約一年かけてぶーらぶーら日本一周 100名城も巡るよ!

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
旅 472日 ~三重県飯高駅 今年最初の贅沢は松阪牛~
2016-01-03 Sun 19:00
工場夜景こそ見られなかったものの、四日市までは到着した昨日
天気も安定しているようなので、予定通り高取城と千早城を見に行くことにする
てなわけで松阪経由の国道166号を進むルートを選択

1松阪の肉たち
松阪まではさっくさっくと走って行く 前回も通ったこの道
今回はまるよしではなく、前回行けなかった牛銀へと足を運ぶ

2牛銀
ここが牛銀か オムライス食べに来たことがある場所
今回はステーキや、ふんすふんす

3ステーキ定食
定食は110gのサーロインしかなかったのでそれで
単品だと300gで16000円のお値段 今考えるとそれでもよかったかなァ
お味は柔らかくジューシー ステーキたれなど不要なのだよ

4ウミネコだらけの橋
旨いもん食った後は頑張って走ることに 川なのにウミネコだらけの橋

5川と山
海沿いから山間ルートに入って行く 走る~走る~
川沿いを内陸にえぐりこんでいくのって、結構久しぶりだ 山陰は出来なかったし
自然の川ってやっぱええなァ

6こっそりある沈下橋
こっそりとある沈下橋も眺めていく 岩の模様と形が中々不思議だ
暮れていく空を眺めながらこの自然の中まったり 下がって行く体温

7夕暮れ
昼は多かった雲も夕暮れにはほぼ見られないように
山と川と橋に跨る夕焼け 飛んでいく飛行機が哀愁漂う
今日はこのまま道の駅飯高駅へ 今日から温泉が開いている!


本日の走行距離:78.13km
累計走行距離:27605.00km


ランキングに参加してみました 他の方の旅行記も見られます
ぽちっと押すとランキングが上がるんやて 目立つほどでもないけどそれなりな位置におるやろ
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
別窓 | 三重県 | コメント:0 |
旅 471日 ~三重県四日市 元旦~
2016-01-03 Sun 07:00
これがブログ上で元旦の記事! あけましておめでとうございます(天丼)
忘年会から引き続きの新年の様子をどうぞお楽しみくださいませ

1初日の出町
昨晩は遅くまで天体観測をしてたグループもあったようだ 私は早めの就寝
元旦にしか楽しめない初日の出 これを見なけりゃはじまんねぇ!
ぐずついた12月とは打って変わって爽快な空模様 これはイイね
晴れ予報の大みそかに雨降らしたアキラさんはさすがすぎる

3綺麗に見える
頭を出してきた太陽さん 御来光じゃー!

4こんな綺麗に見えたのは初めて
初日の出だけにかかわらず、日の出がこんな綺麗に見えたのは初めて
一年の計は元旦にあり! これは今年幸先良さそうですねェ

5有志の皆様
日の出を見に来た有志の皆様 朝早くご苦労さんやで
良いもん見られたから皆嬉しそう いいですなァ

6立ち見
キャンプ場に戻って後片付け・・・と思いきや始まるラブライブ上映会
立ち見ができるほどの大盛況 推しキャラが出るたびに上がる歓声

集合写真
掃除も終わり、ゆ~たくんによる全体集合写真も撮影
久しぶりな人も初めましてな人もまとめて写っている
折角だから前列左から一言ずつ紹介&印象でも語って行きますか

前列
こーへーさん:神様仏様幹事様 こっそり皆のために行動していた縁の下の力持ち
いずちゃん:セクシー担当(?) 逆セクハラはほどほどに
そっぴーさん:企画&主催 有り余る社交性と行動力 ドS
みっつさん:ハゲキュアかつ燻製マスター 皆の胃袋がぴょんぴょんするんじゃ~
毛んちゃん:ハゲキュアかつ料理マスター 目立ちたがりで剃りたがり

二列目しゃがみ二人
まっきーさん:自称(?)なにわのボケ殺し ボケたがり
ヘモさん:前列右二人に並ぶ料理人 キャンプとは思えない豪華さでした

三列目六人
もとーかさん:カメラマスター 見たことないカメラアクセがちらほら
たけちゃん:TENGAの人 今回一番のネタ枠でした・・・
μさん:書道マスター 字を描く、という表現なのかな?
アキラさん:雨男 晴れ予報?知るか!!
きったん:米大臣 こんな声低かったっけ?
ニタくん:今年の夏に一日500km走破 北海道を一週間で一周予定 おかしい

三列目九人
マエダさん:今回一番絡めなかった・・・不覚でござる
ひょくさん:ギター奏者 相変わらずのムードメーカーっぷり
ゆ~たくん:山仲間 くらっしゅしちゃった 撮影に超貪欲 就活頑張れ
タリジさん:アキラさんとそっくり いじられまくるところもそっくり
カズオくん:足に矢を受けることが多いイメージ 体重、増やそう!
私:ひげ短パン
ゆっきーさん:まっきーから愛のムチをふるわれているイメージ 
テラ熊さん:坂がお嫌いなラブライバー ひげはいずこへ?
天ぷらさん:2015年最も変態だったで賞 山、滝、マラソン 凄すぎますぞ

最後尾四人
???:正体は明かせません お酒とアテ大好き! わかるわ
ふじこーさん:グラサンウクレレダンサー 空気が明るくなるタイプ
抹茶さん:榛名大好き えりち(?)も大好き 超健脚
たけもくん:男性最年少 しぶりんP しれっと毒を吐くが飲むと意識とばしちゃう

※個人的な解釈です 異論はもちろんのこと反論も受け付けております

7グッバイキャンプ場
立つ鳥跡を濁さず! 綺麗にした後、キャンプ場を後にする
ありがとうございましたー!

8どこまでも続くような
皆とお別れしたあと、補給のコンビニでまたみんな一緒になったり
30越えて通行人の方にお年玉をいただいたり
最終的には以前も通った道を通って知多半島を後にする いい道だ

8やっぱキニナルはあの仏像
前回通った時も思ったね、この大仏はなんやねんと

9多すぎるわ
今日は四日市までは走ろうと思っていた 時間的に余裕があるし初詣に行こう!
前回寄らなかった熱田神宮が近くにあるので、来たのはいいもののこの有様である

10あともーちょっと!
あともーちょっと!ここまで来るのに一時間半も待っているのだ
結局参拝し終わるまで二時間少しもかかってしまった なんという多さ

11楽しみ雄々し
一年の初め、おみくじも引いておこうではあーりませんか
旅に行先楽しみ多しと出た 出だしはホント順調ですなァ

12はいれない中素
熱田神宮を後にして四日市に向かう 工場夜景も見られるかな?
県境付近にある入れない中州 視覚的にはイイ感じ

13ナガスパ
長スパが光り輝いている こいつァすげぇ・・・
スチールドラゴン、ホワイトサイクロン うーむまた行きたい

あ、工場夜景は見られませんでした 元旦はお休みらしい・・・


本日の走行距離:85.21km
累計走行距離:27527.87km


ランキングに参加してみました 他の方の旅行記も見られます
ぽちっと押すとランキングが上がるんやて 目立つほどでもないけどそれなりな位置におるやろ
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
別窓 | 三重県 | コメント:0 |
旅 467日目 ~三重県関宿 東海道のお休み処~
2015-12-29 Tue 11:33
よっしゃ行くで! 先へ進むで!!
朝やら夜は寒いけど、日中はまだまだ十分暖かい 気がする
しかし京都から名古屋って意外と近いんやねェ 200kmもないとは

1近江富士
守山から出発 今回も1号線を走って行こうか
野洲にある近江富士こと三上山 実は元旦登山の場所として地味に人気だ

2土山宿
国道1号線は昔の東海道に準じてるんやね、そういや
土山宿の表記はある 周りに特に何もないけど

3あっという間の三重
そして気が付けば三重県へ は、はぇぇ・・・
鈴鹿峠をこえれば三重県、そして有名な関宿である
今日はここら辺にしておこうかな ちょっと見て歩きたいところもあるしね

4高札再現
関宿郵便局前に再現されている高札
通りの中心地にあるので、人が集まる場所だったんやろうね

5細かい綺麗さ
通りにある建物の塀が個性的
全部つながっているのか 一本の木から取った板なのか

6東海道唯一の街並み?
と、まぁ東海道五十三次の懐かしい町並みを保存してあるのがここ関宿
伝統的建造物保存地区にも指定されている

7なぜかブランコ
何故ブランコ?

8ここが入口
真ん中から西の端っこ、西追分まで歩く
京都側の入口がこちら

9レトロな消火器
宿場町にある消火器も程よく古さを残している

10ミセス
看板は古すぎるやろこれ
他にもいろいろあったけども、目視できるのはこれくらいだったか

11や根しか見えん
関宿を見下ろせる場所! ・・・からは屋根しか見えん

12関の山
関宿でのお祭りで使われる山車の倉庫
関の山、って言葉の語源である 狭い道で16基の山車が通るのが限界だったとか

13権現柿
家康が食べた(とされる)柿 その名も権現柿
まんまやね

14落ち着いた雰囲気
いつまでも散歩してられる落ち着いた雰囲気
良い雰囲気の町、そして人なイメージ

15夜更け
夜も更けて来た そして気温がガッツリ下がって来る
のんびりしすぎた・・・


本日の走行距離:48.25km
累計走行距離:27322.59km


ランキングに参加してみました 他の方の旅行記も見られます
ぽちっと押すとランキングが上がるんやて 目立つほどでもないけどそれなりな位置におるやろ
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
別窓 | 三重県 | コメント:2 |
旅 158日目 ~三重県海山~
2014-12-18 Thu 22:23
昨晩はあまりにも寒かった 風も強かったし
何が怖いって遠くから風の音がだんだん強くなってくるのが解ること
ふぉぉ・・・こぉお・・・・ごぉおお・・・・ぶぉぉおっぉおぉお!!!
こんな感じであった ひーがたがた(寝袋を深くかぶる)

入り江とでっかい船
周りになんもない所からの出発はなんとなく心細い
今日はどこまで行けるかの予習も出来なかったし
とりあえず道中の入り江にでっかい船が 砂とかを運ぶっぽい

伊勢~南伊勢
11481.63km→11569.68km(88.05km)
直で南下するとこの間40kmもない 鳥羽と志摩は結構な回り道なのだ

向かいの山にも熊野古道が
ひとまず目指すは道の駅紀伊マンボウ なんちゅう名前や 池が綺麗やのう
50kmなんで昼までには着くかと思いきや、到着したのは13時
数十~百数十mのアップダウン多すぎやねん しかも急すぎ 勾配10%前後はやめてくりゃれ
ここでなんとエイプライダーの旅人に遭遇 今日で愛知まで帰って完了らしいよ

この道の駅で世界遺産の熊野古道について情報収集
熊野古道ってお伊勢さんと熊野大社、那智大社を結ぶ参詣道やったんやね
てっきり哲学の道とか嵐山の竹林道みたいなのかとおもてた(無教養)

世界遺産に指定されているのはその道のりの峠近辺らしい
上の写真の池の対岸にも指定されてる熊野古道があるんやて

馬越峠を攻めよう
峠道、ということで自転車では登れないと言われた
道の駅マンボウのお姉さんがおすすめしてくれたのは馬越峠 ここやね
調べてみたらすぐ近くに道の駅があるではないか これはいい立地

石畳のある道
熊野古道と言えば石畳(付け焼刃の知識)
ここら一帯は特に雨が降りやすい地域らしく、雨水を気にせず歩けるこれは大事

夜泣き地蔵尊
歩き出してほどなく、夜泣き地蔵尊なるものを発見
哺乳瓶が備えられていてちょっとわろてしもた

一枚岩の橋
そのちょっと先にある一枚岩の橋
水の流れる音 岩の重厚さ 先に続く石畳
くぅー心が洗われる 気がする

木の枝が這ってる道をぐねぐね
すごい勾配だが、石畳のお蔭でサクサク登れる
所により木の根っこが足元を這いまわっている 注意

結構高いな!
途中で見晴らしのいいところに出る 結構高いなこれ!
山裾の木が切られているのは何なんだろうか

勾配が緩やかな所はダート
勾配が急な所と緩い所の差が激しい
ここはゆる~い所 こーゆー所は石畳ではなくダートになっている

昔は峠に茶屋があったらしい
頑張ること30分ちょっと、峠に到着
ここは昔、休憩所として茶屋があったらしい 休みたくもなるわな

峠から見える尾鷲の街
ここからは尾鷲の街並みが眺められる
正面には熊野古道最難関と呼ばれる八鬼山が鎮座する
追剥や山賊が出没しまくってたとか

やたら急やでこれ
ここからは素直に尾鷲の街に降りる道と、天狗倉山に上る道がある
折角だからてっぺんまで登ろうではないか 時間が怪しいが
急です!と言う注意書きに負けない急勾配っぷり

でっかい岩がででーん
がしがし進む、頂上まで30分とか書いてあったが無視して進む
突如現れる巨大岩石 これ、乗り越えろってのか・・・

岩の裏側には・・・?
乗り越えるわけではなく回り込むようであった
この時点で薄暗くなってきており道筋の確認がしづらいことこの上ない
ちっちゃな社も建っている そして岩には登れるらしい

天狗倉山山頂
天狗倉山山頂!なんとか日没後ではあるが暗くなる前にはこられた
急勾配を下る in 暗闇とかいややからね 頑張った頑張った
気づけば往復30分弱で走破していた 健脚なりィ!

下りも石畳あるで
大分足元が暗くなってきたので急いで でも気を付けて降る
雨でもぬかるまないのは利点だが、逆に滑る恐れもあるのではないか
草履と金具つけてたらそうでもないかもしれないがこちとらサンダルなんでね

こっちにも一枚岩の橋が
尾鷲方面にも一枚岩の橋がある こっちの方がすこしでかい

お地蔵さん
お地蔵さんもあるで!川の向こう側ではあるが
なんとなく対称的な感じを意識しているのかな?そうでもないか

皇太子殿下も来られたらしい
更に降ると熊野公園に出る ここには石碑が立っている
これによると皇太子殿下も来られたことがあるようだ
展望がそこそこいい場所であり、夜景も見られるのだ
函館の比ではないが、100ドルの夜景くらいは価値ありそう

尾鷲へ降り立ったのが18時 出発が16時半だったのでほぼ1時間半か
登り口まではバスもあるが、残念ながら終バスは出てしまっていた
歩いて帰ってもいいが、折角なので電車で帰ることに 20分遅れだった

今日は道の駅で風をよけながら安眠できそう やったね

ランキングに参加してみました 他の方の旅行記も見られます
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
別窓 | 三重県 | コメント:0 |
旅 157日目 ~三重県南伊勢~
2014-12-18 Thu 13:51
今日は寒波が到達したとか 朝っぱらからぶおーぶおーと喧しいわ!
寒さより末端の冷たさが気にかかる自転車旅であった
今日は宿で噂を聞いたミニ姫路城を見物してから進むことにする
ここは伊勢から南西 すなわち進行方向と真逆にあるのだ・・・

ミニ姫路城全景
10kmほど走って無事到着 田んぼの真ん中に姫路城とは
火、水、木曜は休苑と書いてあったが快く見せていただけた
一千万以上を費やして完成した文字通り城だよこれは スケールは1/23

石垣も凝ってる
石垣は木を使っているそうな 形や色と言い凝ってる
ちなみに屋根瓦はFRPらしい

馬や人は陶器製らしい
敷地に闊歩している人や馬は陶器製だとか
こちらは奥さんが作られたそうな
しかし巨大かつ緻密な模型だなぁ 情熱を感じる

伊賀上野~伊勢
11395.51km→11481.63km(86.12km)
結構がっつり飛ばしたつもりでもこの距離 うーんこの

鳥羽竜化石発見地
ミニ姫路城に別れを告げ、次なる目的地鳥羽へ
とはいえ特に行きたい場所があるわけでもない 水族館は行ったことあるし
途中で恐竜の化石が発掘された場所に遭遇

この辺で見つかったとさ
見つかったのは海岸 いい景色の場所だ

パールロードの入口
鳥羽のビジターセンターで志摩への道を聞く
下道ルートとパールロードの2種類があるらしい
海の見え方はそう変わらないらしいので 真珠を選ぶ

山ばっかり
海っつーか山しか見えないんですけどぉぉおおお!?所々で海見えるけどさ
周りは林だが、下道のほうが海沿いっぽい・・・騙されたかこれ
しかも山のてっぺんばかり経由するように走るのでアップダウンがヒドい

パールロードの入口
入口はこんな感じだったのに!いい感じだったのに!!
こっからすぐ山の上まで駆け上がっていくようであった チクショウ

英虞湾の展望
大王崎から半島の先端まで行き、そこからフェリーで渡る予定だった
が、あまりにもな強風で全便欠航していた そんなぁ
上から英虞湾全体を眺められる横山展望台の道を選択した

当初は写真奥に伸びている半島を走る予定だったんだけどね
往復はちょっと心情的に辛い楽しみが少ないかなーって
英虞湾は無数の島が並んでいる なんというか松島っぽい

林道じゃねーか!
展望台から西へ向かう県道への道 最初は舗装されてたのに・・・
公園を過ぎたあたりからダートになりまるで林道に
荷物たくさん積んでるチャリにダートは酷っすよ!やめて!

本当は昨日のうちに日記を書きたかったが、あまりの寒さに即就寝(20時)
眠かったわけではないが、冷たすぎてPCをいじる気になれなかった
やっぱ小屋でもバス停でもいいから風をさえぎる場所がホシイ
雪のちらつく風の強い日に野宿はつらいよ

ランキングに参加してみました 他の方の旅行記も見られます
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
別窓 | 三重県 | コメント:0 |
| ぶらぶら日本一周@自転車 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。