約一年かけてぶーらぶーら日本一周 100名城も巡るよ!

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
旅 111日目 ~群馬県太田~
2014-11-01 Sat 20:30
昨晩から降り続いた雨、今朝になっても変わらず続いている
雨嫌やなー、止まないかなーとうだうだしながら読書していた・・・が止まない
ちょっと緩くなったのを見計らって富岡製糸場に向かうことに

富岡製糸場
若干迷いながら、無事九時前に到着
到着したのはいいけど、ものすごい行列であった マジすか・・・
結局20分並んで入場券を購入できたのであった

御牧~甘楽
8499.98km→8594.61km(94.63km)
長野を脱出して、一気に平坦(当社比)になった
ここから距離稼げますよ?たぶん

手巻き絹糸
まずは入ってすぐのフランス式繰糸器の実演を見る
右手の箒のようなもので繭をかきまぜつつ左手で巻き取る
糸がなくなりそうになったら繭をほぐして巻き取っていくスタイル

細い!
すごい細い、繊細な感じが伝わってくる
ただ、巻き取るだけならそう難しくなく、体験させてもらうこともできる

ギュォォォン!って感じ
撚った糸を綺麗にまとめる手巻き器
予想以上にスピード感あふれる写真になってくれた
グィィィィン!と回す感じで問題ない

巻き終わった目印
巻き終わった目印を糸にからめて終り
折角きれいに巻いたのにほぐれてしまっては意味がないしね

西繭倉庫
製糸場に入って奥に行くと見える西繭倉庫 一階が作業場、二階が倉庫になっていた
東にも倉庫があるけど、同じように使われている

フランス積
これは古い積み方であるフランス積 長いのと短いのを交互に積む
ただ、この積み方はちょっと脆いらしいですぞ

長手積
一階の北側だけが後でレンガ張りにされたため、ここだけ積み方が違う
今はこっちの長い方同士をつなげる長手積のほうが主流らしい
いうても、フランス積の部分も崩れたりはしていないわけだが

煙突さん
敷地の真ん中に建つ煙突さん 明治のものが残っている
この足元にもいくつか施設があったが、今年冬の大雪で崩れてしまった
来年中の復旧を目指しているようだ

機械が並ぶ
繰糸場を見学する ここは冒頭のフランス式の機械が当初300機あったらしい
今は昭和半ばに設置された自動の操糸機がズラッと並んでいる
映像で使われているところを見ると、合理的な様子がよくわかる

窓が大きく広い
ここの窓は大きく、採光に都合がよいようになっている
諸経費は少なければ少ない方がいいってことだ

学校として使われたブリュナ館
ここを建設する際の指導者となったポール・ブリュナ氏とその家族の家
後々、女工さんの夜学校として使われた校舎でもある
仕事をしながら学問を習う、今でいう定時制のようなものだったという

フランス女性教師用寮
フランスからは女性教師も何人か来られていたらしい
彼女らが使用する住居として使用されていた場所
当時の日本建築にない特徴が見られる貴重な資料

敷地内に診療所
他にも敷地内に診療所があり、入院できる病室も完備していた
敷地面積が大きいものなので、なおさらこういうものも必要だったのか
建物は廊下でつながっているのが見える

女工たちの寄宿舎
敷地の隅の方に、女工さん用の寄宿舎も建てられていた
途中で建て増しもされるくらい必要だったようだ
さらに奥は鏑川に面しており、排水を行っていた

岡谷に35000人集まる女工さん
富岡製糸場が有名ではあるが、ここから群馬の絹糸産業は盛んになっていく
諏訪湖沿いの岡谷市などは、一時期35000人の女工さんが集まったよう
実に人口の半分以上 恐ろしや

ゴルフ場をぶった切る!
製糸場見学中に雨脚が強くなってきた 今日はできれば金山城辺りを攻略したかったところだが・・・
予定を変更して、藤岡ラーメンを食しつつ道の駅を目指すことに
久しぶりに自転車道を走る ゴルフ場をぶった切る珍しい道
フォァー!いわれないようにちゃんとトンネルになっている部分がある

なんだかんだ旅しながらもラーメンをしっかり食べている
2~3日に1杯くらいは普通にクリアできているしね
地元にもう今年300杯クリアしてる輩もおるが、彼は特別だわホンマ

ねぷたやん
到着した道の駅で見えたねぷた ここでは8月14・15日に祭りを行っているようだ
祭りと言えば、今日明日とここの近くで麺ー1グランプリを行っているよう
麺類好きとしては見に行かざるを得ない

この道の駅で色んな人と話をして色んなものを貰ってしまった
こんなこと、旅してて初めてである 素直にありがたい
さぁ、明日は晴れてくれよ・・・せめて雨はやんでおくんなまし

ランキングに参加してみました 他の方の旅行記も見られます
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
別窓 | 群馬県 | コメント:0 |
旅 110日目 ~群馬県甘楽~
2014-10-31 Fri 22:21
昨日ノリで買ったキットカット「一味・八幡屋磯五郎」信州限定850円也
一味をはさんだウェハースを甘いチョコがコーティング
甘味の後にほんのり辛みが訪れる・・・ってか襲ってくる
桶狭間か鵯越か逆落としというかもうわけわからんレベルで甘さと辛さが喧嘩している

千曲川と崩れた橋梁
これはと思い立ち勇気を振り絞って買った自分をぶん殴りに戻りたいと思いつつ朝へ
今日は小諸城を見てから軽井沢、碓氷峠を越え箕輪城へ
小諸城に向かう道中、切り立った千曲川を眺める 崩れた橋梁に思いをはせて
しっかしすごい崖やなぁ、対岸は登りやなぁ・・・

高遠~御牧
8413.75km→8499.48km(85.73km)
峠二つ越えてこれですぜ 慣れってホントすごい

曇る浅間山
小諸城まで怒涛の登りをクリアし、無事城へ ここは開場8時半だった
懐古園という名前で、面白い城のつくりになっていた 紹介できるのはいつになるやら

追手門だけ城郭から離れた駅近くの場所に建っていて、さらにその近くに高校があった
登校中の女子高生に見られながらの散策、後ろめたいことはないのになぜか動揺していた
そんな私の胸中を察してか曇る浅間山、雨だけはやめておくれよ

碓氷峠より高いんすけど・・・
避暑地兼リゾートといえばここ軽井沢、ってもう標高1000越えとる
碓氷峠より高いんすけど まだ先なんすけど

追分宿
峠の手前の追分宿 なんというか宿場町っぽい
中山道の峠付近ってやたら追分が多い気がする

メガネ橋
さくさく碓氷峠に到着 信州川は軽井沢までがしんどいくらい
峠の手前500mくらいで本気出してくるのに注意すれば問題ない
道中メガネ橋を眺めつつ下ってゆく ちなみにこの橋は遊歩道ルートになっており渡れる

碓氷峠の下りも楽しかった 黄色に色づく葉を眺めながら下る
視線を下に落とすと大量の落ち葉が・・・滑りたくねぇ!こええ!
下るときに、おねーちゃんが二人前を走っていた 久々のトレイン!こっそり混じって下っていた

坂本ダムに架かる橋
途中にあった坂本ダム ダムに興味はないが、橋は綺麗だ
あれは何に使っていたんだろうか・・・旧道にしては道が反対側な気がする

碓氷峠関所
メガネ橋で二人とちょっと話をしてお別れ、私は関所に向かう
江戸時代に「入り鉄砲に出女」を取り締まっていた所 箱根なんかもそうやね
ここも分水嶺であるからこそ、関所ができていたんだろう

お辞儀石というか土下座石?
この石の上にひざまずいて手形を見せていたとか
お辞儀・・・なんて生温い表現でよろしいのか?

この後は箕輪城へ向かう 昼2時くらいのちょうどいい時間・・・なのだが
お城の近くに小学校があって、その下校時間とばっちしかち合うことに
小学生にやたらめったら声をかけられ手を振ってこたえていた ヒーロー?

城っていうか山そのものだった箕輪城を後にしたの午後4時過ぎ
さぁよしおか温泉でゆっくり休むか・・・ってあれ?何か忘れてる?



・・・富岡製糸場行ってねぇ!!



世界遺産に登録されたこの施設、見学しない理由はない
慌てて地図を見たら、まだフォローできる距離だったのでセーフセーフ
よく思い出したでホント ちなみにきっかけは浅田次郎のプリズンホテルだった

明日の朝、また富岡製糸場を見学して東へ、東へ向かうのだ
つってる今、雨が降ってるんですがこれは…大丈夫なのか

ランキングに参加してみました 他の方の旅行記も見られます
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
別窓 | 群馬県 | コメント:0 |
旅 103日目 ~群馬県草津温泉~
2014-10-24 Fri 19:47
昨日の曇天を吹き飛ばすような晴れ!これを待っていた
とりあえず、朝起きてから本州に帰って一度も使ってないテントを開封
以前帯広で沈没した際にカビてた恐怖の思い出が・・・けど今回は無事
折角なんで出発まで干しておいたら、ここはテント禁止ですよと窘められた
すんません干してるだけですと言うも訝しげな眼で見られた 辛い

吾妻峡入口
今日のゴールは草津温泉と決めているのでのんびりと出発
道中吾妻渓谷を満喫する予定だ
晴れて気持ち良く映っている

白沢~中山盆地
7994.71km→8014.16km(19.45km)
最短記録更新 膝の違和感がまだ続いている
しかし無事8000km到達した 一周するまで15000km越えるんじゃないかね

デカいわ
吾妻峡は、渓谷もだが岩もまた沢山見どころがある
屏風岩、なんつってね

割と過酷な遊歩道
駐車場に自転車を停めて遊歩道を散策する
結構過酷な遊歩道でびっくりした 沢もあって滑りやすい所も
年配の方も多いので気を付けて歩かねば

鹿飛橋
鹿飛橋と名付けられた橋 鹿ならポーンと飛び越してしまうんだろうか
人間には無理な高さと距離や・・・こえぇ

渓谷の優雅さ?
この橋から眺める景色が一番きれいだと思う
水の色といい、周りの崖の崖らしさといい満点あげたい

吾妻の渓谷
反対側もパチリ
なんかこう、癒しやねこういうの

岩にめり込んだ木
遊歩道を歩くと、いろんな景色が見られて楽しいのだ
森林もあると空気がきれいなのもうれしい所
これは岩にめり込んだ木 岩が落ちて来たのかそれとも岩を割いて成長したのか

見晴らし台
遊歩道の終点には見晴らし台がある
これは国道から見晴らし台を撮ったところ
割と高い所にあるのが解るだろうか

見晴らし台から
見晴らし台からの景色はあまり眺望がいいとは言えない
気が邪魔しちゃうのはしょうがないが、遠くに見える橋だけて・・・

八ッ場ダム建設地
視点を下にズラすと見えるのは八ッ場ダム工事
これは景観とかそういうのではないね、うん
苦労して登ったのになんか、こう アアッ(やりきれなさ)

ダムの手前に滝が見える
下の国道を走ると、もう少し景観が良くなる
ダムの手前に滝が見えるが、近くまではいけない

ダムができれば・・・
ダムができると、水没する地域の一つ川原湯温泉
800年の歴史があるそうだが・・・このあたりは難しい所だ

日本一短いトンネル
今走っている145号線は、ダムが完成すると水没する予定
そのすぐ隣を走るJRの線路も、11km弱付け替えられ、この10月より運転開始となった
これは旧線路にある、日本で一番短いトンネル(7.2m)戦時中に掘られたらしい

目を疑う近代的さ
渓谷を抜けるとそこはめちゃ新しい新駅舎だった
線路の付け替えにより駅舎も移動・・・つーか新築だこれ
中で売ってた駅弁は期待以上であった

湯畑
群馬大津を抜け、草津温泉を目指す
そのあとの志賀高原といい、なんとなく滋賀県を思わす地名が多い
道のりは厳しかったが、無事到着 湯畑の迫力すごい

白旗の湯
草津温泉には無料で入れる共同浴場が18箇所あるらしい
そのうちの一つ、白旗の湯 湯畑からすぐそこである
誰もいなかったのでとりあえず撮影 入浴
そのあと続々と人が入ってきたので間が良かったのだろう

ここはぬるめの43℃くらいのお湯と、47℃くらいのお湯がある
峠を越えて風にさらされ冷えた体に47℃のお湯は染みた 気持ちえぇ・・・

凪の湯
西の河原公園を目指す通り道にある共同浴場
ちょっと奥まったところなので見つけにくい

せまっ
・・・せまっ
二人が限界だわこりゃぁ ここでも私一人でゆっくりできた

夜の西の河原公園
のんびりしてるともう夜に(17時半)
西の河原公園に着いたが暗い、ホント暗い
ここでは有名な露天風呂があり(500円)入るか迷ったがとりあえずスルー
また明日の朝考えよう

賽の河原で寝るのはちょっと怖いが西の河原だから平気だろう
多分。

ランキングに参加してみました 他の方の旅行記も見られます
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
別窓 | 群馬県 | コメント:0 |
旅 102日目 ~群馬県中山盆地~
2014-10-23 Thu 16:55
今日は雨は止んだけど曇りで・・・ちょっと寒い
もう一日のんべんだらりと過ごそうかと思ってたけど、隣で催しがあるよう
邪魔になったらマズいなぁ、ということで移動することに

まさかの同泊
実はこの駅、屋根のある休憩所があった 実に快適
前の日から泊まっていたチャリンコマン(大地君)が居てたのだ
旅日数は驚愕の500日over 彼は沼田から南、熱海に向かうらしい

中禅寺湖~白沼
7935.03km→7994.71km(58.68km)
雨降って早めの宿確保になったからね しょうがないね
膝が痛み出してあまり無理をしたくないのだ

私は西に向かい、草津温泉から渋峠を越えて長野に入る予定
途中まで大地君と一緒に走って行こうとなって・・・

まさかのチャリダー四人
まさかのフランス人チャリンコ二人組に遭遇 これで四人組!
二人でフランス~ロシア~中国~韓国~日本と旅をしてきたそう
日本は大阪から太平洋側を走って東京、日光を過ぎて沼田から新潟、京都を目指している
インドネシア・アメリカ・ニュージーランドにも行きたいとか・・・パワフルだ

ちなみに言葉はひいき目に見て1/3も理解できてないと思うけどまぁなんとかなるもんだ
世界・・・イイよなぁ、英語ちょっと勉強するかなぁ
フランス人お二人は北へ、大地君は南へ、私は西へ それぞれGood Trip!!

ロマンチック街道
私が走るは日本ロマンチック街道
ロマンチック街道といえば、ドイツ こっちは460kmあるらしい
日本の方は320kmほど 彼の方と姉妹道路の関係にある

山の中のロックハート城
日本のはロマンもへったくれもない山の中街道である 正直キツい
ドイツのロマンティック街道はどうなのだろうか、走ってみたくなる
コイツは山の中に燦然と輝く(?)ロックハート城

ロックハート城全景
城めぐりをしてるんだから入ってみてもいいだろう、と突入
入口でお姉さんにおふt・・・お一人ですか!?なリアクションをされる
余計なお世話だと思ったが、中に入って理由が解りすぎるほど解った

テディー館
ここは恋人の聖地の一つでもあるらしい 可愛いものがいっぱい
テディーベア好きな人にはたまらんだろう
ここはブライダルも行い、チャペルも外れにあった

木製の外、象牙の鍵盤
その辺はあえて無視して城内を見学する
1800年代のピアノがあった 昔ながらの材料・・・渋い

甲冑はロマン
甲冑はロマン、これこそロマンテイックである
こんなん来てよう戦ったなぁ パワーが違うのだろうか

ロールスロイスとプジョー
お城の外れにには故ダイアナ皇太子妃が御料車として使っていた車がある
5年間使用されたあと、縁あってここへ・・・ってさらりとすごいことが書いてあった
結婚式では新郎新婦を乗せるらしい すごい
隣のプジョーは1930年式で、日本で今も動くのはこの一台だけぽい

シャーロックホームズの馬車
シャーロックホームズが乗っていた馬車 無論ドラマである
これもこちらに寄贈されたが、イギリスでも同型のものは一台しかないらしい
かなりレアで、近くにパイプや帽子など衣装も展示されていた

サンタ達
サンタ博物館みたいな状態にもなっている
ぬいぐるみ、人形、木彫り 何でもありである とかく多い
可愛かったり小憎たらしかったりリアルだったりいろいろだった

性悪そう
あんた、悪いツラしてるね・・・

旨そうだろ・・・?でもこれ石なんだぜ
他にも石の博物館なんかも併設されている
宝石、鉱石、化石といろいろ展示されていたが、これが一番興味をひかれた
旨そうに見えるだろう?でもこれ石に絵具塗ったんだぜ・・・

1000円!?たっけぇ!!
と思った入場料だが、その分の価値はあったと思う 個人的には楽しかった
中を歩いてるのがカップルだらけということ以外は・・・一組男二人だったけども

今日は出発も遅く、草津に向けて足をタメる日ということでほぼ走らず
フレンチ二人組との遭遇とこの城はいいイベントであった

ランキングに参加してみました 他の方の旅行記も見られます
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
別窓 | 群馬県 | コメント:0 |
旅 101日目 ~群馬県沼田~
2014-10-22 Wed 05:03
今日は一日雨・・・ってことで道の駅から動かず
寒さはともかく雨が冷たくて走る気にはならないんだよなぁ・・・

ランキングに参加してみました 他の方の旅行記も見られます
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
別窓 | 群馬県 | コメント:0 |
| ぶらぶら日本一周@自転車 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。