝ち越したほうが神楽を先に演じることができると地味に重要な要素だそうな

3しかたくさん
しっかし鹿たくさんおるなァ 雨が降ってると少ないほうだそうだけどもね

4馬戻し橋
先ほどの競争のあと、お馬さんが止まるのがこの場所
馬出しの橋もそうやけども、言われないと気づかんねこれァ

5七位橋
橋といえば、本参道から脇にかかる橋 これにも一つの曰くが
これは七位橋と呼ばれ、六位、五位と順に一位橋まである
格式高い春日大社をお参りできるのは、自分の官位の橋までだったとか
一位とは即ち太政大臣 二位の左右大臣らも本殿までは参れないとか・・・

6駐車場
二の鳥居手前にあるこの駐車場 昔は偉い人達は駕籠や牛車で来ていたのだ
そんな彼らのために駐車場 それも5台もあるのは春日大社だけらしい

7二の鳥居
シンプルで直線的な一の鳥居と比べて二の鳥居は少し近代的
現代人にはこっちのほうが馴染み深いよねェ

8分かれ道
お手水と分かれ道が先に待っている 斜めの道は剣先道とも呼ばれる
こちらは本殿の脇から入る道になる 何を隠そう藤原氏専用道だ
奈良時代はまさに藤原氏全盛の時代 藤氏にあらずんば公家にあらず

ちなみに藤原さんが増えすぎた結果、名前が分かれていくことになる
加賀の藤原、加藤さん 佐渡の藤原、佐藤さん 近江の藤原、近藤さん
藤原、いくらなんでも多すぎやろこれ

9まっすぐ本田には行かない
一般人用の道を進んでもまっすぐに本殿には着かない
まっすぐ歩いて着いたらもったいないやん?とは宮司さんの言葉

10くわれとる
参道の左右に立ち並ぶ石灯籠、全部で3000基ほどもあるんだとか
年二回、寄進した人が灯篭に願い事を書いた紙を張るんだそうだ
和紙と大和ノリで張られたこの紙、鹿にとってはご馳走らしいね ほら穴が

11藤の花はもう少しあとか
春日神社は藤の花も有名な場所 早咲きから遅咲きまで取り揃えてある
4月下旬から5月中旬まで楽しめるそうですぞ~
一週間、早かったかな?

12若宮御旅所
毎年12月15~18日には若宮おん祭りが行われる ハイライトは17日
奥の若宮神宮からこの御旅所まで若宮様に降りてきていただくのだ
午前0時から移動開始、翌0時までお帰りいただく 一見の価値ありと聞く

13ゲストハウスの朝ごはん
朝の散歩を終えて、宿に戻ると朝ごはんが用意されていた
300円でお野菜メインの朝ごはんをいただける ありがたや~

14お世話になりました
予想より早く雨がやみ、いい感じに出発できそうな雰囲気に!
この旅最後の外泊、お世話になりました! 奈良に遊びにきたらまた来よう

15興福寺南円堂
宿を出てまずやってきたのが興福寺 ここも世界遺産の一つ
南円堂はこのように公開されているけど、北円堂は近くまでいけない

16五重塔
五重塔もある 天気が回復してきてるねェ いいことだ

17うひゃ^きれい
うひゃ~綺麗な風景だ こういうのが街中にあるってのが素敵なところだな

18金堂
金堂の中も見学できる 有料やけどね!
興福寺の見所はここと国宝館だろう まさに国宝だらけなのだ
飛鳥時代、百鳳時代の仏像が惜しげもなく披露されている ガラス張りもない

19放生会やってねぇなぁ
17日は猿沢池で放生会が行われると聞いてたけど・・・やってないねェ

20東大寺
と、いうわけで次の目的地東大寺へ
日曜で天気が回復してきたこともあって呆れるほどの人ですぞ・・・

21でっかいな^-
大仏さんが居られるのが東大寺の金堂 さすがにでっかい建物やなァ

22だいぶっさん
大仏さん、久しぶり! たぶん小学生以来やないかな・・・
地味に災難にあっており、今残る姿のうち奈良時代当初のものは足だけ
体は鎌倉時代 頭は江戸時代に造りなおされたとか

23ほらーやろこれ
有名な柱くぐり 柱の穴をくぐれると幸せになれるよ!
穴の大きさはだいぶっさんの鼻の穴と同じなのだ 何でだ
傍観者の立場からするとこの光景は割りとホラーに近い

24正倉院は入れず
東大寺には正倉院もある 校倉造の高床式倉庫だ
宝物まみれのこの建物・・・今日は見学できないようだ

25散歩には絶好の場所
周辺をぶらぶらと歩いてみる 東大寺周辺は落ち着いた雰囲気の場所が多い
散歩には絶好の場所 少し離れると観光客の姿もかなり少ないし

26二月堂
坂の上から張り出しているのが二月堂
プチ清水っぽい雰囲気?

27なら公園
奈良公園を歩いていこう この辺には鹿も少ない
昔はすごく多かった気がするんだけどなァ

28若草山
奈良公園といえば若草山!標高340mちょっとの山だけど芝生が素敵
まぁ、入山料で150円取られるのが難点といえば難点
小学校の遠足でお弁当を食べた場所でもある 鹿くん・・・

29一重目
小学生のときはやたら広いイメージだった若草山
今となってはあっという間に上まで登れてしまう 成長かァ・・・
ここは稜線を伝って二つのピークを経て山頂にまで到達する

30爽快に
やっぱり晴れがナンバーワン!

31二重目
二重目に到着 てっぺんまではあと少し

32てっぺん
てっぺんには古墳のあとが そこからは京都方面を見渡すことができる
さすがにもう山はないんやなァ・・・

33奈良の町が眼科に
奈良方面を見下ろしてみる 近くに東大寺、遠くに平城宮の大極殿が
観光してきた所を見下ろせるのはすばらしきかな
そうそう、大阪湾から暗峠を越え春日大社に至る道はシルクロードの終点だ
なぜ暗峠の国道が道100選の一つなのか謎だったけどそういうことか

34木津川市
奈良に別れを告げて京都へ帰ろう そうしよう
思ったより早く京都に入れたな・・・こっから地味に距離はあるんやけどね

35観月橋
宇治を通って京都市内を目指して北上北上!
観月橋回りもだいぶ雰囲気が変わったような気がするな・・・
嵐山の渡月橋とはまったく違うのが少し寂しい

36東寺や
今回の旅最終目的地、東寺に到着! 16時半をゆうに回ってるけど・・ね
別格二十霊場の御朱印をもらってこれで本当にお遍路が終了やね 長かった・・・

37ライトアップしてたそうだ
東寺といえば国宝の五重塔 手前の枝垂桜が咲いてるときはライトアップもある
さぞかしいい風景やったんやろうなァ 来年以降見にこられるかな

38市場川原町
参拝を終えて後は実家に一直線 爆走河原町通りである
バスやタクシーの幅寄せにもアタイ負けない!
かなり危険なんで川端通りを走るのがどー考えても正解です
でも市街地を突っ切って鞍馬から国道477号を走るのがきっと快感でしょうな

39愛する鴨川
帰ってきたmy地元 何回も立ち寄ってるけどもさ
何度見ても鴨川が落ち着くんだよ 川最高峰やで

40自転車で走れなくなた糺の森
下賀茂神社への参道、糺の森 いつの間にか自転車通行不可になってる

41なぜか集合写真
4月17日 午後18時前に実家に到着! これで本当に一周は終わり
記念写真は何故かみんなで ま、それもいいやね
50kg以上の荷物を積んで自転車で走ることなんてきっともうないやろうね
31252kmも走った自分の脚力にもまぁ驚くばかりですよ

42クラシック
ゴール後はひとっ風呂浴びてから家族で近くの居酒屋へ
サッポロクラシック!うめェでやんす・・・

43けじめ
翌朝になって旅の終わりにやろうと思っていたことを
あえてこのブログでは熊本地震について大きく触れることはしませんでした、が
被災された皆様のご無事を祈る日々でした これ以上の災害が起こりませんように

私が被災者のためにできることと言えばまずは募金からでしょう!
と、いうことで走行距離にちなんだ募金を日赤に ここが一番信頼できるんで、ね

19日からは災害地派遣薬剤師の募集も始まったので府薬に登録しておきました
サバイバルがなんぼのもんじゃい!肉体労働もお任せ脳筋薬剤師ですからね
採用されるかはわかりませんけど、もし力になれるならばがんばってきます!

44お疲れ・・・
そして長い間がんばってくれた自転車
相棒のメンテを自転車屋さんに依頼 本当に今までありがとな!

旅の日記としてはひとまずこれで終了になります
これからはちょいちょいまとめ記事や100名城の記事をあげていくことになるでしょう
来月からは長野に移動して働きながら登山を始める予定だし
キリのいいところまで更新はしておきたいな! なァ・・・


本日の走行距離:53.11km
累計走行距離:31252.45km

ランキングに参加してみました 他の方の旅行記も見られます
ぽちっと押すとランキングが上がる模様 少しずつ上がってきてる?
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
別窓 | 京都府 | コメント:1 |
一時帰宅 ~ちょっと一休み~
2016-04-08 Fri 09:13
御無沙汰しております 当方少々休憩中であります
金曜日にまた出発するんですけどね

1鴨川
そんなわけで今回は京都の町をぶらりぶらり
世間はやれ桜だ、やれお花見だとやんややんや状態なのでそれに乗って行こうではないか
変わらない実家付近の景色はまー思い入れがあるわけですな

2満開ですね
京都には桜の名所がそらもうたくさんあるわけです
それでもまずは鴨川沿いから このゆったり感がよろしいね
土手に座ってお花見をする人も多い場所 のんびりビールとか良い場所

3鴨川の亀岩
鴨川名物の亀岩も良い感じ 少し川の様子が変わった?
下流では護岸工事のようなものもしてるし、川原が広くなった気もする

4川遊びも出来ちゃう
もう川遊びもできる時期やねェ

5期分はドリフト
そいでは桜の名所めぐりでもしましょうかね まずは平安神宮へ
御堀の桜と、桜見屋台船のドリフト走行 

6岡崎公園の枝垂れ桜
平安神宮の中にも桜外苑という場所があるんだけども、人が多すぎてねェ
もうこの時点で人混みに酔いそう うっぷ・・・
岡崎公園の枝垂れ桜を見に行くと、まだ花をつけていた へぇー

7結構残ってるね
ソメイヨシノより一歩早く咲くこの桜、ピンクピンクしてるのが可愛い
結構残ってるねェ 見に来てよかった

8バスだらけ
更にっ南へと下って行く しかし観光バスと観光客の多さが半端ではない
バス駐車場に停められない分が道路にもうズラーッと ずらぁああっと

9知恩院さんのさくら
月マシs樽は知恩院さん かの有名な八坂神社の隣ですな
山門から見る景色が結構好きだけど、桜があるともっと素敵

10丸山公園へ
すぐ近くの円山公園もお花見スポットとして有名
日本庭園と桜 そこかしこには宴会のグループが・・・

11ここも枝垂桜
ここも枝垂桜が有名な場所 こっちの方がでっかいなァ
更に花が多く残っていてとっても写真映えしますぞ
シャッター頼まれっぱなしでちっとも落ち着かないけどね!

13夢見坂
そのまま清水寺・・・へ行こうとしたけど余りの人波に撤退
夢見坂からの眺めで勘弁してつかーさい・・・清水寺ですらないけど

12おここも観光スポットか
最後は巽橋へ 個人的京都っぽさNO1の場所
普段はひっそりしてる場所だったはずけど、なんやこの人だかり
なんだかんだ有名になのだろうか いい場所やねェ

結婚式の写真を撮る人も多くてのんびりって雰囲気ではないね
和やかな雰囲気ではあるけどもね


さて、ではこれから奈良~紀伊山地の最終旅だ がんばるぞい!


ランキングに参加してみました 他の方の旅行記も見られます
ぽちっと押すとランキングが上がる模様 少しずつ上がってきてる?
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
別窓 | 京都府 | コメント:0 |
旅 551日目 ~京都府下鴨 帰ってきた・・・?~
2016-04-05 Tue 15:09
雨は嫌でがんす!つっても降るよね、雨

1お世話になりましたー
お布団とかいう兵器にくるまれ、美味しいご飯も頂き
お世話になりました、美山ハイマートYH またお会いしましょうね!

2男らしく
天気はいまいちだけど、男らしく走って行こう
先の雲がとてつもなくいやな色と雰囲気なのが気にかかる

3深み峠
今日は峠を三つ越えて実家まで そこまで厳しくなかろうなのだ
一つ目の深見峠 国道162号のやさすぃー登り

4※京都市です
トンネルを抜けるとそこはもう京都市右京区でした
眺めはこんな感じ うひゃー政令指定都市やー!
※本当に京都市です

5もう一つ峠を越えて
そっからもう一つ峠を越えて行く こっちはなかなか手応えあるやん!
畑のおっちゃんがものっそキツい坂やぞー!とかいうてた割りにはそこそこ
並の坂では私の足は止められぬのだーふははー

6桂川上流
峠を降りたその先は、大阪から滋賀まで伸びている国道477号
見事に京都市内を迂回する道路、全線走りきる人はいるのだろうか
そして京都人の水道こと桂川、その上流がここにある

7花脊峠へ
実家前のボスこと花脊峠へと挑んでいくよー
京都市左京区というガチ都会にある標高770mの峠だ
今日とのクライマーには割と知られた峠 チャリやバイクの日本一周で通る人はいない

グーグル先生→ 花脊峠 日本一周

8旧道別れ
国道から旧道に別れる所にバス停がある こんなとこで降りてどうするのか
右手に登って行くと、旧花脊峠へ抜けられる この後すぐダート道だ
タイヤがひどいことになってるので国道へと進んでいく

9あっけなく制覇
北からの道はそうキツくもなく、気が付けば峠を越えていた
呆気なさ過ぎてそのまま峠を降りてってしまう所だったよ 振り返ってパシャリ

10国道っぽさは・・・?
国道だけど酷道ではない・・・・か?

11クライマーさん
峠を下って行くと、途中でパンク修理中のクライマーさんが
器具トラブルがあったものの、私の工具で解決してわっしょいわっしょい
地元の自転車屋さんで働かれていて、思った以上に近い人だった

12国道と不動
国道を下って行くと府道との分かれ道へ 私は府道へ
予備知識がないと、ここは何処が国道かわからんですよな
当然左が国道なのだ ガツッと下ってギュンッと曲がろう

13こっちが国道
左からきて右に進んでいくのが国道ルート ひどすぎるわ
この百井別れを見るためだけここ走るのもありだと思う
ちなみに右に進むと滋賀へ抜ける ガチ酷道なんで大型車では行かないように

14あまりにもひどい
義経が育った鞍馬に降りてきた所で後輪から異音が そして破裂音
あぁ・・・これは、ひどいわ・・・
自宅まであと9kmの所でご臨終なされたタイヤくん 南無

15こんな感じに・・・
禁断のサモンファミリーによりタイヤと空気入れをゲット!
華麗に直してそれらを自転車に積んで・・・うわぁなんやこれ(^q^)
バンジーロープを駆使してうまくまとめて実家に辿り着きましたとさ

はい、これで私の旅は終わ・・・らないです
お遍路のお礼参りこと高野山、その後の紀伊山地巡りの旅
もうちょっとだけ続くんじゃ!


本日の走行距離:62.73km
累計走行距離:30792.08m

ランキングに参加してみました 他の方の旅行記も見られます
ぽちっと押すとランキングが上がる模様 少しずつ上がってきてる?
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
別窓 | 京都府 | コメント:0 |
旅 550日目 ~京都府美山 桜に追いつかれた旅~
2016-04-04 Mon 09:12
手塩にかけた記事がタイムアウトに寄って消えたとき、私は多大な喪失感を得るんだ

あ"あ"あ"も"お"お"ぉ"ん"

ログインしっぱなしにチェック入れてるんですけどね、なんでだろね

1自衛隊桟橋の護衛艦
朝からガックリきながら記事を再び書く私 この日は昼から雨予報
起きたらすでに土砂降り、最近天気予報さん仕事してないやん!
2時間ほどで止んでくれたのでどうにか舞鶴観光出来そうな雰囲気に 昨晩移動しててよかった

2赤レンガ倉庫
上の海上自衛隊桟橋も護衛艦が見られるいいスポットだけど、古い港と言えばレンガですよ
ここ舞鶴も鎮守府が置かれた関係で、海軍資材倉庫として赤レンガの建物があった
横浜や小樽なんかも有名ですなー

3中はオシャンティ
ここの中身はオシャンティ
横浜の中身はショッピング
小樽の中身は地ビール工房 ビバ、小樽

4海軍記念館
舞鶴にある海自学校、ここには海軍記念館がある
土日祝しか開いてないここ、朝10時に一番乗りだァー!
・・・もう団体さんがいたよ(^q^)

5秋津洲の旗かも!
海軍記念館一番の見どころKは入ってすぐの旭日旗かも!!
これは日本の飛行艇母艦秋津洲のものかも!!!
ここに来たら鹿屋基地にある二式大飛行艇も見に行くといいかも!!!

6桜が満開
舞鶴でのんびりしすぎると、雨に閉じ込められてしまう可能性が・・・
ほどほどで切り上げて今日の目的地美山へ向かおう
道中の桜が満開一歩手前である そうか、京都で追いつかれたか

7美山へ
毎度おなじみの川を遡上して内陸部へと切り込んでいく 当然坂である
が好き、からが好き、さらにが好き・・・好き?(^q^)

8頼りない橋
こんな頼りない橋でも二輪は渡れる バイクもいいの?

9綺麗に咲いてる
美山手前で少し雨がパラつくもほぼ堪えきっている様子
良いぞ空よもっと頑張れ 私も応援してるから
途中で一際桜が目立っている場所へ

10大野ダムの桜まつり
大野ダムでは桜が所狭しと花を咲かせていた ダム湖面も見えないくらい

11いません
美山と言えば茅葺のおうちが有名な場所 その中で一際有名な石田家へ
が、いません いませんとはいれません すみません

12苔が凄い
周りを廻って眺めてみると、屋根の苔がとっても目立っている
風流な感じではあるが、日当たりの悪い場所なんだろう その分痛みも早いそうな

13深山ハイマート
今晩お世話になる美山ハイマートユースホステルも茅葺のお宿
ちょっと、近代化はされてるけどね!こちらも方角によっては苔が目立つね
ここのオーナーご夫妻とは2014年12月にお会いした以来 久しぶりですぞ

14夜桜
連泊されている方とオーナーと皆で晩御飯を堪能して夜桜へ
午後から雨ってわりには天気がもってる 天気予報はうそつき
夜桜見られるってのはいいねェ・・・ビール、欲しいねェ

16桜まつりでした
ここは昼にも立ち寄った大野ダム、ここは今桜まつりちう
最終日8日には花火もうちあがるそうですよ どうですか?美山観光?

15湖面に
湖面に映る桜も撮りたかったけども、昼から続く風で水面は荒れている
鏡桜(?)を見ると彦根に住んでた頃を思い出す あそこの堀沿いの桜も見事だ
もうだいぶ昔のことなんやなァ、あれも・・・(遠い目)

そして明日には実家に着けそうです


本日の走行距離:64.41km
累計走行距離:30729.35km

ランキングに参加してみました 他の方の旅行記も見られます
ぽちっと押すとランキングが上がる模様 少しずつ上がってきてる?
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
別窓 | 京都府 | コメント:0 |
旅 549日目 ~京都府舞鶴 ついに自転車旅人に遭遇~
2016-04-03 Sun 07:00
昨日は午後をまるっと棒に振ってしまった感じだった
今日は宮津・・・できれば舞鶴までは行きたいものだね
相も変わらず天気は不安だけど、さてどうなることやら

1花と屏風岩
まずは丹後半島を走って行く 近畿最北端の経ヶ岬を目指せ!
潮岬も行ったんだしこっちも行っておこうって考え
海に発つ屏風岩と花と 春ってやっぱ絵になるもんやね

2あの上で寝そべりたい
丹後の海って綺麗なもんなんやなァ 京都に生まれながらも来たことないしね
実際見ないと分からんもんだ 印象ってのはあてにならん
夏、あの上で寝そべったら気持ちよさそー・・・

3猿おる
岬手前の勾配が上がる所 よく見ると崖から猿が下りてきている
ここらは猿いるんか・・・そういや京都で鹿も猪も見てた

4ひこうき
駐車場で空を見上げると、二機の飛行機が
青い空に二筋の雲 いい天気だ・・・

5北と子が良く見える
岬の山頂に立つと、走ってきたとこが良く見渡せる
山 っすなぁ・・・

6灯台はした
灯台は、山頂よりやや下にある

7最新鋭のレンズ
この灯台のレンズは当時最新鋭のものだったらしいよ!

8空を舞う猛禽
駐車場に戻ると、やたら望遠のカメラをセットしている人たちが目につく
視線の先を追うと、そこには大空を舞う猛禽の姿が 鷲・・か?

9通行止め
本当はこのまま経ヶ岬を経て178号で伊根まで抜けようかと思っていた
が、なんとまァ通行止め なんてこったい・・・
数か月は通れないらしい おいおい国道やのにそれかい・・・

10丹後松島
仕方ないので少し引き返して進める道へと戻って行く
行きに撮りそびれた丹後松島を見られたからま、いいかね
松島、と銘打ってるけど小島は大体陸続き 島・・・?

11なんやこいつ
結局国道312号まで戻って峯山経由で進んでいく
途中に林道あったんやけどね 余部のトラウマでさすがに避けた
そこの高原にあるステーキハウスが開いてたら行ったんやけどね

でもこの判断は間違ってなかった 後輪がゆるパンクをおこして修理へ
近くに川があったのでもう一つのスローパンクチューブも穴を探してと
さぁ空気を入れてかんり・・・・


空気入れのフレンチ変換バルブがどっかいってる\(^o^)/


また空気入れトラブルかよ!ていうかこれどうしようもないんすけど・・・
途方に暮れてたけど、ちょっと(5km)先にモータースがあり事なきを得た
ま、まァ不幸中の幸いってことでなんとか・・・

12笠枩公園へ
なんとかかんとか天橋立のすぐそばに到着
南下中は意味不明なほど強い南風に晒されてね・・・
これが大江山おろしってやつなんやな ピチューン

13またんぞき
天橋立を眺めるスポットの一つ、笠松公園へ登ってきた
ロープウェイもあるけど、歩いても10分ちょっと 健康のためにも歩き歩き
ここは「股のぞき」の発祥地でもあるらしい ふーん・・・

14やってみた
実際に やってみた

こんな感じにこんにちはスタイルで見ると、天橋立が空に架かっているように見える
空が晴れていて海もどっちも青かったらそう見えるだろう しかしここは曇り
私のキュートな脚が映ってるのでそれで癒されといて下され

15ある意味サイクリングロード
満足したので降りていく そして天橋立に突入!
この表示、ある意味サイクリングロード 自動車道の怨みはらさで!

16実は回るんですよ
天橋立南端にあるこの橋、実は回るんですよ 船、通すんすよ

17けんたくん
天橋立通過後にどこまで行こうか悩んでいるときに出会ったけんたくん
沖縄から走ってきて、4ヶ月目安で一周を終えるそうな 今は21日目
何気に初めて出会った2016年チャリダー 嬉しいね

オリジナルシャツが眩しい彼は実は耳が聴こえなかった
今はスマホもあるし筆談もしやすい 対外人で鍛えられたぼでーらんげーじ(笑)もある
私にはわからない苦労もあるやろうけど旅を楽しんでほしいねェ

18金引の滝
彼と別れて、もう一度地図と睨めっこしていると100名瀑の文字が
宮津駅から3km弱の場所に滝があるなんて・・・えらい身近な場所やね
夏に来るとめっさ涼がとれそうな良い滝だったよ

19遊歩道沿いもいい感じ
遊歩道の横を流れる水の様子も面白い
ここなら住宅街から徒歩圏内でもあるやろうし、羨ましいのぅ

20夜の橋立
どうするか迷った結果、舞鶴まで行ってしまうことに
パンク関連で2時間吹っ飛んだのが地味に効いてる ボディブローか
夜になっても強烈な南風に泣きそう でも夜の橋立が見られたからええねん

明日は午前に舞鶴を見て回って、そっから美山へ
2014年冬に知り合ったユースへと泊まりに行くのだ 楽しみやね


本日の走行距離:87.36km
累計走行距離:30664.94km

ランキングに参加してみました 他の方の旅行記も見られます
ぽちっと押すとランキングが上がる模様 少しずつ上がってきてる?
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
別窓 | 京都府 | コメント:0 |
| ぶらぶら日本一周@自転車 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。